ゴルフの楽しさ伝えます

早くもツアーで人気沸騰!! ピン「G430 MAX ドライバー」打音と飛びに驚愕

オグさんです。今回は、注目のピン「G430」シリーズより「G430 MAX ドライバー」の試打レポートをお届けします!

ピン「G430 MAX ドライバー」

ピン「G430 MAX ドライバー」

■■関連記事■■
ハードヒッター各位、注目です! ピン「G430 LST ドライバー」の恐るべき性能

“可変ウェイト”新搭載! スライサーを救うピン「G430 SFT ドライバー」

超人気「G425」の後継シリーズ

「G430」は、大ヒットした「G425」の後継シリーズ。ドライバー、フェアウェイウッド(以下FW)、ハイブリッド、アイアンと、G425同様、フルラインアップで登場しました。

そもそも前作のG425シリーズは、コロナの影響もあり、24か月というロングスパンでの発売でしたが、最後の最後まで売り上げランキングの上位を維持した人気シリーズでした。その理由は、「ミスへの強さ」。ドライバーは言うに及ばず、どのジャンルのクラブも、打点ズレによる飛距離ロスや曲がりの少なさは誰もが認める性能で、やさしいクラブの代名詞と言っても過言ではないほどの評価を受けていました。もちろんプロの世界でもしっかりと結果を残しており、グローバルで74勝! 何ひとつ文句のつけようのない、完成されたクラブだったと言えるでしょう。

そんな完成されたシリーズの後継であるG430のドライバーは、前作G425と同じく「MAX」、「LST」、「SFT」の3種類が用意され、それぞれに異なる個性と性能が与えられています。本稿掲載の直前に閉幕した、PGAツアー唯一の日本開催大会「ZOZO チャンピオンシップ」において、ピンはドライバーの使用率において1位を獲得。なかでも一番人気がこのG430で、発表直後にもかかわらず、ツアーでの人気がかなり高まっていることがわかります。

今回は、そのなかの“標準的ポジション”である「G430 MAX ドライバー」をじっくり見ていきたいと思います!

マットブラックを基調に、差し色は「ライム」と呼ばれる黄緑をあしらったカラー。ゴツゴツしたようなデザインが塊感を醸し出し、なかなかカッコよく仕上がっています

マットブラックを基調に、差し色は「ライム」と呼ばれる黄緑をあしらったカラー。ゴツゴツしたようなデザインが塊感を醸し出し、なかなかカッコよく仕上がっています

<カタログ記載の標準スペック>
ヘッド素材:FORGED T9S+チタン(フェース) / 811チタン(ボディ/クラウン)
ヘッド体積:460CC
ロフト角(度):9,10.5、12
総重量:302g(ALTA J CB BLACK・SR)
クラブ長:45.75インチ

ヘッド素材や体積は前作と変わっていませんが、フェースは全体的に薄肉化し、反発性能をさらに高めています。シャフトは新設計のモデルを採用。前作の同等スペックと比べると、長さは同じですが、4gほど重くなっていますね。

センセーショナルなテクノロジーは搭載していないため、試打したゴルファーに"進化"を感じさせられるか否かが、「G430 MAX ドライバー」のヒットのカギになるでしょう。

空力性能向上に寄与するクラウン上の突起「タービュレーター」は、ピンのドライバーの特徴のひとつ。前作よりも高くなり、ヘッドの中央寄りに配置されました。ヘッド形状にも手が加えられ、前作のトゥ側にボリュームのある形状から、ややヒール寄りにボリュームのある形状に変更され、また、クラウン後方の形状にも手が加えられています。さらに、トゥとヒール側には縁取りのような装飾が追加されました。これには、ヘッドをシャープに見せる効果があるそうです

空力性能向上に寄与するクラウン上の突起「タービュレーター」は、ピンのドライバーの特徴のひとつ。前作よりも高くなり、ヘッドの中央寄りに配置されました。ヘッド形状にも手が加えられ、前作のトゥ側にボリュームのある形状から、ややヒール寄りにボリュームのある形状に変更され、また、クラウン後方の形状にも手が加えられています。さらに、トゥとヒール側には縁取りのような装飾が追加されました。これには、ヘッドをシャープに見せる効果があるそうです

ピンが近年作るドライバーにおいてディープフェース形状は変わっていませんが、フェースに刻まれたスコアラインが斜めになったのは前作からの変更点です。ウェイトをヘッド最後方の低い位置に装着したシャローバック形状も変わっていません

