自撮りやSNSにはもう苦労しない!

スマホ用カメラレンズ9選! 装着するだけでワンランク上の写真を手軽に撮れる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートフォンに搭載されているカメラは、年々性能が向上しており、今ではコンデジにも劣らない性能を備えるものさえ出てきました。しかし、画角が狭かったり、ズーム時に画質が極端に落ちたりなど、思い通りの写真を撮るのが難しいこともあります。

クオリティの高い写真を撮るにはミラーレスカメラや一眼レフカメラを使えばよいのですが、そこまではしたくないという人も多いでしょう。そんな人におすすめしたいのが、スマートフォンに取り付けるタイプのカメラレンズ(セルカレンズ)です。

広角レンズやマクロレンズ、望遠レンズなどをタイプ別に紹介!

広角レンズやマクロレンズ、望遠レンズなどをタイプ別に紹介!

スマートフォンのカメラ向けレンズは、ポケットやカバンに入るくらいコンパクトで持ち運びにも便利。インカメラやアウトカメラに装着するだけで普段とは違うクオリティの高い写真を撮ることが可能です。価格も数百円から数千円に抑えられており、手軽に購入できるのも人気のポイント。そんなスマートフォン用カメラレンズですが、種類が多くてどれがどんな用途に向いているのかわからない人もいるでしょう。ということで、レンズの種類を簡単に説明します。

いろいろあるレンズの種類

現在主流のスマートフォン用カメラレンズには大きく分けて「広角レンズ」「望遠レンズ」「マクロレンズ」「魚眼レンズ」の4種類があります。「広角レンズ」は画角が広い、つまり撮影範囲が広く、自撮りや風景、狭い室内での撮影に最適。倍率が低くなるほど画角は広くなります。

小さな被写体を大きく撮影することができる「マクロレンズ」は、小さな世界を大きく鮮明に映し出し、何気ないモノでもインパクトのある写真に撮ることが可能。スマートフォンのカメラは被写体に近づきすぎるとピントが合いませんが、マクロレンズならピントを合わせるのに多少コツがいるものの、鮮明な接写写真を撮影できます。

マクロレンズを使えばスマートフォンカメラではなかなか撮れない接写写真が撮影できます

マクロレンズを使えばスマートフォンカメラではなかなか撮れない接写写真が撮影できます

スマートフォンのカメラの望遠機能は、画面の一部を切り取って拡大するデジタルズームがほとんど。そのため、ズームするとどうしても画質が落ちてしまいます。そこで使いたいのが「望遠レンズ」。画質を落とすことなくズーム撮影が可能なので、遠くのものを撮影したいときに重宝します。

「魚眼レンズ」は、画面の端がゆがんで全体が円形に見えるような、普段とは少し味の違う写真を撮影可能。中心にある被写体を大きく写せるので、迫力がある写真が撮れ、インスタグラムやFacebookといったSNSに投稿するのにもピッタリです。

魚眼レンズで撮影すると画面の中心が大きく強調されるような写真を撮れます

魚眼レンズで撮影すると画面の中心が大きく強調されるような写真を撮れます

こういったレンズを用途に合わせて付け替えれば、普段スマートフォンで撮影する写真よりも高いクオリティの写真を撮れます。最近は複数の種類のレンズがセットになったお得なレンズキットも多数登場しており、以下にまとめたので購入の参考にしてみてください。

なお、スマートフォン用カメラレンズは、基本的にiPhoneやほとんどのAndroidスマートフォンに対応していますが、「iPhone 7 Plus」などのデュアルカメラ搭載機種や、エッジが曲面形状のスマートフォンの場合は、レンズの装着がうまくいかないことがあります。

また、スマートフォンにカバーを装着している場合、カバーの厚みにもよるものの、画面周囲にレンズフードなどが映りこむ「ケラレ」が出てしまうことがありますので、こちらも注意してください。

