ゴルフの楽しさ伝えます

価格.comゴルフクラブ「人気売れ筋ランキング」10月に売れたのはどれだ?

価格.comのゴルフカテゴリーにおける2022年10月の人気ランキング、各カテゴリーの1位は下記のとおりとなった。

●ドライバー:テーラーメイド
●フェアウェイウッド(以下、FW):テーラーメイド
●アイアン:テーラーメイド
●ユーティリティー(以下、UT):ピン
●ウェッジ:キャロウェイ
●パター:オデッセイ

1位を獲得した新商品はドライバーの「STEALTH グローレ」だけである。ユーティリティーではピンの「G425」が6製品もランクイン。価格と性能のバランスで人気を博している。パターは引き続き、テーラーメイドのトラス構造を持つモデルが人気だ。

※本記事の価格やそのほかの情報は、2022年10月末時点でのもので、現在とは異なる場合があります

【ドライバー編】
10月発売新商品「STEALTH グローレ」が1位

2022年10月の、価格.comにおけるドライバー月間人気売れ筋ランキング

2022年10月の、価格.comにおけるドライバー月間人気売れ筋ランキング

ランキングベスト10のうち、キャロウェイとテーラーメイドが各3製品、ダンロップが2製品、タイトリストとピンが各1製品ランクインした。このうち、新モデルが7製品で、タイトリストの9月発売モデルもベスト10入りした。

1位は、テーラーメイドから10月7日に発売された新商品「STEALTH グローレ・純正シャフトSPEEDER NX for TM・S・10.5°」。発売直後に、いきなり1位を獲得した。テーラーメイドの新商品が1位となったのは、2月の「STEALTH」以来である。「STEALTH グローレ」は初代の「グローレ」から10年目を迎えるモデルで、その設計思想は“日本人のためのドライバー”である。特徴は、60層のカーボンツイストフェースに加え、フォージドアルミニウムリングを採用し、ドローバイアスで設計されていること。また、重心を下げるための「バックウェイト」も搭載し、最適重量配分による慣性モーメントの拡大により、やさしさと高い安定性を実現している。試打評価でも「楽に打てて球がつかまり、球が上げやすくやさしい」との声が多い。7位にも「STEALTH グローレ」のフレックス違い「SR」が登場している。平均価格76,200円、直近の最安値は68,094円である。

4位にはテーラーメイドの「SIM グローレ・純正シャフトAir Speeder TM・S・10.5°」が入っている。新モデルの発売を受けて平均価格が2万円近く下がって50,700円となり、人気が出ている。

2位は、先月1位だったキャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX D・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・10.5°」、3位には同じく「ROGUE ST MAX・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・10.5°」が入っている。同社の2月発売のモデルのなかでは、8月、9月に続き「ROGUE ST」が「STEALTH」よりも支持される格好となった。

9位は、9月30日に発売されたタイトリストの新商品「TSR2・カスタムシャフトTour AD DI 5・S・10°」。タイトリストの新商品がトップ10入りしたのは、本連載開始以来初めてのことである。「TSR2」は、タイトリスト史上最高のスピード性能と弾道安定性を追求し、多くのツアープレーヤーが認める美しく安心感あふれるシェイプで、飛距離と許容性のバランスを両立するモデルだ。

新商品ではほかに、5位にダンロップの「ゼクシオ 12 ネイビー・MP1200 ネイビー・S・10.5°」、6位に同じく「ゼクシオ 12 ネイビー ・MP1200 ネイビー・R・10.5°」が入っている。2022年の新商品モデルがベスト10に7製品が入っており、このうち3製品が9月と10月発売のモデルだ。ベスト10に入ったドライバーのロフトを見ると、10.5°が9製品、10°が1製品。フレックスはSが7製品、Rが2製品、SRが1製品という内訳となった。総じて人気のスペックは「ロフト10.5°・フレックスS」ということになろう。

