選び方・特集
梅雨時期の通勤・通学にもってこい!

《2021年》「防水&撥水バッグ」イチオシ7選! 人気ブランドから新作を厳選

防水・撥水機能を持った“雨に強い”バッグが勢揃い!

防水・撥水機能を持った“雨に強い”バッグが勢揃い!

日が長くなり、天気が崩れやすい梅雨シーズンに突入。マスク着用などの新しい生活様式にも慣れ、徐々に外出ムードが高まってきているが、外出時には、急な雨にふられることを想定し、しっかりとした「雨対策」をしておきたいところ。

そこで今回は、アウトドアブランドならではの“雨に強いバッグ”を厳選。ちょっとした雨には負けない撥水素材のモデルから、水辺のアクティビティにも使える高い防水機能を持ったモデルまで、中身を雨からしっかりと守ってくれる便利なバッグを紹介する。

水の侵入に強いファスナー式フラップが便利!

コロンビア「アウトドライEX28Lバックパック」

人気アウトドアブランド、コロンビアの「アウトドライEX28Lバックパック」は、防水性が高いことに加え、PCスリーブやボトルポケットなど、日常で使いやすい機能を多数備えた、シンプルデザインのフラップ型バックパック。

普段使いしやすいシンプルなデザインながら、防水性が高く、中身を濡れからしっかり守る「アウトドライEX28Lバックパック」の「サファリ」カラー

普段使いしやすいシンプルなデザインながら、防水性が高く、中身を濡れからしっかり守る「アウトドライEX28Lバックパック」の「サファリ」カラー

表側には、レインジャケットにも使われる、コロンビア独自の防水素材「アウトドライエクストリーム」を使用し、外側には、縫い目からの侵入を防ぐシームシーリングを施しているため、濡れから内部の荷物をしっかりと守ってくれる。なお、完全防水ではない。

形状は、荷物を取り出しやすいフラップ型。上からの水の侵入に強いフラップは、ファスナーで開閉しやすく、内部にはPC・タブレットPC用のスリーブや、ペンや小型ノートなどを収納できるオーガナイザーポケットなど、仕分けしやすい機能を完備する。背面には、貴重品を収納するのに最適なファスナーポケットが付いているため、日常からアウトドアまで、あらゆるシーンで活躍してくれる。

ファスナー式のフラップは、水の侵入に強く、大きく開くため物の出し入れもしやすい

ファスナー式のフラップは、水の侵入に強く、大きく開くため物の出し入れもしやすい

背面にある止水ファスナーのポケットは、貴重品などの小物を入れておくのに便利

背面にある止水ファスナーのポケットは、貴重品などの小物を入れておくのに便利

クッション入りオーガナイザーを着脱できるロングセラーモデル

オルトリーブ「ヴェロシティ 23L」

ドイツの防水バッグメーカー、オルトリーブの「ヴェロシティ23L」は、IP64の防塵・防水性を誇るロングセラーモデル。

防水性と耐久性にすぐれた素材を使用し、タウンからアウトドアまで、幅広く活躍する

防水性と耐久性にすぐれた素材を使用し、タウンからアウトドアまで、幅広く活躍する

生地には、表裏に防水コーティングを施したものを採用。また、開口部はロール式なので、内部への水やほこりの侵入を防ぐ。

表裏に防水コーティングが施された生地を使用し、雨などの水気から荷物をしっかりと守る

表裏に防水コーティングが施された生地を使用し、雨などの水気から荷物をしっかりと守る

大きなメインコンパートメントには、取り外し可能な、クッション入りのオーガナイザーが付いており、ノートPCなどを整理しやすいのも特徴。また、そのオーガナイザーを取り外せば、収納スペースが増やせるのもうれしい。

