節約
交通費を節約してお得に旅行を楽しもう

最大半額以下! JR・飛行機・バスなど旅行にお得なシニア割引15選

すごしやすい季節になり、旅行などの遠出を計画している人も多いと思います。そんなときに気になるのは「交通費」ではないでしょうか? 旅費の中でも大きな部分を占めますので、できればお得に楽しめるに越したことはありませんよね。

シニア割引を上手に使おう!

そこで、もれなく使いたいのが、各交通機関の「シニア割引」です。シニア割引とはその名のとおり、一定の年齢以上の人を対象とした割引サービスのこと。交通機関以外にも、映画館や観光施設など、幅広い分野で設定されています。
「何歳からシニアか」という定義は特に決まってはいませんが、満60歳以上の人が対象となるケースが多いようです。ただし最近は、満50歳から割り引かれるケースも増えてきていますので、対象となる人は使わない手はありません。本記事では、各交通機関のシニア割引を15種類ご紹介していきます。ぜひ、旅行のご参考に!

【目次】
鉄道
1. ジパング倶楽部(JR各社)
2. 大人の休日倶楽部ジパング(JR東日本、JR北海道)
3. 大人の休日倶楽部ミドル(JR東日本、JR北海道)
4. フルムーン夫婦グリーンパス(JR各社)
5. 50+(JR東海
6. おとなび(JR西日本)
7. 四国エンジョイクラブ(JR四国)

飛行機
8. スマートシニア空割(ANA)
9. 当日シルバー割引(JAL)
10. シニアメイト1(スカイマーク)
11. DOシニア60(AIR DO)

バス・タクシー
12. リムジンバス シニア割引(東京空港交通)
13. シニア割引運賃(WILLERエクスプレス)
14. 敬老割引(東京エムケイ)
15. 運転免許返納者割引(東京都個人タクシー協会)

鉄道

まずは、旅行の移動手段の定番とも言える鉄道からご紹介します。

1. ジパング倶楽部(JR各社)

JRグループ6社(北海道、東日本、東海、西日本、四国、九州)で組織する会員制旅行クラブです。JR線を片道、往復、連続で201km以上利用する場合、JRの各種切符が割引になります。

■対象者:男性は満65歳以上、女性は満60歳以上(夫婦どちらかが満65歳以上なら一緒に入会可能)。

■割引内容:年会費(個人会員3,770円、夫婦会員6,290円)を支払うと、日本全国のJRの切符が年間20回まで最大30%オフに(3回目までは20%オフ)。

料金例:札幌から東京へ、「スーパー北斗」(札幌〜新函館北斗)、東北・北海道新幹線「はやぶさ」(新函館北斗〜東京)を利用した場合の片道の運賃・料金。

・20%オフの場合 合計21,760円(通常26,820円) ⇒ 5,060円お得
・30%オフの場合 合計19,230円(通常26,820円) ⇒ 7,590円お得
※東北新幹線「はやぶさ」でグランクラスを利用の場合、特急料金・グランクラス料金は割引とならない。
※札幌〜新函館北斗の特急料金は、乗継割引が適用された料金。

■備考:利用する距離が片道・往復・連続いずれか201km以上の利用が対象。「のぞみ」や「みずほ」などの特急料金など、一部対象外もあるので注意。
また、JR西日本の「ジパング倶楽部」であれば「JR西日本の切符はネット購入で何回でも30%オフ」や、JR九州なら「ネット予約限定でJR九州線の運賃が30%オフになる『自由時間割引』がある」など、各社独自の取り組みもある。

■公式サイト:http://www.toretabi.jp/special/zipang_club/01.html

2. 大人の休日倶楽部ジパング(JR東日本、JR北海道)

少しややこしいのですが、JR各社の「ジパング倶楽部」とは別に、JR東日本とJR北海道では「大人の休日倶楽部ジパング」という名称のシニア割引サービスがあり、独自の特典を用意しています。「大人の休日倶楽部」はSuica機能付きの「大人の休日倶楽部カード」(クレジットカード)の入会が前提で、年会費にはカード利用料も含まれます。「ジパング倶楽部」より割高になりますが、JR東日本とJR北海道での交通費特典だけではなく、会員限定の切符、国内旅行商品5%オフといった特典が付くので、旅行によく行く人なら、トータルではお得と言えます。

■対象者:男性は満65歳以上、女性は満60歳以上。

■割引内容:年会費は個人会員4,285円(年会費3,770円+カード年会費515円)/夫婦会員7,320円(年会費6,290円+カード年会費1,030円)。特典は、JR東日本とJR北海道の切符が何回でも30%オフなど。

■公式サイト:https://www.jreast.co.jp/otona/guide/ticket.html

3. 大人の休日倶楽部ミドル(JR東日本、JR北海道)