11月は、10月発売の新モデルのテーラーメイド「STEALTH グローレ」が連続1位を獲得するかどうか、つまり人気の「ROGUE ST」シリーズとのトップ争いに注目である。また、この秋発売のタイトリスト「TSR」シリーズ、ピン「G430」シリーズがベスト10に入るかにも注目したい。

【FW編】
「SIM2 MAX #5」が4か月連続で1位 

2022年10月の、価格.comにおけるフェアウェイウッド月間人気売れ筋ランキング

2022年10月の、価格.comにおけるフェアウェイウッド月間人気売れ筋ランキング

10月のFWランキングに入ったのは、ピン3製品、キャロウェイ3製品、ダンロップ2製品、テーラーメイドとヤマハの各1製品で、新製品は4モデル。先月は上位に入らなかったピンの旧モデル「G425」が、新商品「G430」の発売によって価格が下がり、本ランキング上で人気が急上昇した。

1位はテーラーメイドの「SIM2 MAX #5・純正シャフトTENSEI BLUE TM50・SR・18°・160cm3」である。平均価格23,910円、最安値20,800円であるが、11月に入って最安値に値上がり傾向が見られる。4か月連続で「SIM2 MAX #5」が1位で、直近10か月では7回も1位を獲得している。#5はロフトが18°で、球を安定して上げやすいことから支持されている。「SIM2 MAX」のFWは使いやすい大きさで、ソールの接地面積を最小限に抑えた「Vスチールソール」で低重心化し、カーボンクラウンボディでやさしく球を上げられる構造。ソールウェイトがより地面に近い位置に配置され、テーラーメイド史上、最も低重心化を実現。高弾道、寛容性の高いFWとして人気を博している。テーラーメイドの従来のFWも全般的に人気はあるが、今月ベスト10にランキングしたのは、この1製品だけである。

2位にはピンの「G425 MAX #7・純正シャフトPING TOUR 173-65・S・20.5°・152cm3」、3位には同「G425 MAX #5・純正シャフトPING TOUR 173-75・S・17.5°・167cm3」が入った。この純正シャフトモデルは平均価格、最安値とも29,700円。9月中旬から最新モデルの発売情報が出たことで1万円程度安くなり、人気が出てきている。「G425 MAX FW」は、極薄で高強度の「マレージングC300フェース」の面積をソールとクラウン部分まで拡大し、最大のたわみと初速を生む新「フェース・ラップ・テクノロジー」と、新バルジ&ロール設計により、ミスヒット時でも最適な弾道で飛距離ロスを軽減する新「スピンシステンシー・テクノロジー」を初搭載。また、高比重のソールウェイトも搭載する。球が上がりやすいうえ、ミスヒットに強く寛容性のあるFWだ。6位にも同じく「G425 MAX #5・ALTA J CB SLATE・S・17.5°・167cm3」がランクインした。

5位にはキャロウェイの新商品「ROGUE ST MAX #5・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・S・18°・148cm3」、9位に同じく「ROGUE ST MAX #7・純正シャフトVENTUS 5 for Callaway・SR・21°・139cm3」が入っている。#5の最安値は34,600円で安定している。「ROGUE ST」はドライバーも人気だが、FWも支持を集めている。「ROGUE ST MAX FW」は「FLASH フェースSS22」を採用し、フェースカップの素材には肉薄化・軽量化が可能な高強度の素材「C300マレージング鋼」を使い、ボール初速を上げる設計だ。シャローフェースで球が上げやすいのも美点。

10位には2021年10月発売のヤマハ「リミックス VD FW #5・純正シャフトDiamana YR f・S・18°」が入っている。先月は同モデルの#3がベスト10入りし、引き続いて番手違いが支持されている。平均価格は43,749円、最安値は35,744円である。

FWのベスト10のうち、新商品は4製品。秋の新商品の発売を受けて、ピンの旧モデルに価格のお手頃感が出て人気を集めた。番手を見ると、ベスト10のうち#5が7製品。球が上がりやすく、扱いやすい#5が引き続き人気である。

