ゴルフの楽しさ伝えます
一発の飛びが期待できそう!

“たたける軽量クラブ”の急先鋒! キャロウェイ「EPIC MAX FAST ドライバー」

オグさんです! 今回は2021年6月に発表されたばかりの、キャロウェイの最新モデル「EPIC MAX FAST ドライバー」をお借りできましたので、さっそくレポートしたいと思います。

キャロウェイ「EPIC MAX FAST ドライバー」

キャロウェイ「EPIC MAX FAST ドライバー」

安定して飛ばせる新シリーズ

「EPIC MAX FAST」は、2021年1月に発売された「EPIC」から派生したシリーズ。追求したのは飛距離です。「EPIC」ブランドの中の「EPIC MAX」シリーズは、ボールがよくつかまるドローバイアス設計と、打点のミスに強い高慣性モーメント設計により、アベレージゴルファーがやさしく飛ばせると高い人気を誇ります。

そのEPIC MAXをベースに軽量化を施し、パワーがない方でもヘッドスピードを高めやすくし、ミスに強くやさしいヘッドと組み合わせることで、安定して高い飛距離性能を発揮できるよう設計されたシリーズとなっています。

一体どんなクラブに仕上がっているのでしょうか。さっそく見ていきましょう!

ベースとなったEPIC MAXと基本デザインは共通ですが、ソール前方やEPICのロゴ周りのカラーをブラックからシルバーに変更することで差別化を図っています。カラーが明るくなった分、重々しいイメージも軽減されており、いかにも軽そうに見えます。重心位置を調整できる可変型ウェイト「ペリメーター・ウェイト」はEPIC MAX同様に搭載されています

ベースとなったEPIC MAXと基本デザインは共通ですが、ソール前方やEPICのロゴ周りのカラーをブラックからシルバーに変更することで差別化を図っています。カラーが明るくなった分、重々しいイメージも軽減されており、いかにも軽そうに見えます。重心位置を調整できる可変型ウェイト「ペリメーター・ウェイト」はEPIC MAX同様に搭載されています

投影面積が大きくヒール側にボリュームがある、いかにもつかまりそうで安心感の高い形状。EPIC MAXと形状はほぼ変わりませんが、軽量化のため、ネックの弾道調整機能が廃され接着仕様になっています

投影面積が大きくヒール側にボリュームがある、いかにもつかまりそうで安心感の高い形状。EPIC MAXと形状はほぼ変わりませんが、軽量化のため、ネックの弾道調整機能が廃され接着仕様になっています

EPICブランドの売りのひとつである、モデルごとの想定ゴルファーに合わせて、それぞれ専用にAIを活用して設計された「FLASH フェース」。EPIC MAX FASTシリーズの想定ゴルファーは、ミスの傾向がスライス気味、ヘッドスピードが遅めのゴルファーであり、その傾向に配慮した専用の設計になっています

EPICブランドの売りのひとつである、モデルごとの想定ゴルファーに合わせて、それぞれ専用にAIを活用して設計された「FLASH フェース」。EPIC MAX FASTシリーズの想定ゴルファーは、ミスの傾向がスライス気味、ヘッドスピードが遅めのゴルファーであり、その傾向に配慮した専用の設計になっています

純正シャフトはフジクラ製の「SPEEDER EVOLUTION for Callaway」。Rフレックスで約42gと非常に軽量に仕上がっています。振り味はシャキッとしていて、ミートしやすい印象。頼りなさはまったくなく、軽いながらも強さを持ったシャフトです

純正シャフトはフジクラ製の「SPEEDER EVOLUTION for Callaway」。Rフレックスで約42gと非常に軽量に仕上がっています。振り味はシャキッとしていて、ミートしやすい印象。頼りなさはまったくなく、軽いながらも強さを持ったシャフトです

軽くてもシャキッとしている!

お借りしたスペックはRフレックスの10.5°。最初の印象で際立ったのは、やはり軽さです。手に取った時点で軽く感じます。EPIC MAXが同スペックで約287g、対するEPIC MAX FASTは約269gですから、18gもの差があります。これだけ軽いとシャフトに頼りなさが出そうな気がしていたのですが、軽く素振りをしてみると意外とシャキッとしていてびっくり!

