注目コンテンツ
小型ボディでも抜群の臨場感。設置するだけで自宅が映画館に早変わり!

[PR]シネマサウンドを追求したJBLの本格サラウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」で極上のエンタメ体験

JBLの最新サウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」。2021年2月5日発売で、市場想定価格は39,800円(税込)

JBLの最新サウンドバー「Bar 5.0 MultiBeam」。2021年2月5日発売で、市場想定価格は39,800円(税込)

インターネット接続できるスマートテレビの登場や動画配信サービスの充実により、映画館に行かなくても自宅で簡単におうちエンタメを楽しめるようになってきた昨今。外出自粛やテレワークでおうち時間が増えたことも追い風となり、自宅の大画面テレビでエンタメを気軽に楽しむというスタイルが着実に定着してきている。

自宅のテレビで、映画やドラマなどのエンタメを楽しむのに欠かせない要素のひとつがサウンドだ。なかでも、限られた設置スペースでもテレビのサウンドを手軽にアップグレードできる“サウンドバー”に、今、大きな注目が集まっている。

そんなサウンドバーをこれから導入しようと考えている人にぜひ注目してもらいたいのが、JBLが新発売したばかりの「Bar 5.0 MultiBeam」だ。

「映画館の音響と言えばJBL」と言われるくらい、JBL PROFESSIONALのスピーカーは、最新の立体音響技術「Dolby Atmos」に対応したシアターなど、数多くの映画館・スクリーンで採用されている。本機は、そんな世界中の映画館を知り尽くしたJBLの最新音響技術をコンパクトなボディに凝縮。自宅でも映画館さながらの極上のサラウンドを体験できる製品に仕上がっている。

小さくても本物のサウンドを実現する「プレミアムコンパクト」という新しい選択肢

これまでの前後左右を中心としたサラウンド技術とは異なり、頭上からも音が聴こえてくる立体的な音響空間を構築することで、音に包まれるような圧倒的没入感を得られる立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」。近年、映画館や家庭用のAVアンプなどで採用が増えてきているが、テレビに取り付けて使用するサウンドバータイプのホームシアタースピーカーにも対応する製品がついに登場し始めてきている。

頭上方向の音を再現することで、立体的な音響空間を実現するドルビーの最新立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」。JBL PROFESSIONALのスピーカーは、Dolby Atmos対応の映画館でも数多く採用されている

頭上方向の音を再現することで、立体的な音響空間を実現するドルビーの最新立体音響技術「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」。JBL PROFESSIONALのスピーカーは、Dolby Atmos対応の映画館やシアターでも数多く採用されている

ただ、住宅環境的に本格的なシアターセットを設置するのが難しい日本市場では、ウーハーのない1本のバースピーカーで完結するタイプ、なかでも設置場所を選ばないコンパクトなタイプのサウンドバーが選ばれる傾向があり、コンパクトタイプのサウンドバーでDolby Atmosに対応した本格的な製品という選択肢はまだまだ少ないのが現状だ。数少ない対応製品も、ボディサイズの制限からバーチャルサラウンド技術だけで音に包まれるような立体的なサウンドを再現しようとするものが多く、どうしても本格的なホームシアターシステムに比べると、広がり感や没入感に課題があった。

ウーハーのない1本バータイプのコンパクトなサウンドバーでも、Dolby Atmos対応の本格的なホームシアターシステムのような音に包まれるようなサラウンドを楽しみたい。そんな要望に応えるためにJBLが開発した次世代サウンドバーが「Bar 5.0 MultiBeam」だ。映画館の音響を知り尽くしたJBLのノウハウや最新のサラウンド技術を横幅709o のコンパクトなボディに搭載。リアルサラウンドとバーチャルサラウンドを組み合わせ、コンパクトでも映画館のような圧倒的な音の広がり感・没入感を体験できる“プレミアムコンパクトサウンドバー”という、まったく新しい選択肢を示したモデルなのだ。

