注目コンテンツ
ノートPCなのにデスクトップと同等のパワー

コスパ優秀で“後からアップグレード”も可能な「STYLE∞ N-Class」Hシリーズ[PR]

ノートPCは、サイズがコンパクトな半面、デスクトップPCと比べるとどうしても処理性能が低くなる。外出先で少々使用するくらいならかまわないが、自宅でメインマシンとしてノートPCを使いたいのならば、初めから性能が高いCPUを搭載するマシンを選びたいところだ。

デスクトップ向けCPUを搭載するノートPC「STYLE-15FH039-i5-UHSX」

デスクトップ向けCPUを搭載するノートPC「STYLE-15FH039-i5-UHSX」

そこで本記事で紹介するのがパソコン工房で販売する「iiyama PC」のノートパソコン「STYLE∞」シリーズの新製品「STYLE-15FH039-i5-UHSX」だ。デスクトップ向けCPUを搭載した本機は、一般的なノートPCよりも性能がすぐれているのに加え、CPUやメモリーなどのパーツをアップグレードすることもでき、長く使えるのが特徴だ。本記事では、この「STYLE-15FH039-i5-UHSX」の実力や使い勝手をレポートする。

第8世代インテルCore i5プロセッサー搭載で9万円台! 驚きのコスパに注目

「STYLE-15FH039-i5-UHSX」は、通常はデスクトップPCに搭載されるインテルのCPU「Core i5-8400」を採用する、15.6型液晶を備えたノートPCだ。そのため、ノートPC向けのCPUを搭載する一般的なノートPCより処理性能がすぐれている。そのうえ、メモリー(DDR4-2400)は8GB、ストレージ容量は240GBの高速な SSD (M.2接続)を採用している。

9万円台という価格帯で、デスクトップPC並みの処理性能を備えているのは頼もしい。また、データの読み書きがHDDより高速なSSDを採用している点も見逃せないポイントだ。

15.6型液晶を備える「STYLE-15FH039-i5-UHSX」。本体サイズは378(幅)×250(高さ)×29.8(厚さ)で、重量は約2.3kg。据え置きでの利用を想定しており、自宅やオフィスで使うのに向いている

モバイルノートにはなかなかないアナログRGB映像出力(D-Sub)ポートやHDMIポート、SDカードスロット、イヤホンジャック、USB Type-Cポートなど豊富な外部インターフェイスもうれしい。テレビや外部ディスプレイに接続して大画面で映像を表示できるほか、SDカードの写真や動画をアダプターなしで取り込めるのは使い勝手がいい。

左側面には、左からアナログRGB映像出力(D-Sub)、HDMI、USB Type-C(3.1)、USB(3.1)、USB(2.0)の各ポートが並ぶ

右側面にはSDカードスロット、イヤホンジャック、マイクジャック、USB(2.0)ポート、電源ポートを搭載。仕事、プライベートで頻繁に使用するポート類はひと通りそろっている

パワフルなデスクトップ向けCPUと高速SSDでサクサク動作

ここからは「STYLE-15FH039-i5-UHSX」の処理性能を、ベンチマークテストの結果とともに検証しよう。搭載されるCPU「Core i5-8400」は、インテル第8世代のデスクトップ向けCPUで、定格クロックが2.8GHz、最大クロックが4.0GHz。コア数が先代「Core i5-7400」の4基から6基へと増えたことで、普段使いから軽いゲーミングまでこなすと言われる性能を備える。

もちろん、メモリーが8GB、ストレージが240GB(M.2 SSD)と、CPU以外のスペックも充実している。SSDにより、OSやソフトウェアの起動はHDDに比べると高速だ。パソコンの総合性能を測るベンチマークプログラム「PCMark 10」のテスト結果は「3575」を記録。10万円以下のノートパソコンとしては優秀なスコアで、ブラウジングやOfficeソフトを使った作業から、簡単なゲームプレイや画像編集なども快適にこなせる。

「PCMark 10」のスコアは「3575」。一般的な作業の性能を計測する「Essentials」のスコアが“7524”、仕事などのドキュメント作業での性能を計測する「Productivity」が“5428“、クリエイティブな作業の性能を計測する「Digital Content Creation」が“3037“と、全体的に高いスコアを記録

データの読み書き速度を測定するソフトウェア「CrystalDiskMark 6.0.1」も実施したが、SSDを搭載していることもあって、読み込み、書き込みともに非常に高速。実際に使っていても、OSやソフトウェアの起動が速く、ストレスフリーな使い勝手だ

“後からアップグレード”できる、デスクトップPC並みのカスタマイズ性

「STYLE-15FH039-i5-UHSX」最大の特徴は、CPU、メモリー、ストレージが簡単に交換可能なことだ。CPUはオーバークロック可能な「K番」以外のCPUにアップグレードでき、メモリー(最大16GB×2基)やストレージ(2.5インチ)も好きなようにカスタマイズできる。一般的なノートPCであれば、自分でパーツを変えてしまうと製品保証を受けられなくなるなどのデメリットがあるが、「STYLE-15FH039-i5-UHSX」なら、その心配がない。

ネジを取り外して底面カバーを外すだけで、CPUやメモリー、ストレージにアクセス可能

ネジを取り外して底面カバーを外すだけで、CPUやメモリー、ストレージにアクセス可能

もちろん、CPUの交換などはパソコンの知識がないと難しい場合もある。その点、全国に展開するパソコン工房は、店頭持ち込みの交換サービス(4,000円。税別)を行っているので、自分で行うのが不安な人は、こちらを利用すると安心だ。
※パソコンの不具合が認められる場合などは、別途診断料金をいただくことがございます。

初期投資を抑えたい人は、価格を抑えたモデルを最初に購入し、“後からアップグレード”でスペックアップするのもアリだろう。これは、「STYLE-15FH039-i5-UHSX」を含めた「STYLE∞ N-Class」Hシリーズを使ううえで大きなメリットになる。

まとめ

以上、「STYLE-15FH039-i5-UHSX」は、デスクトップPC並みにパワフルな性能を備えながらも、価格を9万円台に抑えた非常にコストパフォーマンスにすぐれたモデルであることがわかった。ポート類が豊富なのもユーザーフレンドリーな設計だ。

しかも、“後からアップグレード”を利用すれば、自分の好きなようにパーツを強化して、長く使い続けられる点も満足度が高い。自宅やオフィスで使うノートPCを探している人にはピッタリの1台と言えるだろう。

なお、本記事で紹介したモデル以外にも、CPUの性能を抑えた格安モデルやハイスペックなCPU「Core i7-8700」搭載モデルなども「STYLE∞ N-Class」Hシリーズには用意されているので、こちらもあわせてチェックしていただきたい。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
ページトップへ戻る