0.4倍広角レンズ「LIEQI 自撮りレンズ SUPER WIDE」

「LIEQI 自撮りレンズ SUPER WIDE」

「LIEQI 自撮りレンズ SUPER WIDE」

カメラ部分を挟んで装着するクリップ式の広角レンズ。価格.com上での最安価格は797円(2017年8月10日時点、以下同)。0.4倍の広角仕様になっており、インカメラに装着すれば、自撮りの際にめいいっぱい腕を伸ばして撮影する必要もなくなるでしょう。アウトカメラに付ければ、画角の広い風景写真を撮影できます。

接写によるマクロ撮影にも対応しているうえに、スマートフォン用カメラレンズの中では価格が安いのもポイントです。自撮り棒を使うのであれば、画角の広い風景写真なども撮れる広角レンズを試しに使ってみるのもよいでしょう。カラバリがシルバー、ブラック、レッドの3種類あるので、手持ちのスマートフォンに合う色を選べます。

広角とマクロレンズがセットになった「Mactrem スマホ用カメラレンズキット」

「Mactrem スマホ用カメラレンズキット」

「Mactrem スマホ用カメラレンズキット」

広角レンズとマクロレンズの2つがセットになったクリップ式のレンズキット。価格.com上での最安価格は2,250円。上部が広角レンズ、下部がマクロレンズの2重設計になっており、マクロレンズを使う際は広角レンズを取り外して使用します。

広角レンズは、5cm口径の拡大倍率0.45倍、視野角が120°で、マクロレンズの倍率は12.5倍。ワンタッチ方式で取り外せるレンズケースや携帯用のポーチが付属します。自分撮りや風景撮影だけでなく、マクロレンズでいつもとはひと味違う写真を撮影できるのもいいですね。

収納ポーチ付属の「AUKEY スマホ カメラレンズキット 2in1」

「AUKEY スマホ カメラレンズキット 2in1」

「AUKEY スマホ カメラレンズキット 2in1」

0.45倍広角レンズと15倍マクロレンズがセットになったレンズキット。価格.com上での最安価格は2,899円。上述の「Mactrem スマホ用カメラレンズキット」と同じく、広角レンズとマクロレンズを重ねて収納する2重構造になっています。

広角レンズは「Mactrem スマホ用カメラレンズキット」と同じ性能ですが、マクロレンズは倍率が15倍となっており、被写体により接近しての撮影が可能。持ち運び用に収納ポーチとケースが付属しているのもありがたいポイントです。厚さが13mm以下のスマートフォンやタブレットに対応しています。

3種類のレンズがひとまとめになった「TaoTronics カメラレンズキット」

「TaoTronics カメラレンズキット」

「TaoTronics カメラレンズキット」

広角レンズ、マクロレンズ、魚眼レンズの3つが使えるクリップ式のレンズキット。価格.com上での最安価格は1,399円。広角レンズは0.4倍で、インカメラに装着すれば大人数での自撮りなどにも十分対応できます。

マクロレンズは倍率が10倍で標準レベル。広角レンズ、マクロレンズ、魚眼レンズともに他社製品よりも突出した性能を備えているわけではありませんが、レンズ3点セットの中では価格がかなり抑えられており、とりあえずいろんなレンズを試してみたいというユーザーにピッタリの製品。なお、それぞれのレンズをひとつしかないクリップに装着させる必要があるため、レンズの交換時などは少し手間がかかることもあります。

0.36倍超広角レンズが特徴の「Mpow Clip-On レンズ 3点セット」

「Mpow Clip-On レンズ 3点セット」

「Mpow Clip-On レンズ 3点セット」

スマホ用カメラレンズではトップクラスの0.36倍の広角レンズ、20倍のマクロレンズに加えて、180°の魚眼レンズがセットになったレンズキット。価格.com上での最安価格は1,980円。スマートフォン本体を挟んで装着するクリップ式を採用していますが、クリップが3つ付いているため、わざわざレンズを取り外して付け替える必要はありません。

マクロレンズは透明のフードを搭載しており、フードが被写体に触れる位置、つまり、ピントがピッタリ合う位置で撮影できるように工夫がなされています。スマートフォンのカメラの中心位置から上のエッジまでの距離が3cm以内のスマートフォン対応。レンズ収納用の布製ソフトケースが付いているのもポイント高めです。

