ゴルフの楽しさ伝えます
キャロウェイの2021年モデル

飛距離より大事な性能がある! キャロウェイ「APEX UT」試打

オグさんです!今回はキャロウェイ「APEX」シリーズの2本のユーティリティー(以下、UT)の試打レポートをお届けします!

キャロウェイ「APEX UT」(左)、「APEX PRO UT」(右)

キャロウェイ「APEX UT」(左)、「APEX PRO UT」(右)

アイアンを主とするAPEXシリーズ

「APEX」はキャロウェイのブランドで、ラインアップはアイアンを主としています。軟鉄鍛造ボディを使用し、最新の技術やコンセプトを詰め込んだクラブ作りが特徴です。狙う性能とやさしさの両立を目指したアイアン作りが一貫しており、アベレージゴルファーにはミスへの許容性と飛距離を重視したモデルを、アスリートやプロには操作性を重視したモデルをと、ターゲットゴルファーに合わせて複数のアイアンをラインアップしています。

「APEX ユーティリティー」はシリーズのアイアン作りのコンセプトを受け継ぎ、アベレージゴルファーのニーズに合わせたモデルと、アスリートやプロのニーズに合わせたモデルの2つをラインアップしています。

個人的にキャロウェイのユーティリティーはどのブランドでも個性的で高機能なモデルが多い印象を持っています。

最新モデルの仕上がりにはとても興味がありますね。さっそく個別に見ていきましょう。

■APEX ユーティリティー

ミスへの許容性と飛距離を追求するためにAI(人工知能)を設計に取り入れたモデル。高弾道とミスヒットへの強さを両立させた、結果の出しやすい設計になっています。

シルバーとブラックのカラーリングが精かんな印象を与えてくれます。ソール中央には脱着可能なウェートが搭載されています

シルバーとブラックのカラーリングが精かんな印象を与えてくれます。ソール中央には脱着可能なウェートが搭載されています

適度な奥行きを持つウッド型のヘッド。フェース面はトゥ側が高く設計されていて、アイアンの雰囲気も持っている独特の形状をしています

適度な奥行きを持つウッド型のヘッド。フェース面はトゥ側が高く設計されていて、アイアンの雰囲気も持っている独特の形状をしています

フェースはドライバーなどにも採用されて高い評価を得ている、AI設計の「FLASHフェースSS21」を採用。このモデル専用、かつ番手ごとの専用設計で、最適なボールスピードとスピン量を追求しています

フェースはドライバーなどにも採用されて高い評価を得ている、AI設計の「FLASHフェースSS21」を採用。このモデル専用、かつ番手ごとの専用設計で、最適なボールスピードとスピン量を追求しています

純正シャフトは、50g台の軽量に仕上げた三菱ケミカル「Diamana55 for Callawayカーボン」と、80g台のFujikura「MC80 for Callaway」をラインアップ。アイアンのシャフトに60g台前後のカーボンを使っている方はDiamana、90g台前後のスチールシャフトを使っている方はMC80がおすすめです

純正シャフトは、50g台の軽量に仕上げた三菱ケミカル「Diamana55 for Callawayカーボン」と、80g台のFujikura「MC80 for Callaway」をラインアップ。アイアンのシャフトに60g台前後のカーボンを使っている方はDiamana、90g台前後のスチールシャフトを使っている方はMC80がおすすめです

└19°

└21°

└24°

曲がりが少なく安定して飛ばせる

進められてきた低重心化やカップフェースなどの技術に加え、キャロウェイ独自のAIが設計する「FLASHフェース」、「JAILBREAK AI ベロシティブレード」などの独自技術を組み合わせた画期的なユーティリティー。ターゲットとなるゴルファーの打点のバラつきやミスの傾向を、AIによる解析およびシミュレーションを繰り返して設計されるフェースやボディ構造は、独創的で他社にはない構造になっています。性能面では、打点のミスに強く、高弾道で直進性を高めた仕様になっています

構えた感じは、ウッドが苦手な方でも使えそうな印象がありますね。FP値、つまり出っ歯具合を抑えた形状になっており、トゥ側を高くしたデザインがアイアンっぽくもあるので、ウッド、アイアンどちらをイメージしてもさほど違和感なく構えられます。

このトゥ側を少し高くした形状が、ウッドが苦手な方でも構えやすくしてくれます

このトゥ側を少し高くした形状が、ウッドが苦手な方でも構えやすくしてくれます

2モデルあるAPEXシリーズのUTですが、このAPEX ユーティリティーだけ弾道調整機能が搭載されています。つかまり具合を高めたり、ロフトの微調整ができるので、より自分の好みに合わせることができます

2モデルあるAPEXシリーズのUTですが、このAPEX ユーティリティーだけ弾道調整機能が搭載されています。つかまり具合を高めたり、ロフトの微調整ができるので、より自分の好みに合わせることができます

お借りしたスペックは80g台のMC80カーボン(S)が装着されたモデル。番手は3番の19°です。最初にドライバーヘッドスピード38m/s相当で打ってみると、狙ったところにポンとボールが打ち出せました。このヘッドスピードでも十分高さは出ますね。ランを含めると190Yぐらいは飛んでいたと思います。

つかまり具合はほとんどニュートラルか、少しだけつかまる味付けで、個人的にはとても好感が持てました。UTはロフトが多いモデルほどつかまりやすいので左へのミスが怖いのですが、このモデルはそういった感じがありません。

