ゴルフの楽しさ伝えます
評価も人気高いピンのユーティリティー

前作よりも飛び設計!? ピン「G425 ハイブリッド」試打

こんにちは! 寒がりなのになぜか寒い時期のプレーが多いオグさんです。
今回はピンの「G425 ハイブリッド」の試打レポートをお届けします!

ピン「G425 ハイブリッド」

ピン「G425 ハイブリッド」

評判の高かった前作を超えられるか?

「G425」は、世界中のアマチュアから絶大な信頼を得ているメーカー、ピン(PING)の最新シリーズ。アマチュアからツアープロまで「誰もがやさしく使えるクラブ」として開発され、腕前やキャリア関係なく、幅広いゴルファーに支持されています。

今回お借りした「G425 ハイブリッド」は、日本では「ユーティリティー」と呼ばれるカテゴリーのクラブ。日本では小型のウッドのような形状のものを「ウッド型ユーティリティー」、アイアンの形状に近いものを「アイアン型ユーティリティー」と呼称しますが、英語圏では、ウッド型を「ハイブリッド」、アイアン型を「ユーティリティー」と呼んでいるようです。

前作「G410ハイブリッド」は、曲がらない、ミスに強いと、非常に評判が高かったので、後継モデルであるG425がどのように進化したのか非常に楽しみです!

さっそく見ていきましょう!!

黒を基調としたスポーティーなデザインでカッコイイですね。ソール後方にウェートを配置し、いかにもボールが上がりやすそうな印象を与えてくれます

黒を基調としたスポーティーなデザインでカッコイイですね。ソール後方にウェートを配置し、いかにもボールが上がりやすそうな印象を与えてくれます

G425ハイブリッドに組み込まれた新たな技術は主に2つです。ひとつはフェース。フェースには高強度のマレージング鋼を使用しているのですが、このフェースをコの字に精製してクラウン、ソール側に回り込むように溶接することで、フェースのたわみ量を増大させる「フェース・ラップ・テクノロジー」を採用しています。

もうひとつは、ミスヒット時の曲がりを抑えるためにフェースの縦横の丸みを独自に調整した「スピンシステンシー・テクノロジー」です。

深く低い重心位置と相まって、ミスヒットにさらに強く、直進性の高いユーティリティーに仕上がっています

深く低い重心位置と相まって、ミスヒットにさらに強く、直進性の高いユーティリティーに仕上がっています

#4。前作には、クラウン上に「タービュレーター」と呼ばれる、空気の流れをスムーズにする突起が搭載されていたのですが、今作ではそれを廃止。代わりにアライメントマークとしてシンプルな3つのドットを採用しました。ウッド型のユーティリティーとしてはオーソドックスなヘッド形状で、サイズも標準的に仕上げられています

#4。前作には、クラウン上に「タービュレーター」と呼ばれる、空気の流れをスムーズにする突起が搭載されていたのですが、今作ではそれを廃止。代わりにアライメントマークとしてシンプルな3つのドットを採用しました。ウッド型のユーティリティーとしてはオーソドックスなヘッド形状で、サイズも標準的に仕上げられています

今作から新たにラインアップされた34°の#7。ロフト角だけで見ると「G425アイアン」の8番相当です。これだけロフトがあると、構えた時にフェースがかなり上を向きます。それだけボールが上がりやすく楽に飛んでくれるので、アイアンが苦手な方には強い味方になってくれるのではないでしょうか。ロフト角の大きいユーティリティーは、構えた時にフェースがスクエアに見えるモデルが少ないのですが、これは四角いフェース形状が向きを分かりやすくしてくれているので、違和感なく構えられます

今作から新たにラインアップされた34°の#7。ロフト角だけで見ると「G425アイアン」の8番相当です。これだけロフトがあると、構えた時にフェースがかなり上を向きます。それだけボールが上がりやすく楽に飛んでくれるので、アイアンが苦手な方には強い味方になってくれるのではないでしょうか。ロフト角の大きいユーティリティーは、構えた時にフェースがスクエアに見えるモデルが少ないのですが、これは四角いフェース形状が向きを分かりやすくしてくれているので、違和感なく構えられます

前作よりも飛距離を重視した?

