注目コンテンツ

[PR]思い出はお任せ! キヤノンの自動撮影カメラ「PowerShot PICK」が便利すぎる

キヤノンから“撮影者いらず”の自動撮影カメラ「PowerShot PICK」が登場しました。“撮影者いらず”という、これまでのカメラとは一線を画す、「PowerShot PICK」を実際に使ってみた感想をレポートします。

かわいらしい見た目の「PowerShot PICK」。キヤノンが長年培ってきた映像処理技術を結集して誕生した、写真や動画を自動で撮影してくれる便利すぎるカメラです。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています

かわいらしい見た目の「PowerShot PICK」。キヤノンが長年培ってきた映像処理技術を結集して誕生した、写真や動画を自動で撮影してくれる便利すぎるカメラです。カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています

「自分が写ってない(涙)」を解消する新コンセプトカメラ

家族や友だちで写真や動画を撮影する場合、「撮影者(自分)が写っていない」、「カメラを気にして目の前の出来事(イベント)に集中できない」、「カメラを意識して自然な表情が撮れない」と悩んだことはないでしょうか?

そんな悩みを解消してくれるのが、今回紹介するキヤノンの自動撮影カメラ「PowerShot PICK」です。卓上などに置いておくだけで、自動で写真や動画を撮影してくれる、新しい撮影スタイルのカメラです。

カメラと言えば、撮影者がカメラを構えて、被写体を見つけて、構図を決めてシャッターを切る(撮影する)のが普通だと思います。カメラに詳しい人なら、さらに絞りやシャッタースピードなども調整するでしょう。スマートフォンのカメラ機能も、シャッターボタンをタッチするだけとはいえ、被写体選びや構図決めは撮影者がしますよね。動画も基本的には同じです。

文字にすると写真や動画を撮るという行為は意外と複雑なものですが、「PowerShot PICK」は、これらをすべて自動で行ってくれます。パン・チルト・ズーム機能を駆使して、周囲を見回して人の顔や動きを認識し、自動で被写体を探索・追尾します。そして、キヤノン独自のアルゴリズムにより、人物がどこにいるか、どこを向いているかを理解して画角を調整。表情や構図から「今がシャッターチャンス」と判断して自動で撮影してくれるのです。動きがあるシーンなどでは、動画撮影も行います。

「PowerShot PICK」は、キヤノンが長年培ってきたカメラ技術を結集することで誕生した新しい撮影スタイルのカメラなのです。

ヘッド(カメラ)部がパン(最大約±170°)・チルト(最大約110°)する様子。パンとチルト、さらにズーム機能を駆使して、映画に出てくるロボットのような動きで広いエリアをカバーします。シャッターチャンスと判断すると、パシャリと自動でシャッターを切ってくれます

後述するリモート撮影の画面。人の顔をしっかりと見つけています。人が動くとパンやチルト、ズーム機能で追尾してくれます

後述するリモート撮影の画面。人の顔をしっかりと見つけています。人が動くとパンやチルト、ズーム機能で追尾してくれます

自動撮影の肝心の写真の写りは?

実際に「PowerShot PICK」を使っていきましょう。使い方は、最初に手持ちのスマートフォン/タブレットに専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」(無料)をインストールします。続いて、本体の電源を入れて、アプリの指示にしたがって「PowerShot PICK」とスマートフォン/タブレットをペアリングすれば準備完了です。家の中で使う場合は、電源ケーブルにつなぎっぱなしでOK。内蔵バッテリーでも動作するので、キャンプや旅行に持って行って使うこともできます。

「PowerShot PICK」を利用するには、専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」(無料)が必須です。撮影した写真や動画の確認、「PowerShot PICK」の各種設定も専用アプリから行います

「PowerShot PICK」を利用するには、専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」(無料)が必須です。撮影した写真や動画の確認、「PowerShot PICK」の各種設定も専用アプリから行います

画質面では、有効画素数最大1170万画素の1/2.3型CMOSセンサーと35mm判換算19mm〜57mm相当の光学3倍ズームレンズ(F2.8―5.0)を搭載。デジタルズームは最大4倍です。動画はフルHD(60fps)まで撮影可能。

肝心の写りですが、まず人の顔が切れることがないのに驚きました。被写体が何人いるかをしっかり理解して、画角に収まるように自動で調整してくれます。撮影場所にもよりますが、カメラマンが撮影したような背景がボケた写真も撮影してくれました。人物を12人まで登録して、その人を優先的に撮影する「優先設定」もあります。パーティーやキャンプなど不特定多数の人が集まるシーンでは、この「優先設定」をオフにすれば、まんべんなく撮影してくれます。

「PowerShot PICK」で撮影した写真。ふざけあっている一瞬を上手に撮影してくれました。カメラ目線の写真よりも、日常感のある写真だと思います

「PowerShot PICK」で撮影した写真。ふざけあっている一瞬を上手に撮影してくれました。カメラ目線の写真よりも、日常感のある写真だと思います

また、決め顔ではない自然な表情を撮影できるのも魅力だと感じました。子どもが小学生くらいになると、カメラを向けると恥ずかしがったり、いつも同じポーズをとったりして、自然な表情を撮影するのが難しくなります。筆者の小学3年生の息子もカメラが苦手なタイプですが、「PowerShot PICK」なら自然な表情の写真をたくさん撮れました。