打ってみるとさらにびっくり!! まず38m/sぐらいで打ってみたのですが、初速の速い球がライナーでポンポン打てました。シャフトを大きくしならせてから、しなり戻りを使ってブワーンとヘッドを走らせる感じではなく、シャキッとしたシャフトのシャープなしなり戻りによってヘッドがピュッと戻る感じ。シャフトが暴れないのでとてもミートしやすいのがよいですね。

ゆっくり振ればしなりを感じやすく、ある程度強く振るとシャキッとしてミートしやすい。幅広いヘッドスピードに対応してくれる、よくできたシャフトです

ゆっくり振ればしなりを感じやすく、ある程度強く振るとシャキッとしてミートしやすい。幅広いヘッドスピードに対応してくれる、よくできたシャフトです

その後、ヘッドスピードを高めて振っていっても弾道はあまり変わらず、中弾道のライナー性の球でそのまま飛距離が伸びていきました。Rフレックスでも、ヘッドスピード42m/sまでは強い弾道が打てました。

つかまりは確かによいのですが極端ではないので、よほど強く振ったりしないかぎり大きなフックが出ない、扱いやすさが特徴的です。

ミスへの強さはさすがEPICシリーズの一員といったところ。打点がトゥでもヒールでも大きな曲がりにはなりにくく、高い安定感が期待できます。

これだけ軽くて、このミートのしやすさにはかなりびっくりしました。ヘッドのミスへの強さもさすがですが、今回は純正シャフトがよくできていると感じましたね

これだけ軽くて、このミートのしやすさにはかなりびっくりしました。ヘッドのミスへの強さもさすがですが、今回は純正シャフトがよくできていると感じましたね

ひとつ懸念点をあげるとすれば、ボールがめちゃめちゃ上がるクラブではないため、自分でボールの高さが出せない方は、ロフト多めのスペックがよいでしょう。

パワーがない方はもちろん、ヘッドスピードがまずまずある方でも、人生最大の飛距離を求めてEPIC MAX FASTを手に取るのもありですね!

シャフトによるミートのしやすさに加え、「FLASHフェース」や「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」といったキャロウェイ独自の技術によるミスへの強さが、安定したボール初速を生み出してくれます

シャフトによるミートのしやすさに加え、「FLASHフェース」や「ジェイルブレイク AI スピードフレーム」といったキャロウェイ独自の技術によるミスへの強さが、安定したボール初速を生み出してくれます

さすがの軽さでもう少し低いヘッドスピードを想定して振ったのですが、さらっと40m/sぐらいは出ますね。このヘッドスピードでこの飛距離、かなり効率がよい証しです。スピンもほどよく、実際にはもう少し飛んでいそうな弾道でした

さすがの軽さでもう少し低いヘッドスピードを想定して振ったのですが、さらっと40m/sぐらいは出ますね。このヘッドスピードでこの飛距離、かなり効率がよい証しです。スピンもほどよく、実際にはもう少し飛んでいそうな弾道でした

ある程度振れる方でも強い弾道が打てるのが今回のMAX FASTのすごいところ。1発の飛距離が期待できます!

ある程度振れる方でも強い弾道が打てるのが今回のMAX FASTのすごいところ。一発の飛距離が期待できます!

“一発の飛び”を求めて

EPIC MAX FASTドライバーは、ミスに強いヘッドを最大限に生かしつつ、軽さによるヘッドスピードの得やすさと、シャキッとした振りやすいシャフトで安定して飛ばせるという、クラブの進化を感じさせてくれるモデルでした。パワーのない方はもちろん、最大飛距離を追求する方にもすすめられる、完成度の高いクラブだと思います。

正直なところ、個人的には軽すぎるクラブは、ある程度振れる方にあまりおすすめしません。軽すぎることによってミスしたときのエネルギーロスやスピン量の増大が大きくなりやすいからなのですが、昨今の軽量クラブはそういった部分がかなり軽減されてきています。安定感を重視してスコアを第一に考えるようなゴルファーにはやはり、自身のパワーに合わせた適正な重量のモデルをおすすめしますが、安定感より1発の飛びが欲しい!という方にはこのMAX FASTはありだと思います。

ライバルモデルはテーラーメイド「SIMグローレ」や、マジェスティゴルフ「マジェスティ ロイヤル」といったところでしょうか。たたける軽量モデルという、新たなジャンルが近く出現しそうな予感がします!

※本製品は2021年8月12日からの発売が予定されています(スペックごとに異なる)

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る