注目コンテンツ
買うかどうか迷ったら、とりあえず借りてみたら?

[PR] 家電・カメラのお試しサービス「レンティオ」を使ってみた!

価格.com上でも数多く掲載されている最新の家電製品やカメラ製品。生活を楽しく、便利にしてくれそうなモノがたくさん並んでいるだけに、気になる製品もひとつやふたつではない。ただ、実際に購入した人のユーザーレビューなどを読んで研究してはいるが、なかなか最後のひと押しがなくて、購入には踏み切れない。そんな人は案外たくさんいるのではないだろうか。

そんな人にぜひ試してもらいたいサービスがある。それが、家電・カメラのお試しサービス「レンティオ」だ。レンティオでは、価格.com上でも人気の最新家電製品やデジタルカメラなどを、数日〜数週間にわたってレンタルして試すことができる。つまり、実際の購入前にしっかり製品を使って確認することで、安心して購入することができるようになるのだ。
そんな便利なサービス「レンティオ」を、価格.comマガジンの編集部員が実際に使って、製品をレンタル。その使い勝手やサービスとしての便利さ・納得感などを全方位でチェックする。文末には「レンティオ」をオトクに使えるクーポンも掲載するので、こちらもお楽しみに!

家電やカメラの購入で迷っているなら、借りて自宅で試せる「レンティオ」を使ってみよう!

家電製品やデジタルカメラなどを中心に、さまざまな製品をレンタルして試せる「レンティオ(Rentio)」のWebサイト。価格.comでも人気の、最新の家電製品なども多く取り扱われている

家電製品やデジタルカメラなどを中心に、さまざまな製品をレンタルして試せる「レンティオ(Rentio)」のWebサイト。価格.comでも人気の、最新の家電製品なども多く取り扱われている

「レンティオ」は、「家電・カメラのお試しサービス」をうたっている。気になっている製品を、購入前に実際にレンタルして試すことで、カタログなどではわからない細かい部分まで自分の目でしっかりチェックし、気に入れば買えばいいし、イメージと違ったら購入はやめる。その判断をつけるのに最適な「最後のひと押し」に役立つサービスなのだ。

実際に「レンティオ」のWebサイトにアクセスしてみると、かなりのジャンル・数の製品がずらずらっとそろっている。しかも、ユーザー人気の高い最新製品なども多くラインアップされているのがいい。例をあげれば、シャープの自動調理鍋「ホットクック」や、アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」、ヤーマンの美容家電や、Ankerのモバイルプロジェクターといった、実際に試してみたい!と思うような製品を幅広くフォローしているので、使用感などが気になっている最新の家電製品やデジタルカメラなどが見つかる可能性は非常に高いと言える。

「家電・カメラのお試しサービス」をうたっているが、「レンティオ」で扱っている製品は、実はこれだけではない。比較的短期間の使用が想定されるベビーカーなどのベビー用品や、買うほどではないが、ちょっとの間だけ借りたいスーツケースやキャンプ・アウトドア用品、ゴルフ用品などもそろっており、いずれもWebサイトからの手続きだけで、お手軽にレンタルすることができる。これは便利だ。

「レンティオ」掲載製品のカテゴリーは多岐にわたるが、トップページにも表示されている人気カテゴリ−を見ただけでも、今人気の製品が多数そろっていることがわかる。レンタル価格も、全体的にリーズナブルな印象だ

「レンティオ」掲載製品のカテゴリーは多岐にわたるが、トップページにも表示されている人気カテゴリ−を見ただけでも、今人気の製品が多数そろっていることがわかる。レンタル価格も、全体的にリーズナブルな印象だ

料金設定もリーズナブルだ。たとえば、上述の「ホットクック(KN-HW24F-R)」の場合、2週間のレンタル料金は6,980円(※)。購入すれば45,000円以上はする製品なので、2週間じっくり使ってみて、実際に自分の生活パターンにハマるかどうかを吟味できることを考えれば、決して高くはない。