ドライバーは新商品が1位だったが、FWは価格優先で選ばれている。新商品が11月では1位となるか注目である。

【アイアンセット編】
新商品5製品がランクイン

2022年10月の、価格.comにおけるアイアンセット月間人気売れ筋ランキング

2022年10月の、価格.comにおけるアイアンセット月間人気売れ筋ランキング

10月のランキング、アイアンセットのベスト10には、ダンロップ4製品、テーラーメイド3製品、ブリヂストンとピン、プロギアの各1製品が入った。ダンロップ、テーラーメイドのアイアンが引き続き人気を得ている。新商品は5製品で、鍛造アイアンは5製品。

1位は、テーラーメイドの「SIM MAX アイアン 5本セット・TENSEI BLUE TM60・S」である。2020年2月発売の2代前のモデルで、平均価格、最安値とも44,000円と、5万円を切っているのが人気の理由か。「スピードブリッジ」テクノロジーによりヘッドの剛性アップを実現したことで、「貫通型スピードポケット」の採用やフェース薄肉化につながり、ボール初速アップに加えて打感と打音が向上している。安心感を与えるシェイプで、飛距離、寛容性、ある程度の操作性の3つを同時に実現している。ワイドソール、軽量化されたホーゼル、アンダーカットキャビティ、肉薄フェースにより、ヘッドの重心位置を下げ、高弾道・低スピン弾道が打てるアイアンだ。

2位は同じくテーラーメイドの、2021年2月発売「SIM2 MAX アイアン 5本セット・TENSEI BLUE TM60・R」。平均価格は65,756円、最安値は54,890円である。この2モデルは直近6か月で常にベスト10に入っており、価格と性能のバランスで人気を得ていると見てよい。

4位も同社の新商品「STEALTH アイアン 5本セット・KBS MAX MT85 JP・S」が入った。平均価格87,812円、最安値は73,700円である。

3位はダンロップの「ゼクシオ エックス アイアン 2022年モデル 5本セット・NS PRO 950GH neo DST・S」である。平均価格は94,440円、最安値は69,151円。ボディには軟鉄鍛造構造を採用し、打感、ロフトライ角調整など、ゼクシオのやさしさにアスリートが好む要素を加えたアイアンだ。ポケットキャビティで寛容性をアップし、高強度の新フェース素材「DHATM1」(高強度特殊鋼)を採用することでフェースを肉薄化し、たわみを生み出すことで飛距離性能を向上。また、Vソールによりさまざまなライからグリーンを狙え、すぐれたスピン性能をも両立している。#7のロフトは29°である。

5位に、同じくダンロップの「ゼクシオ 12 アイアン ネイビー 5本セット・MP1200 ネイビー・R」、6位に同社の「スリクソン ZX5 アイアン 6本セット・NS PRO 950GH DST・S」、9位にも「スリクソン ZX5 アイアン 6本セット・NS PRO MODUS3 TOUR105 DST・S」が入っている。このモデルは2020年10月発売で、平均価格、最安値とも100,320円。人気で価格が安定し、先月より6,000円上がっているのは注目すべき点だ。

アイアンのベスト10のうち、鍛造アイアンは5製品でいずれも日本メーカー。新商品は5製品である。

【UT編】
ピン「G425 ハイブリッド」が6製品ランクイン!

