ゴルフの楽しさ伝えます

価格.comゴルフクラブ「人気売れ筋ランキング」9月に売れたのはどれだ?

本稿では、価格.comにおけるゴルフクラブの「人気売れ筋ランキング」、2022年9月のトップ10を紹介する。

各カテゴリーの1位は次のとおり。ドライバーはキャロウェイの新商品(現行モデル)、フェアウェイウッド(以下、FW)はテーラーメイド、アイアンはダンロップ、ユーティリティー(以下、UT)はテーラーメイド、パターはオデッセイである。新商品が1位になったのはドライバーだけであるが、各カテゴリーの上位に新商品がランクインしている。ウッド系はキャロウェイ「ROGUE ST」シリーズの強さが目立ち、パターでは稲見萌寧選手などの女子プロ使用の「トラス」が引き続き人気を得ている。

※本記事の価格やそのほかの情報は、2022年9月末時点でのもので、現在とは異なる場合があります

【ドライバー編】
キャロウェイ「ROGUE ST」がワンツー

2022年9月の、価格.comにおけるドライバー月間人気売れ筋ランキング

2022年9月の、価格.comにおけるドライバー月間人気売れ筋ランキング

ドライバーランキング9月は、キャロウェイとダンロップが4製品ずつと、テーラーメイドの3製品がランクインした。このうち、新モデルが8機種で、最新モデルが売れ筋ランキングで8割を占め、新商品の躍進が目立つ。

1位はキャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX D・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S ・10.5°」。発売直後、4月以来となる1位を獲得した。ほかのメーカーを含め、新商品が1位なのは5か月ぶりのことである。

2位には同じく「ROGUE ST MAX・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・10.5°」、10位タイには、同じく「ROGUE ST MAX・Speeder NX 50・S・9°」と、「ROGUE ST」の3製品がベスト10入りした。8月に続き、「ROGUE ST」が人気を得ていることがわかる。

2月発売の最新モデルで1位の「MAX D」の平均価格は65,626円、直近の最安値は57,090円と、平均価格、最安値ともに安定している。2022年発売の「ROGUE ST」4製品のうち、1位の「MAX D」はつかまりのよい高弾道が持ち味で、スライスやミスヒットに強く、初中級者にはピッタリのモデルである。キャロウェイ独自の技術「JAIL BREAKテクノロジー」や「FLASHフェース」を最新版にアップデートし、ボディを一体成型することで剛性を強化、効率よい弾道が打てると支持を得ている。

またキャロウェイでは、7月8月と連続1位となった「EPIC SPEED ・純正シャフトDiamana 50 for Callaway・R・10.5°」が6位に入っている。

3位には、テーラーメイドの新商品「STEALTH・純正シャフトTENSEI RED TM50・S・10.5°」が入った。トップ3がすべて新商品なのは(本記事開始以来)今回が初めてである。

7位タイには、「ゼクシオ 12 ネイビー・MP1200 ネイビー・S・10.5°」と「ゼクシオ 12 ネイビー・MP1200 ネイビー・R・10.5°」、9位には「ゼクシオ エックス ドライバー 2022年モデル・Miyazaki AX-2・SR・10.5°」、10位タイには「ゼクシオ 12 ネイビー ・MP1200 ネイビー・SR・10.5°」が入り、2022年の新商品がベスト10に8製品登場した。ベスト10に入ったモデルのロフトは、10.5°が10製品、9°が1製品と、10.5°が圧倒的な支持を得ていることがわかる。フレックスは、Sが6製品、SRが3製品、Rが2製品で、Sが比較的人気である。

10月は、新モデルのキャロウェイ「ROGUE ST」シリーズが連続1位を取れるか、またテーラーメイド「STEALTH」、ダンロップ「ゼクシオ12」がどこまで上位に食い込めるかに注目したい。また、10月発売の新商品がランクインしてくるかにも注目である。

【フェアウェイウッド編】
「SIM2 MAX FW」が4か月連続で首位

2022年9月の、価格.comにおけるフェアウェイウッド月間人気売れ筋ランキング

2022年9月の、価格.comにおけるフェアウェイウッド月間人気売れ筋ランキング

9月のFWで人気だったのは、先月に引き続いてテーラーメイドとキャロウェイ。テーラーメイド3製品、キャロウェイ4製品、ダンロップ1製品、ヤマハ1製品という内訳である。ドライバーで人気のキャロウェイ「ROGUE ST」の2製品が入っているのも注目すべきだろう。新商品6モデルがランクインし、フェアウェイウッドの通販市場でも人気が出てきているのがわかる。