本体がかわいらしいフォルムなのもポイント。リビングのテーブルの上に置いても違和感はありません。小型なのでテレビ台や棚など置く場所も選びません。重量は約170g(microSDカード含む)と軽量なので、持ち運びも楽々。さらに、チルトとパンでヘッド(カメラ)部分が動くのですが、その動く様子もかわいいです。しかも、動作音はほとんどしません(動作音は上の動画をご覧ください)。撮影時にはシャッター音がしっかり鳴るので撮影していることはわかります。シャッター音をオフにすることもできるので、子どもが寝ているときや、静かなシーンでも使えます。

専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」で、撮った後も楽しくて見やすい

「PowerShot PICK」は、撮った写真や動画の見やすさもよく考えられています。

実際に使ってみると、自動撮影なので思った以上に多くの写真や動画を撮影してくれます。撮影頻度や動画撮影の有無は調整できますが、撮影頻度のいちばん少ない「エコ」でも1時間で30枚〜40枚は撮影されます。これだと後から見返すのが大変ですが、専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」では、自動でおすすめの写真を選んでくれるので、似たような写真をたくさん見るようなことはありません。その精度もなかなか高く、いい表情の写真をチョイスしてくれます。特定の期間を選択して、写真と動画を組み合わせた音楽付きのハイライト動画(iOSのみ)も作成できます。

「Connect app for Mini PTZ Cam」は、写真や動画の確認や各種設定だけでなく、「○○さんの写真がたくさん撮れました」、「そろそろカメラの設置場所を変えてみませんか?」、「そろそろバッテリーがなくなりそうです」という通知もしてくれます。

562枚の写真から30枚の写真がおすすめされました。かなり厳選されている分、いい表情だったり、面白い写真をチョイスしてくれています。普段はおすすめの写真だけをチェックすればよさそうです

562枚の写真から30枚の写真がおすすめされました。かなり厳選されている分、いい表情だったり、面白い写真をチョイスしてくれています。普段はおすすめの写真だけをチェックすればよさそうです

このシーンは写真に撮っておきたいという場合は、「ハローピック! 写真撮って!」と声でお願いすると撮影してくれます。動画の撮影や撮影の一時停止、被写体変更も音声で操作できます。「Connect app for Mini PTZ Cam」を使ってのリモート撮影もできるので、好きな構図とタイミングで撮影することもできます。

「ハローピック!写真撮って!」と声でお願いすると写真を撮影してくれます。撮りたいと思った瞬間や集合写真のときには声でお願いするといいでしょう

「ハローピック!写真撮って!」と声でお願いすると写真を撮影してくれます。撮りたいと思った瞬間や集合写真のときには声でお願いするといいでしょう

スマートフォンをモニターにして写真や動画を撮影できるリモート撮影機能。ヘッド(カメラ)部分を遠隔で動かして撮影できます。アイデア次第で面白い写真や動画が撮れそうです

スマートフォンをモニターにして写真や動画を撮影できるリモート撮影機能。ヘッド(カメラ)部分を遠隔で動かして撮影できます。アイデア次第で面白い写真や動画が撮れそうです

そのほかにも、「PowerShot PICK」はさまざまな使い方ができます。小型軽量のボディに手ぶれ補正機能を内蔵しているので、「トライポッドグリップ HG-100TBR」(別売)などにつけてビデオカメラとして使うのもアリです。顔の追尾機能を生かして、Vlog用カメラとして使ってみてもいいでしょう。PCアプリ「Wireless Webcam Utility for Mini PTZ cam」を使えば、Webカメラとしても使用可能。ノートパソコンのWebカメラよりも高画質な映像でオンライン会議やビデオ通話などができます。趣味や仕事にも「PowerShot PICK」は活用してくれそうです。

まとめ 家族の思い出はお任せ!

「PowerShot PICK」は革新的な自動撮影カメラであり、肝心の画質もキヤノンの製品らしく、明るさなどの撮影条件が整ってさえいれば、非常に高画質でした。しっかりと被写体を認識して、すてきな写真を撮影してくれます。もちろん、すべてが成功写真というわけではありませんが、専用アプリ「Connect app for Mini PTZ Cam」がいい感じの写真だけを「おすすめ」として厳選してくれるので、この「おすすめ」だけを見る限り失敗写真はほぼありません。自動撮影もすごいですが、「おすすめ」として写真を厳選するアルゴリズムも非常に優秀だと感じました。撮るのも見るのも便利すぎる、至れり尽くせりのカメラです。

そんな「PowerShot PICK」をぜひ試してもらいたいのが、小さな子どもがいる家族。子育て中は、子どもの相手だけで、どうしても写真や動画を撮るのはイベントの時のみになりがちです。「PowerShot PICK」があれば、毎日の何気ない子どもや家族の写真を自動で残してくれます。しかも、いつもは写真や動画に写らないパパやママ(撮影者)も含めて、家族みんなを記録してくれます。家族が集まる年末年始の思い出は、自動撮影カメラ「PowerShot PICK」に任せてみてはどうでしょうか。

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る