こちらは、男性が満50〜64歳、女性は満50〜59歳を対象にした「大人の休日倶楽部」の若年版になります。割引率では「ジパング」に届きませんが、JR東日本、JR北海道をよく使う人なら年会費のもとはとれそうです。

■対象者:男性が満50〜64歳、女性は満50〜59歳。

■割引内容:初年度は年会費無料、2年目以降は2,575円(年会費2,060円+カード年会費515円)。特典は、JR東日本とJR北海道の切符が何回でも5%オフなど。

■公式サイト:https://www.jreast.co.jp/otona/guide/ticket.html

4. フルムーン夫婦グリーンパス(JR各社)

2人の年齢の合計が88歳以上の夫婦が利用でき、JR全線(のぞみ号、みずほ号を除く)のグリーン車や普通車が乗り降り自由になるお得な切符。夫婦のうちどちらかが満70歳以上の場合は、割引率が上がる「シルバー用」が利用できます。

■対象者:年齢があわせて88歳以上の夫婦、2人1組。

■割引内容:JR全線の新幹線、特急列車のグリーン車と普通車などが期間内に自由に乗り降り可能(「のぞみ」など一部列車は対象外)。

料金例:5日間利用券は8万2,800円。夫婦どちらかが満70歳以上の場合は「シルバー用」が利用でき、その場合の5日間利用券は7万7,800円。ほかに、7日間利用券、12日間利用券もある。

■公式サイト:http://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=118000557&uniquekey=165723ebc01

5. 50+(JR東海)

JR東海の独自のサービスで読み方は「フィフティ・プラス」。満50歳以上が年会費無料で利用でき、東海道新幹線を利用したお得な会員向けツアーなどが利用できます。

■対象者:満50歳以上の人。

■割引内容:年会費無料で、新幹線を利用した、会員向けのお得なツアーなどが利用可能。またWEB会員になると、限定でかなりお得なツアーに申し込める。

商品例:東京駅発着・京都1泊付きで2万2,800円
※東京―京都の通常の往復運賃(のぞみ利用)が2万7,820円で、さらに宿泊費もかかることを考えるとかなりお得。

■公式サイト:https://50plus.jr-central.co.jp/

6. おとなび(JR西日本)

JR西日本が提供。満50歳以上なら誰でも無料で会員になれます。新幹線が30%オフになるなど、お得な制度です。

■対象者:満50歳以上のJ-WESTネット会員。

■割引内容:会員限定の「おとなびWEB早得」なら、山陽新幹線「のぞみ」や特急列車が30%オフ、山陽新幹線「こだま」が60%オフ。新大阪―博多であれば「のぞみ/みずほ」で通常1万5,310円のところが1万710円に、「こだま」なら通常1万5,000円が5,990円になる。

■公式サイト:https://www.jr-odekake.net/cjw/otonavi/

7. 四国エンジョイクラブ(JR四国)

JR四国が提供する割引制度です。男性満60歳以上、女性満55歳以上の人なら誰でも入会でき、JR四国と土佐くろしお鉄道の運賃が30%オフになります。

■対象者:男性満60歳以上、女性55歳以上。

■割引内容:年会費は1,500円。JR四国線内、もしくはJR四国線と土佐くろしお鉄道線を通算して片道71km以上の鉄道を往復利用する場合で、往復とも1列車51km以上の特急券を同時に購入する場合、運賃・料金が30%オフ。たとえば、高松−今治なら通常運賃・料金9,160円(自由席)のところ6,400円に。

■公式サイト:http://www.jr-eki.com/enjoyclub/enjoy-club.html

飛行機

飛行機での移動には「高い」というイメージがあるかもしれませんが、探してみると、各航空社ごとにお割なシニア割引が用意されています。いずれも高い割引率なので上手に使いこなしてください。

8. スマートシニア空割(ANA)

65歳以上のANAマイレージクラブ会員を対象に、搭乗当日に空席がある場合に限り特別料金で購入が可能。しかも、搭乗日当日にインターネットで予約もできるため大変便利です。

■対象者:満65歳以上のANAマイレージクラブ会員。

■割引内容:搭乗日当日に空席があると割引価格で航空券の購入が可能。出発当日にインターネットでの予約もできる。

■料金例:8,000円〜2万2,000円(2019年3月31日〜10月26日国内便搭乗の場合)。東京―札幌の場合1万5,700円(通常時)。普通に買った場合は3万6,200円〜4万3,900円(通常時。空席の数によって変動)。

■備考:予約、購入、搭乗時に生年月日確認登録済みのANAマイレージクラブカードまたはANAカードが必要。

■公式サイト:https://www.ana.co.jp/ana_news/2017/03/14/20170314-1.html

9. 当日シルバー割引(JAL)