2022年10月の、価格.comにおけるユーティリティー月間人気売れ筋ランキング

2022年10月の、価格.comにおけるユーティリティー月間人気売れ筋ランキング

10月のUTベスト10の内訳は、ピン6製品、テーラーメイド3製品、ダンロップ1製品。ピンはベスト10にいきなり前モデルの「G425」が6製品入ってきた。UTの新商品でベスト10に入っているのは2製品。

1位はピンが2020年9月に発売した「G425 ハイブリッド・PING TOUR 173-85・S・22°」。新商品の発売を受けて、平均価格、最安値とも26,400円、先月より8,000円ほど価格が下がっている。極薄で高強度の「マレージングC300フェース」の面積をソールとクラウン部分まで拡大しており、最大のたわみと初速を生む。ミスヒット時も、最適な弾道で飛距離ロスを軽減するバルジロール設計を搭載。高弾道で大きなキャリーを生み出し、最大の飛びを可能にしている。深低重心の高MOIヘッドで、ブレずにグリーンを狙えるUTだ。

3位以降も同じく「G425 ハイブリッド・PING TOUR 173-85・S・26°」、5位に「G425 ハイブリッド・ALTA J CB SLATE・S・22°」、7位に「G425 ハイブリッド・ALTA J CB SLATE・SR・30°」、9位「G425 ハイブリッド ・ALTA J CB SLATE・S・26°」、10位に「G425 ハイブリッド・ALTA J CB SLATE ・SR・22°」が入っている。「G425ハイブリッド」のシャフト、ロフト違い6製品が一気にベスト10に入っており、価格と性能のバランスで支持を受けている。

2位は、先月まで4か月連続で1位を守っていた、テーラーメイドの2021年10月発売モデル「M4 2021年モデル・Atmos Red・S ・25°」である。平均価格、最安値とも12,100円、その安さと新しさで、引き続き人気だ。テーラーメイド独自のテクノロジー「スピードポケット」などで広いスイートエリアを持ち、安心感を与えるヘッド形状によりやさしく打てるUTだ。

4位は、テーラーメイドの「SIM2 MAX・TENSEI BLUE TM60・S・25°」、6位には新商品「STEALTH・TENSEI RED TM60・S・22°」が入っている。「STEALTH」はカーボンクラウンを採用し、従来モデルと比べてさらなる低・深重心を実現、飛距離性能とミスへの寛容性を両立させている。新商品のため平均価格は30,579円、最安値 25,000円と、価格は安定している。

UTの新商品はベスト10のうち2製品。ロフトは22°が4製品、25°、26°が各2製品、18°、26°が各1製品という内訳となった。

【ウェッジ編】
「JAWS MD5」が連覇達成 

2022年10月の、価格.comにおけるウェッジ月間人気売れ筋ランキング

2022年10月の、価格.comにおけるウェッジ月間人気売れ筋ランキング

10月のウェッジランキングベスト10には、キャロウェイ、クリーブランドが各3製品、タイトリスト4製品がランクインした。ウェッジの2大メーカーにキャロウェイが食い込む格好だ。10製品のなかで新商品は2製品である。

1位は9月に引き続き、キャロウェイの2019年9月発売「JAWS MD5 ウェッジ クロム・NS PRO 950GH neo・S・56°W・12°」である。平均価格は 14,383円、最安値 は13,800円。新商品の「JAWS RAWウェッジ」の7月発売を受け、平均価格は15,000円を切り、人気を得ている。6位は同モデルのシャフト・ロフト違い「JAWS MD5 ウェッジ クロム・NS PRO MODUS3 TOUR 105・S・58°S・10°」、7位にも「JAWS MD5 ウェッジ クロム・NS PRO 950GH neo・S・50°W・12°」が入った。

2位は、クリーブランドの2020年9月発売モデル「RTX ZIPCORE ウェッジ ブラックサテン・ダイナミックゴールド・S200・48°・10°」で、4位にもシャフト違いの「RTX ZIPCORE ウェッジ ツアーサテン・NS PRO 950GH・S・48°・10°」が入っている。平均価格、最安値とも11,800円で、前月より2,000円下がった。ネック内部にセラミックピンを内蔵し、重心位置をフェースセンター寄りにすることで、打球の安定性を向上させている。さらに、余剰重量をトゥ側上部に配置することで上下の慣性モーメントをアップさせ、打球のばらつきを抑制。また、新溝設計「ULTIZIP(アルチジップ) GROOVES」は、特に悪条件下でのスピン性能を安定させ、フェース溝の耐久性も向上している。

