ゴルフの楽しさ伝えます
ミズノの2022年モデル

中上級者にやさしい「Mizuno Pro 223」 打感と性能のバランスに脱帽…!

オグさんです。今回は、ミズノのニューモデル「Mizuno Pro 223 アイアン」の試打レポートをお届けいたします。

ミズノ「Mizuno Pro 223」

ミズノ「Mizuno Pro 223」

ポケットキャビティ構造の「223」

ミズノは、古くから鍛造アイアンに注力しているメーカーとして知られています。特に、軟鉄鍛造モデルにこめられた情熱は、他の追随を許しません。
素材の段階から独自に鉄を調合し、ほかのメーカーが行わない手間のかかる製法を用いています。そこまでして追求している性能は、放たれる弾道に現れる数値だけでなく、打感や打音といった“感性に訴える部分”にも及びます。

目に見えないところまで突き詰めて作られた製品だからこそ、ミズノのアイアンは日本だけでなく、世界中のゴルファーに愛されているのです。

そんなミズノが今回発売する「Mizuno Proアイアン」は全部で3モデル。
マッスルバックの「221」、ポケットキャビティの「223」、そして中空複合構造の「225」の3種類。それぞれが明確なコンセプトに沿って設計されており、ゴルファーのニーズによって選べるようになっています。

左から、シリーズ最高の打感を追求した軟鉄鍛造のマッスルバックの「221」。打感と飛距離性能の両立を狙ったポケットキャビティの「223」。ミズノ鍛造アイアン史上最も高反発の複合アイアン「225」。それぞれが異なったコンセプトで設計されています

左から、シリーズ最高の打感を追求した軟鉄鍛造のマッスルバックの「221」。打感と飛距離性能の両立を狙ったポケットキャビティの「223」。ミズノ鍛造アイアン史上最も高反発の複合アイアン「225」。それぞれが異なったコンセプトで設計されています

今回試打したのは、ポケットキャビティ構造を採用した「223」。キャッチコピーが「エリート プレーヤーズ キャビティ」となっており、中上級者を意識した仕様になっているようです。

では実際のクラブを見ていきましょう。

力強さを感じさせ、かつやさしそうにも見える造形。シンプルで美しく飽きないデザインです。モデル名「223」が記されている部分がバッジになっていて、打感と打音を調節する機能を持っています

力強さを感じさせ、かつやさしそうにも見える造形。シンプルで美しく飽きないデザインです。モデル名「223」が記されている部分がバッジになっていて、打感と打音を調節する機能を持っています

Mizuno Pro 223・#5

Mizuno Pro 223・#5

Mizuno Pro 223・#7

Mizuno Pro 223・#7

Mizuno Pro 223・#9ヘッドサイズはアスリートモデルとしては標準的(やや小ぶり)なサイズ。薄めに仕上げたトップブレードが、ミズノらしい美しいシェイプを特徴付けています。セミグースネックになっているので、過度なプレッシャーは感じられません

Mizuno Pro 223・#9
ヘッドサイズはアスリートモデルとしては標準的(やや小ぶり)なサイズ。薄めに仕上げたトップブレードが、ミズノらしい美しいシェイプを特徴付けています。セミグースネックになっているので、過度なプレッシャーは感じられません

軟鉄より硬度のあるクロムモリブデン鋼を使用することでフェースを薄肉化し、ボール初速を追求しています。さらに打感を追求するため、「グレインフローフォージドHD」と呼ばれる、ネックとフェースを一体成型する独自の鍛造製法を採用。飛距離と心地よい打感を両立させています

軟鉄より硬度のあるクロムモリブデン鋼を使用することでフェースを薄肉化し、ボール初速を追求しています。さらに打感を追求するため、「グレインフローフォージドHD」と呼ばれる、ネックとフェースを一体成型する独自の鍛造製法を採用。飛距離と心地よい打感を両立させています

ヘッドはポケットキャビティ構造になっており、番手によって溝の幅や深さを変える「新フローマイクロ構造」を採用。番手ごとに、求められるそれぞれの機能を追求しています。ソールはコンパクトなサイズの割に幅があり、ダフりのミスに強そうですね

ヘッドはポケットキャビティ構造になっており、番手によって溝の幅や深さを変える「新フローマイクロ構造」を採用。番手ごとに、求められるそれぞれの機能を追求しています。ソールはコンパクトなサイズの割に幅があり、ダフりのミスに強そうですね

シャフトには、日本シャフトのニューモデルである「NS PRO MODUS3 TOUR115」と「NS PRO MODUS3 TOUR105」を用意しています。110g台でやや粘る挙動を持つ115と、100g台でシャキッとした挙動を持つ105という違いがあります。パワーに自信がある方は115がおすすめです

日本シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR115」

日本シャフト「NS PRO MODUS3 TOUR115」

ロフト:#5 25°/#6 28°/#7 32°/#8 36°/#9 41°/PW 46°

ロフトは7番で32°、アスリートモデルとしては標準的な設定と言えます。コンセプトの近い他社モデルと比べると、若干寝かせた設定ですね。ロフトを立てればボール初速を高めやすくなりますが、ボールの高さが抑えられてしまうので、飛距離につながりにくくなります。飛距離性能は素材で追求し、ロフトで高さを出しつつ、ヘッド構造で操作性やミスへの強さを補強しているのだと思います。