5つのレンズが入ってお得感たっぷりの「Akinger 5in1レンズキット」

「Akinger 5in1レンズキット」

「Akinger 5in1レンズキット」

0.63倍の広角レンズ、15倍のマクロレンズ、198°の魚眼レンズ、ズーム2倍の望遠レンズ、偏光レンズの5つが1セットになったレンズキット。価格.com上での最安価格は2,330円。広角レンズは、他社製のものと比べて倍率が高くなっていますが、それでも自撮りには十分対応可能です。

広角レンズの上部を取り外すとマクロレンズとして使用可能。偏光レンズは、水面やガラスの反射を抑えたり、コントラストを高めたりする効果があります。5種類のレンズを試せる上に、価格.com上での最安価格は2,330円とお得感たっぷり。とにかくいろんなレンズを使ってみたいというユーザーのニーズを満たしてくれます。

すべてのレンズとクリップを収納できるカラビナ付きの専用ポーチが付いてくるので、持ち運びにも便利です。

「Excellence LEDライト付きレンズキット」

「Excellence LEDライト付きレンズキット」

「Excellence LEDライト付きレンズキット」

LEDライトを搭載した0.6倍の広角レンズと15倍のマクロレンズがセットになったレンズキット。価格.com上での最安価格は、3,814円。明るさを3段階に調節可能な10個のLEDが搭載されたライトが付いており、スマートフォンのフラッシュなどでは光が足りない場合に役立ちます。照射角度が140°あり、広い範囲を照射できるのもポイント。FacebookやインスタグラムなどSNSに投稿するのに適した、光と影をうまく使ったクオリティの高い写真を撮影できます。付属のmicroUSBケーブルで充電でき、1回の充電で最大3時間使用可能です。

広角レンズは0.6倍で超広角とは言えませんが、少人数の自撮りくらいなら難なくカバーでき、ライトにより暗い室内や夜間の撮影もこなせます。専用の布製ケースやレンズクリーナーが付属し、カラバリはローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラックの4色から選択可能です。

光学18倍ズームが可能な「Yarrashop 18x望遠レンズ」

「Yarrashop 18x望遠レンズ」

「Yarrashop 18x望遠レンズ」

デジタルズーム仕様のスマートフォンのカメラでは、なかなか難しいズーム撮影を可能にするのが「Yarrashop 18x望遠レンズ」。22mm口径レンズは光学18倍望遠に対応しており、肉眼ではよく見えない被写体でもはっきりと撮影することが可能です。

しっかりと固定できるスクリュー式を採用しており、クリップ式のようなお手軽さはありませんが、装着した後にずれてケラレが入るようなことはありません。望遠レンズであるため、一般的なスマートフォン用カメラレンズよりサイズは大きめです。

ピントはレンズ周囲のリングを回して合わせるマニュアル式。ズーム撮影には欠かせない三脚が付いてきます。AndroidのスマートフォンやiPhoneだけでなく、デュアルカメラ搭載の「iPhone 7 Plus」にも対応。iPhone SE/5/5s/6/6 Plus/6s/6s Plus/7/7s向けに、本体を固定するケースが各1枚同梱されています。価格.com上での最安価格は6,696円と、少々値段がはりますが、本格的な望遠撮影をしたい人に向いています。

200倍ズーム対応の「LED汎用200倍ハイビジョン携帯顕微鏡ズームレンズ」

「LED汎用200倍ハイビジョン携帯顕微鏡ズームレンズ」

「LED汎用200倍ハイビジョン携帯顕微鏡ズームレンズ」

160〜200倍のズームに対応した携帯顕微鏡カメラ。肉眼では確認できない小さな被写体の表面など、非常に細かいディテールをとらえることができます。被写体のLEDライトを搭載しているため、光量が少なく薄暗い場合でも撮影可能です。

実際の顕微鏡カメラレベルの画質は望めませんが、身の周りの何気ないものを見たり、夏休みの自由研究や仕事の簡単なレポート用に使用したりできます。スマートフォンを挟んで装着するクリップ式で、レンズ用のクリーニングクロスが付属。価格.com上での最安価格は1,488円です。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2017.10.20 更新
ページトップへ戻る