ゴルフの楽しさ伝えます
プロにも人気のやさしいクラブ

フェースの“返しやすさ”が気持ちいい!「TOUR B JGR ドライバー」試打

オグさんです。

今日はブリヂストンスポーツの「TOUR B JGR ドライバー」を試打させていただきましたので、さっそくレポートしたいと思います。

アスリート向けだけど、やさしいシリーズ

ブリヂストンゴルフの「JGR」というモデルは「TOUR B」ブランドの前身である「TOUR STAGE」時代から存在しており、「アスリート向けだけど、やさしい」というイメージで多くのゴルファーに認知されています。

今回試打させていただいた現行モデルのドライバーも、そのイメージ通りのポジションで発売され、多くのゴルファーに支持されています。初代JGRが登場した当初、プロはバリバリのアスリートモデルを好んで使用していましたが、現在では性能の進化もありますが、プロもやさしいモデルを好むようになり、現行モデルのドライバーは男女問わずプロも使用しています。

今回のJGRドライバーで目を引くのは「サスペンションコア」と呼ばれる新技術。1本の棒がソールを貫通してフェースの裏まで延び、フェースの裏を直接支えることで高初速エリアを広げることに成功しています。ちなみに、この棒は1本1本手作業で調整し、ルール上限を超えないようにしているのだとか。

そのほか、ソールの剛性を上げ、反対にクラウンの剛性を下げることでインパクト時のヘッドのたわみを最適化して高初速・高弾道を生み出す「ブーストパワーテクノロジー」、フェース面のミーリングを3本に1本粗くすることで、インパクトでのボールの滑りを抑えて余分なスピンを減らす「パワーミーリング」など、オリジナルのテクノロジーが満載されたモデルとなっています。

ソールの窪みに光るサスペンションコアの黄色い突起(?)がアクセントにもなっているデザイン。メカニカルで、なかなかカッコいいです

クラウンにはたわみを生み出すパワースリットが掘られていますが、塗装で主張するようなことはせず、あえてシンプルに仕上げてあります。ヘッドの輪郭はトゥ側に少しだけ角を持たせていますが、ほぼ丸型のオーソドックスな形状

ソールの剛性を高く、クラウンの剛性を低くすることで高初速・高弾道を生み出すブーストパワーテクノロジーと、フェースのミーリングを3本に1本粗くし、余計なスピンを軽減するパワーミーリングを搭載

ヘッド後方が低めにデザインされたシャローバック形状を採用。ほどよいやさしさを狙っているのでしょうか

ヘッド後方が低めにデザインされたシャローバック形状を採用。ほどよいやさしさを狙っているのでしょうか

純正シャフト「TOUR AD for JGR TG2-5」。しなりはそこそこありますが、挙動のつかみやすいクセのないシャフトです

開いて上げても、インパクトで戻ってくれる

構えてみると投影面積もほどよく大きくて安心感がありつつ、それでいて鈍重な感じも受けないちょうどよいサイズ。形状も美しく、気持ちよく構えられます。特徴のひとつであるクラウンに彫られた溝−パワースリットはクラウンと同じカラーで塗られていて目立ちません。カラーを変えてアピールするのもありだったとは思いますが、個人的には今の仕上げが好きですね。

打ってみると、やや高く上がる滞空時間の長い弾道がポンポン打てました。打感は、はじき感がありつつもやわらかさも持ち合わせる不思議な感触。不快なものでは決してなく、芯で打てたときは気持ちよかったですよ。打点のミスへの許容度も優秀。トゥ、ヒール両方に外して打っても飛距離ロスは少なめで、曲がりも少なかったです。

個人的に気に入ったのが、フェースローテ―ションが割とやりやすいこと。テークバックで大きめにフェースを開いても、インパクトで間に合います。ボールの曲がり自体は少ないのですが、狙ったところに打ち出してドローやフェード弾道を作りやすいのはこのクラブの美点のひとつでしょう。

ヘッドターンがしやすいので、持ち球がある方は打ちやすいと感じるはずです

ヘッドターンがしやすいので、持ち球がある方は打ちやすいと感じるはずです

ルール上限に抑えつつ高初速エリアを広げることに成功したサスペンションコア。独特の気持ちいい打感にも寄与しています

ドロー:右に打ち出してしっかり戻ってくるドローボール。直進性を高めながらも操作性を維持しているのは個人的にはとてもいいと思います

フェード:軽いフェード系のボールですが、ロスは少なめで距離もまずまず。データ上はスピンが多めですが、実際の弾道はもう少しスピンが少なめでライナー性の球質でした

豊富なカスタムシャフトの選び方

TOUR B JGRドライバーは、飛距離、ミスへの許容性、直進性、操作性をバランスよく兼ね備えたクラブに仕上がっています。現在のドライバーの主流である、直進性の高い大型のモデルとは少し異なり、扱いやすさがすぐれていると感じましたね。

ヘッド自体のつかまり性能はニュートラルなので、シャフト次第で、上級者には操作もまずまずできてやりたいことをじゃましないモデルに、初中級者にはミスを軽減してくれるモデルにと、幅広いゴルファーにおすすめできるクラブだと思います。

純正シャフトとの組み合わせはタイミングが取りやすくクセがないので、初中級者にオススメです。つかまりもいいので、右のミスを抑えたい人にもいいですね。

カスタムシャフトで右のミスを抑えやすいのは「ATTAS 11」。ニュートラルな仕上がりでシャキッとした振り心地に仕上がるのが「Speeder EVOLUTION VI」、左のミスを恐れず、強振してもしっかりついてきてくれる「TOUR-AD XC」といった感じでしょうか。

フェースローテ―ションがしやすいクラブは最近の市場の中では比較的少ないので、デカヘッドがうまく打てないといった方は試す価値があると思います。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る