打感は適度にはじくクセがない感触で、誰にでも好まれそうな印象。欠点がほとんど見つからない、完成度が高い仕上がりです

打感は適度にはじくクセがない感触で、誰にでも好まれそうな印象。欠点がほとんど見つからない、完成度が高い仕上がりです

ミスへの強さはなかなかのもの。ヘッド形状は正直、打点のミスにあまり強そうに見えないのですが、見た目以上に安定してボールを飛ばしてくれます。曲がりが少ないので安定した結果が見込めますね。

ヘッドスピードをドライバーで43m/s相当まで速めて打ってみても印象は変わらず。より高さが出やすくなり、そのまま飛距離が伸びた感じで安心して振れました。

しっかり振りに行ったデータです。19°のUTとしては高弾道で距離も申し分なし。右に出てもしっかりつかまって戻ってきてくれています。弾道自体は直進性が高いので、とても扱いやすいモデルだと思います

しっかり振りに行ったデータです。19°のUTとしては高弾道で距離も申し分なし。右に出てもしっかりつかまって戻ってきてくれています。弾道自体は直進性が高いので、とても扱いやすいモデルだと思います

└19°

└21°

└24°

■APEX PRO ユーティリティー

APEXユーティリティーよりヘッドをコンパクトにし、操作性を高めたモデル。搭載された技術はほぼ同じですが、ターゲットであるアスリートやプロに合わせてAIによるフェースや重心などはこちらも専用に設計されています。

デザインは共通ですが、ヘッドサイズがひと回り小ぶりに。ソールのウェート位置もフェース側に寄っています

デザインは共通ですが、ヘッドサイズがひと回り小ぶりに。ソールのウェート位置もフェース側に寄っています

奥行きが狭くなり、かなりコンパクトになっているのがわかります。APEXユーティリティーと同様、フェースのトゥ側が高いデザインで、アイアンっぽさが増していますね

奥行きが狭くなり、かなりコンパクトになっているのがわかります。APEXユーティリティーと同様、フェースのトゥ側が高いデザインで、アイアンっぽさが増していますね

「FLASHフェース」はAPEX PROユーティリティー専用で、番手別に設計されたものを搭載。ネックは通常の接着型です。これは構えやすさを重視するツアープロからの要望なのだとか

「FLASHフェース」はAPEX PROユーティリティー専用で、番手別に設計されたものを搭載。ネックは通常の接着型です。これは構えやすさを重視するツアープロからの要望なのだとか

名前通りプロ好みに仕上げたUT

独自のAI技術をふんだんに使って、ツアープロやアスリートが好むように仕上げたモデル。小ぶりなヘッドは操作性やヘッドのヌケを重視した結果で、実戦力を高めてあります。ある程度ミートができるゴルファーが、予想外のミスが出ないように設計されたモデルといってよいでしょう。このモデルはキャロウェイセレクテッドストアの限定販売。まあ、特性上、仕方がない気はしますね。

構えた印象は、ボールがある程度ラフに沈んでいても打てそうだなという感じ。UTとしてはかなり小ぶりなので、ヘッドの小さなモデルに抵抗がある方は難しそうな印象を持ってしまうかもしれませんね。APEXユーティリティー同様、出っ歯具合を抑えてあり、小ぶりなサイズと相まって、よりアイアンっぽく感じます。

この楕円の穴が「JAILBREAK AI ベロシティブレード」を象徴するデザインになっています。これが実際のバーの端なのかと思っていたのですが、実際は違うみたいです

この楕円の穴が「JAILBREAK AI ベロシティブレード」を象徴するデザインになっています。これが実際のバーの端なのかと思っていたのですが、実際は違うみたいです

お借りしたスペックはAPEXユーティリティーと同じFujikura MC80カーボンでロフト20°の3番。こちらもヘッドスピード38m/s相当ぐらいから打ってみましたが、さすがにボールが上がりませんでした。ミートはしやすいのでライナー性の弾道を打ちたいなら使えないことはないですが、グリーンを狙うには難しそうです。

改めてヘッドスピードを43m/s相当に上げて打ってみました。誤解を恐れずに表現すると、ものすごく高性能なアイアン型UTといった印象。アイアンと同じイメージでダウンブローにも打てるし、アイアンに近い操作性を持っています。違うのは曲がりがやや少ないところでしょうか。つかまりもニュートラルで、持ち球による扱いにくさもないと思います。確かにアスリート向けのややハードな仕様ではありますが、ボールをある程度操る技術があるゴルファーなら使いやすいと感じるUTだと思いますね。

ヘッドが小ぶりなだけあって、APEX PROユーティリティーのほうがコントローラブルですね。それでも、上下左右自由自在という感じではありません。飛距離性能に差は感じませんでしたが、芯を大きく外すとさすがにAPEX PROのほうがロスは大きいでしょう

ヘッドが小ぶりなだけあって、APEX PROユーティリティーのほうがコントローラブルですね。それでも、上下左右自由自在という感じではありません。飛距離性能に差は感じませんでしたが、芯を大きく外すとさすがにAPEX PROのほうがロスは大きいでしょう

UTに距離を求めるならほかのモデルを

APEXユーティリティーシリーズは、結果の出しやすさ、扱いやすさにたけた仕上がりのクラブでした。
どちらのモデルも、あくまで“狙うクラブ”としての性能が重視されている印象で、必要以上に飛距離を追求していません。

APEXユーティリティーは打点のミスにはとても強いですが、つかまり性能を過度に高めておらず、予想外なミスが少なそう。安定した結果を出すという点ではとてもすぐれているモデルだと思いますね。APEX PROユーティリティーは、アイアンが得意で長い距離をやさしく狙いたいゴルファーにおすすめです。

上達志向がある方にはぜひ一度試してもらいたいですね。UTに飛距離を求めるならほかのモデルがよいでしょう。

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る