ゴルフの楽しさ伝えます
元サッカー日本代表FWの、オレにも打たせてよ #3

城彰二 meets EPIC FLASH シリーズ「サブゼロの強い球、飛んでる!」

ゴルフ大好きな元サッカー日本代表の城彰二さんによるゴルフクラブ試打企画の第3回。キャロウェイの「EPIC FLASH」シリーズのドライバーを打ち比べてみました。

じょう・しょうじ 1975 年北海道室蘭市出身。中学生のときに父親の出身地である鹿児島県に帰省し、当地の鹿児島実業高校に入学し、サッカーの技術を磨く。高校 3 年時には冬の選手権大会でベスト 4 入り。卒業後は J リーグのジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)に入団し、デビュー戦から 4試合連続ゴールを挙げて注目される。また、各年代の日本代表としても活躍。1996 年のアトランタ五輪ではブラジルを破る「マイアミの奇跡」に貢献、A 代表では 1998 年フランス W 杯に出場した。現在はテレビ解説や、北海道社会人チーム「北海道十勝スカイアース」の統括ゼネラルマネージャーに就いている。JFA 公認 S 級ライセンス保持。ゴルフを本格的に始めて 5 年、平均スコアは 85 くらいで、元サッカー選手の仲間とラウンドし、ゴルフ談義で盛り上がっているとのこと。最近ではサッカーの現場でもゴルフの話題で持ちきりだとか……。

実はEPIC”初打ち”です

編集N:今回はキャロウェイの「EPIC FLASH(エピック フラッシュ)」シリーズから、2つのモデルを打っていただきます。「EPIC FLASH STAR」(以下、スターと表記)と「EPIC FLASH Sub Zero」(以下、サブゼロと表記)です。

:お! 実は僕、これが“初EPIC”なんですよ。

「これが話題のEPIC FLASHですか……」

「これが話題のEPIC FLASHですか……」

編集N:キャロウェイは、2018年モデルとして「GBB EPIC」シリーズを展開していました。2019年モデルとして登場したのが、この「EPIC FLASH」シリーズです。

:雑誌とかでよく見ていましたんで、EPICってどんなんだろう……っていう思いはありました。

編集N:「EPIC FLASH」シリーズのドライバーは3種類あって、「スター」はネックにロフト・ライ角の調整機構を持たない標準的なモデル、「サブゼロ」は調整機構を持つ低スピンモデル、もうひとつ、「EPIC FLASH ドライバー」という、調整機構がある標準的なモデルが数量限定でラインアップされます。

:この、EPIC FLASHシリーズも、プロが結構使ってますよね。

編集N:城さんの好きなPGAツアーでは、言わずとしれたフィル・ミケルソン、フランチェスコ・モリナリ、ヘンリク・ステンソン、ジム・フューリク、ザンダー・シャフリー、セルヒオ・ガルシア、マーク・リーシュマンら、蒼々たる面々がこのドライバーを手にツアーを戦っています。

:キャロウェイにもすごい選手がいっぱいいますよね。では、僕も打ってみます。まずはスターから……。

今回、シャフトはどちらも純正の50〜60g台 Sフレックス

今回、シャフトはどちらも純正の50〜60g台 Sフレックス

編集N:ヘッドスピードの速い城さんには純正はややアンダースペックかもしれませんが、よろしくお願いします。今回もテンフィールズファクトリー株式会社より弾道計測器「スカイトラック」をお借りしたので、数値も見てみましょう。

ヘッドがスッと、前に行く!

:(スターを打ってみる。シャフトはSpeeder EVOLUTION for CW)まず、打音がカン高いですね。これは気持ちいい。

スターを試打

スターを試打

まずはスターで肩慣らし程度に打ってみた

まずはスターで肩慣らし程度に打ってみた

編集N:キャロウェイの打音、打感は定評ありますからね。そのへんのチューニングはぬかりないはずです。

:最初なんで、ヘッドスピードをちょっと抑えて打ってみました。ちょっと開いて当たってるかな。

編集N:スイング軌道はフェード気味にそろっているんで、あとはフェースの向きでしょうか。

:なんか、ヘッドがスーッと前にいく感じがしました。シャフトの合う合わないは置いておいて、インパクトゾーンが長く取れる感じを受けました。とても振りやすい。これ、ヘッド形状のせいかな!?

