ゴルフの楽しさ伝えます
“飛ぶFW”ならこのメーカー

ライバルを出し抜く飛距離! テーラーメイド「SIM2」シリーズのFWを比較試打

オグさんです。今回は、大きな反響がありました「SIM2シリーズ」の第2段として、フェアウェイウッド(以下、FW)3モデルをお借りできましたので、ドライバー同様、じっくり試打していきたいと思います!

テーラーメイド「SIM2フェアウェイウッド」(左)、「SIM2 MAX フェアウェイウッド」(中)、「SIM2 MAX-D フェアウェイウッド」(右)

テーラーメイド「SIM2フェアウェイウッド」(左)、「SIM2 MAX フェアウェイウッド」(中)、「SIM2 MAX-D フェアウェイウッド」(右)

ドライバーとは異なる製造方法

SIM2シリーズのFWには、ドライバー同様3タイプのヘッドが用意されています。
モデル名はドライバーに合わせて「SIM2 FW」(以下、SIM2 FW)、「SIM2 MAX FW」(以下、MAX FW)、「SIM2 MAX-D FW」(以下、MAX-D)となっています。

ドライバーは、溶接を使わない画期的な製造方法が話題となっていますが、FWは従来通りの製造方法を採用。前作「SIM」で好評を博した、接地面積を最小限に抑えた「Vスチールソール」、おなじみの「ツイストフェース」、「貫通型スピードポケット」など、テーラーメイドが誇るほとんどの技術を引き継ぎつつ、さらに進化させているもよう。

どのように熟成させてきたのか非常に楽しみですので、早速個別に見ていきましょう!

■SIM2 フェアウェイウッド

フェースとボディにチタンを使用した、飛距離追求型の高性能モデル。

ドライバーは3モデルともほぼ同じデザインでしたが、FWはこのSIM2だけがロゴをフェースに対して平行に配するなど、差別化を図られています。メッキ部分のソールプレートは80gもあり、低重心化に大きく寄与しています

ドライバーは3モデルともほぼ同じデザインでしたが、FWはこのSIM2だけがロゴをフェースに対して平行に配するなど、差別化を図られています。メッキ部分のソールプレートは80gもあり、低重心化に大きく寄与しています

アイアンのブレードを思わせる白いラインとカーボンクラウンが特徴のデザインは前作と同じ。前作よりカーボンの色がややダーク系になり、やや引き締まって見えます

アイアンのブレードを思わせる白いラインとカーボンクラウンが特徴のデザインは前作と同じ。前作よりカーボンの色がややダーク系になり、やや引き締まって見えます

3モデルの中では唯一、ボディとフェースにチタンを採用。余剰重量をより多く作り出すことで、前作より小さくなったヘッドであっても深低重心で慣性モーメントを高めることに成功し、ミスに強く、高打ち出し低スピンの弾道を実現させています

3モデルの中では唯一、ボディとフェースにチタンを採用。余剰重量をより多く作り出すことで、前作より小さくなったヘッドであっても深低重心で慣性モーメントを高めることに成功し、ミスに強く、高打ち出し低スピンの弾道を実現させています

シャフトはドライバーのラインアップと同じ。純正には「TENSEI SILVER TM50」が装着されており、カスタムモデルも用意されています

シャフトはドライバーのラインアップと同じ。純正には「TENSEI SILVER TM50」が装着されており、カスタムモデルも用意されています

ネックの調整機構はSIM2だけ

SIM2 FWは、高打ち出し低スピンの強い弾道を追求しつつ、操作性も持たせたアスリート仕様。前作よりヘッドはサイズを小さくしつつも慣性モーメントを高め、打点のミスにも強くなっています。3モデルの中で唯一ネックに調整機能を持っているのもこのモデルの特徴です。

このSIM2は、テーラーメイドが定める「テーラーメイドセレクトストア」のみが扱えるモデルとなっています。この点もドライバーのSIM2と同様ですね。

3Wならヘッドスピード42m/sは欲しい

ヘッド形状は奥行きが狭く、当てやすそうな印象がありますが、少々小ぶりなこともあってちょっとプレッシャーはありますね。サイズが3Wで10cc小さくなり、カーボンクラウンのカラーがよりダーク系になったことでかなり締まって見えます。

お借りしたスペックは、Sフレックスの3W(15°)。最初は、ドライバーで大体40m/sぐらいのヘッドスピードで打ってみました。ロフト角の立った3Wだけあって、芯でとらえてもロフトなりのライナー性中弾道。かなりの低スピンなのでランはかなり出るでしょうが、キャリーは期待できません。ドライバーでヘッドスピード40m/sぐらいの方なら、ロフトがあって上がりやすい5Wがおすすめです。