ミズノの爽快な打感が味わえる

構えた印象は、ちょっとだけ面長なアスリートモデルといった感じ。ヘッドサイズは小ぶりなのですが、一緒に発表されたマッスルバックの221よりブレードが長めになっています。ブレードがちょっと長いからと言って形状に違和感があるわけでなく、とてもきれいな形状です。比較しなければほとんど気付かない程度でしょう。

いつものように、ドライバーでのヘッドスピード40m/sをイメージして試打をスタート。何球か打ってみて感じるのは打感の軽やかさ。感触としてはちょっとソリッドなのですが、芯で打つと振動が少なく、とても爽快な打感を味わえます。225も同じクロムモリブデン鋼を採用していて、こちらも爽快な打感と評価しているのですが、223はさらにそれより振動が少ない印象です。

<関連記事>
“打感のミズノ”は中空でも健在! 「Mizuno Pro 225アイアン」を試すべし

球質は、適度なスピンを伴う高弾道。高さが出しやすく、少々芯を外してもボールがちゃんと上がってくれるので、安定したキャリーが出せます。操作性に関して、このヘッドスピード帯でボールを曲げようとするなら、結構大げさにやらないと曲がりませんでした。
アイアンに飛距離をあまり求めないのであれば、ミスに強く安定した球が打ちやすい好製品だと思います。

中空の225よりさらに軽やかで、余計な振動が少ない223の打感はとっても気持ちいい! 人によっては軟鉄鍛造のモデルよりこちらのほうが心地よいと感じる人もいるでしょう

中空の225よりさらに軽やかで、余計な振動が少ない223の打感はとっても気持ちいい! 人によっては軟鉄鍛造のモデルよりこちらのほうが心地よいと感じる人もいるでしょう

MBよりも0.7番手飛んでいる印象

ヘッドスピードを徐々に上げ、43m/s程度で振ってみました。ヘッドスピードが高まるほどに、操作性も高まっていく印象。球はさらに高くなり、アスリートモデルらしいスピンを伴う打ち分けできる弾道になりました。

自由自在とまではいきませんが、フック、スライス、高さの打ち分けもでき、とても扱いやすかったです。ミスへの許容度と操作性のバランスがとてもいいですね! この性能があれば、一か八かのギャンブルショットにも思い切ってチャレンジできそうです。

飛距離に関しては、ロフトなりといった印象です。クラシカルなマッスルバックと比べて、差は1番手まではない感じ。0.7番手ぐらい飛んでいるかなといった印象です。バランスを取りながら、操作性、ミスへの強さ、飛距離の順に重要視されているモデルだと感じました。

小ぶりなヘッドですが、ブレードがちょっとだけ長くなっています。ブレードが長くなるほど、操作性が希薄に、直進性が高くなりやすいのですが、223は操作感と形状がリンクしています。性能はもちろん、こういった点からも223は上級者には高く評価されるモデルとなるでしょう

小ぶりなヘッドですが、ブレードがちょっとだけ長くなっています。ブレードが長くなるほど、操作性が希薄に、直進性が高くなりやすいのですが、223は操作感と形状がリンクしています。性能はもちろん、こういった点からも223は上級者には高く評価されるモデルとなるでしょう

7番アイアンの弾道データ。最近のモデルではなかなか難しい右に打ち出してから戻ってくるドローボール。操作性がある程度ないと打てない弾道です。スピンも適正量で高さもしっかりと出ています。それでいてかなり打点のミスに強いのですから、かなり欲張りな仕様に仕上がっていると思います

7番アイアンの弾道データ。最近のモデルではなかなか難しい右に打ち出してから戻ってくるドローボール。操作性がある程度ないと打てない弾道です。スピンも適正量で高さもしっかりと出ています。それでいてかなり打点のミスに強いのですから、かなり欲張りな仕様に仕上がっていると思います

小さい=難しい、ではない

Mizuno Pro 223アイアンは、ミズノらしくフィーリングを大事にした、やさしいアスリートモデルでした。今回同時に発表された225は、直進性と飛距離を高めたフィーリングのよいモデルでしたが、223は操作性とミスへの強さをバランスよく持ったフィーリングのよいモデルに仕上がっています。

223と225で迷う方は結構多いのではないでしょうか。両モデルともバランスがよくフィーリングもいいですし、それぞれのよさがありますからね。

223のライバルモデルは、ピン「i59」やタイトリスト「T100S」。小ぶりでありながらしっかりとミスへの強さをもち、操作性もバランスよく両立させているモデルが続々と開発されています。私はトラディショナルなゴルファーなので操作性の高いマッスルバックを今は愛用していますが、近いうちに替えてしまうかも……。
皆さんも試打して、その性能をぜひ体験してみてください。従来の「小さい=難しい」という公式は、もはや成り立ちませんよっ!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る