JBL「Bar 5.0 MultiBeam」では、大型テレビの横幅よりも圧倒的にコンパクトなボディで、映画館のような圧倒的な音の広がり感・没入感を実現する“プレミアムコンパクトサウンドバー”という新たなコンセプトを打ち出す

JBL「Bar 5.0 MultiBeam」では、大型テレビの横幅よりも圧倒的にコンパクトなボディで、映画館のような圧倒的な音の広がり感・没入感を実現する“プレミアムコンパクトサウンドバー”という新たなコンセプトを打ち出す

独自のリアルサラウンドと最新のバーチャルサラウンドを融合させ、圧倒的な音の広がりと没入感を実現

コンパクトなボディとリアルなサラウンド感を両立させる“プレミアムコンパクトサウンドバー”という新たなコンセプトを打ち出す「Bar 5.0 MultiBeam」のキモとなるのが、ハイブリッド方式を採用した独自のサラウンド技術だ。

横幅709o のコンパクトな「Bar 5.0 MultiBeam」の中には、5基のスピーカーと4基のパッシブラジエーターが搭載されている。このうち、左右に配置されたビームフォーミングスピーカーで「音のビーム」を壁に向けて放射し、壁からの反射音で左右後方からサラウンドの音声成分をリアルに届ける独自のMultiBeam技術を使った“リアルサラウンド”と、Dolby Atmosの信号をデコードし、3基のフロントスピーカーだけで仮想的に3次元空間を再現する最新の「Dolby Atmos Height Virtualizer」を使った“バーチャルサラウンド”を高次元に融合。コンパクトなボディでも、サイズを超えた横の広がり感や後方への音の回り込み感、頭上から音が降ってくるような圧倒的な没入感をしっかりと体感できるようになっている。

横幅709o のコンパクトなボディの中には、ペーパーコーン振動板を採用したレーストラック型のスピーカーユニット5基と、重低音再生用の75mm経パッシブラジエーターを4基配置

横幅709o のコンパクトなボディの中には、ペーパーコーン振動板を採用したレーストラック型のスピーカーユニット5基と、重低音再生用の75mm経パッシブラジエーターを4基配置

搭載する5基のスピーカーユニットのうち、左右の両端に配置 された2基でMultiBeam技術を使った左右に広がるリアルサラウンドを再現。フロントに配置された3基はバーチャルサラウンド技術「Dolby Atmos Height Virtualizer」に活用する。ちなみに、フロントスピーカーの左右2基の幅は、人の頭部の幅 に合わせた距離に配置することで、頭部伝達関数などを用いた 「Dolby Atmos Height Virtualizer」の効果を高めているという

搭載する5基のスピーカーユニットのうち、左右の両端に配置 された2基でMultiBeam技術を使った左右に広がるリアルサラウンドを再現。フロントに配置された3基はバーチャルサラウンド技術「Dolby Atmos Height Virtualizer」に活用する。ちなみに、フロントスピーカーの左右2基の幅は、人の頭部の幅 に合わせた距離に配置することで、頭部伝達関数などを用いた 「Dolby Atmos Height Virtualizer」の効果を高めているという

なお、「音のビーム」を壁に反射させてリアルな音を届けるためには、音を反射させる壁までの距離や、壁の素材による反響の差異など、部屋の環境をしっかりと把握し、その環境に合わせて「音のビーム」をチューニングすることが重要になってくる。この部分がしっかり作り込まれていないと、バランスの崩れた残念なサウンドになってしまうのだが、「Bar 5.0 MultiBeam」はこの点についても、独自の自動ルーム測定・調整機能「AMC(Automatic Multibeam Calibration)」が搭載されているので安心だ。