3モデルの中で唯一、弾道調整機能を搭載しているSIM2 FW。好みの弾道に合わせて、細かい調整に役立ちます

3モデルの中で唯一、弾道調整機能を搭載しているSIM2 FW。好みの弾道に合わせて、細かい調整に役立ちます

42m/sぐらいのヘッドスピードになると、途端にボールが上がりだします。やや薄めのあたりでも芯を食った時の8〜9割ぐらいの高さは出てくれるので、急にやさしくなった気がしました。スピンはずっと少なめで、前に飛ぶ弾道が続きます。ランを含めた飛距離がかなり期待できそうです。
打感は、チタンらしい軽やかにはじいてくれる感触で、かなり気持ちよかったです。芯で打った時は、薄い金属ではじいているのが手に取るようにわかる感触と、「パン」と「キン」の間みたいな打音で、これは飛んだな!という手応えの余韻が味わえます。

小ぶりなヘッドの操作性は良好で、コントロールがとてもしやすいです。ただ、ボールは思ったよりも曲がらないというのが率直な印象。その分、打点のミスに強くなっているので、操作性よりも直進性を重視する今風の味付けに仕上がっています。

Vスチールソールは、よく抜けていくのはもちろん、少々ダフってもヘッドの向きが変わりにくい感じがします。芝から打ってもかなりの低スピン弾道になりやすいので、5Wならまだしも、3Wは完全に飛ばすためのFWですね。

ライナー性の、まるでドライバーのような弾道で飛んでいきました。本当によく飛びます。ティーショットが重要になるテクニカルなコースでは、ドライバーの代わりになりそう

ライナー性の、まるでドライバーのような弾道で飛んでいきました。本当によく飛びます。ティーショットが重要になるテクニカルなコースでは、ドライバーの代わりになりそう

■SIM2 MAX フェアウェイウッド

主にアスリートに向けた、直進性の高いモデル。接地面積を小さく、フェースは大きくすることで、さらにミスに強くなりました。

ロゴがフェースに対して垂直に配置されるなど、ソールのデザインはSIM2 FWとはかなり異なっています

ロゴがフェースに対して垂直に配置されるなど、ソールのデザインはSIM2 FWとはかなり異なっています

白いラインと黒いカーボン模様のクラウンはシリーズ共通。ヘッドが大きくなったことにより、安心感も増していますね

白いラインと黒いカーボン模様のクラウンはシリーズ共通。ヘッドが大きくなったことにより、安心感も増していますね

MAX FW はヘッドを大型化することで前作「SIM MAX」よりも高い慣性モーメントを実現し、直進性を高めています。ボディにはステンレス、フェースにはマレージング鋼を採用。ツイストフェースや貫通型スピードポケットを搭載し、ミスへの寛容性と直進性の高さを追求しつつ、飛距離にも妥協はしていません

MAX FW はヘッドを大型化することで前作「SIM MAX」よりも高い慣性モーメントを実現し、直進性を高めています。ボディにはステンレス、フェースにはマレージング鋼を採用。ツイストフェースや貫通型スピードポケットを搭載し、ミスへの寛容性と直進性の高さを追求しつつ、飛距離にも妥協はしていません

MAX FWのシャフトラインアップは、SIM2 MAXドライバーと同じ。純正シャフトは「TENSEI BLUE TM50」が装着されています。中間がしなやかに動き、ヘッドを走らせやすい挙動ですね

MAX FWのシャフトラインアップは、SIM2 MAXドライバーと同じ。純正シャフトは「TENSEI BLUE TM50」が装着されています。中間がしなやかに動き、ヘッドを走らせやすい挙動ですね

安定して飛ばせるモデル

前作よりヘッドを大型化し、ミスへの寛容性を高め、直進性をさらに追求。中級者からアスリートゴルファーに対応した、安定して飛ばせるモデルです。ソールの接地面積を減らすVスチールソールによってヘッドの抜けもよく、大型ヘッドのデメリットをうまく打ち消した仕上がりになっています。

直線的な弾道をイメージしやすい

構えてみると、FWとしては投影面積が大きく、いかにも当たりそうな雰囲気がありますね。フェースも大きく、フェース下部のリーディングエッジが構えた時によく見えるので、ボールを拾いやすそうな印象も与えてくれます。