大きなメインコンパートメントには、ノートPCなどの収納に便利なクッション入り着脱式オーガナイザーを装備

大きなメインコンパートメントには、ノートPCなどの収納に便利なクッション入り着脱式オーガナイザーを装備

チェストストラップとウエストストラップは、ともに取り外し可能。そのほか、背面フォームパッドは通気性がよく、長時間でも快適に背負えるはずだ。カラーは、全4色で展開。容量は23Lのほか、小ぶりな17Lとたっぷり収納できる29Lの全3サイズをラインアップする。

雨の日のタウンユースを始め、アウトドアアクティビティにも安心して使用できる逸品だ。

摩耗強度の高い素材を使った、ザ・ノース・フェイスのショルダーバッグ

ザ・ノース・フェイス「ポストマン」

ザ・ノース・フェイスの「ポストマン」は、ロール式の開口部が印象的なアクティブスタイルのショルダーバッグ。

フロント部分には、ブランドロゴがのぞく大きなメッシュポケットが付いている

フロント部分には、ブランドロゴがのぞく大きなメッシュポケットが付いている

生地には、高い摩耗強度を持つ210デニールの「ジオリップストップナイロン」を採用。さらにその表面にはTPUコーティング、裏面にはPUコーティングを施しており、軽量でありながらも強度が高い。

開口部は、折りたたんで固定するロール式を採用。縫い目にシーリング加工が施されているので、バッグ全体が防水性の高い作りに仕上がっている。

縫い目には、内側からシーリング加工を施して防水性を高めている

縫い目には、内側からシーリング加工を施して防水性を高めている

メインのコンパートメントは、仕切りがないシンプル設計。強度は高いが、触感はやわらかいので、身体にフィットしやすいのも特徴だ。

フロントには、大型のメッシュポケットが付いており、出し入れの多い物を入れておきたい。長さが調節可能なショルダーストラップは取り外すこともでき、アウトドアでのアクティブな使い方から通勤通学などのタウンユースまで、さまざまな使い方ができる。

荷物にアクセスしやすいスクエア型バックパック

コールマン「シールド30」

多種多様なキャンプギアやアウトドアウェアが人気のコールマン。そんなコールマンの「シールド30」は、水に強くタフな作りが特徴の「シールドシリーズ」のスクエア型バックパック。

ノートPCやノートなどを持ち歩く通勤や通学で使いやすい、スクエア型のバックパック「シールド30」

ノートPCやノートなどを持ち歩く通勤や通学で使いやすい、スクエア型のバックパック「シールド30」

生地には、丈夫な防水素材を使用。メインコンパートメントは、B4サイズが入るスクエア型で、パッド入りのPCスリーブを完備。メインコンパートメントには背面両側にあるファスナーからもアクセスできるため、メイン開口部を開けなくても、中の荷物をサッと取り出せるのが便利だ。

メインコンパートメント内部には、パッド入りPCスリーブのほか、荷物の整理に便利なオーガナイザーポケットも完備

メインコンパートメント内部には、パッド入りPCスリーブのほか、荷物の整理に便利なオーガナイザーポケットも完備

そのほか、ちょっとした小物を入れておけるトップポケットや、左右両側からアクセスできるフロントポケットなど、収納スペースも充実。また、スタビライザー付きのショルダーハーネスを採用し、重たい荷物を背負っても身体への負担が少ないなど、普段使いしやすいのも魅力だ。本体サイズは、30(幅)×48(高さ)×17(奥行)cmで、容量は30L。

強い雨でも安心して使える、汎用性の高いデイパック

フェールラーベン「ウルボ 23」

スウェーデンのアウトドアギアメーカー、フェールラーベンの「ウルボ 23」は、リサイクルナイロンの防水素材を使用したデイパック。

スッキリとしたデザインでも、防水性と耐久性にすぐれた素材を使っているため、シーンを選ばずに使用できる

スッキリとしたデザインでも、防水性と耐久性にすぐれた素材を使っているため、シーンを選ばずに使用できる

メイン素材には、400デニールの強度と水深10mの耐水圧を備えた防水素材「BERGSHELL(バーグシェル)」を採用。タフなうえに、強い雨でも安心して使用できる。

