ニュース
リーボックからエントリーランナー向けモデルが低価格帯で登場!

【試走】うれしい9,000円台! “宇宙靴用素材”搭載「フロートライド」のエントリーモデル

リーボックは、独自の軽量クッショニング素材「フロートライド フォーム」を搭載したランニングシューズ「FLOATRIDE(フロートライド)」シリーズにおいて、リーズナブルな価格帯のエントリーモデル「FOREVER FLOATRIDE ENERGY(フォーエバー フロートライド エナジー)」を2019年3月1日に発売した。

オフィシャルショップ販売価格は、9,900円(税別)。

リーボック「フォーエバー フロートライド エナジー」。メンズは、「DV3882」(ブラック)のみ

リーボック「フォーエバー フロートライド エナジー」。メンズは、「DV3882」(ブラック)のみ

ベストイノベーションプロダクトと同じ素材を採用

「フロートライド」シリーズと言えば、2018年秋冬に発売された「FLOATRIDE RUN FAST PRO(フロートライド ラン ファスト プロ)」が、約100グラム(27cmモデル片足)という同社史上最軽量を実現し、発売後わずか1週間で完売するなど注目を集めたシリーズ。

「フロートライドランファスト プロ」。2018年に米ランニング誌「ランナーズワールド」にて、クッション性と反発性を両立させたフォーム材が高い評価を受け、「ベストイノベーションプロダクト」にも表彰されている

今回、「フロートライド」シリーズから新しく登場した「フォーエバー フロートライド エナジー」は、シリーズの特徴である軽量性、クッション性、反発性を持ち合わせながら、税別9,900円というリーズナブルな価格帯で販売される。

「フォーエバー フロートライド エナジー」に搭載されるクッショニングフォーム「フロートライド フォーム」は、宇宙靴開発のために生まれた素材で、実は積水化学工業が手がけた日本製。従来のポリウレタン素材「EVA」よりも30%の軽量化に成功している。もちろん、反発性とクッション性の両立も追求している。

写真中央にある白いパーツが、「フロートライド フォーム」

写真中央にある白いパーツが、「フロートライド フォーム」

アッパーは、シームレスなエンジニアードメッシュ仕様。軽くて通気性も高い。また、夜間ランニングでも視認性を高められるように、リフレクターのプリントも施されている

アウトソールには、耐摩耗性にすぐれるラバーを採用。グリップ性も高い

アウトソールには、耐摩耗性にすぐれるラバーを採用。グリップ性も高い

エントリーランナーにとって“ちょうどよい”履き心地&走り心地

実際に履いて走ってみた。

足幅は2E

足幅は2E

足を入れた瞬間は、シームレスなメッシュアッパーのおかげか、足当たりは良好。特に違和感もなく、フィット感も申し分ない。重量は250g(27cmモデル片足)と、エントリーシューズとしては平均よりほんの少し軽めだ。

分厚い「フロートライド フォーム」がミッドソールにしっかりと搭載されている

分厚い「フロートライド フォーム」がミッドソールにしっかりと搭載されている

走り出してみると、「フロートライド フォーム」によるクッション性もさることながら、ソールが薄めのためか、地面からの反発を拾いながら、軽快に走行できた。ドロップの差も自然とピッチが上がることに寄与しているだろう。

軽さ、クッション性、反発性のバランスがよく、多くのエントリーランナーが“ちょうどよい”履き心地&走り心地と感じられるはず。サブ4以上のランナーにとっては、レースシーンよりもそのあとの回復ジョグやトレーニング用に1足持っていてもよさそうだ。

試走したときは、あいにく雨が降っていた。皇居近くの石畳の道路を走っていたが、特に滑ることもなく、ラバーアウトソールのグリップがしっかりと効いてスムーズな足運びをサポートしてくれた。

試走会のワンシーン。雨に濡れたツルツルの石畳もしっかりと走り切れた

試走会のワンシーン。雨に濡れたツルツルの石畳もしっかりと走り切れた

道路に凸凹の多い街中のランでも、着地時に足首をひねってしまうような足の左右への揺れも特になかった

道路に凸凹の多い街中のランでも、着地時に足首をひねってしまうような足の左右への揺れも特になかった

【まとめ】「最初の1足」に最適なモデル

「フロートライド」シリーズは、従来の「フロートライド ラン ファスト プロ」、「FLOATRIDE FAST(フロートライド ファスト)」、「FLOATRIDE ULTK(フロートライド ウルトラニット)」に、今回の「フォーエバー フロートライド エナジー」を加え、エントリー層からシリアスランナーまで、幅広いランナーをサポートすることになった。

「FLOATRIDE」シリーズのチャート

「FLOATRIDE」シリーズのチャート

サブ4.5〜5のエントリーランナー用である「フォーエバー フロートライド エナジー」は、バランスがよく、いい意味でとがっていない履きやすいモデルだ。そして何より、税込でも1万円札1枚とちょっとの小銭で買えるリーズナブルな価格は魅力だ。これからランニングを始めたい人が、最初の1足を購入するときの候補に入れて問題ないだろう。

最初の1足の候補になりそうな他ブランドの同価格帯モデル。リーボックいわく、アディダスの「バウンス」シリーズやナイキ「ペガサス」シリーズなどがこれに当たるという

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
スポーツシューズのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る