ルーム測定や調整と言うとなんだが難しそうにも思えるが、「Bar 5.0 MultiBeam」の「AMC」は、リモコンのHDMIボタンを5秒長押しするだけで始められる。測定用のマイクはサウンドバー本体に内蔵されており、一般的なAVアンプやシアターセットなどで使われる測定用マイクの設置も一切不要。測定時間もたった数十秒で完了するというお手軽さが魅力だ。

しかも、マイクの設置場所に左右されずに部屋全体の傾向を測定して調整してくれるので、一般的なサウンドバーに比べてリスニングポイントがシビアになりにくく、家族みんなでソファに横並びで座って映画を視聴する際も、視聴位置によって音質や迫力の差が生まれにくいため、みんな同じような没入感を得られるという特徴も持ち合わせている。 手軽に使えるのに本格的に最適なリスニング環境を構築できる「AMC」は、これまでさまざまな映画館にスピーカーを導入してきたJBLならではのノウハウがあったからこそ実現できた機能と言えそうだ。

独自の自動ルーム測定・調整機能「AMC(Automatic Multibeam Calibration)」は、リモコンのHDMIボタンを5秒長押しするとスタート。測定用のサウンドが何度か鳴り、わずか十数秒で測定は完了する

独自の自動ルーム測定・調整機能「AMC(Automatic Multibeam Calibration)」は、リモコンのHDMIボタンを5秒長押しするとスタート。測定用のサウンドが何度か鳴り、わずか十数秒で測定は完了する

「eARC」や最新のHDR規格にもしっかりと対応。シンプルに使える本格派モデル

「Bar 5.0 MultiBeam」は、JBLが次世代型のプレミアムコンパクトサウンドバーとして開発しただけあり、上記の、独自サラウンド技術以外にも見どころが満載だ。

たとえばHDMI。コンパクトなサウンドバーでは、HDMIの入出力を兼ねた1系統のポートのみを搭載するモデルが珍しくないが、「Bar 5.0 MultiBeam」はコンパクトでも入力と出力をそれぞれ1系統ずつ独立して搭載している。このうちHDMI出力ポートは、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)だけでなく、ARCの拡張版である最新のeARCをサポート。eARC対応のテレビと組み合わせれば、Dolby AtmosやマルチチャンネルPCMのような高品位な音声フォーマットをHDMIケーブル1本でスマートに楽しめる。また、HDMI入力ポートにブルーレイプレーヤーなどの再生機器を接続すれば、4K Ultra HD Blu-rayなどのDolby Atmos対応コンテンツの立体的サウンドもダイレクトに楽しめるというわけだ。

動画配信サービスのDolby Atmos対応コンテンツは今後増えていきそうだが、eARCに対応したテレビを所有していないという人もまだ多い。こうしたテレビの環境に左右されず、別途Dolby Atmosの再生環境さえ用意すれば高品位なサラウンドをすぐに楽しめるコンパクトなサウンドバーというのはなかなか貴重だ。最新の著作権保護技術であるHDCP2.3や、Dolby Vision、HDR10+といった最新のHDR規格のパススルーももちろんサポートしており、8K放送への拡張などにもしっかりと対応できるので、将来性という点でもなかなか魅力的だ。

コンパクトタイプのサウンドバーとしは珍しく、HDMI入力ポートと出力ポートを独立して搭載。eARC対応テレビがなくても、4K Ultra HD Blu-rayなどに収録されているDolby Atmos対応コンテンツをフルスペックで楽しめる

コンパクトタイプのサウンドバーとしは珍しく、HDMI入力ポートと出力ポートを独立して搭載。eARC対応テレビがなくても、4K Ultra HD Blu-rayなどに収録されているDolby Atmos対応コンテンツをフルスペックで楽しめる