ファスナー式の開口部は、大きく開くため荷物の出し入れがしやすく、内側ポケットにはパッド入りPCスリーブやペンホルダーが付いている。

内部には、パッド入りのPCスリーブのほか、ペンホルダーなど、荷物を整理して収納できる機能を装備

内部には、パッド入りのPCスリーブのほか、ペンホルダーなど、荷物を整理して収納できる機能を装備

また、通気性の高いエアメッシュ素材を使った背面パネルとショルダーストラップによって、長時間背負っても快適さを維持してくれる。

そのほか、ジップで開閉できる容量たっぷりのフロントポケットや、ストレッチ素材を使ったサイドポケットを装備。容量は23Lで、カラーは4色で展開される。

防水性と耐水性にすぐれているため、毎日の通勤や通学を始め、ハイキングや旅行など、どんなシーンでも活躍してくれるはずだ。

クラシカルなデザインながら高機能が満載!

マックパック「アカロア」

ニュージーランド発のアウトドアブランド、マックパックの「アカロア」は、クラシカルなデザインが印象的な32Lのバックパック。

スクエア型のクラシカルなデザインだが、機能素材を使っており、耐久性や耐水性にすぐれる

スクエア型のクラシカルなデザインだが、機能素材を使っており、耐久性や耐水性にすぐれる

生地には、摩耗に強いコットンと、腐食に強いポリエステルの混紡糸を織り合わせた「アズテック」を採用。これは、寿命のあるPUコーティング素材を使用せず、繊維の1本1本にワックス液を浸透させることで、堅牢な耐水性を確保する、ブランドの代名詞でもある機能素材だ。さらに本モデルでは、そんな「アズテック」と1000デニールのコーデュラナイロンを組み合わせることで、高い耐久性と耐水性を持ちつつ、味わい深い色合いと風合いを実現している。

独特なデザインのメタルバックルが付いたフロントフラップを開けると、メインコンパートメント内には小物の仕分けに便利なオーガナイザーポケットを完備されている。また、フロントフラップのファスナーポケットのほか、デイジーチェーン、サイドポケットなど、デザイン性だけでなく、使い勝手にも配慮された機能が満載だ。

強度、軽さ、撥水性を備えたバックパック

ダイワ「X-Pac バックパック(A)」

日本を代表する釣り具メーカー、ダイワの「X-Pac バックパック(A)」は、米・ディメンションポリアント社が開発した、強度、軽さ、撥水性を兼ね備えた素材「X-Pac」を使用したバックパック。

ダイワらしい多彩な機能を持った「X-Pac バックパック(A)」。本体外寸は、約28(幅)×49(高さ)×18(奥行)cmで、カラーは「カモフラージュ」(写真)と「ブラック」の2色で展開

ダイワらしい多彩な機能を持った「X-Pac バックパック(A)」。本体外寸は、約28(幅)×49(高さ)×18(奥行)cmで、カラーは「カモフラージュ」(写真)と「ブラック」の2色で展開

特殊マテリアル「X-Pac」は、3種類の素材を特殊な方法で貼り合わせた3層構造の素材。それを本体全面に使用していることにより、軽量ながら引き裂き強度が高いうえに、水や汚れが付きにくい高い撥水性を備えている。

フロント左側には、ペットボトルが入れられる大型ポケットと、長い物を固定できるサイドコンプレッションテープを装備。右側には、サイドからメインにアクセス可能なファスナーが付いており、開けた際の内側には小物に便利なポケットも付いている。そのほか、フロントとトップにも大型のファスナーポケットが備わっているなど、釣り具メーカーらしい収納力にすぐれた作りに仕上がっている。

安東渉

安東渉

アウトドアやデジタルカルチャーなど、ジャンルに捉われない自由な記事を執筆するライター・編集者。週末は家族でアウトドアを楽しむファミリーキャンパーでもある。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る