ニュース
素材やバンドを自由に組み合わせられるWebページも便利

文字盤が常時表示される「Apple Watch Series 5」。新素材のチタニウムモデルが仲間入り

米アップルは2019年9月10日(現地時間)、腕時計型端末の新モデル「Apple Watch Series 5」を発表。国内ではすでに注文を受け付けており、9月20日に発売する。アップルストア価格は42,800円(税別)から。

常時表示でもバッテリー駆動時間はそのまま

第5世代のApple Watch Series 5は、時刻や情報を常に表示できる常時表示Retinaディスプレイを搭載。ユーザーが手首を下げると少し暗くなり、手首を上げたり、タップしたりすると最大の明るさに戻る。低温多結晶酸化物(LTPO)ディスプレイや超低電力のディスプレイドライバー、効率の高い電力管理IC、新しい環境光センサーを採用することで、常時表示ながら、前世代の「Apple Watch Series 4」と同じ最大18時間のバッテリー駆動時間を実現している。

コンパスが搭載されたのも大きな進化点だ。ユーザーが向いている方向がわかるようになったほか、新しいコンパスアプリにより、方位、傾斜、緯度、経度、高度を確認できると。もちろん、マップアプリとも連動しており、自分の向いている方向を確認できる。

コンパスを内蔵

コンパスを内蔵

Cellularモデルだけだが、緊急通報サービスに国際電話をかけることが可能となり、海外旅行時の安全を確保するのにも役立つ。転倒検出機能が有効な場合、転倒や1分間動きがないことをApple Watchが検出すると自動的に緊急電話をかける。

緊急通報サービス

緊急通報サービス

「watchOS 6」には周期記録アプリが追加され、月経周期を記録できるようになった。ノイズアプリでは、騒音レベルを認識し、聴覚に悪影響を与える場合に知らせてくれる。メリディアン、モジュラーコンパクト、ソーラーダイヤルなどの新しい文字盤も追加されている。

騒音レベルを知らせてくれるノイズアプリ

騒音レベルを知らせてくれるノイズアプリ

ケースの素材は新しいチタニウム、ステンレススチール、アルミニウム、復活したセラミックの4種類。バンドも豊富に用意されている。アップルのWebサイト上には、サイズ、ケース、バンドを自由に組み合わせてシミュレーションできるページがあるので、興味のある人はチェックしてみてほしい。

新素材のチタニウムモデル

新素材のチタニウムモデル

アップルストア価格はGPSモデルの40mmが42,800円から、44mmが45,800円から(いずれも税別)。GPS+Cellularモデルの40mmが53,800円から、44mmが56,800円から(いずれも税別)。コラボモデルの「Apple Watch Nike+」と「Apple Watch Hermes」もラインアップする。

Apple Watch Nike+

Apple Watch Hermes

Apple Watch Hermes

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
スマートフォン・携帯電話のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る