振ってみると、フォローがスムーズに出るという

振ってみると、フォローがスムーズに出るという

編集N:見た目も性能の一部、ですからね。キャロウェイのヘッド形状は、一度気に入るとなかなかほかに替えられないという人が結構いますよね。

:それはわかる気がするな〜。あ、これウェート付いてるんですよね。動かしてみよう!

ウェート調整の効果がすごい!

編集N:キャロウェイのドライバーに付いているウェートはシンプルなスライディング式で、使い勝手がいいと評判です。

:(ドローポジションにして打ってみる)お!

編集N:どうでしょうか?

真ん中の打球がドローポジションにして打ったもの

真ん中の打球がドローポジションにして打ったもの

:全然違う! ウェートをヒール側に持ってくればつかまりががぜんよくなるし、反対にトゥ側にするとヘッドの返りがすごく抑えられるのがわかります。そういうのが狙いの機能だっていうのはわかっているんですが、やっぱりよくできていますよね。

編集N:次はサブゼロもどうぞ。

サブゼロは、低くて強い球!

:(サブゼロを打ってみる。シャフトはSpeeder EVOLUTION V 661s) お! いいねこれ!

サブゼロは低いフェードボールが多く出た。ロフトはノーマルの9°で打ち出し角11°

サブゼロは低いフェードボールが多く出た

:球が低くて、強いなあ〜!

編集N:スターとの違いはありますか?

:大きく違いますよ。こっちのほうが、さらに振りやすくなってる。ディープフェースでヘッドが重く感じますし、それがしっかり感につながっています。

編集N:やはりサブゼロは、城さんのような“振れる”プレイヤー向きですね。

ウェートをヒール寄りに動かすとつかまり性能が向上する

ウェートをヒール寄りに動かすとつかまり性能が向上する

:スターとサブゼロで、ヘッド重量は違うんですか?

編集N:ヘッドの重量に関してキャロウェイは公表していませんが、クラブ重量の違いを見るに、サブゼロのほうが重いと思われます。

:やっぱり、サブゼロのほうが重いんですね。こっちも、ウェートをヒール寄りに動かしたらすごくよくなりました。あと、ネックの調整機能を使ってロフトを2°増やしてみたんですが、低かった打ち出し角が13°に上がりました。いや〜、やっぱり効果があるんですね、カチャカチャって……。データで見えたから、妙に感心しちゃいましたよ。

ロフトを2°増やしたら打ち出し角も11°から13°へ。このあたりはもう少し調整していくと最適ポジションが見えてきそう

オンラインストア限定のサブゼロもある

編集N:城さんは、サブゼロで決まりですね。

:はい。そんなに力がない人には、スターがいいですよね。振りやすいんで。いやー、サブゼロのシャフトを合わせて使ってみたいなあ。

編集N:サブゼロのヘッドでシャフトをフィッティングしてみたい……と。

:サブゼロは顔も洋ナシっぽい。ちっちゃくてかっこいいですよ。

編集N:プロの間でも、サブゼロのユーザーが多いみたいですしね。

:やっぱり! これがプロ好みの顔なんだな。

編集N:で、実はこのサブゼロにはツアー支給品のヘッドがいくつかあるらしく、そのうち2つを同社のオンラインストア限定で販売しています。ひとつは、フェースがよりディープな「ダブルダイヤモンド」。もうひとつは、伝統的な洋ナシ形状の「トリプルダイヤモンド」。これ、クラブ好きとしては非常に興味をそそられますね!

:へぇ〜、そんなのがあるんですか。

サブゼロに興味津々の城さん

サブゼロに興味津々の城さん

編集N:プロとアマでは、同じ名前のクラブでも実際は違うんじゃないかっていうのはよく言われるんですが、違うケースも、あるにはある、と。

:でも、それを違うって言って販売してくれるのはいいですね。僕も興味ありますし、普通のサブゼロと並べて吟味したいくらいですよ。

写真:中居中也
編集部 ゴルフ部員N

編集部 ゴルフ部員N

80台で回ったかと思えば、突然100打ったりするゴルフ部員。得意なクラブは強いて言えばミドルアイアン。苦手なドライバーとパッティングを安定させるべく、練習器具を漁る日々です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る