ゴルフの楽しさ伝えます
振り抜きやすさバツグン!

パワーがなくても飛ばせるFW! キャロウェイ「EPIC MAX FAST フェアウェイウッド」

オグさんです。今回はキャロウェイ「EPIC MAX FAST フェアウェイウッド」をお借りできましたので、試打レポートをお届けいたします。

キャロウェイ「EPIC MAX FAST フェアウェイウッド」

キャロウェイ「EPIC MAX FAST フェアウェイウッド」

軽く振りやすいフェアウェイウッド

「EPIC」は、2021年キャロウェイのメインブランドであり、ツアープロからアベレージレベルまで、ターゲットとなるゴルファーに対してそれぞれ専用に設計されたモデルを用意。独自技術のAIを使ったフェース設計が特徴で、モデル別ではもちろん、同じモデルでも番手ごとに専用にフェースを設計。非常に手の込んだ作りで高い人気を誇っています。

そこに最近追加されたのが「EPIC MAX FAST」シリーズ。つかまりのいい「EPIC MAX」シリーズをベースに軽量に仕上げ、ヘッドスピードを高めて飛距離を追求した設計になっています。

今回お借りしたのはそのEPIC MAX FASTシリーズのフェアウェイウッド(以下、FW)です。もちろんFWも軽量に仕上げられており、楽に振り切れるように作られています。

果たしてどんな使い心地なのか? さっそく見ていきましょう!

ベースとなったEPIC MAXシリーズはメッキ部分がダークで反射率の低い仕上げになっていますが、このEPIC MAX FASTシリーズは輝くミラー仕上げに近い仕上げになっています。見た目もちょっと軽やかな印象になりますね

ベースとなったEPIC MAXシリーズはメッキ部分がダークで反射率の低い仕上げになっていますが、このEPIC MAX FASTシリーズは輝くミラー仕上げに近い仕上げになっています。見た目もちょっと軽やかな印象になりますね

立体的に丸みを帯び、つるんとした印象を与えるフォルム。いかにもやさしそうな雰囲気が出ています

立体的に丸みを帯び、つるんとした印象を与えるフォルム。いかにもやさしそうな雰囲気が出ています

カップ構造で、全番手AIが専用設計した「フラッシュフェースSS21」。ソールとクラウンをヘッド内部でつなぐことで、最適なボディ剛性とフェースのたわみを最大化させる「ジェイルブレイク AI ベロシティブレード」。低重心化を図るための「トライアクシャル・カーボンクラウン」など、キャロウェイ独自のテクノロジーが満載です

カップ構造で、全番手AIが専用設計した「フラッシュフェースSS21」。ソールとクラウンをヘッド内部でつなぐことで、最適なボディ剛性とフェースのたわみを最大化させる「ジェイルブレイク AI ベロシティブレード」。低重心化を図るための「トライアクシャル・カーボンクラウン」など、キャロウェイ独自のテクノロジーが満載です

シャフトはEPIC MAX FASTシリーズ専用にフジクラ製の「Speeder EVOLUTION for Callaway」を用意。約40gと軽量に仕上げつつ、強振しても振り負けない、芯のある振り味になっています

シャフトはEPIC MAX FASTシリーズ専用にフジクラ製の「Speeder EVOLUTION for Callaway」を用意。約40gと軽量に仕上げつつ、強振しても振り負けない、芯のある振り味になっています

アベレージ向けドライバーと同じくらいの重量

お借りしたクラブのスペックは#3と#5で、ともにフレックスはR。手に取ってまず感じたのは、やはり軽さです。#3で約283gとアベレージゴルファー向けのドライバーと同じぐらいの軽さ。パワーのない方にとってはとても振りやすく感じるでしょう。

素振りをしてみると、シャフトのしっかり感を感じます。フレックスRでありながら、大きくつぶれるような頼りないしなり方ではなく、しなるけれどシャキッとした芯のある振り味。多少の強振も受け付けてくれそうな強さがあるシャフトです。軽さによって振り抜きやすさを出し、シャキッとしたシャフトでミート率を高めるといった作りになっているようですね。

