G-SHOCKカレンダー
2021年7月発売の新モデルまとめ

本日解禁の「G-SHOCK」新作9本全部見せ! 初の角型G-SQUADや新ライン「2200」など

カシオ計算機は、2021年6月15日、同年7〜9月に発売される新製品をマスコミ向けに発表。ここでは、その中で6月15日に情報解禁された耐衝撃ウォッチ「G-SHOCK」の2021年7月発売モデルを、撮り下ろしの写真とともに紹介する。

「G-SHOCK」2021年4月発売モデルはこちら!
https://kakakumag.com/hobby/?id=16674
「G-SHOCK」2021年5月発売モデルはこちら!
https://kakakumag.com/hobby/?id=16775
「G-SHOCK」2021年6月発売モデルはこちら!
https://kakakumag.com/hobby/?id=16906

※価格はすべてメーカー希望小売価格(税込)

2021年7月発売モデルを一気見せ!

シリーズ初のスクエアケースを採用! 小型化した「G-SQUAD GBD-200」

「G-SQUAD GBD-200」シリーズの「ライムイエロー」

「G-SQUAD GBD-200」シリーズの「ライムイエロー」

左から、「GBD-200-1JF」、「GBD-200-9JF」、「GBD-200-2JF」。2021年7月16日発売/各22,000円

左から、「GBD-200-1JF」、「GBD-200-9JF」、「GBD-200-2JF」。2021年7月16日発売/各22,000円

スポーツライン「G-SQUAD」から、G-SHOCK初号機のデザインを引き継ぐスクエアケースを採用し、ワークアウト中や日常生活の中で着けやすい小型サイズの「GBD-200」が登場する。

「GBD-200」は、従来モデル「GBD-100」と比較して、ケースサイズで縦方向8.8mm、横方向3.4mmの小型化を実現。厚みも2.0mmのスリム化を図ると同時に、より薄く見せるため、ケースやベゼルなどのパーツを、横から見てフラットとなるデザインに仕上げている。

ベゼルのスリット部を、ケースの凸部にはめ込む新構造を採用。従来モデル「GBD-100」に比べて小型化を実現し、運動時の装着感を向上させているほか、スリットから見えるキャラクターラインの視覚効果で、より薄さを強調している

ベゼルのスリット部を、ケースの凸部にはめ込む新構造を採用。従来モデル「GBD-100」に比べて小型化を実現し、運動時の装着感を向上させているほか、スリットから見えるキャラクターラインの視覚効果で、より薄さを強調している

また、腕へのフィット感を高めるため、バンドには通気性と柔軟性にすぐれた、波形形状のソフトウレタンを採用。バンドとケースをつなぐカン足付近には、通気性確保のための穴を設けることで、汗を逃がして蒸れを抑えることができ、運動中も快適に着けられるという。さらに、バンドの穴は、5mm単位の細かいピッチにすることで、微妙なフィッティング調節にも配慮している。

機能面では、Bluetoothで連携したスマホのGPS機能を利用することで、時計の加速度センサーが計測した距離を補正。また、一度補正すると、次回から時計単体でも加速度センサーで、より高精度な走行距離の計測が可能だ。ほかにも、走行ペースの計測や一定距離を走ると自動でタイムを計測してくれるオートラップ機能も搭載。専用アプリ「G-SHOCK MOVE」と連携し、歩数やカロリー消費量のライフログ、アクティビティ履歴なども確認でき、毎日のワークアウトをサポートする。

新耐衝撃構造とアーバンアウトドアスタイルを融合した新ベーシックシリーズ

新シリーズ「GA-2200」が初お披露目!

新シリーズ「GA-2200」が初お披露目!

耐衝撃構造「カーボンコアガード構造」を採用した新シリーズ「GA-2200」が誕生。ケース素材には、軽量ながら樹脂の概念を超える高剛性を発揮する「カーボンファイバー強化樹脂」を使用。衝撃による破損や変形を防ぐことで、内部に配置したモジュールを保護してくれる。また、ボタン構造の耐衝撃化により、ボタンガードのない外装デザインとボタンの大型化も実現しており、使いやすさも向上した。

デザイン面では、トップベゼルに6点ビスを配置して力強さを表現。立体文字盤や3Dインダイアル、斜めに配置したデジタル表示など、力強い表情を醸し出すタフネスデザインに仕上がっている

デザイン面では、トップベゼルに6点ビスを配置して力強さを表現。立体文字盤や3Dインダイアル、斜めに配置したデジタル表示など、力強い表情を醸し出すタフネスデザインに仕上がっている

左が「GA-2200-2AJF」(16,500円)で、右が「GA-2200BB-1AJF」(17,050円)

左が「GA-2200-2AJF」(16,500円)で、右が「GA-2200BB-1AJF」(17,050円)

左が「GA-2200M-1AJF」で、右が「GA-2200M-4AJF」。各17,600円。こちらの2モデルは、3Dインダイアルにもカラースチールを採用。文字盤のアクセントとして光る

左が「GA-2200M-1AJF」で、右が「GA-2200M-4AJF」。各17,600円。こちらの2モデルは、3Dインダイアルにもカラースチールを採用。文字盤のアクセントとして光る

文字盤や針の蒸着メタリックがギラッギラなヘビーデューティーモデル

アナログ針とデジタル表示のコンビネーションが使いやすい「GA-900」の新作。左が「GA-900AG-1AJF」(19,250円)で、右が「GA-900AS-7AJF」(17,600円)

アナログ針とデジタル表示のコンビネーションが使いやすい「GA-900」の新作。左が「GA-900AG-1AJF」(19,250円)で、右が「GA-900AS-7AJF」(17,600円)

タフな環境でもストリートでも活躍するヘビーデューティーな「GA-900」の新色。工業デザインをモチーフに、ナットのような十角ベゼル部の四方をビス留めしており、武骨で堅牢でタフな、G-SHOCKの王道デザインに仕上がっている。

今回の新色は、針や文字盤にゴールドとシルバーのメタリック蒸着を施し、デザインのアクセントにすることで、力強いフェイスの中でクールな表情も見せることに成功している。また、バンドの先カンとフロントボタンを含めた全機能ボタンに、滑り止めのチェッカリングを刻んでおり、操作性が高いのも特徴だ。

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る