ゴルフの楽しさ伝えます
サブロクそうすけの、ゴルフおしえてもらいます!

左足上がりのアプローチを成功させる、3つのポイント【動画】

ベストスコア76の腕前を持つお笑い芸人のサブロクそうすけさんが、コースでの気になるシチュエーションでの打ち方や考え方を伊丹大介プロに教わる連載「ゴルフおしえてもらいます!」

第2回は「左足上がりのアプローチ」。
グリーンを狙うショットが外れた場合に、なんとかそこから2打でホールアウトしたいシーンです。

「左足上がりのアプローチ、よく残っちゃうんですが、あまりうまく打てないんですよね……」(そうすけさん)

「左足上がりのアプローチ、よく残っちゃうんですが、あまりうまく打てないんですよね……」(そうすけさん)

こういう状況、よくありますよね!

こういう状況、よくありますよね!

「ボクは、肩に注意して打っています!」(そうすけさん)「肩!?」(伊丹プロ)

「ボクは、肩に注意して打っています!」(そうすけさん)
「肩!?」(伊丹プロ)

そうすけさんはいきなり打ってしまいましたが、伊丹プロによれば、こういう状況ではまずグリーン面の確認が必要とのこと。

「ピンとエッジの距離を確認して、どこにどういう球を打つかをイメージしましょう」(伊丹プロ)

「ピンとエッジの距離を確認して、どこにどういう球を打つかをイメージしましょう」(伊丹プロ)

「ライがよければ多くの場合はロブショット気味に打ちますので、フェースは開いておきます」(伊丹プロ)

「ライがよければ多くの場合はロブショット気味に打ちますので、フェースは開いておきます」(伊丹プロ)

「ロブの場合は斜面なりの軌道でスイングします」

「ロブの場合は斜面なりの軌道でスイングします」

完ぺき!!!

完ぺき!!!

「ライが悪くてボールを上げられないときはロフトの立ったクラブで、斜面に逆らうようにスイングします」

「ライが悪くてボールを上げられないときはロフトの立ったクラブで、斜面に逆らうようにスイングします」

これまたすばらしい!!

これまたすばらしい!!

パーセーブの確率がぐっと高まる「左足上がりのアプローチ」、詳しくは動画をご覧ください!

価格.comで人気のウェッジ5選

ゴルフ部員N(編集部)

ゴルフ部員N(編集部)

80台で回ったかと思えば、突然100打ったりするゴルフ部員。得意なクラブは強いて言えばミドルアイアン。苦手なドライバーとパッティングを安定させるべく、練習器具を漁る日々です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る