ゴルフの楽しさ伝えます

HS40m/以下にドンピシャ!キャロウェイ「ローグST MAX FAST アイアン」

オグさんです。今回は、キャロウェイ「ローグST MAX FASTアイアン」の試打レポートをお届け致します!

キャロウェイ「ローグST MAX FAST アイアン」

キャロウェイ「ローグST MAX FAST アイアン」

“軽さ”をコンセプトにしたMAX FAST

「ローグST」シリーズは、2022年1月に発表されたキャロウェイのメインブランド。ゴルファーの打点データや、クラブの役割などの細かい情報をAIに与え、膨大な回数のシミュレーションを実施。そのデータを使ってはじき出された形状からなるフェースによって、ターゲットゴルファーを絞り込んだ高性能なクラブとして設計されています。

ラインアップもわかりやすく、ターゲットゴルファーに合わせてドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティー、アイアンと、クラブのジャンルごとに4モデルずつ用意されています。

ローグSTのアイアンシリーズは、ドライバーなどと同様に、各モデル専用に設計した「FLASH SS22」フェースを採用。ロフト設定やヘッドサイズの違いなど、各モデルがターゲットゴルファーに合わせて味付けされています。

すでにレポートさせていただいた「ローグST MAXアイアン」は、直進性も飛距離性能も高く、完成度の高いモデルに仕上がっていました。

■■関連記事■■
楽にゴルフをしたいなら外せない! キャロウェイ「ローグST MAXアイアン」

アイアンは全部で4モデル。今回ご紹介するMAX FASTのほか、ターゲットゴルファーが最も多く、シリーズの中核をなすMAX、最もミスに強いMAX OS、コントロール性と飛距離性能を両立させたPROがあります

アイアンは全部で4モデル。今回ご紹介するMAX FASTのほか、ターゲットゴルファーが最も多く、シリーズの中核をなすMAX、最もミスに強いMAX OS、コントロール性と飛距離性能を両立させたPROがあります

ヘッド内部の構造は4モデル共通。タングステンウェートを使って重心の最適化を図り、「ウレタンマイクロスフィア」と呼ばれる衝撃吸収材を内蔵することで、フィーリングを向上させています。それぞれのターゲットゴルファーに合わせて、フェースの設計やロフト設定、重心位置などを調整して差違を付けています

ヘッド内部の構造は4モデル共通。タングステンウェートを使って重心の最適化を図り、「ウレタンマイクロスフィア」と呼ばれる衝撃吸収材を内蔵することで、フィーリングを向上させています。それぞれのターゲットゴルファーに合わせて、フェースの設計やロフト設定、重心位置などを調整して差違を付けています

今回ご紹介するのは「ローグST MAX FASTアイアン」です。4モデルの中で、最も軽く、最もロフトが立った仕様になっています。どんな仕上がりになっているのか、見ていきましょう。

バックフェース中央を黒くしたシンプルなデザインは、ローグSTシリーズ統一の外観です

バックフェース中央を黒くしたシンプルなデザインは、ローグSTシリーズ統一の外観です

ローグST MAX FAST アイアン・#7 

ローグST MAX FAST アイアン・#7

ローグST MAX FAST アイアン・#9<br>ロングアイアンからミドルアイアンまでは直線的で適度な厚さを持つトップブレードを持ち、ややシャープな印象。8番から下の短い番手は、少しだけブレードに丸みを持たせて包み込むようなイメージを持たせています

ローグST MAX FAST アイアン・#9
ロングアイアンからミドルアイアンまでは直線的で適度な厚さを持つトップブレードを持ち、ややシャープな印象。8番から下の短い番手は、少しだけブレードに丸みを持たせて包み込むようなイメージを持たせています

飛距離性能を高めるためにカーペンター450スチールと呼ばれる高強度ステンレスをフェースに採用。フェースカップ構造により、AIによる設計だけでなく、素材や構造、さまざまな観点から、高性能を追求しています

飛距離性能を高めるためにカーペンター450スチールと呼ばれる高強度ステンレスをフェースに採用。フェースカップ構造により、AIによる設計だけでなく、素材や構造、さまざまな観点から、高性能を追求しています

飛距離性能を高めるために「カーペンター450スチール」と呼ばれる高強度ステンレスをフェースに採用。フェースカップ構造により、AIによる設計だけでなく、素材や構造含めてさまざまな観点から高性能を追求しています。

飛距離性能を高めるために「カーペンター450スチール」と呼ばれる高強度ステンレスをフェースに採用。フェースカップ構造により、AIによる設計だけでなく、素材や構造含めてさまざまな観点から高性能を追求しています。

ロフト:#6 24°/#7 27°/#8 31°/#9 36°/PW 41°

ロフト設定は7番で27°と、シリーズの中で最もロフトを立てた仕様になっています。ちなみに中核モデルであるMAXが7番で27.5°。わずか0.5°の差ですが、AIが導き出した最善の設定なのでしょう。

シャフトバリエーションは、MAX FAST専用・40g台の超軽量カーボン「SPEEDER NX 40 for Callaway(R)」、70g台の軽量スチール「NS PRO ZELOS7(S)」、そして80g台のスチール「NS PRO 850GH neo(S)」の3モデル。

MAX FASTのコンセプトのひとつに“軽さ”があるため、用意されるシャフトはどれも軽量モデルとなっています。選び方の目安は、とにかく軽さを求めるならSPEEDER、軽さに安定感を求めるなら、ZELOS、軽さの中にある程度のしっかり感を求めるなら、850GH neoといった感じでしょうか。

写真のZelosは、70g台と軽量ながら、スチールならではの粘り感のある振り味と、ねじれの少ない安定感のある弾道が期待できるシャフトです

写真のZelosは、70g台と軽量ながら、スチールならではの粘り感のある振り味と、ねじれの少ない安定感のある弾道が期待できるシャフトです

MAXよりも30g軽量化!

