ゴルフの楽しさ伝えます
アプローチが楽しくなる!

やさしめウェッジ「グライド3.0」、伝統の“EYE2”ソールが超オススメ!

オグさんです!
今回はピンのウェッジ「グライド3.0」シリーズをお借りして、芝の上から“実戦力”をチェックさせていただきました。

ピン「グライド3.0」シリーズ

ピン「グライド3.0」シリーズ

ソール形状は4タイプ

グライド3.0ウェッジは、ピンのウェッジのシリーズの3世代目。ウェッジに求められる性能をすべて見直し、一から設計された初代から、改良に改良を重ねて熟成されたモデルと言えます。

このグライド3.0、ソールの形状が4タイプ用意されていて好みに合わせて選べるようになっています。基本設計は、シビアなモデルではなく腕前関係なくミスに強いモデルとして設計されている印象。“難しいクラブは作らない”というポリシーを持ったピンらしいウェッジです。

番手別にそれぞれヘッドを専用設計するなど凝った設計で、打ち方や求める結果に合わせてロフトやソールを選べばショートゲームの強い武器になってくれると思います。

細かく見ていきましょう!

バックフェース中央を削って余剰重量をヘッド上部に持ってくることで、ミスへの寛容性と高重心化による安定したスピン性能を有した設計になっています

ネック周りがきれいに処理された、ふところが広く見える形状ですね。やや面長なシェイプで慣性モーメントも高く、安定した弾道が期待できそう。リーディングエッジにはやや丸みを持たせており、開いたときも構えやすくなるよう工夫がされていますね。エッジが丸いと構えにくいという方もいますが、一番下の短い溝のおかげでスクエアにも構えやすいです

溝は1本1本をミルド加工で削り出すこだわりの設計。エッジギリギリの短い溝は、安定したスピン性能を発揮するため

グライド3.0に用意されるソールの形状は4種類。「SS」、「WS」、「TS」、そして「EYE2」です。
それぞれについて見ていきます。

■SS

SSとは「スタンダード・ソール」を意味し、その名のとおり、標準的なソール形状です。さまざまなライに対応できるように設計されており、ロフトバリエーションも多く用意されています。

ベースとなる標準的な形状がこのSS

ベースとなる標準的な形状がこのSS

適度なソール幅を持ち、開いても使えるようにヒール側を軽く削ってあります。打ち手を選ばないニュートラルな仕様で、標準的なソールだけあってロフトバリエーションが豊富に用意されています

オールマイティなウェッジ

SSは、ひと言で言えば、どんなライにも対応しやすいオールマイティなウェッジ。特筆した部分はない代わりに苦手な状況を作らず、安定した結果を求めるゴルファーにいいですね。ウェッジは打ち方にもプレイヤーの個性が出ますが、このSSは個性による打ちづらさを感じにくいモデルでもあります。

さまざまなライからはもちろん、ピッチ、ピッチエンドラン、ランニングなど、球の打ち分けもしやすかったです。これはウェッジの基本性能が高いおかげでもあります

フェースを開いて打つようなロブショットもやりやすかったですね。後述するTSもやりやすいです

フェースを開いて打つようなロブショットもやりやすかったですね。後述するTSもやりやすいです

もちろんバンカーショットもソツなくこなします。ソール形状に特別なこだわりがなければ、SSを選んでおけばOKです

■WS

WSは「ワイド・ソール」の意。ソール幅を広くすることでダフリのミスを軽減しやすくなっているモデル。ボールの少々手前から接地してもソールが滑ってくれるので、ミスを軽減してくれます。

ザックリのミスが多い方、アプローチが苦手な方におすすめのWS

ザックリのミスが多い方、アプローチが苦手な方におすすめのWS

スクエアに構えれば、幅広いソールが滑ってくれてダフリのミスを軽減してくれるやさしいウェッジ。ですがヒール側は適度に削られているので、開いて構えればテクニックも使えます

ザックリしにくいソール

WSは、ワイドなソールが滑ってくれるので、ザックリしにくいウェッジです。ザックリとは、エッジが地面に刺さってしまうミスですが、WSのワイドなソールはエッジが地面に深く刺さる前に接地してくれ、このミスを防いでくれます。このソールはバンカーでも効果を発揮してくれますので、バンカーが苦手な方にもおすすめです。