ピンが近年作るドライバーにおいてディープフェース形状は変わっていませんが、フェースに刻まれたスコアラインが斜めになったのは前作からの変更点です。ウェイトをヘッド最後方の低い位置に装着したシャローバック形状も変わっていません

打感と打音が大幅に進化

第一印象では、ピンらしい高い安心感をしっかり継承しているな!と感じました。細かく見ていくと、ヘッドの形状やタービュレーターの搭載位置、クラウン形状など、変更点は多いのですが、投影面積の大きさや据(す)わりのよさなど、過去作で好評だった個所は残されていますね。

まず、ヘッドスピード38m/sぐらいをイメージして試打を開始したのですが……、1球打ってビックリ! 打感・打音が、前作とは比べものにならないぐらい気持ちよくなりました。前作はやさしさを最優先したゆえなのか、ややソリッドで淡白な感触と、「カンッ」といった余韻が短く乾いた金属音が特徴でした。今作は、1度フェースにのってからはじくようなやわらかさのある打感と、「カシィッ」とでも表現できるような上級者好みの音で、打っていてとても気持ちがいいんです!

ピンの代名詞とも呼べるミスへの強さは、前作と同等程度の印象。もともとの性能が高かったため、十分というか、これ以上ミスに強いものは作れないのでは?と思うほどに打点のミスに強い。

性能面で進化を感じたのは、ボール初速です。頑張って振らなくても、前作より楽に初速が出る印象があります。打点が少々ズレても、この初速の高さは感じられました。このあたりがピンらしいですね!

大型ヘッドで高い慣性モーメントを誇るだけあり、スイング中のフェースコントロールはほとんどできない印象。あまりフェースを開閉させないように打つと、ヘッドが持つミスへの強さを生かせます

大型ヘッドで高い慣性モーメントを誇るだけあり、スイング中のフェースコントロールはほとんどできない印象。あまりフェースを開閉させないように打つと、ヘッドが持つミスへの強さを生かせます

ヘッド内部に見える細長い突起が、打音を調整するためのサウンドリブ。この効果で、打音がとっても気持ちよい音に変わりました。ちなみに、この分解カットは「LST」のもの。内部が見やすいため、これを掲載しました

ヘッド内部に見える細長い突起が、打音を調整するためのサウンドリブ。この効果で、打音がとっても気持ちよい音に変わりました。ちなみに、この分解カットは「LST」のもの。内部が見やすいため、これを掲載しました

新しくなったフォージドフェースは、ミスにより強くするため、横の丸み「バルジ」と、縦の丸み「ロール」を調整。打点がズレても最適な弾道を生み出し、飛距離ロスを抑えてくれます

新しくなったフォージドフェースは、ミスにより強くするため、横の丸み「バルジ」と、縦の丸み「ロール」を調整。打点がズレても最適な弾道を生み出し、飛距離ロスを抑えてくれます

ヘッドスピードを高めていくと、スピンが若干増えながら、弾道の高さもアップ。これは、お借りしたヘッドが10.5°だというのが大きいかなと思います。重心が深く低いため、ロフト角以上に高さが出る半面、スピンが多めになりやすいですからね。私がMAXを使うなら、9°か、あるいは10.5°をネックの調整機能でロフトを立てれば、より効率のよい弾道が打てそうです。

3種類の純正シャフトと「MAX」の相性を探る

ピンというメーカーはフィッティングを重視していることもあり、純正シャフトにも力を入れています。複数モデルを用意し、どのモデルもかなり作り込んであります。ツアープロが性能を気に入り、純正シャフトを試合で使用しているほどです。

今作G430には、3種類の純正シャフトを用意してきました。「ALTA J CB BLACK」(以下、ALTA)、「PING TOUR 2.0 CHROME」(以下、クローム)、「PING TOUR 2.0 BLACK」(以下、ブラック)。それぞれのシャフトを「G430 MAX ドライバー」で打ち比べ、私なりにマッチングをチェックしてみました。

