注目コンテンツ

[PR]CDも配信もサブスクの曲もまとめて聴ける! 「CDレコ」が控えめに言って神

よくCDを買うのに、CDプレーヤーもパソコンも持っていなかった私。先日見つけた、CDの曲を直接スマホに取り込める「CDレコ」に感動して勝手にレビュー記事を書いたのですが、それが大ウケ。同じ悩みを持つ人は多かったのですね!

前回の記事はこちら→CDの曲を直接スマホに取り込める!「CDレコ5」はオタクの救世主 https://kakakumag.com/av-kaden/?id=17669

前回の記事はこちら→「CDの曲を直接スマホに取り込める!「CDレコ5」はオタクの救世主」

そして大ウケだったのは読者の方だけではありません。実は「CDレコ」のメーカー、アイ・オー・データ機器さんにも大ウケだったらしく、なんと広告記事を書いてほしいと連絡がありました。同じ商品をまた記事にするの?ととまどいましたが、よく話を聞くと、同じではない様子。「CDレコ」と組み合わせて使う再生アプリ「CDレコミュージック」に新機能が追加されたとのことなのですが、その内容が“神アプデ”と言えるものでした。

CDも配信もサブスクもごちゃまぜにして聴ける!

その新機能というのが、サブスク音楽配信サービス「Apple Music」の曲も「CDレコミュージック」で聴けるようになるというもの。つまり、CDの曲も、配信で買った曲も、サブスクの曲もごちゃまぜにして再生できるということ。これは革命ですよ……!

あらゆる入手ルートの曲を「CDレコミュージック」に集められるイメージです

あらゆる入手ルートの曲を「CDレコミュージック」に集められるイメージです

元々「CDレコミュージック」では、「CDレコ」で取り込んだCDの曲と、スマホに入っている曲(配信で買った曲など)を一緒に聴くことが可能でした。ただ当然ながら、サブスクの曲はダウンロードしてもほかの再生アプリに取り込めないため、「CDレコミュージック」では聴けなかったんですよね。

いっぽうでサブスクのアプリでは、「CDレコ」で取り込んだ曲が反映されなかったり、反映されたとしても、配信で買った曲やサブスクの曲と混ぜてプレイリストに入れることはできなかったり、という状況……。
そのため、聴きたい曲によってアプリを切り替えるという面倒なことをしていました。自分の好きな曲をまとめて聴きたいだけなのに、それが可能なアプリがなかったんです。

そんな状況の中、「CDレコミュージック」が、CD、配信、そしてApple Musicの曲も全部まとめて聴けるようになったのです! 私が“神アプデ”と言った理由が伝わったでしょうか?

本当にApple Musicの曲が「CDレコミュージック」で聴けた!

それでは実際に体験してみたいと思います!
せっかくなのでCDを取り込むところから。「CDレコ」シリーズには、前回紹介した無線タイプの「CDレコ5」と、有線ケーブルモデルの「CDレコ」の2種類があります。今回は有線モデルを使ってCDを取り込んでみましょう。

電源につないだ「CDレコ」とスマホをケーブルで接続します(Android用、iPhone用の両方のケーブルが入っています)

電源につないだ「CDレコ」とスマホをケーブルで接続します(Android用、iPhone用の両方のケーブルが入っています)

「CDレコミュージック」をインストール済みの場合、自動的にアプリが起動するので、「その他」タブ内の「CD」をタップ

「CDレコミュージック」をインストール済みの場合、自動的にアプリが起動するので、「その他」タブ内の「CD」をタップ

CDを入れます(先輩に何年も貸していて聴けていなかったCDです……「CDレコ」購入をきっかけに取り戻しました!)

CDを入れます(先輩に何年も貸していて聴けていなかったCDです……「CDレコ」購入をきっかけに取り戻しました!)

取り込みたい曲を選択して「開始」を押すと、あっという間に取り込み完了!

取り込みたい曲を選択して「開始」を押すと、あっという間に取り込み完了!

機械音痴な私でもサクサクできちゃう簡単さです♪

機械音痴な私でもサクサクできちゃう簡単さです♪

有線だとスマホにケーブルを挿すだけでスタンバイOKなので、前回紹介したWi-Fiモデル「CDレコ5」よりもさらに手軽に使えるのがいいですね! ただ、使いながらスマホの充電ができないので、たくさんのCDを一気に取り込みたいという場合は「CDレコ5」もいいと思います。

ではいよいよ、新機能“Apple Musicの曲の取り込み”をやってみましょう!
私はスマホがAndroidなこともあってApple Musicを使っていなかったのですが、約9,000万の楽曲数を誇るかなり人気の音楽サブスクサービスです。そしてAndroidでもまったく問題なく使えるみたいですよ。月額は980円と平均的で、最初の3か月は無料!

