ゴルフの楽しさ伝えます
使い続けてうまくなる

備えているのは打感・やさしさ・カッコよさ! 「X-FORGED STAR アイアン」

オグさんです。今回はキャロウェイの「X-FORGED STAR アイアン」の試打レポートをお届けします。

キャロウェイ「X-FORGED STAR アイアン」

キャロウェイ「X-FORGED STAR アイアン」

フィーリングとやさしさを同時に追求

「X-FORGED」はFORGED(鍛造の意)の名が示す通り、鍛造製法にこだわったシリーズ。金属をたたいて成形する製法ならではの、フィーリングのよさと高い性能を両立するブランドとしてアスリートゴルファーを中心に高い人気を誇ります。

今回お借りしたのは「X-FORGED STARアイアン」というモデル。このSTARというサブネームはキャロウェイでは過去たびたび登場しています。同一ブランド内で、主にミスへの寛容性やボールのつかまりのよさなど、アベレージゴルファーが求めるニーズに合わせたモデルに使われる傾向にあります。

X-FORGED STARは、鍛造製法にこだわり、フィーリング面を重視しながらやさしさを追求した、まさに日本人好みのモデルと言えるでしょう。

では実際のクラブを見ていきましょう!

素材は軟鉄のみの、いわゆる“一枚物”。バックフェースにバッジもなく、シンプルで美しいデザインです

素材は軟鉄のみの、いわゆる“一枚物”。バックフェースにバッジもなく、シンプルで美しいデザインです

X-FORGED STAR・#5

X-FORGED STAR・#5

X-FORGED STAR・#7

X-FORGED STAR・#7

X-FORGED STAR・#9<br>どの番手もブレードが長めで、直進性の高さを重視した設計になっています。トップブレードはやや薄めでシャープな印象がありますが、適度なグースネックと長めのブレードによってプレッシャーを感じさせません

X-FORGED STAR・#9
どの番手もブレードが長めで、直進性の高さを重視した設計になっています。トップブレードはやや薄めでシャープな印象がありますが、適度なグースネックと長めのブレードによってプレッシャーを感じさせません

単一素材なので、フェースももちろん軟鉄製! 気持ちよい打感が期待できます

単一素材なので、フェースももちろん軟鉄製! 気持ちよい打感が期待できます

トウ側から見ると、しっかりと低重心化されているのがわかりますね。ソールは、ヌケと滑りを両立する適度な幅を持っています

トウ側から見ると、しっかりと低重心化されているのがわかりますね。ソールは、ヌケと滑りを両立する適度な幅を持っています

ロフト:#5 23°/#6 26°/#7 29°/#8 33°/#9 38°/PW 43°

ロフト角は7番で29°と、軟鉄鍛造モデルとしてはかなり立った設定になっています。飛距離性能には期待できますね。後は、どこまで高さを出せるのかがカギになります。

シャフトバリエーションは純正で3種。専用設計の70g台のカーボン、フジクラ「MC80 for Callaway」、日本シャフト製90台のスチール「NS PRO 950GH neo」、そして100台のスチール、同「NS PRO モーダス3 TOUR 105」。若いアスリートの方ならどちらかのスチール、楽に振りたい方ならカーボンがよいでしょう。上達志向の強い若い方なら950GH neoがおすすめです!

MC80 for Callaway

MC80 for Callaway

ピュアな軟鉄鍛造モデルの実力は?

中上級者に好まれるフォージドアイアンですが、最近のモデルはより性能を追求するため、進化しています。軟鉄のボディにタングステンなど比重の重い素材を内蔵し、低重心化を図ったもの、クロムモリブデン鋼など軟鉄より硬度のある素材を使い、ボール初速を追求したものなど、さまざまなモデルが各社で開発されています。キャロウェイのX-FORGEDブランドにも、バックソール内部にタングステンウェートを搭載して重心位置を最適化し、フェースはスピン性能と打感を追求するため、あえてステンレスを採用した「X-FORGED CB」というモデルがあり、高い人気を誇っています。