1位は3か月連続で、テーラーメイド「SIM2 MAX #5・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・SR・18°・160cm3」。平均価格24,122円、最安値20,800円で、最安値は先月よりも4,000円以上下がっている。5位は同モデル異フレックス「SIM2 MAX #5・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・S・18°・160cm3」である。このモデルは5月から、番手違いの#5、#3が1位を独占し、大きな人気を集めている。「SIM2 MAX」のFWは使いやすい大きさで、ソールの接地面積を最小限に抑えた「Vスチールソール」で低重心化し、カーボンクラウンボディでやさしく球を上げられる。ソールウェイトがより地面に近い位置に配置され、テーラーメイド史上、最も低重心化を実現(※発売時点)。低スピンで高弾道、そして寛容性の高いFWとして、ゴルファーの支持を得ている。#5はロフト18°。球を安定して上げやすいことが支持されていると推定できる。また、最安値もほぼ2万円と、買いやすくなっていることも人気の理由と考えられる。

6位タイには、同じくテーラーメイドの新商品「STEALTH #5・純正シャフトTENSEI RED TM50・S・18°・165cm3」が入っている。

いっぽう2位には、キャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX #5・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・18°・148cm3」が入った。発売は3月で、平均価格と最安値ともに39,600円と、安定している。ドライバーで人気の「ROGUE ST」はFWでも支持を集めている。6位タイには番手違いの「ROGUE ST MAX #3・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・15°・174cm3」も入っている。#3、5のフェースカップ素材には、肉薄化、軽量化が可能な高強度の素材C300マレージング鋼素材を採用し、ボール初速を上げる設計。シャローフェースで球が上げやすいFWだ。

8位タイには、2021年10月発売のヤマハ「リミックス VD FW #3・純正シャフトDiamana YR f・S・15°・174cm3」が新しくランクイン。ヤマハのFWがベスト10に入ったのは初めてのことだ。飛びのための高機能素材を集結し、フェースには高い反発性能を持ったβチタン(ZAT158チタン偏肉フェース)を採用して初速をアップ。クラウンには軽量カーボン、ボディには低比重の6-4チタン精密鋳造、ソールにはヘッド重量の64%もある高比重合金を配したことで“超低重心化”を達成した。高打ち出し・高初速・低スピンを狙う設計で、“飛ぶFW”としてプロからの評価が高いことで人気となっている。平均価格 40,042円、最安値 は35,744円である。

FWのベスト10のうち、新商品は6製品である。番手別に見ると、ベスト10のうち#5が7製品と、球が上がりやすく扱いやすい#5の人気が高い。ドライバーは新商品が1位となっており、FWでも10月の1位は新商品となるか、注目したい。

【アイアンセット編】
1位は「スリクソン ZX5」、鍛造アイアンが人気!

2022年9月の、価格.comにおけるアイアンセット月間人気売れ筋ランキング

2022年9月の、価格.comにおけるアイアンセット月間人気売れ筋ランキング

9月のアイアンセットのベスト10には、ダンロップ4製品、テーラーメイド4製品、ブリヂストンとプロギアの1製品ずつが入った。ダンロップとテーラーメイドの人気が継続中である。新商品は4製品で、鍛造アイアンが5製品。

1位は、先月に引き続き、ダンロップ「スリクソン ZX5 アイアン 6本セット・NS PRO 950GH DST・S」。2020年10月発売で、平均価格、最安値ともに89,000円と、価格が安定している。稲森佑貴プロなどが使用する本格的な形状のポケットキャビティ鍛造アイアンで、#7のロフトは31°。フェース周辺に配置した「スピードグルーブ」と、打点分布に合わせた「最適フェース肉厚分布設計」の「MAINFRAME」が大きなたわみを生み出し、ボールスピードをアップする。また、トゥ側に搭載した高比重タングステンニッケルウエイトにより慣性モーメントが増大し、方向性が安定するという。ソフトな打感を生み出すS20C軟鉄鍛造ボディを採用しているが、プロ志向で日本人好みの鍛造アイアンは引き続き人気である。10 位にも、同モデルのシャフト違い「スリクソン ZX5 アイアン 6本セット・NS PRO MODUS3 TOUR105 DST・S」が入った。

5位タイに、ダンロップの新商品「ゼクシオ 12 アイアン ネイビー 5本セット・MP1200 ネイビー・R」、8位に同「ゼクシオ エックス アイアン 2022年モデル 5本セット・NS PRO 950GH neo DST・S」が入っており、異ブランドでランクインを果たしたダンロップのアイアン人気がうかがえる。

