ニュース
「ドラクエIII」のHD-2Dリメイクも登場

シリーズ最新作「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」正式発表

スクウェア・エニックスは、35周年を迎える「ドラゴンクエスト」(ドラクエ)シリーズの情報や最新作について公開する記念特番を2021年5月27日に配信。その中でナンバリング最新作「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」が発表されました。加えて、「HD-2D版 ドラゴンクエストIII」など、合計6本の新作タイトルも明らかになっています。

ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎

「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」は、同シリーズのナンバリング最新作となるタイトルです。今回発表されたのはタイトルのみですが、ドラクエの生みの親である堀井雄二氏によると、プレイヤーが主人公の生き方を決め、選択によって展開が変わるとのこと。「ドラクエV」の結婚イベントのような、プレイヤー自身の選択がストーリーの展開に影響を与える要素があると予想されます。タイトルロゴが、今までのシリーズとは異なる雰囲気なのも意味ありげです。

また、シリーズでおなじみとなっているバトル方式「コマンドバトル」が一新されることも明らかになりました。コマンドバトルがなくなるわけではありませんが、新たなコマンドバトルの開発に現在取り組んでいるとのことです。

対応プラットフォームや発売時期は未定。全世界同時発売を目指しているとのことです。

HD-2D版 ドラゴンクエストIII

シリーズの中でも特に高い支持を得ている「ドラゴンクエストIII そして伝説へ…」が、HD-2Dグラフィックで生まれ変わります。「オクトパストラベラー」や「バリアスデイライフ」など、HD-2Dグラフィックを用いた作品で高い評価を得ているプロデューサー、早坂将昭氏が開発を率います。

HD-2Dグラフィックとは、ドット絵をベースとした背景に3D的な効果を加えることで独特な立体感や空気感を表現する手法です。公開された映像では、HD-2Dグラフィックで再現されたワールドマップや街、そしてバトルの様子が公開されました。

堀井雄二氏によると、「ドラクエIII」に続いて「ドラクエI」や「ドラクエII」も(HD-2D版で)作っていきたいとのことで、今後の展開にも期待がかかります。

対応プラットフォームや発売時期は未定。家庭用ゲーム機向けの展開を予定しているとのことです。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン

本作は、オフラインで遊べる「ドラゴンクエストX」を目指して開発が進められているタイトルです。ビジュアルが、オンライン版からドットとデフォルメを用いたものに変更され、かわいくて親しみやすいグラフィックになっています。

ひとりで楽しめる「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン」の対応プラットフォームは未定。発売時期は2022年のなるべく早い段階が予定されています。

「ドラゴンクエストX」最新追加パッケージ「天星の英雄たち」

「ドラクエX」についてもうひとつ、最新追加パッケージ「天星の英雄たち」の発売が発表されました。こちらは2021年秋に発売が予定されています。

ドラゴンクエスト トレジャーズ

シリーズの完全新規スピンアウト作品「ドラゴンクエスト トレジャーズ」。本作は、「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」に登場するカミュとマヤの子ども時代を描くタイトルです。

ゲームの軸となるのは“宝探し”で、これ以外のことについては謎に包まれています。ジャンルはRPGですが、既存のRPGとは少し違うゲームシステムになっているとのことです。

対応プラットフォーム、発売時期については未定となっています。

ドラゴンクエストけしケシ!

シリーズ初となるパズルゲーム「ドラゴンクエストけしケシ!」。ドラクエのキャラクターたちが、消しゴムになり、絵柄をそろえて落書きを消していくゲームです。

スマートフォン、タブレット(iOS/Android)向けに2021年内配信予定です。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る