まずは一般的によく使われる22°の#4から。前作はクラウンにタービュレーターが搭載されていたため、構えた時に結構なイカつさを感じていたのですが、今作はかなりつるんとした印象になりましたね。立体感がなくなったせいなのか、ヘッドの高さも低く感じます。おかげで、いかにもボールが上がってくれそうな雰囲気になり、構えた時の安心感は高まりましたね。四角い形状のフェースは前作と同様で、目標に対して構えやすいです。

試打クラブのシャフトは純正の「ALTA J CB SLATE」のSフレックス。まずは特に意識せず打ってみました。球質は、中弾道のスピンの少なめ、いわゆる“棒球”でかなり強い弾道でした。前作は適度なスピンが入り、グリーンを的確に狙っていくようなイメージでしたが、今作はどちらかというと飛距離を重視したのかな?というぐらい弾道が変わっていました。

打点のミスへの強さはさすがのひと言。トゥ、ヒールそれぞれに打点を外しても大きな曲がりにはなりにくく、安定して前に飛ばせます。芯を外した時でも高さはちゃんと出るので、キャリーも稼ぎやすい。つかまり性能はほぼニュートラルなので、予想外のミスになりにくく、非常に完成度の高いユーティリティーだと思います。

#4の打球データ。ちょっと右に押し出した弾道ですが、思ったより曲がらず、前に飛んでくれています。スピンは少なめで距離も出ていますね。直進性が高まった今作の性能を象徴するような弾道でした

#4の打球データ。ちょっと右に押し出した弾道ですが、思ったより曲がらず、前に飛んでくれています。スピンは少なめで距離も出ていますね。直進性が高まった今作の性能を象徴するような弾道でした

打感は、はじき感のある軽やかなもの。気になる点が見つからないぐらい、非常にうまくまとめられている印象です

打感は、はじき感のある軽やかなもの。気になる点が見つからないぐらい、非常にうまくまとめられている印象です

#7は見失うほどの高弾道!

続いて#7を試打。ポンと打ってみると、ボールを見失うほどの高さで飛んでいき、真上から振ってくるような弾道が自然と打てます。高さは自分の8番アイアンぐらいで、飛距離は5番アイアンといった感じ。

ロフト角の多いユーティリティーやフェアウェイウッドはつかまり過ぎてしまうことが多いのですが、これはつかまり過ぎず、ちゃんと狙ったところに打ち出せました。これなら左のミスを嫌がる上級者や、フックに悩む方でも使えそう。先入観なく打ってもらいたい番手ですね!

#7の打球データ。弾道が真っすぐ過ぎて一部エラーになってしまっていましたが、高さと飛距離はちゃんとしたデータです。特筆すべきは打ち出し角の高さ。どんと上がってグリーンを真上から狙っていけますね。砲台グリーンの多いコースで活躍しそう!

#7の打球データ。弾道が真っすぐ過ぎて一部エラーになってしまっていましたが、高さと飛距離はちゃんとしたデータです。特筆すべきは打ち出し角の高さ。どんと上がってグリーンを真上から狙っていけますね。砲台グリーンの多いコースで活躍しそう!

フェースの溝を部分的に塗り分けることで、四角いフェースでもどの辺で打てばよいかわかりやすくなっています。構えた時に迷いにくくなる実用的な工夫です

フェースの溝を部分的に塗り分けることで、四角いフェースでもどの辺で打てばよいかわかりやすくなっています。構えた時に迷いにくくなる実用的な工夫です

豊富なシャフトラインアップ

G425ハイブリッドは、前作のよさをしっかりと引継ぎつつ、飛距離性能をプラスした正常進化したモデルという印象を受けました。打点のミスに強く、直進性の高いやさしさを持ちつつ、ややスピンを減らして強い弾道を打ちやすくしたといった感じですね。

前作がゴルファーのタイプや腕前を選ばず人気が高かった理由は、ヘッドの性能ももちろんですが、シャフトラインアップの豊富さもあげられます。今作もカーボンシャフトを4タイプ、スチールシャフトは9タイプの中から選ぶことが可能となっています。

40gから130gまで、ほぼすべての重量帯に対応したラインアップなので、使用しているアイアンや好みに合わせて選ぶといいでしょう。どれを選んでいいかよくわからないという方は、同社のフィッティングを受けるのがベストです。受けるのが難しいという方は、まず標準的な「ALTA J CB SLATE」を試してみてください。アイアンに100g以上あるスチールシャフトを装着している方には「NS PRO 950GH neo」がおすすめです。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る