ハンドファーストで構え、右足寄りにボールを置きたい方には特におすすめですね。やさしくボールを拾ってくれます

打ち方としては、コックをあまり使わず、パターのようにソールを滑らすように使うと性能を生かしやすいです

打ち方としては、コックをあまり使わず、パターのようにソールを滑らすように使うと性能を生かしやすいです

■TS

TSは「シン(thin=薄い)・ソール」の意味で、できるだけ接地面積を減らし、テクニックを使いやすくするために設計されたモデルです。

ボールだけをクリーンに打つなど、シビアなテクニックが使いやすいTS

ボールだけをクリーンに打つなど、シビアなテクニックが使いやすいTS

ソールの後方を大きく削ることで接地面積を小さくし、バンス角も少なめに設計することでロブショットやボールだけを拾うといった、シビアなアプローチがしやすいようになっています

シビアなテクニックが使える

TSは、シビアな環境下でも的確なボールコントロールが求められる競技志向のゴルファーにおすすめのモデル。ソール幅を狭めることで、ベアグラウンドや薄い芝からでもボールを的確にとらえやすいように設計されています。シャープな性能を持つ半面、ミスを助けてくれる機能がやや少ないところもありますが、テクニックを駆使してアプローチをしたい方、厳しい環境でプレーすることが多い方には強い味方になってくれるはずです。

芝の薄いライからでもボールだけを拾いやすいです

芝の薄いライからでもボールだけを拾いやすいです

あらゆる環境でも起死回生のアプローチができるウェッジとも言えますね。もちろん、相当のテクニックが必要ですが……

■EYE2

EYE2(アイツー)とは、ピンが1982年に発売したアイアンセットのウェッジ。トゥ側上部が尖った形状を持ち、ソール形状に大きな特徴がありました。それをもとに作られたのがこのモデルです。

40年近く前に設計されたアイアンセットのウェッジが原形となっている、歴史あるモデル

40年近く前に設計されたアイアンセットのウェッジが原形となっている、歴史あるモデル

スクエアに構えるときに接地するソール中央あたりは広く、ヒール側は大きく削られた、独特のソール形状

スクエアに構えるときに接地するソール中央あたりは広く、ヒール側は大きく削られた、独特のソール形状

顔がほかと異なり、トゥ側上部が尖った形をしています。これは開いて打ったときにボールができるだけフェースに接触している時間を増やすための工夫です

特徴あるソール形状は、スクエアに構えると幅広いソール面がはたらいてしっかり接地することで、安定してボールをとらえることができます。また、開くことによってヒール側の大きく削られたソールがはたらき、ヌケのいいテクニックも使える、幅広い使い方ができるのがEYE2の特徴

使い手を選ばない高性能ウェッジ

EYE2はいろいろな打ち方がしやすいように設計されていて非常にテクニックの使いやすいモデルです。ですが決してシビアで難しいモデルではなく、やさしさも兼ね備えているのが最大の特徴と言っていいと思います。

具体的には、フェースをスクエアに使えば、しっかりとソールがはたらき、適度に滑ってくれるのでミスに強いアプローチがオートマチックにできます。

フェースを開いて使うと一気にソールの抜けが高まり、悪いライからやロブショットなども打ちやすくなります。ゴルファーを選ばない高性能ウェッジと言えますね。

フェースの開き方によってバンカーショットでの高さも打ち分けも容易にできます。スクエアに構えて打つと高さも距離も出しやすいので、バンカーが苦手な方にもオススメです

フェースを開けばロブショットなども快適にできます。スピンもかかりやすいです

フェースを開けばロブショットなども快適にできます。スピンもかかりやすいです

グライド3.0シリーズは、高い基本性能に加え、4つのソールタイプで、さまざまなライに対しても、ゴルファーの個性にも対応した、幅広い性能を持つウェッジでした。テクニックを使いたいならTSやEYE2がおすすめです。WSは、多少のテクニックは使いたいけどダフリのミスを軽減したい方にいいと思います。SSは、これからテクニックを磨きたいけど、難しいウェッジは使いたくない。そんな方におすすめですね。基本はやさしいウェッジですし、テクニックが使えるようになってもそのまま使えますから。

EYE2がオススメです!

グライド3.0シリーズは、ソールタイプによってロフト角のバリエーションがありますが、バンス角はほぼ固定となっています。ソールの特性に合わせた最適なバンス角になっていますので個人的にはこのほうがアマチュアゴルファーは悩まなくていいと思います。バンスはロフトと違って機能がわかりづらいですからね。

自分に合ったウェッジを客観的に知りたいなら同社のフィッティングがおすすめです。
個人的にはEYE2がとても欲しくなりました。使い勝手が非常に高く、大きなミスにもなりにくかったです。

個人的にEYE2のヌケ、スピン性能はモデルの中では一番よかったです! 欲しいっ!

個人的にEYE2のヌケ、スピン性能はモデルの中では一番よかったです! 欲しいっ!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る