また、ダストステーションが付属する人気の「ルンバ i7+」も、2週間あたりのレンタル料金は1,980円(※)。こちらは購入すれば13万円を超えてくるような高額製品なので、まずお試しで使ってみて、購入をじっくり検討するというのは賢いやり方だろう。送料・返送料も無料なので、プラスで経費がかさむこともない。この料金だけで人気の製品を一定期間レンタルして、購入するかどうかを決められるというのは、実に理にかなっている。家電やカメラの購入で迷っているなら、使わない手はないだろう。

(※記載の価格情報は、2021年9月時点のメンテ済み商品のものとなります)

「レンティオ」の利用イメージ。Webサイト上で注文すれば、最短翌日に製品が届く。その後は返却期限まで製品を使い、最後はコンビニなどから返却すればOK。手続きは本当に簡単だ

「レンティオ」の利用イメージ。Webサイト上で注文すれば、最短翌日に製品が届く。その後は返却期限まで製品を使い、最後はコンビニなどから返却すればOK。手続きは本当に簡単だ

実際に「レンティオ」を使って、人気のモバイルプロジェクターを借りてみた!

では実際に「レンティオ」で何か製品を借りてみることにしよう。筆者は、仕事柄ふだんからさまざまな家電製品に触れてはいるが、それでも実際に家に設置して使ってみないと、その真価をはっきりと理解できないというジャンルは存在する。そのひとつが、プロジェクターだ。いくらカタログスペックを見ても、実利用での明るさや画質は使ってみるまでなかなかわからない。また、最近人気の小型のモバイルプロジェクターの場合はさらに製品評価が難しい。輝度が一般のプロジェクターよりも低いうえに、バッテリーの駆動時間や画質調整などの機能も、実際に使ってみないと今ひとつ実感できないのだ。

そこで、今回はそんなモバイルプロジェクターの中から、Ankerの「Nebula Vega Portable」をチョイスして、レンタルしてみることに。ご存じの方も多いと思うが、Ankerは、ここ数年、モバイルプロジェクターの分野で数々の先進的な製品を生み出しており、価格.com上でも評価が高まっているメーカーのひとつ。本製品は、そんなAnker製品の中でも、500ルーメンという輝度を持つ本格的なモバイルプロジェクターで、OSに「Android TV9.0」を搭載していることから、単体でもさまざまな動画配信サービスなどを利用できる。価格.com上でも評価が高く、筆者も注目していたのだが、79,900円という価格のため、いきなり買うのにはやや躊躇していた部分があった。

掲載製品の詳細ページ。今回レンタルしたAnkerのモバイルプロジェクター「Nebula Vega Portable」の場合、7泊8日で6,980円。右側のお届け日を選択して、下側のカートボタンを押せば、手続きが開始される

掲載製品の詳細ページ。今回レンタルしたAnkerのモバイルプロジェクター「Nebula Vega Portable」の場合、7泊8日で6,980円。右側のお届け日を選択して、下側のカートボタンを押せば、手続きが開始される

しかし、今回「レンティオ」で本製品を見つけ、がぜん試してみたい気になったのだ。実際に自宅で試してみて、そのよさが実感できれば「買い」な製品だけに、期待は高まる。さっそく「レンティオ」のサイトから、申し込みを開始。レンタル期間と料金は、7泊8日で6,980円と意外に安くはないが、まあ1週間もあれば十分にいじり倒せる。こういうモバイル製品の場合、これまでも意外に多くハズレ製品を引いてきた経験があるだけに、購入前に試せるというのは、本当に便利だ。

カートでは、レンタル期間を決めてクレジットカードなどの支払い方法を指定するだけでレンタル申し込みは完了。普通のネットショッピングと何ら変わらない

カートでは、レンタル期間を決めてクレジットカードなどの支払い方法を指定するだけでレンタル申し込みは完了。普通のネットショッピングと何ら変わらない

Webサイトからの申し込みはいたって簡単で、やることは一般的なネット通販となんら変わらない。しかも、この製品、最短翌日には自宅に届くということで、その速さにも驚いた。試したいと思ったときに、すぐに製品が届くというのは、購買熱も冷めずにすむので、実にうれしい。

