ゴルフの楽しさ伝えます
キャロウェイの2020年モデルアイアンを打ち比べ

飛びもやさしさも妥協なし! キャロウェイ「MAVRIK 」アイアン比較試打

オグさんです。

今回はキャロウェイの「MAVRIK(マーベリック)」シリーズから、アイアン3モデルを比較試打した模様をお送りします。

上から時計回りに、「MAVRIKアイアン」、「MAVRIK PRO アイアン」、「MAVRIK MAX アイアン」

上から時計回りに、「MAVRIKアイアン」、「MAVRIK PRO アイアン」、「MAVRIK MAX アイアン」

AIで“番手ごとに”異なるフェースを設計

「MAVRIK」シリーズとは、進化したAI(人工知能)によって設計されたフェースを搭載したキャロウェイの最新ブランドです。前作「EPIC FLASH」ではAIにより設計されたフェースはウッド類のみでしたが、今回のMAVRIKではアイアンにも搭載され、3つのアイアンがラインアップされています。

ではそれぞれ見ていきましょう。

■MAVRIK アイアン

MAVRIK アイアン(以下、スタンダードと表記)は、AIによって設計されたフラッシュフェースを搭載し、番手ごとにベストな弾道が出やすいよう設計された、打ちやすさと飛距離を両立したモデルです。

凹んだバックフェースに、ブランド名とモデル名が比較的小さく入った比較的シンプルなデザインを採用。顔は、キャロウェイ伝統のグースネック+厚めのトップブレードの組み合わせ。構えただけでキャロウェイと分かる形状です。注目のAI設計のフラッシュフェースはロング、ミドル、ショートアイアンのそれぞれに求められる性能に合わせて設計されており、上下の溶接位置をフェース面から離すことで反発エリアを広げる「360フェースカップ構造」と組み合わせて搭載。打点のミスに強く、なおかつ最適な弾道が得られやすいように設計されています

ヘッド内部には比重の重いタングステンを内蔵した「タングステン・エナジー・コア」というテクノロジーを搭載。それぞれの番手に合わせて、タングステン量、配置場所を調整し、飛距離を追求すべくロフトを立てた設計でも番手ごとに適正なスピン量や打ち出し角が得られるように設計されています。ソールは比較的広めになっており、ダフりのミスにも強そうですね

■MAVRIK MAX アイアン

MAVRIK MAX アイアン(以下、MAX)は、大きめのヘッドサイズに強めのグースネックを採用し、深重心、高慣性モーメントに仕上げた、シリーズ中、最もミスに強いモデルになります。

デザインはスタンダードと共通。小さくMAXの文字が入る程度で、ほぼ同じです。しかし、形状はかなり違います。ヘッドはひと回り大きくなり、グースネックの度合いも大きくなっています。トップブレードもさらに厚くなっており、高い安心感を醸し出していますね。搭載されるテクノロジーはスタンダードと共通ですが、フラッシュフェースはMAX専用に設計されています。またロフト設定はシリーズ中一番多く設計されていて、飛距離よりも、ミスへの寛容性を重視した設計になっていることがわかります

スタンダードと同じくタングステン・エナジー・コアを搭載していますが、ヘッドが厚くなっていて重心をより深く低く設計していることをうかがわせます。ソールもさらに厚くなっていて、多少のダフりはなかったことにしてくれそうですね

■MAVRIK PRO アイアン

MAVRIK PRO アイアン(以下、プロ)は、飛距離を追求しながらも、上級者が求めるピンをデッドに攻めるための性能を有したアイアン。ウッドのラインでは「サブゼロ」に相当する、数量限定のモデルです。

デザインはスタンダード、MAXと共通ですが、オレンジのラインがなくなり、PROの文字が追加。精悍(せいかん)なイメージがありますね。小ぶりなサイズにセミグース形状、薄めのトップブレードと、上級者が好むヘッド形状。フラッシュフェースはPRO専用に設計され、適度な飛距離性能を持たせながら、操作性を重視したトップアスリートが好む仕様になっています

タングステン・エナジー・コアも、ボールをコントロールするために最適な調整を施されて搭載されています。ソール幅はシリーズ中、一番狭く、サイズも小ぶりなためヌケもよさそう。ミスへの強さよりも操作性を重視した設計がこういったところからもうかがい知れます

[スタンダード試打]
飛距離もやさしさも妥協なし

キャロウェイのアイアンの伝統的な顔は、いつ構えても安心感が高いですね。当たり負けしなそうな雰囲気があって、長い番手でもプレッシャーを感じませません。

まずは2~3球打ってみましたが、打感がかなりよくなったなというのが第一印象。マーベリックシリーズは、ウッドもそうでしたが、打感がとても気持ちよくなりました。余分な振動が少ないやわらかな感触で、打っていてとても気持ちいいです。

肝心の弾道はというと、直進性が高く、ややスピンが少なめといった感じ。つかまりは思ったより抑えられていて、ニュートラルより少しだけつかまる感じでしょうか。球の高さは#7としては標準的でした。

