レビュー
「エコ・ドライブ Bluetooth」の人気カラーの新モデル

シチズンの“充電不要なスマートウォッチ”が軽く、傷に強くなった!

シチズン時計は、2018年4月よりスマートフォンとリンクするアナログ腕時計「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズから、「スーパーチタニウム」を採用したメンズウォッチ5モデルを発売している。

「エコ・ドライブ Bluetooth W770」の新作5モデル。本稿では上段右の「BZ1045-05E」を取り上げる。ほかの4モデルについては後述

2012年に登場した「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth」の魅力は、充電作業を必要としない発電機能「光発電エコ・ドライブ」を採用していること。太陽光や室内のわずかな光を電気エネルギーに変換して腕時計を動かすため、定期的な電池交換はもちろん、ほかのスマートウォッチのようにケーブルによる充電も必要ない。

また、Bluetooth接続でスマートフォンと連携。専用アプリ「エコ・ドライブ Bluetooth」上で、アラームや時差修正などの設定を直感的に行えるのもウリだ。

そして2018年4月、ケース素材などに「スーパーチタニウム」を採用した新モデルが登場。ここでは、完売した数量限定モデルのデザインを継承した「エコ・ドライブ Bluetooth W770」の「BZ1045-05E」を中心に紹介する。

軽くて傷に強い「スーパーチタニウム」を採用

「BZ1045-05E」は、「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズで採用される月差±15秒のムーブメント「Cal.W770」のケース素材に、「スーパーチタニウム」を採用した新モデル。シリーズの機能やデザインコンセプトを継承しつつ、軽くて傷に強い時計に仕上がっている。

メーカー希望価格は、97,200円(税込)

2016年に数量限定3000本が完売した「エコ・ドライブ Bluetooth」の「BZ1025-02E」のデザインを継承した「BZ1045-05E」。ブラックの文字板色にグリーンのポイントカラーが映える

【SPEC】
●キャリバーNo.:W770
●精度:±15秒/月 
●厚み:15.7mm
●ケースサイズ:48.0mm 
●ケース素材:スーパーチタニウム 
●表面処理:デュラテクト
●ガラス:サファイアガラス(無反射コーティング) 
●バンド素材:ウレタン

「スーパーチタニウム」は、本来やわらかい素材である純チタニウムに表面硬化技術「デュラテクト」を施すことで、ステンレスの5倍以上の表面硬度を誇る素材。傷から時計本来の美しさを守ってくれる。

「BZ1045-05E」は、ベゼルや竜頭(りゅうず)を含むケース周りすべてに「スーパーチタニウム」を採用。海水に対しても高い耐食性を持つ素材でサビにくい。なお、本体は10気圧防水に対応

また、「スーパーチタニウム」は、ステンレスよりも約40%軽いとされている。実際、2017年に発売された、ケース素材がステンレスの「BZ1020-22L」の重量は実測値128gなのに対し、「BZ1045-05E」は実測値87gと、約32%軽くなっている。

【関連記事】LINE通知も可! “充電いらず”のスマートウォッチ「エコ・ドライブ Bluetooth」

「スーパーチタニウム」のもうひとつの魅力は、アレルギー体質の人も安心して着用できるということ。独自の表面硬化技術「デュラテクト」を施すことで、耐ニッケルや耐メタルアレルギー仕様を可能にしているという。

傷つきやすいバックルにも「スーパーチタニウム」を採用しており、安心して日常使いができる。なお、バンドの素材はウレタン

なお、文字板のデザインも変更。インデックスを見返しリング上へ配置することで、文字板に立体感が生まれているうえに、文字板上のレイアウトを変更したことで視認性が向上している。

スモールダイアルを中心に描く同心円状のパターンは、Bluetoothの電波を表現。また竜頭は、従来モデルよりシャープにデザインされている

スマホと連携するスマートウォッチ的機能も継承

「BZ1045-05E」は、従来モデルと同じくBluetooth接続でスマホと連動。たとえば、アプリ内の世界地図をタップするだけで、腕時計をその場所の正確な時刻に合わせられる。

スマホの専用アプリ「エコ・ドライブ Bluetooth」上で、UTC(協定世界時) を含む世界316 都市の時刻に腕時計の時刻を自動修正できる

また、スマホに電話の着信やメールの受信、カレンダーのリマインドなどの通知表示が出た際、「BZ1045-05E」本体が「針の動き」「音」「振動」で知らせてくれる。内容はスマホ上でチェックするしかないが、「Gmail」、「LINE」、「Facebook」の「Messenger」、「Twitter」、「Instagram」など、主要なメールやSNSアプリの通知にもおおかた対応しているのがうれしい。

通知機能に対応するスマホアプリの一部。アプリごとに通知のオン/オフや方法、対象を設定できる

通知機能に対応するスマホアプリの一部。アプリごとに通知のオン/オフや方法、対象を設定できる

「プロマスター」でも採用される「衝撃検知機能」

そして最後に、「衝撃検知機能」にも触れておきたい。

同機能は、衝撃によって針がズレるのを防ぐ機能。本体が外部から衝撃を受けると、モーターに電気信号が流れ、ローターを一瞬でロックし、再び針を動かす。これだけの処理を行うのに要する時間は、わずか約1000分の1秒だということで、ショックや振動に人が気づく時にはすでに針はロックされてズレを防止し、そして正確な時を刻み続ける。

この機能は、「光発電エコ・ドライブ」や「スーパーチタニウム」「スマホ連携」といった主要な機能に隠れてしまいがちだが、同社の本格スポーツウォッチ「プロマスター」 にも搭載されている高機能だ。

【まとめ】タフネスさが加わってより洗練された1本

「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズは、アナログ時計としてのかっこよさや優美さがありながら、光発電技術とスマホ連携機能を搭載しており、使い勝手もよい。さらに「BZ1045-05E」には、「デュラテクト」加工が施された「スーパーチタニウム」の採用や、「衝撃検知機能」の搭載により、タフネスウォッチと言っても申し分のない堅牢さと軽さも備わっている。日常使いでガシガシ使いたい人にはもってこいのスマートウォッチだ。

【ほかのラインアップ】

(左)ケース素材に「デュラテクト」非処理の「スーパーチタニウム」を採用した「BZ1040-09E」。価格は86,400円(税込)(右)ケース素材に「スーパーチタニウム」を採用し、ベゼルのみ「デュラテクト」処理をした「BZ1041-06E」。価格は91,800円(税込)

(左)ケースとバンド素材に「デュラテクト」非処理の「スーパーチタニウム」を採用した「BZ1040-50L」。価格は108,000円(税込)(右)ケースとバンド素材に「スーパーチタニウム」を採用し、ベゼルのみ「デュラテクト」処理をした「BZ1041-57E」。価格は113,400円(税込)

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る