ゴルフの楽しさ伝えます
新機軸の軽量アイアン誕生

とにかくボールに当てやすい! キャロウェイ「EPIC MAX FAST アイアン」

オグさんです。今回はキャロウェイの最新モデル「EPIC MAX FAST アイアン」をお借りできましたので、さっそくレポートしたいと思います!

キャロウェイ「EPIC MAX FAST アイアン」

キャロウェイ「EPIC MAX FAST アイアン」

やさしく飛距離を追求したアイアン

「EPIC MAX FAST」は、「EPIC MAX」シリーズをベースに軽量化を施し、パワーに自信がない方でも楽に振り切れ、飛距離を追求できるシリーズとして開発されています。
「EPIC MAX FASTアイアン」もシリーズのコンセプトにのっとり、やさしく飛距離を追求したモデルとしてラインアップされています。

ちなみに、2021年に発表された「EPIC」シリーズにはアイアンの設定がなく、ドライバー、フェアウェイウッド、そしてユーティリティーまでのラインアップになっています。2021年EPICシリーズ初となる「EPIC MAX FAST アイアン」はどのような仕上がりなのか? じっくり見ていきたいと思います。

マッスルバックを彷彿とさせるシルエットに、ミラーとダーク系の仕上げを組み合わせたデザイン。ハイテク感のある凝った外観

マッスルバックを彷彿とさせるシルエットに、ミラーとダーク系の仕上げを組み合わせたデザイン。ハイテク感のある凝った外観

#7

#7

#8

#8

#9<br>アスリートプレイヤーにも好まれそうな、自然で美しいフォルム。ヘッド全体はやや大きめで、安心できる顔ですね

#9
アスリートプレイヤーにも好まれそうな、自然で美しいフォルム。ヘッド全体はやや大きめで、安心できる顔ですね

フェース素材はステンレススチールで、キャロウェイが誇るテクノロジーのひとつ、AIを使用して設計する「FLASHフェース」を採用。カップフェース構造で、全番手専用にフェース設計するという、非常に凝った作りになっています

フェース素材はステンレススチールで、キャロウェイが誇るテクノロジーのひとつ、AIを使用して設計する「FLASHフェース」を採用。カップフェース構造で、全番手専用にフェース設計するという、非常に凝った作りになっています

ヘッド内部のソール側にタングステンを内蔵し、徹底した低重心を追求。ストロングロフト仕様でありながら高弾道を実現させています。さらにはウレタンを内蔵することで余分な振動を吸収、飛距離と打感を両立した仕上がりになっています

ヘッド内部のソール側にタングステンを内蔵し、徹底した低重心を追求。ストロングロフト仕様でありながら高弾道を実現させています。さらにはウレタンを内蔵することで余分な振動を吸収、飛距離と打感を両立した仕上がりになっています

シャフトは純正カーボンモデルとして専用設計された、フジクラ「Speeder EVOLUTION for Callaway」を採用しています。ほかに、日本シャフト製90g台のスチールモデル「950GH neo」と70g台のスチールモデル「Zeros7スチール」がラインアップされています

シャフトは純正カーボンモデルとして専用設計された、フジクラ「Speeder EVOLUTION for Callaway」を採用しています。ほかに、日本シャフト製90g台のスチールモデル「950GH neo」と70g台のスチールモデル「Zeros7スチール」がラインアップされています

ミートしやすく自分のタイミングで打てる

お借りしたスペックは純正カーボンのフレックスR。7番で37.5インチ、ロフトは26°となっています。一般的なアスリートモデルが7番で37インチ、32~33°ですから、それより1番手ぶん分ほど長く、ロフトもかなり立った設定になっています。海外ブランドではロフトは立てることはあっても、長さは一般的な仕様と同じ設定にしているケースが多いのですが、本製品はそれだけ飛距離を追求しているということでしょう。
 
大きめで安心感がありつつ適度にシャープな形状で絶妙な仕上がりのヘッドは、腕前に関係なくスッと構えられます。最初はドライバーでヘッドスピード40m/sぐらいを目安に打ってみました。

まず感じたのは、ミートのしやすさ。これは同シリーズのどのクラブでも感じたことですが、とにかくボールに当てやすいです。軽量モデルはスイング中にヘッドの存在感が希薄になりやすく、ちょっとでも力んだりするとボールをうまくとらえられなくなりやすいのですが、EPIC MAX FASTアイアンはしっかりとヘッドが感じられ、自分のタイミングで打つことができますね。これはシャフトの特性が大きく寄与しているのだと思います。