2位には、2022年9月発売のブリヂストンの新商品「222CB+ アイアン 6本セット・NS PRO 950GH neo・S」が入っている。平均価格 100,459円、最安値 87,780円。2022年の「Bシリーズ」の3機種のなかではいちばんロフトが立っており、7番で31°。デュアルワイドポケットの採用で、芯で打てば厚みのある打感、芯を外したときにはポケットの効果を発揮するという、フィーリングとやさしさを両立したモデルだ。シリーズ3モデルのなかで、最も高い飛距離性能を有する。タングステンウェイトなどを用いず、軟鉄鍛造だけで仕上げた、プロからの要望を反映したクラブだ。ひと昔前は、「鍛造アイアンと言えばブリヂストン」だったが、久しぶりのヒットモデルとなるか、これからの順位の推移に注目したい。

3位は、テーラーメイドの新商品「STEALTH アイアン 5本セット・KBS MAX MT85 JP・S」で、こちらも引き続きの人気である。

アイアンのベスト10のうち、鍛造アイアンは5製品で、いずれも日本メーカー製。鍛造アイアンのソフトな打感を好む人が多いことが推定される。

【ユーティリティー編】
「M4 2021年モデル」が4か月連続1位

2022年9月の、価格.comにおけるユーティリティー月間人気売れ筋ランキング

2022年9月の、価格.comにおけるユーティリティー月間人気売れ筋ランキング

9月のUTベスト10は、テーラーメイド5製品、キャロウェイ2製品、ピン2製品、ダンロップ1製品で、引き続き「レスキュー」の元祖、テーラーメイドの人気が目立っている。新商品でベスト10に入っているのは3モデルで、ロフト22°前後の人気が高い。

1位は4か月連続で、テーラーメイドの2021年10月発売モデル「M4 2021年モデル・Atmos Red・S ・25°」となった。平均価格、最安値ともに12,100円。この価格が人気の要因のひとつなのは間違いないだろう。テーラーメイド独自のテクノロジー「スピードポケット」などで広いスイートエリアを持つなど、安心感を与えるヘッド形状でやさしく打てる。5月は10位であったが、6、7、8月と連続で1位を継続している。

2位には同じくテーラーメイドの「SIM2 MAX ・TENSEI BLUE TM60・S・25°」、5位には新商品「STEALTH・TENSEI RED TM60・S・22°」がランクイン。「STEALTH」はカーボンクラウンを採用し、従来モデルと比べてさらなる低・深重心を実現し、飛距離性能とミスへの寛容性を両立させている。新商品ゆえに平均価格 31,348円 、最安値 27,710円と価格は安定しており、過年度モデルより1万円以上高い。また、7位に「SIM2 MAX・TENSEI BLUE TM60・S・22°」、9位に「SIM グローレ・Air Speeder TM・R・26°」が入っている。

3位は、ダンロップの新商品「ゼクシオ 12 ハイブリッド ネイビー ・MP1200 ネイビー ・R・18°」である。平均価格 33,878円、最安値 は24,870円。低重心化と高反発で、球が上げやすく高初速で飛ばせる設計のUTだ。

4位は、ピンの「G425 ハイブリッド・PING TOUR 173-85・S・22°」、9位タイには同モデル異シャフト「G425 ハイブリッド・ALTA J CB SLATE・SR・22°」が入っている。近々新モデルが発売される情報が入ってきており、平均価格 26,400円 、最安値 26,400円と、先月に比べて7,000円近く価格が下がり、今月のベスト10に入ってきた。フェースには、高強度のマレージング鋼を使用し、フェースをコの字に成形してクラウンとソール側に回り込むように溶接することで、フェースのたわみ量を増大させる「フェース・ラップ・テクノロジー」を採用している。また、ミスヒット時の曲がりを抑えるために、フェースの縦横の丸みを独自に調整した「スピンシステンシー・テクノロジー」を投入するなど、誰もがやさしく使えるクラブだ。

UTの新商品は、ベスト10のうち3製品。ロフトは22°が4製品、25°が2製品、18°、21°、23°、26°が各1製品と、22°前後のスペックが人気だ。

【ウェッジ編】
“お助け”タイプが上位に複数ランクイン

2022年9月の、価格.comにおけるウェッジ月間人気売れ筋ランキング

2022年9月の、価格.comにおけるウェッジ月間人気売れ筋ランキング

9月のウェッジランキングのベスト10は、クリーブランド4製品、タイトリスト3製品、キャロウェイ2製品、ピン1製品という内訳。2大ウエッジメーカー以外の商品もベスト10に入ってきている。その中で。チッパーが1機種、新商品は3機種である。