●ALTA J CB BLACK

「ALTA」は純正シャフトのなかで最も軽く、つかまりがよく、ボールが上がるモデル。ヘッドを適度に走らせてくれるので、パワーのない人でも振りやすい仕様です

「ALTA」は純正シャフトのなかで最も軽く、つかまりがよく、ボールが上がるモデル。ヘッドを適度に走らせてくれるので、パワーのない人でも振りやすい仕様です

ミスに強く、ボールが上がりやすいヘッドと「ALTA」は相性がよく、エンジョイゴルファーには最もおすすめしやすい組み合わせです。

試打したSフレックスは、多少強めに振ってもしなり過ぎないので、ヘッドスピード42~43m/sぐらいまでなら十分許容してくれます。Rフレックスは、つかまり性能と打ち出し角がより高まる印象。強振せず、楽に振りたいならやわらかめがいいでしょう。

●PING TOUR 2.0 CHROME

こちらは「クローム」。前作までラインアップされ、ピンユーザーにはおなじみの「PING TOUR 173」というシャフトのリプレイスモデル。テイストを引き継ぎながら、デザインと性能を改良しています。この「クローム」は、65、75と、複数の重量帯が用意されています

こちらは「クローム」。前作までラインアップされ、ピンユーザーにはおなじみの「PING TOUR 173」というシャフトのリプレイスモデル。テイストを引き継ぎながら、デザインと性能を改良しています。この「クローム」は、65、75と、複数の重量帯が用意されています

前作「PING TOUR 173」はシャキッとした振り心地でたたけるゴルファーに人気でしたが、今作もそのテイストは維持しています。65は先端部の剛性を下げ、反対に75は先端部の剛性を高めているそう。「MAX」とのマッチングは、かなり強振してもシャフトがしっかり受け止めてくれる印象で、インパクトが強めのゴルファーによいですね。

●PING TOUR 2.0 BLACK

新たにラインアップされたのがこの「ブラック」。上級者からツアープロに向けて開発されたシャフトだそうで、メーカー自ら、低弾道、低スピンとうたういかにも手ごわそうなシャフトです。こちらも65、75と複数の重量帯が用意されます

新たにラインアップされたのがこの「ブラック」。上級者からツアープロに向けて開発されたシャフトだそうで、メーカー自ら、低弾道、低スピンとうたういかにも手ごわそうなシャフトです。こちらも65、75と複数の重量帯が用意されます

ブランニューモデルですが、使い手をかなり絞ってあり、もはやカスタムシャフトといってもよいぐらいの仕様です。基本的につかまりを抑えた味付けになっていて、左のミスを嫌がる上級者やパワーヒッターがしっかりたたいていけるような、粘りのある挙動が特徴です。「MAX」とのマッチングは、結構なパワーがないとボールが上がらない印象。その分スピンが減り、前に飛ぶ感じでした。「MAX」ならではのミスへの強さは欲しいけど、振ったときに左のミスは消したい、というような人にピッタリ。

どのシャフトにも明確な狙いがあり、振り味も弾道もかなり異なります。「ブラック」は置いておくとして、「ALTA」と「クローム」は合う/合わないが如実に出ると思いますので、フィッティングを受けずに購入する場合でも、両方試したうえで(できればフレックスも複数を試して)シャフトを決定することをおすすめします。

「ALTA」シャフトのSフレックス、10.5°で打ったデータです。もう少しロフトを立てればスピンが減り、距離はあと少し伸びたでしょう。方向性を優先するなら、9°よりも10.5°のほうが安定すると思います

「ALTA」シャフトのSフレックス、10.5°で打ったデータです。もう少しロフトを立てればスピンが減り、距離はあと少し伸びたでしょう。方向性を優先するなら、9°よりも10.5°のほうが安定すると思います

前作のネガをしっかり潰してきた

「G430 MAX ドライバー」は、ピンの専売特許とも言える「ミスへの強さ」をしっかり継承し、フィーリング面と飛距離性能を進化させていました。前作で不満として上がっていた部分を、しっかり潰してきたなという印象です。大きく進化したと感じたのは、フィーリング面ですね。前作は好き嫌いが出る仕様でしたが、今作はどんなゴルファーでもマイナスイメージを持つことはまずないでしょう。

ライバルモデルは、キャロウェイ「ローグST MAX」 くらいでしょうか。ミスに強いモデルはほかにもありますが、標準仕様で300gを超え、一般男性に向けた適正重量を持つモデルは意外と少ないのです。「ローグST MAX」も少し軽めですからね。

またこれでピンも安泰だなと感じさせる、完成度の高いドライバーです!

写真:富士渓和春

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る