ゴルフの楽しさ伝えます
ドローバイアスの「D」

右に行かないSIMが出た!! テーラーメイド「SIM MAX-D」ドライバー

オグさんです。
今回はテーラーメイド「SIM MAX-D ドライバー」の試打リポートをお送りしたいと思います。

テーラーメイド「SIM MAX-D」ドライバー

テーラーメイド「SIM MAX-D」ドライバー

つかまるSIMが欲しい!

SIM(シム)とは、「Shape in Motion」の略。空力や同社独自のテクノロジーを搭載したシリーズとして、2020年初めに発売されました。

ドライバーは2種類で、つかまりを抑えたアスリート好みの特性と低スピンの強弾道、さらに弾道アジャスト性能を高めた「SIM」と、SIMの強弾道はそのままに、ミスへの寛容性と直進性を高めた「SIM MAX」が、多くのゴルファーに支持されています。

市場の評価は上々だったのですが、一部から「弾道は強く飛ばせるクラブであるが、右へのミスが出やすい」という声が聞かれました。もともとアスリートに向けたモデルですから当然と言えば当然だったのですが、つかまるSIMが欲しい! という声が多かったのも事実でした。

そこで発売されたのが今回試打させたいただいた「SIM MAX-D」です。Dは「ドローバイアス」の頭文字。要は“つかまり”です。飛びに関してはもともと評価の高かったSIM MAXにつかまり性能が追加されたとなると、いやが上にも期待が高まります!
早速見ていきましょう!!

要望の多かった“つかまるSIM”がこのSIM MAX-D。 単純にフックフェースにしただけとか、シャフトだけが専用設計といったお手軽派生モデルではなく、ヘッドからしっかり作り込まれています

トゥ側にボリュームが付けられていたSIM MAXと比べて、均等に近いきれいな丸形になったヘッドシェイプ。ヘッドターンをうながすMAX-D専用の重心設計とややフック目のフェース角で、性能的にも見た目からもつかまりやすさを高めています

上がSIM MAX-D、下がSIMです。ヘッド長はMAX-Dのほうがやや短くなり、重心がややヒール寄りに変更になっています

上がSIM MAX-D、下がSIM。基本構造は同じですが、見比べるとシェイプも塗装も微妙に変わっていて、MAX-Dが別モデルというのがよくわかります

国内仕様の純正シャフトはSIM MAXと同じ「TENSEI ブルー」を装着。ゆったりとしなる適度な動きを持ったシャフトです

最もやさしいSIMシリーズ!

このクラブの発売を聞いたときに、アマチュアゴルファーの求めるドライバーの“ど真ん中”が来たな、という印象を持ちました。SIM MAXは直進性も飛距離性能も高いのですが、ちょっとボールをつかまえきれない印象だったので、その唯一のネガ要素をきっちり消したモデルが出てきたなと。

構えてみると、SIM MAXとは顔がかなり変わっているなという印象。SIM、SIM MAXともにトゥ側にボリュームがある、いわゆる洋ナシ型だったんですが、このMAX-D、基本のシェイプは同様なのですが、均等の丸型に近い形状に変更になっています。フェースのセンターはややヒール寄りに変更になっていますが、このシェイプの変更により違和感はありません。個人的にはSIMシリーズではこの形状が一番好きです。

今回お借りしたスペックは一番ロフトのある12°。“最もやさしいSIMシリーズのヘッド”と言っていいスペックでしょう。打感はシリーズのほかのモデルと共通で、適度なはじき感があるソリッドな感触。打音は、乾いていて、低めで落ち着いた、心地よい音です。

ややフックフェースの設定ですが、フェース上の白いラインが構えにくさを上手く軽減してくれるので、全然気になりません。フェースをちゃんと左に向けた形で気持ちよく構えられます

ヘッドスピード40m/sあれば飛ばせそう

まずは、ポンポンと打ってみました。すると、狙ったところより少しだけ左に飛び出し、そこから軽くドローしていく弾道が連続して出ました。MAXと比べると明らかにつかまり性能が上がっていますね。弾道の高さはロフト12°だけあって、最初からかなり高い角度で飛んでいきます。さすがにこれだけロフトがあるとスピンは多めになりますが、これならヘッドスピード40m/s以下の人でもつかまった強い弾道が打てると思います。

個人的にいいなと思ったのは、重心距離が短くなったせいか、フェースローテ―ションがしやすくなった印象で、とても振り心地がよく感じた点です。私はスイング中のフェースの開閉が割と大きめなので、こういった仕様のクラブが気持ちよく振れるんです。ロフトを10°くらいにしたらもう10ヤードは伸びそうです。

SIM MAXと比べてややフェースローテ―ションがしやすくなっているので、個人的には振り抜きやすさが向上しています。SIMシリーズで使うなら断然MAX-Dですね

MAXと比べてフェースが微妙に大きくなっているので、打点のミスにさらに強くなっているのもMAX-Dの特徴のひとつ。かなり完成度の高いヘッドです

高い打ち出し角でやや左に飛び出し、軽いドローの弾道が安定して打てました。12°のヘッドなら、右に飛び出すことはまずなかったですね

若いゴルファーの入門用にもいい

今回のMAX-Dの発売により、かなり幅広い層のゴルファーをカバーできるようになったSIMシリーズ。MAX-Dはまだ球を打ち慣れていない初心者でも十分に使え、カスタムしていけば上級者になっても使える、懐の広いモデルに仕上がっています。

またフェースローテーションがしやすいこともあり、昨今のデカヘッドが苦手な方にもおすすめできる数少ない最新モデルと言えますね。ライバルモデルとしては、キャロウェイの「マーベリックMAX」が近いですが、MAX-Dと比べてやや軽量なので、ちょっとターゲットゴルファーが少し違うかなという印象。MAX-Dは若いゴルファーの入門用にいいと思います。

写真:野村知也

■関連記事■
曲げずに飛ばすならMAXか! テーラーメイド「SIM」ドライバー2種打ち比べ

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る