ゴルフの楽しさ伝えます
ホントはマレットが好きなんです……

2020年渋野日向子はこのパターで戦う!? ピン新製品発表会レポート

ピンゴルフジャパンは2020年1月21日、新モデル「G710」およびパターの新シリーズ「HEPPLER(へプラー)」を発表しました。

昨年2019年は、日本国内の男女ツアーで同社のドライバーを使う選手が17勝をあげ(複数回優勝含む)、「G410」シリーズのドライバーは異例の大ヒットモデルとなりました。年が変わってもなお受注が引きを切らず、同社は今年、生産ラインの拡大に着手するほど盛況のようです。

そして、その好調に拍車をかけたのが同社契約の選手の活躍。特に女子では言わずと知れた鈴木愛、渋野日向子両選手が手にするG410ドライバーの露出と認知がすさまじく、もはやピンの顔と言っても過言ではありません。今回の発表会にはこの両選手が出席し、昨シーズンのことや、新製品の印象について話しました。

2020年シーズン国内女子ツアー賞金女王の鈴木愛選手(右)と、ご存じ“しぶこフィーバー”を巻き起こした渋野日向子選手(左)

今回発表された製品のうち、G710は飛距離系に分類されるアイアン。「G700」の後継モデルですが、カラーリングをブラックに変え、精かんなイメージになっています。

ブラックで締められたヘッドは実物のほうがカッコイイです!ロフトは7番で28°と飛距離系

ブラックで締められたヘッドは実物のほうがカッコイイです!ロフトは7番で28°と飛距離系

ピン独自の中空構造でフェースをたわませ、飛距離につなげるそう

ピン独自の中空構造でフェースをたわませ、飛距離につなげるそう

グリップエンドには、スマホアプリと接続することでショットデータを精密記録できる「アーコス キャディ」搭載グリップを標準装着。大手メーカーが自社のクラブに純正でこういうものを組み込むのは異例です

ピンのアイアンのモデル別ポジション。G710は最もミスに強く、最も飛距離が出るアイアンということになります

渋野選手は「(アマチュアの)金谷拓実選手がVISA太平洋マスターズで打ったG700のショット(最終日の18番ホールで2オンに成功してイーグルを奪い、優勝を決めた)が忘れられません。勝負どころで飛んでくれるイメージですね、G700は」と語り、ここぞというときの飛距離は過酷なツアーを戦う選手にとっても武器になると語っていました。いっぽう鈴木選手は「見た目も中身もいいんで、すごくいいアイアンだと思います」とアピール。

実質的にこの2人のプロがG710を中心にアイアンセットを組むことはないでしょうが、5番アイアンもしくは4番アイアンだけG710をインバッグする可能性もなくはなさそう。

イベントの中で2人がG710の7番アイアンを試打してくれましたが、2人ともその飛距離に驚いていました。両名が使う「i210」アイアンとはロフト角がずいぶん異なるので当たり前の結果なのですが、それでも、打ちたい中長距離をプレッシャーなく打てるのは魅力のようです。

オフシーズンながらメディアの前でスイングするので気は抜けない……

オフシーズンながらメディアの前でスイングするので気は抜けない……

7番キャリーで158ヤード、トータル170ヤード

7番キャリーで158ヤード、トータル170ヤード

自分のi210との飛距離差にびっくり

自分のi210との飛距離差にびっくり

2019年に大爆発した渋野選手のスイング

2019年に大爆発した渋野選手のスイング

鈴木選手と同じく愛用のi210アイアンよりもキャリーで10ヤード以上飛んでいるそうです

鈴木選手と同じく愛用のi210アイアンよりもキャリーで10ヤード以上飛んでいるそうです

「ちょっとダフったんですが……G710は飛ぶんです!」と力説

「ちょっとダフったんですが……G710は飛ぶんです!」と力説

続いてはパター。へプラーシリーズは、アルミニウムとステンレススチールのツートンカラーが印象的なモデル。複合素材ヘッドで高い慣性モーメントを実現させたパターです。“はじき”のいいフィーリングを求めたため、フェースインサートはありません。ちなみにヘプラーとは、創業時から尽力し同社の発展に貢献したスタッフの名前だそうです。

写真にないモデルもありますが、ヘッドは全部で10種類をラインアップ

写真にないモデルもありますが、ヘッドは全部で10種類をラインアップ

ヒットモデル「SIGMA 2」とは正反対のフィーリング

ヒットモデル「SIGMA 2」とは正反対のフィーリング

グリップも複数用意されているので、ここはフィッティングで試したいところです

グリップも複数用意されているので、ここはフィッティングで試したいところです

この中で使いたいのは?との問いに、鈴木選手は「PIPER C」を、渋野選手は「TOMCAT 14」をチョイス。2019年シーズンの平均パット数(パーオンしたホール)のランキングで鈴木選手は1位、渋野選手は2位と、パット巧者が選ぶモデルに注目が集まりました。

へプラーシリーズから、それぞれ気に入ったモデルをチョイス

へプラーシリーズから、それぞれ気に入ったモデルをチョイス

鈴木選手のチョイスは妥当で、以前使っていたハーフマレットのセンターシャフト形状。昨シーズン後半はレディースモデルの大型マレットパターを使って話題になりましたが、へプラーシリーズの中ではPIPER Cが好みのようです。

PIPER C。鈴木選手によれば、ブレード部分がゴールドになっていることで目標に構えやすいとのことです

PIPER C。鈴木選手によれば、ブレード部分がゴールドになっていることで目標に構えやすいとのことです

対して渋野選手が選んだTOMCAT 14は今回初お目見えの形状。例の全英女子オープンを始め、2019年シーズンの活躍を支えたのは「SIGMA 2 ANSER」だっただけに会場にはざわめきが……。

渋野選手が使うパターと同モデル

渋野選手が使うパターと同モデル

「私、ホントはマレットが使いたいんですけど、コーチが、ピン型を使ったほうがいいって言うんで(ANSERを)使ってます……」(渋野)と衝撃発言。あの”しぶこフィーバー”を巻き起こしたパターは自身の好みではなかったのかと、集まったメディアもびっくりでした。2020年シーズンで、彼女が手にするパターは一体どれになるのでしょうか!? このあたりもツアー観戦の注目ポイントになりそうですよ!

「これが気に入りました!」

「これが気に入りました!」

へプラーシリーズで最大の慣性モーメントを持つTOMCAT 14。サイトラインを形成するドットは、飛行機が着陸するときに見える空港のライトを模したもので、素振り時のストロークの残像が残る効果があるそうなのですが、「わからん!」と渋野選手……

ゴルフ部員N(編集部)

ゴルフ部員N(編集部)

80台で回ったかと思えば、突然100打ったりするゴルフ部員。得意なクラブは強いて言えばミドルアイアン。苦手なドライバーとパッティングを安定させるべく、練習器具を漁る日々です。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る