本体内に電源を内蔵しており、ACアダプターが不要。テレビ周りをすっきり配線できるのも、コンパクトタイプのサウンドバーとしてはうれしいところだ

本体内に電源を内蔵しており、ACアダプターが不要。テレビ周りをすっきり配線できるのも、コンパクトタイプのサウンドバーとしてはうれしいところだ

また、サウンドバー製品の多くは、スマートフォンなどから手軽に音楽を再生できるよう、Bluetooth機能を搭載しているが、「Bar 5.0 MultiBeam」はBluetoothだけでなく、デュアルバンドWi-Fiを搭載するなど、ワイヤレス機能もかなり充実している。アップルの「AirPlay2」やGoogleの「Chromecast Built-in」、Amazon「Alexa MRM」にも対応しており、これらに対応している音楽ストリーミングサービスなら、Bluetoothよりも高音質で音楽を楽しめるのもうれしいポイントだ。

デュアルバンドWi-Fiを内蔵。アップル「AirPlay2」などを使えば、スマホで利用する音楽ストリーミングサービスから音楽を手軽にいい音で楽しめる

デュアルバンドWi-Fiを内蔵。アップル「AirPlay2」などを使えば、スマホで利用する音楽ストリーミングサービスから音楽を手軽にいい音で楽しめる

しかも、これだけ多機能なのに、「Bar 5.0 MultiBeam」は、本体や付属リモコンのボタンを最小限に抑え、シンプルに使えるというのがすごいところ。多機能だと使いこなせるか心配という人も、これなら安心して使いこなせるはずだ。

付属のリモコン。操作に必要な最低限のボタンに絞り込むことで、シンプルな操作性を実現している

付属のリモコン。操作に必要な最低限のボタンに絞り込むことで、シンプルな操作性を実現している

本体フロントに大型の有機ELディスプレイが用意されており、現在のボリュームや入力ソース、サラウンド機能の状態などを瞬時に把握できる

本体フロントに大型の有機ELディスプレイが用意されており、現在のボリュームや入力ソース、サラウンド機能の状態などを瞬時に把握できる

これぞシネマクオリティ! 包み込むような音場が作る圧倒的没入感がすごい

最後に、気になる「Bar 5.0 MultiBeam」のサウンドをチェックしておこう。なお、試聴に際しては、55V型4Kテレビが設置されている木製のテレビラックの上に「Bar 5.0 MultiBeam」を直置きし、試聴を開始する前に「AMC」でルーム測定と調整を実施している。

最初はDolby Atmosに対応したコンテンツからチェック

最初はDolby Atmosに対応したコンテンツからチェック

まずは、Dolby Atmosに対応したコンテンツとして、4K Ultra HD Blu-ray「ボヘミアン・ラプソディ」のLIVE AIDのシーンを視聴してみた。ビームフォーミングスピーカーのおかげもあり、「Dolby Atmos Height Virtualizer」をOFFにした状態でも、左右の広がり感はしっかりと感じられる。今回は55V型のテレビと組み合わせて使用したが、横への広がり感はテレビサイズ以上の広大さだ。4基のパッシブラジエーターのおかげか、低音もテレビ内蔵のスピーカーとは段違いに出ており、これだけでもサウンドバーを導入した価値があると思わせるくらいのクオリティだ。

続いて、リモコンのボタンから「Dolby Atmos Height Virtualizer」をONにしてみる。すると、頭上から後ろにかけての音がさらにリアルになり、音の立体感が段違いによくなった。カメラワークに合わせて体の周りを音が目まぐるしく駆け巡る感じは、実際に映画館で体験した3次元的な音に包み込まれている感じに非常に近い感覚だ。カメラワークに合わせて聴こえるQueenの演奏と頭上から降ってくるようなスタジアムからの歓声も非常にスムーズにつながっており、まるでLIVE AIDのシーンに自分も立っているかのような感覚だ。
一度このサウンドを体感してしまうと、「Dolby Atmos Height Virtualizer」をOFFにしたサウンドが平面的に感じてしまうほど。それくらい、「Dolby Atmos Height Virtualizer」のONの効果を強烈に感じた。