届いた段ボールを開けると、レンタル製品と、「レンティオ」が用意した利用ガイドと返却用の送り状と封入用のシールが入っていた。返却時にはこの段ボールを使い、コンビニなどから返却できる

届いた段ボールを開けると、レンタル製品と、「レンティオ」が用意した利用ガイドと返却用の送り状と封入用のシールが入っていた。返却時にはこの段ボールを使い、コンビニなどから返却できる

製品はもちろん新品ではないが、ボディの外装はきれいなもの。傷や汚れなどもなく、安心して使い始められた

製品はもちろん新品ではないが、ボディの外装はきれいなもの。傷や汚れなどもなく、安心して使い始められた

さて、到着した「Nebula Vega Portable」だが、まずは動作チェックも兼ねて、寝室として使っている和室の壁に向かって電源オン。付属のセットアップガイド通りに、スマホアプリをダウンロードして設定を終えると、愛用しているテレビでもおなじみの「Android TV」の画面が起動した。パソコンやスマホがなくても、リモコンでさまざまな動画配信サービスの映像を直で映し出せるのがうれしい。実際に壁から3mくらいの距離で設置してみたところ、壁いっぱいに映像が広がり、そのサイズはゆうに100インチを超えるほどの大迫力だった。この小型ボディで手軽に100インチ超の大画面を実現できるのは、率直に楽しい。

箱から出した「Nebula Vega Portable」をひとまずリビングの椅子に載せてセットアップ。小型でバッテリーでも動くのがうれしい。スマートフォンアプリを使いGoogleアカウントでサインインすれば、簡単にセットアップできて使えるようになる

箱から出した「Nebula Vega Portable」をひとまずリビングの椅子に載せてセットアップ。小型でバッテリーでも動くのがうれしい。スマートフォンアプリを使いGoogleアカウントでサインインすれば、簡単にセットアップできて使えるようになる

暗くなるのを待って、寝室として使っている和室の壁にYouTubeの映像を投影してみたところ、500ルーメンという輝度と、フルHDという高解像度で、明るくクッキリと100インチ超の大画面が現れた。これだけの高画質かつ大画面で動画コンテンツなどが手軽に楽しめるのは、正直うれしい

暗くなるのを待って、寝室として使っている和室の壁にYouTubeの映像を投影してみたところ、500ルーメンという輝度と、フルHDという高解像度で、明るくクッキリと100インチ超の大画面が現れた。これだけの高画質かつ大画面で動画コンテンツなどが手軽に楽しめるのは、正直うれしい

驚いたのは、その明るさだ。500ルーメンという輝度は、一般のプロジェクターとしてはそれほど明るいわけではないが、それでも小型のモバイルプロジェクターの場合、200ルーメンというような輝度の製品が多いので、それらに比べると圧倒的に明るい。しかも投影したのが、真っ白のスクリーンでもなく、白い壁でもなく、ややクリームがかった部屋の壁だったので、その点でもキレイに映るかどうか怪しかったのだが、実際に投影してみたら、何の問題もなし! ちなみに明るい日中にも投影してみたが、これでもちゃんと視認できることを確認できた。正直、ここまで明るく表示されるとは思っていなかったので、新鮮な驚きを感じた。

使い勝手の点で便利だなと思ったのは、オートフォーカス機能だ。通常のプロジェクターでは、映像を投影してからフォーカスリングなどでフォーカスを自分で調整する必要があるが、本機の場合、映像を投影すると、自動的に距離などを計測して瞬時にフォーカスを合わせてくれるので、調整の手間が本当にない。また、投影最短距離もかなり短く、試した限りでは壁から30cmくらいまで寄せても投影自体はしっかり行えた(もちろん映像が小さくなるので、使い物になるかどうかは別)。こういうのを試せるのも、実際に製品をレンタルして試せることのメリットだろう。

借りるのも返すのも楽々。故障時などのサポートも充実で安心のサービス内容

というわけで、約1週間にわたって「レンティオ」で借りたAnker「Nebula Vega Portable」を試用してみた。その結果として、レンタル前にはやや不安だった部分がすべてクリアになり、むしろ、思っていた以上にすぐれた製品であることが実感できた。この体験をベースにすれば、何の躊躇もなく購入に踏み切れそうだ。