個人的に感じたAIによるフラッシュフェースの最大の利点は、打点のミスへの強さでしょう。アベレージゴルファーにはとっても強い味方になってくれると思います。

特筆すべき点は、飛距離性能とミスへの強さ。普通に打てて、弾道も普通に飛んでいくのに、飛距離が出ているんです。飛び系のアイアンはもう少しスピンが少なくライナーのような弾道になることが多いのですが、ちょっとスピンが少ないかなと思う程度でもしっかりスピンが入り、それでいて飛距離が出る。このへんがAIの効果なんでしょうか? かなり高い完成度だと思いますね。

ミスへの強さもすごい。少々の打点ズレは、フィニッシュさえカッコよくとっておけば周りの人にミスショットとバレないでしょうね。飛距離ロスもかなり少なめ。飛距離もミスの強さも妥協しない欲張りな方にはピッタリなアイアンだと思います。

やや右へ逃がし、つかまえきれなかった弾道でこの飛距離はすごい……。スピンはやや少なめですが、グリーン上で止めるのに必要な量は残っています。かなりの進化を感じる1本でした

[MAX試打]
打点のミスへの強さが光る

構えた印象は、スタンダードよりも強いグースと厚いブレードが、さらなる安心感を生んでいますね。ヘッドも大きく、当たり負けしなそうな強さを感じる顔です。

打ってみると、ボールがよく上がるなというのが第一印象。それもそのはず、スタンダードよりロフトが3°も寝た設定(註:7番での比較)になっていて飛距離よりもミスへの寛容性を重視しているのだと思います。とはいえ、飛ばないかと言えば決してそうではなく、一般的なアベレージアイアンとして必要十分な飛距離性能は持っています。

何より、MAXは打点のミスへの強さが光ります。高さを出す性能も、ミスをミスにしない方向に働いており、左右はもちろん、上下方向への打点のミスもかなり補正してくれ、安定したキャリーが出せるアイアンになっています。

個人的に気に入ったのがつかまり具合。スタンダードよりはつかまる方向にはなっているのですが、あまり強くつかまりに振っていないので、突然の強いフックなどが出ないんです。そういった意味でも安定感は高いですね。このモデルのロングアイアンをユーティリティーの代わりにバッグに入れたくなりました。

しっかり高さが出て、飛距離性能も必要十分です。打点のミスにすこぶる強く、ミスしても高さを出してくれるので、安定感が非常に高い仕上がりになっています

[プロ試打]
飛距離も欲しいアスリートに

ポンと構えると、ほかのマーベリックシリーズとは一線を画す形状をしており、顔だけ見たら違うシリーズのようです。比較的シャープで、スタンダードと比べるとひと回り小ぶりなサイズは上級者には好まれそうな顔ですね。

打ってみると、ほかの2モデルよりは少し低めに飛び出し、やや少なめのスピンでそのまま伸びていく弾道が出ました。小ぶりなサイズだけあってヘッドの操作感は爽快で、つかまえに行くように打てば、ちゃんとそれに応えてくれる操作性を持っています。

とはいえ、ボールをビュンビュン曲げられると言うよりは、基本的には直進性の高い弾道で攻めていき、いざというときに曲げられる感じの仕上がりですね。同社には「APEX」シリーズという、アスリートやプロに向けたモデルが存在しますが、それらと比べると操作性はややマイルドに感じました。

そのぶん打点のミスには強く仕上がっていて、打点のズレによる弾道の変化は少なめです。飛距離性能に関しては、一般的なアスリートモデルと比べるとかなり飛ぶほうだと思います。飛距離も重視するアスリートにはぜひ試してほしいモデルですね。

マーベリックシリーズ全般に言えることですが、前作と比べてどのモデルもやわらかく気持ちのいい打感になりました。AIは打感なども計算して設計しているので、その効果が出ているのでしょう

しっかりつかまえに行けば応えてくれる操作性を持ちつつ、打点のミスに強い仕上がり。プロモデルとしては、飛距離性能は高いですね。個人的には、“飛びすぎ”と感じるほどでした

3モデルの選び方

マーベリックシリーズをドライバーからアイアンまでひと通り試打させてもらいましたが、クラブの進化を強く実感できるものでした。今回のアイアンは、AIでフェースを設計するという新技術を、モデルごとはもちろん、番手ごとにまで専用設計するなど、非常に凝った設計プロセスを経て、3モデルそれぞれに個性のある仕上がりになっています。

今回の試打を経てそれぞれのモデルを簡単に表現すると、
・とにかくミスをミスにせず安定性を高めたMAX
・アスリートが求める操作性を維持しながら、ミスへの寛容性と飛距離を両立させたプロ
・飛距離、ミスへの寛容性を両立させつつ幅広いゴルファーが使いやすいようにバランスを取ったスタンダード

といった感じ。アベレージゴルファーがとにかくミスを減らしたいならMAX、飛距離も欲しいと考えるならスタンダード、操作性は譲れないがやさしいアイアンが欲しいならプロがいいでしょう。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る