MAX FASTアイアンは軽さで飛ばすモデルとして設計されているだけあり、非常に軽量に仕上がっています。同じシャフトを装着するMAXアイアンと比べて、約30gも軽く、パワーがない方でもヘッドスピードを高めやすくなっています。

構えた印象は、意外にシャープ! といったところ。MAXアイアンはブレードが厚く、いかにもオートマチックな印象の顔だったのに対し、MAX FASTは、ブレードの厚さも適度で端正な顔をしています。このへんは、形状に敏感な日本のゴルファーに向けた仕様なのかもしれませんね。

お借りしたスペックは、Zelos7装着モデル。
まずはドライバーでヘッドスピード35m/sぐらいを意識して打ってみました。ポンと中弾道で飛び出し、直進性の高い弾道で飛んでいきます。

特性はオートマチックで直進性の高いMAXアイアンに近いのですが、軽量に仕上げられている分、パワーがなくても飛距離が得られやすい仕上がりになっています。打点のミスにも強く、安定感もバッチリです。

頑張って振らなくても、安定してボールを前に飛ばしてくれるMAX FASTアイアン。女性やパワーのない方には救世主になるようなモデルですね

頑張って振らなくても、安定してボールを前に飛ばしてくれるMAX FASTアイアン。女性やパワーのない方には救世主になるようなモデルですね

ミスに強く直進性が高いのに、日本人好みのイケメン顔!

ミスに強く直進性が高いのに、日本人好みのイケメン顔!

HS42m/sを超えるとバラつきが……

ヘッドスピード徐々に高めていくと弾道に高さが出始め、飛距離が伸びていきます。この辺もMAXアイアンと同じ反応でしたが、42m/sを超えるぐらいのヘッドスピードになると、反対にちょっとテクニックが必要になってきます。

非常に軽いためスイングテンポを保つのが難しく、弾道がちょっとバラつきました。42m/sぐらいヘッドスピードがあるなら、MAXのほうが安定しますね。

ソール後方に彫られた溝。デザインの一部だと思うのですが、鈍重なイメージを持ちやすい厚めのソールを狭く見せています。ミスに強いのにシャープに見える。こういった、性能と見た目の不一致は大歓迎ですね!

ソール後方に彫られた溝。デザインの一部だと思うのですが、鈍重なイメージを持ちやすい厚めのソールを狭く見せています。ミスに強いのにシャープに見える。こういった、性能と見た目の不一致は大歓迎ですね!

左のMAXアイアンと比べると右のMAX FASTアイアンは、かなりシャープに見えます。重さは違えど、ヘッド自体の性能は、オートマチックで直進性の高い仕上がりと類似しています

左のMAXアイアンと比べると右のMAX FASTアイアンは、かなりシャープに見えます。重さは違えど、ヘッド自体の性能は、オートマチックで直進性の高い仕上がりと類似しています

7番の弾道データです。ほぼストレート。高さも十分でスピンはやや多めですが、問題なしですね。うまくミートできれば、ローグSTシリーズでは間違いなく一番飛ぶモデルでしょう。ただ、それなりに振れるゴルファーにとっては、MAXのほうが安定して飛ばせるでしょう

7番の弾道データです。ほぼストレート。高さも十分でスピンはやや多めですが、問題なしですね。うまくミートできれば、ローグSTシリーズでは間違いなく一番飛ぶモデルでしょう。ただ、それなりに振れるゴルファーにとっては、MAXのほうが安定して飛ばせるでしょう

パワーのない人や女性にぴったりの仕上がり

ローグST MAX FASTアイアンは、ヘッドスピードが低めでも安定した弾道で飛距離が得られやすいモデルに仕上がっていました。パワーのない方や女性にもおすすめできる完成度の高さですね。

ヘッドの特性はMAXとよく似ているのですが、それなりに振れるゴルファーにとってはMAX FASTの軽さがデメリットとして作用する可能性があります。

ヘッドスピードだけで判断するのは難しいですが、ひとつの目安として、40m/s以上ヘッドスピードがあるならMAXのほうが安定するでしょう。

ライバルモデルは、ダンロップ「ゼクシオ12」、オノフ「ONOFF赤」、テーラーメイド「SIMグローレ」など。どれも軽量でオートマチックにボールを飛ばせるモデルです。ヘッドスピードが低めで、アイアンの飛距離に悩んでいるのであれば、試す価値アリ! ですよ!!

写真:野村知也

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る