新製品レポート
Core i7/i5 Hプロセッサー、メモリーは最大64GB!

レノボ「ThinkPad X1 Extreme」、薄型・軽量ボディに「GeForce GTX 1050 Ti」搭載のプレミアムモデル

レノボ・ジャパンは2018年9月11日、グラフィックス性能と携帯性を両立したノートパソコン「ThinkPad X1 Extreme」を発売した。写真や映像の編集、3DCG制作など、プロのクリエイターやパソコン上級者をターゲットとした高性能モデルだ。直販価格は278,000円(税別)から。

15.6型ディスプレイを搭載するThinkPad X1 Extreme。インテルの「第8世代Core i7/i5 Hプロセッサー」やNVIDIAの「GeForce GTX 1050 Ti」を備える高性能なノートパソコン

薄型・軽量ボディながら高いパフォーマンスを実現

ThinkPad X1 Extremeは、15.6型の液晶ディスプレイを搭載する高性能なノートパソコン。薄さ約18mm、重量約1.7kgの薄型・軽量ボディに、「第8世代インテルCore i7/i5 Hプロセッサー」やNVIDIAの「GeForce GTX 1050 Ti」を備える。高性能でありながら、持ち運びできるサイズ感を実現したのが特徴だ。同社によると、NVIDIAのゲーム用薄型ノートPCのデザインコンセプト「MAX-Q」に準拠しており、クリエイター向けではあるが、PCゲームでもすぐれたパフォーマンスが期待できそうだ。

本体の厚さは約18mm。GeForce GTX 1050 Tiを内蔵しているとは思えないスリムなボディだ

本体の厚さは約18mm。GeForce GTX 1050 Tiを内蔵しているとは思えないスリムなボディだ

直販モデルでは、メモリーが最大64GB、ストレージが最大2TB(1TB PCIe NVMe SSD×2)とワークステーション並のスペックを選択できる。ディスプレイはマルチタッチ対応で3840×2160の4K解像度と、1920×1080のフルHD解像度の2種類を用意。4KディスプレイはAdobe RGBカバー率100%を実現しているほか、「Lenovo Pen Pro」を使った手書き入力もサポートする。

外部インターフェイスには、USB 3.1 Type-C(Gen2、Thunderbolt 3共用)×2、USB 3.0 Type-A(Gen1)×2、HDMI、イーサネット拡張コネクター、メモリーカードスロット、マイク入力/ヘッドホン出力などを搭載、ACアダプターは135Wのタイプで、USB Type-Cではなく電源用のコネクターを使って充電する。

本体サイズは約361.8(幅)×245.7(奥行)×18.4(高さ)mm、重量約1.7kg(タッチモデルは約1.8kg)。バッテリー駆動時間は最大約16時間。OSはWindows 10 Pro 64ビット/Home 64ビットを用意する。

ACアダプターのサイズは118(幅)×77(奥行)×21(高さ)mm。約60分で80%まで充電できるラピッドチャージ機能に対応する

薄型・軽量ボディにどうやって高性能パーツを詰め込んだ?

同日に東京都内で開催された発表会では、ThinkPad X1 Extremeの開発秘話などが披露された。同モデルは先月発表したワークステーション「ThinkPad P1」の兄弟機種であり、筐体や設計で共通点が多いという。

ThinkPad X1 Extreme/P1の設計思想。ThinkPad X1 Carbonで培った薄型軽量化技術と、ワークステーションの「ThinkPad P」シリーズのパフォーマンス技術を掛け合わせ、高い携帯性と処理能力を両立している

ThinkPad X1 Extreme/P1は、CPUにTDP15WのUプロセッサーを搭載する「ThinkPad X1 Carbon」(第6世代)の5倍の熱を処理し、TDP45WのHプロセッサーを搭載するワークステーション「ThinkPad P52」のサイズ(フットプリント、厚さ、重量)を1/3にするという大きなチャレンジだったという。

熱に関しては、ThinkPadではおなじみの、ふくろうの羽から着想を得たという第10世代の「オウル(ふくろう)ファンテクノロジー」により、マイナス2.5dBの静音化と高い冷却性能を実現。ファンハウジングとヒートパイプを一体化することで排熱効率も高めている。また、CPU用とGPU用のファンを連結し、共有することで、冷却パフォーマンスの最適化も図っている。

CPU用とGPU用の2つのファンを連結し、CPUの冷却が必要ない場合はGPUを重点的に冷やすなど、状況に応じてフレキシブルに冷却能力を振り分けている

パフォーマンス面では、Windows 10の「パワースライダー」と独自の「Intelligent Cooling」を連動し、静かさ重視の「Quiet mode」、バランス型の「Balanced mode」、処理性能重視の「Performance mode」の3つから動作モードを選択できるようになっている。

軽量化では、材料の選定にこだわったという。天板にはThinkPad X1 Carbonで長年採用してきたカーボンファイバーを採用。キーボード面はマグネシウム・アルミニウム合金、底面にはThinkPadでは初採用というアルミニウムが使われている。薄型・軽量ボディのThinkPad X1 Extremeだが、ほかのThinkPadと同様、200種類以上のハードウェア検証テスト(別名、拷問テスト)をクリア。細かい点だが、クリックパッドとボディの隙間を0.2mm(通常は0.3mm)にするなど、価格や性能だけでなく、外観もプレミアムスペックとなっている。

底面にはThinkPadとしては初となるアルミニウム素材を使用

底面にはThinkPadとしては初となるアルミニウム素材を使用

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る