1位は、キャロウェイ「JAWS MD5 ウェッジ クロム・NS PRO 950GH neo・S・56°W・12°」で、平均価格 14,550円、最安値 13,800円である。2019年9月発売で、新商品の「JAWS RAWウェッジ」の7月発売を受けて先月よりさらに安くなり、人気である。7位は同モデルのシャフト違い「JAWS MD5 ウェッジ クロム・ダイナミックゴールド・S200・46°S・10°」。

2位は、クリーブランドの「RTX ZIPCORE ウェッジ ツアーサテン・NS PRO 950GH・S・52°・10°」。本ランキングで7か月連続1位となった「48°・10°」のスペック違いだが、「48°・10°」は今月も8位タイに入り、継続した人気を得ている。ネック部に軽比重のセラミックピンをインサートし、余剰重量をトゥ側へ配置することで重心位置を打点位置に近付け、ボール初速とスピン量を安定させる設計。2020年9月発売で、平均価格、最安値ともに13,860円と、価格は安定している。

3位は、ピンの2022年7月発売の新商品「ChipR ウェッジ・Z-Z115・38.5°・8°」。その名のとおり“チッパー”で、アプローチでザックリやトップなどのミスを犯してスコアがまとまらないゴルファーのために開発されたクラブだ。ランニングでピンに寄せることに特化したシャープなボディデザインで、平均価格は 26,180円、最安値 は24,640円である。

4位タイは、クリーブランドの「スマートソール 4 TYPE-S・スマートソール・W・58°・1°」。こちらも上記ピン同様、アプローチショットを楽しく簡単にするために開発された“お助け”ウェッジ。ワイドソールのリーディングエッジを削ることでダフリにくくなったソール形状と、ヘッドの周辺に重量を配置して打点のバラつきに強いキャビティ構造を持つ。こちらもチッパータイプで、「TYPE-S」はバンカー脱出用。2020年2月発売で、平均価格 10,229円、最安値 9,900円と、価格が下がって買いやすい。

4位タイのもう1製品は、2022年3月発売のタイトリストの新商品「ボーケイデザイン SM9 ウェッジ ツアークローム・ダイナミックゴールド・S200・52°・12°F」。10位にシャフト、スペック違い「ボーケイデザイン SM9 ウェッジ ツアークローム・NS PRO 950GH neo・S・58°・14°K」が入っている。平均価格 21,181円、最安値 19,062円。「SM9」は、最先端のテクノロジーとクラフトマンシップから生み出されたウェッジ。ボーケイのSMは弾道の高さをイメージどおりにコントロールできると、上級者からの信頼が厚い。

【パター編】
1位はオデッセイの「DFX 2-BALL」

2022年9月の、価格.comにおけるパター月間人気売れ筋ランキング

2022年9月の、価格.comにおけるパター月間人気売れ筋ランキング

9月はベスト10のうち、オデッセイ3製品、テーラーメイド5製品、スコッティ・キャメロン2製品という内訳。新商品は3モデルがランクインした。

1位は先月に引き続き、オデッセイの人気2ボールパター「DFX 2-BALL」34インチ。黒のルックスで、2000年の復刻版であるが、インサートはオデッセイ史上最もやわらかい素材を採用している。2021年6月発売で、平均価格 20,391円、最安値 16,335円と、最安値は2万円を切っているのも人気のいち要因か。

2位は、テーラーメイドの2021年6月の新商品「TP COLLECTION BLAST JUNO TB1 34インチ」である。平均価格 は32,363円、最安値は 29,150円。稲見萌寧選手が使用して人気に火がついた「TP」シリーズで、人気の“トラスネック”採用で、安定したストロークができると評判だ。「TP」シリーズは5位に「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB2 34インチ」、9位に2022年6月発売の新商品「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB1.5 34インチ」が入っている。

テーラーメイドは8位にも、トラス構造を持つ2022年7月発売の新商品「Spider GT TM1 34インチ」をランクインさせた。平均価格 44,353円、最安値 43,500円である。慣性モーメントが大きい大型マレットヘッドのヒール部にトラスネックを取り付けることで、さらなる安定感を持ち、ブレードタイプから違和感なく移行可能。

ちなみに、パターの長さはベスト10のうち9製品が34インチである。

10月は新商品がどこまで上位にくるか注目

10月は、各メーカーから秋の新商品が投入される。9月は、2022年の新商品の割合がドライバーでは8割を占めた。秋の新商品が投入されることで、それらが各カテゴリーの上位に食い込んでくるかに注目したい。

嶋崎平人

嶋崎平人

しまさき ひらと。スポーツ用品メーカー、クラブ・ボールの商品開発、広報・宣伝、プロトーナメント運営等を担当。クラブ特許を20件以上出願。退職後、ゴルフライターとしてメディアで執筆活動中。また多方面からゴルフ活性化活動を推進。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る