球質は直進性の高い、いわゆる棒球。上がりやすいとは言えませんが、十分な高さは出ます。つかまりは適度な感じ。初心者などが使っても右に大きなミスはしにくく、技術のあるいわゆる“アスリートシニア”の方でも左に飛びすぎないちょうどよさを感じる仕上がりです 。

ミートのしやすさがこのアイアンの大きな特徴。ボールをとらえやすいから、安定して飛ばすことができます

ミートのしやすさがこのアイアンの大きな特徴。ボールをとらえやすいから、安定して飛ばすことができます

ミスへの強さはさすが

徐々にヘッドスピードを高めて打ってみましたが、曲がりの少ない強い弾道は変わらず、振っただけ飛距離が伸びる印象。ボールの高さもあまり変わりませんでした。

打点ズレ、ミスヒットへの強さはさすがFLASHフェースといったところ。見た目以上にミスに強く、トウ側・ヒール側の両方でインパクトするよう試しましたが、弾道の差はかなり少なかったですね。

中空構造を採用し、シャープなフォルムでありながら低い重心を実現させています。かなりのストロングロフトですが、この構造のおかげで打球の十分な高さを確保していますね。FLASHフェースのおかげでミスにも強く、非常に高性能なヘッドに仕上がっています

中空構造を採用し、シャープなフォルムでありながら低い重心を実現させています。かなりのストロングロフトですが、この構造のおかげで打球の十分な高さを確保していますね。FLASHフェースのおかげでミスにも強く、非常に高性能なヘッドに仕上がっています

安定感と飛距離性能の両立

個人的に強く印象に残ったのはシャフトの振り味。しなりは感じるのですが、ヘッドスピードを変化させても大きくつぶれるような感じがありません。ヘッドスピードがあまり速くない方向けのモデルには、ヘッドを走らせる目的で、しなりが比較的大きめのシャフトが付けられることが多いのですが、これはそういった感じがありません。シャキッとした振り味になっています。

軽量に仕上げつつ、高いミート率を生み出すシャフトと、ミスに強く強い弾道が打てるヘッドで、安定感と飛距離性能を高い次元で両立させているクラブです。

軽量でありながら、シャキッとした振り味でミートしやすいアイアンは意外とにもほとんどなかったと思います。ミスに強く直進性の高い仕様なので操作性はほとんどありませんが、安定したエリアを狙うクラブとしては、女性から技術のあるシニアゴルファーまで幅広くやさしいと感じるクラブに仕上がっています

軽量でありながら、シャキッとした振り味でミートしやすいアイアンは意外とにもほとんどなかったと思います。ミスに強く直進性の高い仕様なので操作性はほとんどありませんが、安定したエリアを狙うクラブとしては、女性から技術のあるシニアゴルファーまで幅広くやさしいと感じるクラブに仕上がっています

ドライバーでヘッドスピード43m/s程度を意識して振った弾道です。軽めなので普段より楽に振ることができました。結構強くつかまったショットでしたが、距離がしっかりと出ていて曲がりも少ない球筋です

ドライバーでヘッドスピード43m/s程度を意識して振った弾道です。軽めなので普段より楽に振ることができました。結構強くつかまったショットでしたが、距離がしっかりと出ていて曲がりも少ない球筋です

ドライバーでヘッドスピード40m/s程度を意識して振った弾道です。ヘッドスピードが比較的低くても、球の高さはある程度は出ています。これならグリーンを直接とらえても止まってくれるでしょう

ドライバーでヘッドスピード40m/s程度を意識して振った弾道です。ヘッドスピードが比較的低くても、球の高さはある程度は出ています。これならグリーンを直接とらえても止まってくれるでしょう

アイアンだけ軽量モデルを使う際は要注意!

EPIC MAX FAST アイアンは、軽量モデルにありがちなシャフトの頼りなさや鈍重な見た目といったデメリットをしっかりと克服し、ミスへの強さやヘッドスピードの高めやすさなど、ゴルファーが求める性能をしっかりと高めた高性能モデルでした。

ライバルに当たるモデルはテーラーメイド「SIM2 MAX OSアイアン」、同「SIM グローレアイアン」、ヤマハ「UD+2アイアン」といったところ。それぞれ特徴が異なりますが、軽量で飛距離が出しやすいという点は共通です。

こういったモデルはやはり、ヘッドスピードが自分でうまく高められない方におすすめです。ただし、アイアンだけ軽いモデルにすると、ほかのクラブとの重量バランスが崩れてしまい、どちらのクラブもミスをしやすくなってしまう可能性があります。軽量なクラブがうまく打てると感じる方はバランスを考えて、ドライバーからウェッジまでを、すべて軽いモデルでそろえることをおすすめします。
 
写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る