なお、「レンティオ」では、レンタルした製品が気に入った場合、そのまま返却せずに買い取る、あるいは月額制で使い続けるというオプションも製品によっては用意されているので、そのまま使い続けることも可能だ。

レンティオ」では、レンタルした製品が気に入った場合、そのまま返却せずに買い取る、あるいは月額制で使い続けるというオプションも製品によっては用意されている

レンティオ」では、レンタルした製品が気に入った場合、そのまま返却せずに買い取る、あるいは月額制で使い続けるというオプションも製品によっては用意されている

返送する方法もさまざま用意されているので、自分の使いやすいものから選べばOK。コンビニまで持ち込んだり、自宅まで取りに来てもらうよう依頼することもできる

返送する方法もさまざま用意されているので、自分の使いやすいものから選べばOK。コンビニまで持ち込んだり、自宅まで取りに来てもらうよう依頼することもできる

製品の返却は、注文履歴画面から発行できるバーコードか、同梱されている送り状(左側)を使う。送られてきた段ボールに詰めて、同じく同梱のシールで閉じて送ればOK。困ったら、ご利用ガイド内に書かれているサポートに相談しよう

製品の返却は、注文履歴画面から発行できるバーコードか、同梱されている送り状(左側)を使う。送られてきた段ボールに詰めて、同じく同梱のシールで閉じて送ればOK。困ったら、ご利用ガイド内に書かれているサポートに相談しよう

製品の返却についても非常に簡単。注文履歴画面から発行できるバーコード、または送られてきた段ボールに同封されている宅配便の送り状と封入シールを使い、同じ段ボールにそのまま詰めてコンビニなどから送れば完了だ。もちろん送料はかからない。宅配業者に依頼して取りに来てもらってもOKだ。

最後にサポート体制についてもひと言触れておこう。「レンティオ」では、製品レンタル時に万が一壊してしまったり、故障したりしても、電話サポートで相談できるうえ、修理費も最大2,000円までしかかからないような保障が付帯されている。レンタル品の場合、こうした故障や破損が心配という人も多いと思うが、「レンティオ」ではこのような手厚いサポートが用意されているので、安心して利用できるだろう。

製品を使ってみた感想は、「レンティオ」のWebサイト上にレビューとして投稿できる。サービスについてもユーザー評価できるが、その平均点は4.8と高評価だ(2021年7月時点の集計)

製品を使ってみた感想は、「レンティオ」のWebサイト上にレビューとして投稿できる。サービスについてもユーザー評価できるが、その平均点は4.8と高評価だ(2021年7月時点の集計)

まとめ:購入に多少の不安がある人こそ、使ってみる価値のあるサービス

ネット通販が一般的なものになり、さまざまな面で便利になった今の時代だが、逆に、実際の製品に触れたりすることなく、印象や想像だけで製品の良し悪しを判断してしまい、買ってから後悔するというケースも増えている。誰しもそういう後悔はしたくないものだし、気に入ったものを納得して購入して、長く愛用したいもの。そう考えると、気になった家電製品やデジタルカメラなどの製品(比較的高額でもある)を、購入前にレンタルしてしっかり試せる「レンティオ」のサービスは、「SDGs」が叫ばれるこれからの時代に沿った、非常に便利なものと言える。

気になる家電製品やデジタルカメラなどがあるけど、今ひとつ不安もある、購入を躊躇してしまう。そんな人こそ、この「レンティオ」を活用して、後悔のない買い物を楽しんでいただければと思う。

価格.comマガジンユーザー限定! 「レンティオ」の特別クーポンコードはこちら!
クーポンコード:kakakucom2110
割引内容:レンタル料金から10%OFF
有効期限:2022年1月31日
注意事項:お一人様につき一度までご利用可能/他クーポンとの併用不可/月額プランの場合は初月の月額料のみ割引/レンタル以外の料金や一部の特価商品は割引対象外

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る