3位にはタイトリストの新商品、2022年3月発売の「ボーケイデザイン SM9 ウェッジ ツアークローム・ダイナミックゴールド・S200・52°・12°F」、9位にも「ボーケイデザイン SM9 ウェッジ ツアークローム・NS PRO 950GH neo・S・46°・10°F」がランクイン。平均価格 21,935円、最安値 21,000円である。「SM9」は、最先端のテクノロジーとクラフトマンシップから生み出されたウェッジ。弾道の高さをイメージどおりにコントロールできる。

【パター編】
1位は3か月連続でオデッセイの2ボール

2022年10月の、価格.comにおけるパター月間人気売れ筋ランキング

2022年10月の、価格.comにおけるパター月間人気売れ筋ランキング

10月のパターランキング、ベスト10にはオデッセイ、テーラーメイドの各4製品、スコッティ・キャメロン2製品が入った。ちなみに新商品は3製品、テーラーメイドの4製品はすべて「トラス構造」のパターである。

1位は3か月連続で、オデッセイで人気の2ボールパター「DFX 2-BALL 34インチ」。黒のルックスで、2000年の復刻版であるが、インサートはオデッセイ史上最もやわらかい素材を使用している。2021年6月発売で、平均価格は20,965円、最安値は17,600円。最安値は2万円を切っているが、前月より1,000円程度上がっている。

2位は同じくオデッセイの2020年2月発売製品「ストローク ラボ ブラック シリーズ DOUBLE WIDE FLOW 33インチ」で、平均価格、最安値とも17,600円である。上位2製品は2万円を切るお手頃な価格がポイントだ。

3位はテーラーメイドの新商品、2022年7月発売の「Spider GT TM2 34インチ」である。独創の新ウイング構造を採用する「GT(=グランドツアー)」は、「4:2:4」の重量配分でミスヒットに強く、さらなる安定性を実現。「スパイダー GT」にプロからアマチュアゴルファーまで、多くのゴルファーが信頼を寄せるトラス構造の三角形ホーゼルを「スパイダー GT」に装着した、センターシャフトのパターだ。平均価格43,780円、最安値は43,560円である。

4位は同じくテーラーメイドの新商品、2022年6月発売の「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB1.5 34インチ」である。人気の「トラス構造」で、三角形の「トラスホーゼル」採用により、ミスヒット時にフェースのねじれを抑え、ボールの直進性を向上。アドレス時に違和感を与えない見た目も扱いやすさに寄与する。その名のとおり「TB1.5」は、「TB1」と「TB2」の中間の重心角に設計され、「TB1」よりもフェースの開閉を抑えてあり、安定したストロークを実現する。平均価格は32,285円、最安値は29,400円である。「トラス構造」のパターはほかにも、5位に「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB2 33インチ」、8位に「TP COLLECTION HYDRO BLAST JUNO TB1 34インチ」がランクイン。ちなみに、ベスト10のうち7製品が34インチ、3製品が33インチである。

11月は新商品がどこまで上位にくるか

11月は、テーラーメイド、ピンほか、各メーカーから秋の新商品が投入される。10月では今年の新商品の占める割合が、ドライバーで7割となった。ドライバーに続き、FW、アイアン、UT、ウェッジ、パターの新商品が、どこまで上位に食い込んでくるかに注目だ。また、ピンの最新作「G430」が発売される11月まで、前モデル「G425」の人気が続くかどうかも注視したい。

嶋崎平人

嶋崎平人

しまさき ひらと。スポーツ用品メーカー、クラブ・ボールの商品開発、広報・宣伝、プロトーナメント運営等を担当。クラブ特許を20件以上出願。退職後、ゴルフライターとしてメディアで執筆活動中。また多方面からゴルフ活性化活動を推進。日本ゴルフジャーナリスト協会会員。

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る