お借りしたスペックはSスレックスの3W(15°)。こちらも、まずはドライバーでのヘッドスピード40m/s相当で試打。重心が深いからか、このヘッドスピード帯でもSIM2 FWより打ち出し角が高くなります。

ただ、すごく上がるわけではなく、あくまで中弾道。前に飛び出しランが出て、いかにも飛距離につながりそうな弾道で打ち出されます。ちょっと少なめに感じるスピン量で飛んでいくので、これくらいのヘッドスピードならSIM2 FWよりMAX FWのほうが安定した距離を打てそうです。

素材がチタンのSIM2 FWと比べて、打感はややソリッド。打音もパシっといった乾いた音で心地よいです。

大型ヘッドによるミスへの寛容性、リーディングエッジの作りによるボールの拾いやすさ、Vスチールソールによるヌケのよさなど、FWのやさしさが詰まっているのがこのMAX FW。飛距離性能を意識してスピンは少なめなので、パワーがない方は基本5Wがいいと思います!

大型ヘッドによるミスへの寛容性、リーディングエッジの作りによるボールの拾いやすさ、Vスチールソールによるヌケのよさなど、FWのやさしさが詰まっているのがこのMAX FW。飛距離性能を意識してスピンは少なめなので、パワーがない方は基本5Wがいいと思います!

ヘッドスピードを43m/sぐらいまで高めると、打ち出し角がさらにちょっと高くなりました。ライナー性でちょっと低スピンの弾道は変わらずで、振れば振るだけ飛びそうな感じです。芯を外すとスピンがちょっと増えますが、方向性もブレにくく、曲がりも少なめ。直線的な弾道をイメージする方にはとても扱いやすいでしょう。

操作性に関しては、SIM2 FWと同じように振るとヘッドが大きいせいか、操作が間に合わないことがありました。ヘッドをローテーションさせてボールをコントロールするより、ヘッドローテーションは少なめにしてヘッド軌道でボールを曲げるようなイメージを持つと、ある程度は曲げることができます。それでも直進性が高いので、相当大げさにやらないと曲がりませんね!

ミスに強いという点ではアベレージゴルファーにもおすすめできますが、ライナー性の強い弾道が打ちやすい半面、やさしく安定してキャリーを出したいなら5W以下の番手がいいでしょう。

ソール中央以外の部分を凹ませることで接地面積を減らし、ヌケをよくするVスチールソール。このおかげで、少々のラフからでもボールを拾いやすくなっています

ソール中央以外の部分を凹ませることで接地面積を減らし、ヌケをよくするVスチールソール。このおかげで、少々のラフからでもボールを拾いやすくなっています

地面から打っているにもかかわらずスピンは少なめで、比較的ボールも上がっています。飛距離も申し分なし! SIM2 FWとの違いは、ボールが上がりやすく、スピンがやや増えるといったところでしょうか

地面から打っているにもかかわらずスピンは少なめで、比較的ボールも上がっています。飛距離も申し分なし! SIM2 FWとの違いは、ボールが上がりやすく、スピンがやや増えるといったところでしょうか

1Wと同時購入なら同じシャフトを入れたい

MAXには純正のTENSEI BLUEのほか、カスタムシャフトモデルとしてグラファイトデザイン「TOUR-AD HD-6(S)」やフジクラ「スピーダーエボリューションVII 661(S)」、三菱ケミカル「Diamana TB60(S)」と、合計3種類が用意されています。

これらのラインアップはMAXドライバーと同じですので、ドライバーとセットで購入するのであれば、同じシャフトにしたいところですね。できれば避けたいのが、ドライバーはカスタムシャフトでFWが純正といった組み合わせ。SIM2シリーズのウッド類は、同じ重量帯のシャフトを使うとバランスがそろいやすくなるよう設計されていますので、上記の組み合わせですとFWのほうが、シャフトが軽くなってしまい、振り心地がそろわなくなってしまいます。

■SIM2 MAX D フェアウェイウッド

MAXをベースにつかまり性能を高め、ロフトを増やすことでやさしく、より安定した飛距離を得やすくしたモデル。

デザインは基本的にHMAX FWと共通。ソールのロゴに「D」が追加され、ヒール側に「DRAW」の文字と、ウェイトが内蔵されていることをアピールするために若干デザインが変更されています

デザインは基本的にHMAX FWと共通。ソールのロゴに「D」が追加され、ヒール側に「DRAW」の文字と、ウェイトが内蔵されていることをアピールするために若干デザインが変更されています

MAX FWと比べてほんのわずかですがヒール側にボリュームを持たせているように見えます。ヘッドは3Wで5ccサイズアップ。少しでも重心を低くするため、ネックにショートホーゼルを採用しています