JALも搭乗日に空席がある場合、満65歳以上の人なら特別割引料金で搭乗ができます。ただし、当日でも予約はできないので注意が必要です。

■対象者:満65歳以上。

■割引内容:搭乗日当日に空席があると割引価格で航空券の購入が可能。購入できるのは空港カウンターのみで、JALプラザ(有楽町)など支店では購入不可。また、当日でも事前の予約はできない。

■料金例:8,000円〜2万1,000円(2019年3月31日〜10月26日国内便搭乗の場合)。東京―札幌の場合1万5,200円(通常時)。普通に買った場合は3万7,500円(通常時)。

■備考:購入、搭乗時にJALカードまたは「お客さま情報登録」済みのJMBカード、生年月日が記載された公的書類などの提示が必要。

■公式サイト:https://www.jal.co.jp/dom/fare/rule/r_t-silver.html

10. シニアメイト1(スカイマーク)

満60歳以上が対象と、ANAやJALより対象年齢がやや若いのが特徴。搭乗前日から当日まで予約もできます。

■対象者:満60歳以上。

■割引内容:特別料金で搭乗可能。搭乗前日から当日まで予約もできる。

■料金例:割引率は空席状況に応じて変動。おおむね40%程度の割引が目安。

■備考:年齢確認ができる公的身分証明書が必要。

■公式サイト:https://www.skymark.co.jp/ja/fare/seniormate1.html

11. DOシニア60(AIR DO)

スカイマークと同じく満60歳以上が対象。しかも、約2か月前から予約ができるので、先々の予定が立てやすく便利です。

■対象者:満60歳以上。

■割引内容:AIR DOが指定する日時(おおむね2か月前)から当日までのチケットが対象。

■料金例:正規運賃の約30%オフ。東京―札幌間が通常片道2万9,560円に対して、DOシニア60だと2万760円。

■備考:購入時および搭乗手続き時に年齢が証明できる公的書類が必要。なお同社では65歳以上を対象とし、当日空席があると使える「当日シニア65」も用意している。

■公式サイト:https://www.airdo.jp/plan/fare/list/senior60/

バス・タクシー

最後はバスとタクシーのシニア割引です。JRや飛行機と比べると割引額のインパクトは小さいですが、空港への移動や、街中のちょっとした移動が重なるとばかになりません。ぜひご活用ください。

12. リムジンバス シニア割引(東京空港交通)

空港と市街地を結ぶリムジンバスにもシニア割引があります。

■対象者:満65歳以上。

■割引内容:普通片道運賃が2,800円のところ1,900円に。

■備考:購入時にシニア割引の対象である旨を申請する。年齢が証明できる公的書類が必要。

■公式サイト:https://www.limousinebus.co.jp/guide/ticket/n_tcat04.html

13. シニア割引運賃(WILLERエクスプレス)

ピンクのバスでおなじみの観光バス「WILLER」。通常のシニア割引は少額ながら、不定期のシニア割引キャンペーンは割引額も大きいので注目です。

■対象者:満55歳以上。

■割引内容:55歳以上は大人基本運賃より100円引き。また、不定期でより大きな割引となるシニア割引キャンペーンも行っている(東京-大阪間が3,500円など。通常運賃は日によって変動があるが、おおむね4,000円台から)。

■公式サイト:http://travel.willer.co.jp/campaign/lineup.php#waribikishoukai

14. 敬老割引(東京エムケイ)

東京を中心に営業するタクシーグループでもシニア割引を実施。

■対象者:満70歳以上。

■割引内容:運賃が10%オフになる。

■備考:公的機関が発行する年齢が確認できる書面などの提示が必要。

■公式サイト:https://tokyomk.com/sp/taxi.html

15. 運転免許返納者割引(東京都個人タクシー協会)

東京都内の個人タクシー10,000台以上で、運転免許証を返納した人を対象に運賃が10%オフに。

■対象者:運転免許証を返納した人。

■割引内容:運賃が10%オフになる。

■備考:運転経歴証明書の提示が必要。

■公式サイト:http://www.kojintaxi-tokyo.or.jp/cus/info.html

意外と多いシニア割引。見逃し厳禁です

いかがでしょうか? 交通系のシニア割引にはさまざまな種類があります。事前の会員登録や、利用時の公的書類の提示など、利用する前にひと手間かかるものの、受けられるメリットを考えると、ぜひ使いたいところです。優待を存分に使い、お得に旅行を楽しんでください!

※本記事は、執筆者個人または執筆者が所属する団体等の見解です。
大正谷成晴

大正谷成晴

フリーランスの編集・ライター。資産運用全般、ビジネス、クレジットカード、副業、医療・介護など、幅広いジャンルで取材・執筆している。企業の女性活用に関する記事執筆も多数。 著書に『決定版 1万円からはじめるFX超入門』(かんき出版)など

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ご利用上の注意
  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の保険商品や金融商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。
  • 本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。
  • 本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただくほか、価格.comサイト利用規約(http://help.kakaku.com/kiyaku_site.html)にご同意いただいたものとします。
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る