連携機能でWi-Fiエリアを拡張可能

家中くまなく電波が届く、オールカバーWi-Fiシステム搭載の無線LAN「Deco M5」が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ティーピーリンクジャパン(TP-Link)は、家の隅々までWi-Fiを届ける「オールカバーホームWi-Fiシステム」を搭載した無線LAN機器「Deco M5」を、2017年6月22日から発売すると発表した。

複数台を連携させる独自のメッシュネットワーク技術を搭載

「Deco M5」は、複数台を連携させることで広範囲にWi-Fiを提供できる、独自のメッシュネットワーク技術を搭載した無線LANルーター。ローミングも可能な中継機能を備えており、単体でも使えるほか、最大10台までの連携が可能だ。同社によれば、3台合わせれば最大420m2(バスケットコート1面程度)をカバーできるという。また、連携時は、最も強い信号を出すユニットへデバイスを自動的に振り分け、家中どこでも通信が途切れることなく、安定したインターネット接続が行えるという。

3台の「Deco M5」を使うと、バスケットコート1面分の420m2の範囲をカバーできる

3台の「Deco M5」を使うと、バスケットコート1面分の420m2の範囲をカバーできる

独自のメッシュネットワーク技術の中心を成す「TP-Link ART」。最適な接続経路の割り出し、使用する周波数帯域の決定、ユニット間のローミング、通信障害発生時の迂回、収容台数の分散などを行っているという。なお、これらの通信環境の管理はIEEE 802.11kやIEEE 802.11vを利用しており、最近のパソコンだけでなく、AndroidデバイスやiOSならほぼ対応しているという

無線LANはデュアルバンドに対応。最大通信速度は、5GHz帯が867Mbps(IEEE 802.11ac/n/a)で、2.4GHz帯が400Mbps(IEEE 802.11b/g/n)。複数端末の安定的な接続が可能なMU-MIMOにも対応する。内蔵アンテナは4本。有線LANポートは2基搭載しており、WAN/LANを自動識別する。電源はUSB Type-C経由で供給する。

「Deco M5」のボディは、オウムガイや羊の角のような対数螺旋を模したデザイン。サイズは直径120×高さ38mm。中心部の黒く見える点は多色発光のLEDで、色によってステータスを表す

本体には、有線LANポート×2と給電用のUSB Type-Cポートを搭載。有線LANポートはWAN/LANを自動で区別するので挿し口を気にする必要はない

本体底面には無数の通気孔が設けられている

本体底面には無数の通気孔が設けられている

セキュリティ設定などはすべて専用アプリ「Deco」から行う

「Deco M5」の設定はすべてスマホ用の専用アプリ「Deco」から行う。スマートフォンとの接続にはBluetoothを使うため、操作もシンプルだ(ただし、Bluetoothがないと設定できないとのこと)。

アプリでは、「Deco M5」に接続されている端末台数などの状態を監視できるほか、スピードテスト機能も実装。また、アプリケーションやデバイスごとに最適な帯域を割り当てる「QoS」も設定可能だ。

初期設定から管理まで行えるアプリ「Deco」。対応OSは、iOS8.0以降、Android 4.3以降となっている。Bluetoothのバージョンは4.0以上

接続しているデバイスの一覧などもアプリから確認できる

接続しているデバイスの一覧などもアプリから確認できる

回線速度を計測できるスピードテスト機能も実装されている

回線速度を計測できるスピードテスト機能も実装されている

また、「Deco M5」には、トレンドマイクロ社が提供する技術で開発したセキュリティ機能「TP-Link HomeCare」を搭載。アプリがインストールできないIoTデバイスなども保護できる。保護機能は、アンチウイルス、悪意のあるコテンツのフィルタリング、侵入防止、感染した機器の隔離。3年間は無償で提供される。

「Deco M5」に搭載されたセキュリティ機能「TP-Link HomeCare」も、アプリから設定可能だ

「Deco M5」に搭載されたセキュリティ機能「TP-Link HomeCare」も、アプリから設定可能だ

このほかにも、保護者による制限機能(ペアレンタルコントロール)も実装。「ユーザープロファイル」ごとにインターネットの利用時間および接続合計時間に制限を設定できるほか、好ましくないコンテンツをブロックできる「フィルターレベル」、インターネットにつなげられる時間帯を設定できる「時間制限」、子どもが閲覧したWebサイトとその滞在時間をチェックできる「インサイト」機能を個別に設定できる。

ペアレンタルコントロールの設定画面。ユーザープロファイルごとにこまかく制限を設けることが可能

ペアレンタルコントロールの設定画面。ユーザープロファイルごとにこまかく制限を設けることが可能

店頭予想価格は、3個セットで33,000円前後(税込)。発売日は未定だが単品モデルも販売予定で、こちらの価格は12,000円前後(税込)という。

無線LANのトラブルというと、「設定が難しい」「つながらない」「ときどき切れる(不安定)」などがあるが、各社さまざまな工夫により、こうした課題に取り組んでいる。TP-Linkはその解決策として、複数の本体を連携できるメッシュネットワーク技術と、Bluetooth経由でのスマホからの本体設定を提案してきた。2階建て以上の戸建や鉄筋コンクリート作りの広い間取りの部屋など、電波が隅々まで届きにくい住環境においては、本製品は有力な解決策になるかもしれない。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.9.22 更新
ページトップへ戻る