そんな中、X-FORGED STARは、軟鉄のみを使用した鍛造モデルとして登場。ピュアなフォージドモデルでどこまで性能を追求できるのか、試打前からとても興味がありました。

構えた印象は、面長なアスリートモデルといった感じです。適度な厚さのブレードとヘッド形状がシャープな印象を持たせつつ、長めのブレードがやさしい印象を与えてくれます。

最初はドライバーでヘッドスピード40m/s相当で試打を開始。何球か打って、やっぱり軟鉄鍛造はいいなぁ!と感じました。芯で打った時の振動の少ないやわらかい打感、フェースのどこでボールをとらえたかがしっかりと手に伝わってくる感触のクリアさは、一枚物の軟鉄鍛造ならでは。

昨今の高性能フォージドモデルには違った気持ちよさがありますが、個人的には軟鉄鍛造モデルの打感やフィーリングが好きですね。

芯で打てば最高の打感! 芯を外すと打感が変化して、フェースのどのあたりで打ったかがわかる。しかしボールは意外と曲がらない。このアイアンの一番の魅力のポイントです!!

芯で打てば最高の打感! 芯を外すと打感が変化して、フェースのどのあたりで打ったかがわかる。しかしボールは意外と曲がらない。このアイアンの一番の魅力のポイントです!!

球質は、ややスピンの少ない直進性の高い弾道。ロフトが立っている分、高さはそれなりといったところ。打点のミスにはかなり強く、安定した弾道が打てます。このヘッドスピード帯でもうちょっと高さが出れば文句なしでしたね。それでも、ショートアイアンでグリーンに止まらないといったことはないでしょうし、飛距離も出ているので大きな問題にはならないでしょう。

性能だけを重視すれば、鋳造製法や軟鉄以外の素材をチョイスしたほうが都合がいいはず。しかし、使うゴルファーの真の満足度を考えているからこそ、こういうこだわりのモデルが生まれてくるのでしょう。ぜひ多くの人に打ってもらいたいです!

性能だけを重視すれば、鋳造製法や軟鉄以外の素材をチョイスしたほうが都合がいいはず。しかし、使うゴルファーの真の満足度を考えているからこそ、こういうこだわりのモデルが生まれてくるのでしょう。ぜひ多くの人に打ってもらいたいです!

よくも悪くも、ボールはほぼ曲がらない

ヘッドスピードを43m/s程度まで高めて打ってみると、やや高さが増して飛距離がぐんと伸びました。直進性の高さは変わらず、一定のエリアに安定して運ぶことができます。

操作性は、ひと昔前のフォージドモデルのイメージを持っている方からすると、ほぼ曲がらないといった評価になるでしょう。結構大げさに操作しても軽く曲がる程度。操作性を重視するならほかのモデルを選んだほうが無難ですね。

7番の弾道データ。軽いドローイメージで打ちました。右に打ち出せず狙った方向に飛び出し、その分ちょっと強めにつかまりました。それでも曲がりは少なめです。飛距離性能はすばらしく、クラシカルなフォージドモデルと比べると1.5番手ぐらいは飛びますね!

7番の弾道データ。軽いドローイメージで打ちました。右に打ち出せず狙った方向に飛び出し、その分ちょっと強めにつかまりました。それでも曲がりは少なめです。飛距離性能はすばらしく、クラシカルなフォージドモデルと比べると1.5番手ぐらいは飛びますね!

上達にもつながるアイアン

X-FORGED STARアイアンは、軟鉄鍛造のよさをしっかりと引き出しながら、現代のゴルファーがアイアンに求めるニーズにしっかりと対応したモデルに仕上がっていました。

ひと言で言うなら“打ち手に技術を要求しないフォージドモデル”といった感じ。打感のよさや打点による情報のフィードバックはしっかりと残し、ボールを安定して前に飛ばしてくれる、そんなアイアンです。

シンプルにプレーしたいと考える上級者や、上達志向のある初中級者にぜひおすすめしたいですね。結果をある程度出しつつ、上達にもつながるアイアンだと思います。ボールの操作や弾道を自分でしっかり作っていきたいと考えるゴルファーには、「X-FORGED CB」がおすすめです。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る