形状は立体的で、丸くやさしく見える顔。力みやすいFWでも緊張感をやわらげてくれるでしょう。

軽さによる振り抜きやすさがEPIC MAX FASTの最大の特徴。力がない方でもシャープに振れる仕様です

軽さによる振り抜きやすさがEPIC MAX FASTの最大の特徴。力がない方でもシャープに振れる仕様です

中弾道よりちょっと高め

最初はドライバーのヘッドスピードで38m/sぐらいをイメージして打ってみました。シャフトの味付けの効果か、非常にミートしやすい! 軽めに振ってもヘッドの位置がつかみやすいので、スイング中にタイミングが取りやすいと感じました。タイミングが取りやすくてミートしやすいから狙ったところに打ち出しやすく、とても扱いやすいFWに仕上がっています。

弾道の高さは中弾道よりちょっと高めといった印象。バックスピンは適度で、安定してキャリーのある弾道が自然と打てます。

これだけ軽量でミートしやすいFWは今までなかった気がします。当てやすさは抜群ですね

これだけ軽量でミートしやすいFWは今までなかった気がします。当てやすさは抜群ですね

ヘッド性能の高さを感じる

ヘッドスピードをドライバー相当42m/sに上げて打ってみました。するとフェース下部でインパクトする、いわゆる“薄い当たり”がしばしば。軽量のクラブは、小さなパワーでヘッドスピードを高めることができます。しかし、自分である程度ヘッドスピードを生み出せるゴルファーにとっては、反対にミートしづらくなってしまう可能性が高いのです。

そんな薄い当たりでも、ボールを最低限浮かせてくれるのはやはりヘッド性能が高いからでしょう。ヘッドスピードに関係なくつかまりは良好で、狙ったところには打ち出しやすかったです。

ゴルファーの打点ミスをあらかじめ考慮してAIが設計したフラッシュフェースに、ジェイルブレイク AI ベロシティブレードの合わせ技が効いており、少々の打点のズレはなかったことにしてくれます

ゴルファーの打点ミスをあらかじめ考慮してAIが設計したフラッシュフェースに、ジェイルブレイク AI ベロシティブレードの合わせ技が効いており、少々の打点のズレはなかったことにしてくれます

ドライバーでヘッドスピード42m/s程度で打った#5のデータで、ライナー性のドローボールが打てています。実際にはもう少し距離は出ていると思います

ドライバーでヘッドスピード42m/s程度で打った#5のデータで、ライナー性のドローボールが打てています。実際にはもう少し距離は出ていると思います

ヘッドスピード38m/s程度で打った#5のデータ。しっかり高さが出ているところがポイント。こちらも実際には180ヤードは出ているでしょう

ヘッドスピード38m/s程度で打った#5のデータ。しっかり高さが出ているところがポイント。こちらも実際には180ヤードは出ているでしょう

自分のパワーに応じたクラブ選びを

EPIC MAX FASTシリーズのFWは、軽量でありながらミートしやすいという、従来ありそうでなかったクラブでした。軽さが売りであるシリーズでは、シャフトの動きを大きめに設定しているケースが多く、タイミングがちょっとずれるとミスが大きくなりがちです。しかしEPIC MAX FAST FWは少々強振しても受け止めてくれるシャフトの恩恵で、多少パワーがある方でもそのまま使える懐の深さがあります。

とはいえ、ミスを減らしてスコアを伸ばすためには、パワーに応じた重量のクラブを使うことがやはり重要です。やさしいモデルが欲しいからと言って、安易に軽いクラブを選ぶのは危険。キャロウェイもそれを理解しているからこそ、EPICブランド内に4つのシリーズを用意しているのですから。

ライバルモデルは、テーラーメイド「SIMグローレ」やダンロップ「ゼクシオ11」。ヘッドスピード40m/s以下の方にはぜひ試してもらいたいですね。

最後に、FWの購入時の注意事項を。FWは単品で購入することの多いクラブですが、ドライバーやアイアンとのつながりを重視してスペックを選ぶようにしてください。

クラブのつながりとは、「長さの短いクラブほど重くなるようにスペックをそろえること」です。軽めのFWを選ぶなら、ドライバーやアイアンもそれに合わせた軽めのモデルにするべき。クラブのつながりがバラバラだと、1本1本のクラブの振り心地が大きく変わってしまい、ミスの原因になります。これをそろえるだけでもミスをかなり軽減することができますよ。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る