MAX FWと比べてほんのわずかですがヒール側にボリュームを持たせているように見えます。ヘッドは3Wで5ccサイズアップ。少しでも重心を低くするため、ネックにショートホーゼルを採用しています

素材、構造、テクノロジーは MAXと共通。ヘッドサイズ、輪郭以外のヘッド形状に大きな違いは見られません

素材、構造、テクノロジーは MAXと共通。ヘッドサイズ、輪郭以外のヘッド形状に大きな違いは見られません

シャフトはMAX FWと共通の TENSEI TM50を採用

シャフトはMAX FWと共通の TENSEI TM50を採用

MAXのつかまり性能を強化したモデル

打点のミスに強く、直進性の高い MAX FWにつかまり性能を追加し、さらに安定度を高めたモデル。ヒール側にウェイトを配置することで自然とヘッドがターンするオートマチックな振り味に加えて、ロフト角の設定を1°寝かせたことにより、より楽にボールが上がりやすくなっています。

FWで右へのミスが多いならコレ!

MAX FWより3Wで5cc大きいとのことですが、構えた感じでは大きさに差はほとんど感じませんね。ちょっと形状が違うかな、くらいの印象で構えやすいです。
ポンと置くとフェースが少し左を向くフックフェースの設定。置いた時にフェースが左に向くことを嫌がる方がたまにいますが、このモデルはつかまるモデルなのですから、形が性能と一致しているので個人的にはこれでいいと思いますし、弾道のイメージも持ちやすいと思います。

お借りしたスペックはこちらもフレックスSの3W(16°)。前2モデルと同じくドライバーでのヘッドスピード40m/s相当から試打スタート。MAX FWよりも1°ロフトが寝ていることもありますが、それ以上のボールの高さが出ます。これなら、ほかの3Wでボールが上がりきらない方でも使えそうです。

ミスへの寛容性はMAX同様、非常に高いです。MAX D FWのほうが少しミスに強いかなと思うぐらい、打点がばらついても安定して前に飛ばしてくれます。特にトゥ側へのズレは、インパクト衝撃は大きくなりますが高さもしっかり出て、少し飛距離が落ちたくらいの差でしかありませんでした。

MAX FWとの違いで最も大きいのは、つかまりのよさ。オートマチックにボールをつかまえてくれるので、右へのミスが多い方は絶対にこちらですね。ただし、いくらつかまりがいいと言っても、テークバックでフェースを開きすぎるとインパクトでスクエアには戻ってきません。スイング中にヘッドをローテーションさせ過ぎないイメージで振ると、安定した弾道が打てると思います。

ヘッドスピードを43m/sぐらいにすると高さはあまり変わらず、強い弾道で飛び出します。つかまる設計にはなっていますが、決してヘッドスピードの遅い方向けというわけではないので、右のミスが嫌なパワーヒッターでもシャフトをしっかり合わせれば十分使えるモデルです。

自然とつかまるので安心して右を向いて振り抜いていけますね。ロフトが寝ている分上がりやすく、スピンもちょっと増える方向ですが、それでも十分の強弾道。シャフト次第でどんなゴルファーでも使え、右のミスを抑えるFWです

自然とつかまるので安心して右を向いて振り抜いていけますね。ロフトが寝ている分上がりやすく、スピンもちょっと増える方向ですが、それでも十分の強弾道。シャフト次第でどんなゴルファーでも使え、右のミスを抑えるFWです

3モデルどれもが強弾道で飛距離を重視

SIM2のFWシリーズは、前作のよかった点をしっかりと引き継ぎ、ミスにより強くなった印象を受けました。どのモデルも強弾道を打ちやすく飛距離を重視しているので、ある程度一定の飛距離を打つケースや、グリーンを狙うことを想定している方は3Wよりは5Wのほうがいいですね。それぐらい強い弾道が打てるクラブです。

より厳しいライから狙い通りの弾道を打つならSIM2 FW、打点のミスを許容して欲しいならMAX FW、右へのミスを減らしたいならMAX D FWといったところでしょうか。

ライバルは同時期に発表されたキャロウェイの「EPIC」シリーズ、発売以降高い人気を誇るピンの「G425」シリーズあたり。それぞれのシリーズでモデルが複数あるのでひと言で表すのは難しいですが、試打した印象としては、飛距離重視のSIM2、バランスのEPIC、ミスに強いG425といった印象。自分が何をFWに求めるかで選んでみると絞り込みやすいですよ。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る