まずはApple Musicで、好きな曲を「+」してライブラリーに加えておきましょう

まずはApple Musicで、好きな曲を「+」してライブラリーに加えておきましょう

あとは「CDレコミュージック」内の「ストリーミング」をタップし、Apple Musicにサインインするだけ!

あとは「CDレコミュージック」内の「ストリーミング」をタップし、Apple Musicにサインインするだけ!

サインインすると、データの取り込みが始まります

サインインすると、データの取り込みが始まります

しばらく待つと……「CDレコミュージック」にApple Musicのライブラリー曲が取り込まれて、聴けるようになるのです!

すごい! 入ってる! 聴ける!

すごい! 入ってる! 聴ける!

そして何よりすごいのが、CDから取り込んだ曲も、配信で買った曲も、Apple Musicの曲も、全部混ぜてプレイリストが作れること! これはうれしい〜〜!

私が「CDレコミュージック」内で作成したプレイリストの一例です。曲名の横に付いたマークの有無と種類で、どの入手ルートの曲なのかがわかりますよ

私が「CDレコミュージック」内で作成したプレイリストの一例です。曲名の横に付いたマークの有無と種類で、どの入手ルートの曲なのかがわかりますよ

私はこれまで別の音楽再生アプリを使っていましたが、たとえ同じアーティストの曲でも、入手ルートが異なるために同じプレイリストに入れられないのが本当にストレスでした。それが「CDレコミュージック」で途切れることなく連続再生ができることにひしひしと喜びを感じています……!

そのほか、シャッフル再生や、気分に合わせた自動再生などの機能もあるのですが、もちろん曲の入手ルートにかかわらずシームレスに聴けます。ノーストレス!
※iOS版「CDレコミュージック」では OS の制限により、CDレコの曲とApple Musicをミックス再生する場合、バックグラウンド再生での操作に制限があります(詳細は公式Q&Aページをご確認ください)。

初回連携後は、「CDレコミュージック」を起動するたびにApple Musicのライブラリー情報を読み込んでくれるので、Apple Music内で曲を追加or削除した場合も自動的に反映してくれますよ。

CDを取り込むこともできる最強の“音楽再生アプリ”

以前、私の中で「CDレコミュージック」は、「CDレコ」を操作してCDを取り込むための付属アプリという印象でしたが、今回の機能追加でその印象ががらりと変わりました。むしろアプリのほうがメインですね。「CDレコミュージック」は、CDをはじめとするさまざまな方法で好きな曲を集められる、最強の“音楽再生アプリ”です!

CDから取り込んだ曲、配信で買った曲、そしてApple Musicの曲も全部まとめて再生できる。この新機能だけで「CDレコ」を買う理由になるほどの魅力があると思います。

対応機種は、「CDレコ5 CD-5WW(白)/ CD-5WK(黒)」(左・中央)と「CDレコ(ケーブルモデル) CDRI-LU24IXA」(右)。「CDレコ5」は白と黒の2色のカラー展開です

対応機種は、「CDレコ5(無線モデル) CD-5WW(白)/ CD-5WK(黒)」(左・中央)と「CDレコ(ケーブルモデル) CDRI-LU24IXA」(右)

CDプレーヤーもパソコンも持っていない私にとって、CDの曲を直接スマホに取り込める「CDレコ」は“救世主”でした。しかし今回のアプデによって、私の中で“神”と呼べる存在にまで上り詰めましたね……。

「スマホで好きな音楽をまとめて聴きたい」という願いをかなえてくれました! ありがたや〜

「スマホで好きな音楽をまとめて聴きたい」という願いをかなえてくれました! ありがたや〜

CDの曲を直接スマホに取り込みたい方はもちろんのこと、あらゆる曲をまとめて聴けるアプリをお探しの方にもぜひ試してみていただきたいです!

しえる(編集部)

しえる(編集部)

自称ポテチマスター。ポテトチップスを中心に、1日3袋のスナック菓子をたいらげるお菓子狂。お菓子関係のグッズやちょっと変わったアイテムをメインに紹介します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ページトップへ戻る