ニュース

新しくなった「PS Plus」とは? 初代PSやPSPの名作が遊び放題になるプランも

SIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)は、定額制ゲームサービス「PlayStation Plus」を一新し 2022年6月より新たなサービスとして展開することを発表しました。新サービスには料金が異なる3つのプランが用意されており、上位2プランは特定のゲームが遊び放題になります。

新定額制サービス「PS Plus」とは?

リニューアル後の「PS Plus」は、PS3やPS4のゲームが遊び放題になる定額制のクラウドゲーミングサービス「PlayStation Now」(PS Now)のサービス内容を統合。料金が異なる3つのプランが用意されています。

PlayStation Plus Essential(PS Plus Essential)

「PS Plus Essential」は、既存の「PS Plus」で提供されている内容をそのまま引き継いだプラン。以下のコンテンツが利用可能です。
・フリープレイ(毎月二つのゲームを追加費用なしでダウンロード可能)
・加入者限定割引
・セーブデータお預かり(クラウドストレージ)
・オンラインマルチプレイ

利用料金は1か月、3か月、12か月の利用権が販売され、価格は以下の通りです。
・1か月:850円(税込み。以下同)
・3か月:2,150円
・12か月:5,143円

PlayStation Plus Extra(PS Plus Extra)

「PS Plus Extra」は、「PS Plus Essential」のサービス内容に加えて、数百本のPS4/PS5タイトルがダウンロードして遊び放題になるプラン。現時点で、タイトルの詳細は明かされていませんが、PlayStation Studiosや各メーカーのヒットタイトルの提供を予定しているとのこと。サービス開始時には「DEATH STRANDING」「ゴッド・オブ・ウォー」「Marvel’s Spider-Man」「Marvel's Spider-Man: Miles Morales」「Returnal」の提供を予定しています。サービス詳細は以下の通りです。
・「PS Plus Essential」に含まれるすべてのサービス
・PS4/PS5タイトル数百本が遊び放題(ダウンロード)

利用料金は以下の通りです。
・1か月:1,300円
・3か月:3,600円
・12か月:8,600円

PlayStation Plus Premium(PS Plus Premium)

「PS Plus Premium」は、「PS Plus Essential」と「PS Plus Extra」の内容に加えて、初代PSやPS2、PS3、PSPのタイトル、最大240本が遊び放題になるプランです。また、ダウンロードして遊ぶだけでなく、クラウドストリーミングを利用して遊ぶことができるのも特徴になっています。クラウドストリーミングは、PS4、PS5およびPCで利用可能です。サービスの詳細は以下の通りです。
・「PS Plus Essential」「PS Plus Extra」に含まれるすべてのサービス
・PS3タイトル、および初代PS、PS2、PSPのクラシックタイトル最大240本が遊び放題(ダウンロード&ストリーミング)
・「PS Plus Extra」および「PS Plus Premium」のサービスに含まれる初代PS、PS2、PSPおよびPS4用タイトルをクラウドストリーミングで利用可能
・購入前のゲームトライアル(プレイ時間制限あり)

利用料金は以下の通りです。
・1か月:1,550円
・3か月:4,300円
・12か月:10,250円

このほかに、現在「PS Now」が提供されていない地域、つまり、クラウドストリーミングが利用できない地域向けに、「PlayStation Plus Premium」からクラウドストリーミング利用を省き、価格を下げた「PlayStation Plus Deluxe」が提供されますが、日本はこの地域に含まれません。 なお、2022年6月のリニューアルとともに、現行の「PS Now」は新「PS Plus」に統合されます。「PS Now」を現在利用中のユーザーは、「PS Plus Premium」に自動的に移行されるとのことです。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る