次にBlu-rayのアニメ作品「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール」を視聴してみた。こちらはDolby Atmos対応コンテンツではないが、「Dolby Atmos Height Virtualizer」の効果は抜群で、クライマックスの戦闘シーンの上下左右さまざまなところから次々と押し寄せる効果音のリアルさはまさに圧巻のひと言。アニメの世界観同様、まるでVR空間に飛び込んだような圧倒的没入感を感じた。また、このコンテンツを大音量で再生して感じたのが、スピーカーユニットそのものの優秀さだ。下手なスピーカーユニットだと、ボリュームをかなり上げた状態で再生すると爆発音や金属音が破綻してしまうのだが、「Bar 5.0 MultiBeam」は破綻させることなく見事に再現できていた。大音量でも破綻することなく再生させる必要がある映画館やシアター向けのスピーカーを開発してきたJBLだけあり、このあたりのスピーカーユニットの作り込みはさすがといったところだ。

続いて、日常的なシーンを想定し、テレビのドラマ番組やYouTube動画などを試聴してみたが、こちらで特に印象的だったのが人の声。センタースピーカーが独立しているおかげか、BGMとセリフがしっかりセパレートされており、人の声がとてもクリアに聞こえるのだ。ユーザーの興味の引くように独特のトーンでしゃべるユーチューバーの声などは、テレビスピーカーの平面的なサウンドで聴くとたまに何をしゃべっているか聴きとれないことがあるが、「Bar 5.0 MultiBeam」を通すと声がくっきり鮮明となり、ボリュームを絞った状態でもとても聴きとりやすくなる。ボリュームをある程度抑えて使う日常的なシーンでも、「Bar 5.0 MultiBeam」は大いに活躍してくれそうだ。

テレビやYouTube動画など、サラウンドに対応していないコンテンツでも音質の変化をチェック

テレビやYouTube動画など、サラウンドに対応していないコンテンツでも音質の変化をチェック

最後に、スマートフォンから音楽ストリーミングサービスのコンテンツをWi-Fi経由で再生してみた。Wi-FiやBluetoothを使って音楽再生を行う場合、「Dolby Atmos Height Virtualizer」をONにすることはできないが、サウンドバーの前方に座って試聴すればボーカルがセンターにしっかりと浮かび上がる。スピーカーサイズのおかげか、レンジもかなり広く、ボーカルの声もとてもクリアで、ブレスなどもかなりリアルに感じられる。サウンドバーの前で本格的に音楽を聴き込むといった使い方はもちろんだが、部屋全体をしっかりと音楽で満たしてくれるので、BGM的に使うというのも大いにありだと感じた。

まとめ

リアルサラウンドとバーチャルサラウンドを組み合わせた独自のサラウンド技術を駆使し、これまでのコンパクトなサウンドバーのイメージを覆す、映画館並みのリアルなサラウンドを実現した「Bar 5.0 MultiBeam」。横幅709o とコンパクトで、手狭な日本の住宅環境でも扱いやすい点や、シンプルで使いやすい操作性だけでなく、BluetoothやWi-Fiを使って手軽に音楽ストリーミングサービスを楽しめるなど、イマドキのサウンドバーに求められる機能性もしっかりと確保し、eARCや最新のHDR規格のサポートなど、将来にわたって安心して使える点も大いに魅力的だ。

価格は39,800円(税込)と、コンパクトタイプのサウンドバーとしてはやや高めだが、サウンドバーを導入してテレビのサウンドを手軽にアップグレードしたいというホームシアター初心者だけでなく、多機能なハイエンドクラスのサウンドバーの導入を検討している上中級者の人も満足できるポテンシャルを秘めていることを考えると、決して高いとは思わない。ライフスタイルの変化でおうち時間が増えた今だからこそ、シネマサウンドを追求したJBL「Bar 5.0 MultiBeam」を導入し、自宅で極上のエンタメを楽しんでみてはいかがだろうか。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る