ニュース
ファーウェイの新製品を詳細レポート

高コスパのファーウェイが、スマートウォッチ、タブレット、イヤホンの最新モデルを発表

ファーウェイは、2021年4月20日に新製品を発表した。1万円を切る価格でアクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds 4i」をはじめ、縦長ディスプレイ搭載のスマートウォッチ「Band 6」、人気スマートウォッチのアップデートモデル「WATCH FIT Elegant Edition」、久々の新製品となったタブレット「MatePad T 10s/10」が一挙に登場。その詳細をレポートする。

縦長ディスプレイ搭載のスマートウォッチ「Band 6」

縦長ディスプレイ搭載のスマートウォッチ「Band 6」

アクティブノイズキャンセリング機能搭載の完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds 4i」

「FreeBuds 4i」は、市場想定価格9,680円(税込)という価格ながらも、アクティブノイズキャンセリング機能搭載、連続再生時間(本体のみ)約10時間のバッテリー性能、10mmドライバーによるクリアな音質が特徴の完全ワイヤレスイヤホンだ。

ファーウェイのイヤホンのエントリーモデル「FreeBuds i」シリーズの新製品「FreeBuds 4i」

ファーウェイのイヤホンのエントリーモデル「FreeBuds i」シリーズの新製品「FreeBuds 4i」

タイプはカナル型で、イヤホン単体の重量は約5.5g。人間工学に基づいて設計されたとのことで、実際に装着してみたところ、耳への圧迫感が少なく軽量で着け心地は良好だった。

カラバリはカーボンブラック、セラミックホワイト、レッドの3種類で、それぞれに約36.5gの充電ケースが付属。充電ケースは、楕円形で滑らかな手触りを実現した、コンパクトでスタイリッシュなデザインだ。

楕円形の充電ケース。少してツヤが出ているが、コンパクトで握り心地がいい

楕円形の充電ケース。少してツヤが出ているが、コンパクトで握り心地がいい

アクティブノイズキャンセリングで消せる騒音レベルは最大35db。聞くことに集中できる静かな視聴環境を提供し、外部音取り込みモードにも対応。イヤホンを外さなくても会話が可能だと言う。

搭載されるマイクは、独自の音ビームフォーミング技術とAIノイズリダクション技術を組み合わせた、デュアルマイクで、通話時のノイズキャンセリング機能も備える。人混みの中でも通話者の声が拾いやすくなっており、クリアな通話が可能とのことだ。

イヤホンとしての音質は、10mmドライバーと高感度のポリマー振動板を搭載することで、低、中、高音域のバランスが取れたサウンドを実現。連続音楽再生時間は、アクティブノイズキャンセリングオフ、音量を50%、AAC有効の場合で約10時間(本体のみ)。ケース充電を含めると約22時間の連続再生が可能だ。

充電ケースは急速充電に対応しており、約10分間の充電で約4時間の音楽再生が可能とのこと。BluetoothはBluetooth 5.2、コーデックはAAC、SBCに対応。音楽再生、一時停止、電話の応答、ANC、外部音取り込みモードなどの操作は、イヤホンでのタッチ操作で行える。

カーボンブラック、セラミックホワイトは2021年4月16日発売。レッドは2021年5月発売予定だ。

「Band 6」&「WATCH FIT Elegant Edition」

スマートウォッチでは、バンドタイプの「Band 6」と、価格.comの「ウェアラブル端末・スマートウォッチ」カテゴリーでも大人気の「WATCH FIT」のアップグレード版「WATCH FIT Elegant Edition」が発表された。

「Band 6」は、ファーウェイが展開しているフィットネスバンド「Band」シリーズの最新モデルだが、有機ELディスプレイのサイズが従来の0.95インチから1.47インチへと大きくなり、スクエア型スマートウォッチのような見た目に変更された。

画面が縦長に大きくなった「Band 6」

画面が縦長に大きくなった「Band 6」

「Band 6」(左)と従来モデル「Band 4」を並べると、「Band 6」のほうが情報を確認しやすいのがよくわかる

「Band 6」(左)と従来モデル「Band 4」を並べると、「Band 6」のほうが情報を確認しやすいのがよくわかる

フィットネスバンドは、ボディサイズがコンパクトな半面、ディスプレイに表示される情報が見にくいというデメリットもあった。しかし、「Band 6」は、1.47インチに拡大されたディスプレイで見やすさがアップ。重量は、従来の12gから18gへと増加したが、そこまで気になるほどのレベルではない。

「Band 6」のディスプレイは、2.5Dの曲面デザインで指紋コーティングを搭載。バンドにはやわらかいシリコン素材を採用している。

健康管理機能については、心拍数センサーによる24時間心拍数モニタリング、血中酸素常時測定、月経周期トラッキング、睡眠モニタリング、ストレスモニタリングに対応する。

運動による体の変化をトラッキングするワークアウトモードは、全96種類のスポーツに対応。専用の測定メニューを備えるプロスポーツモードには、屋内外のランニングやサイクリングといった人気ワークアウトに加えて、新たに「縄跳び」が追加された。縄跳びの回数や連続超約数、新派宇数、消費カロリーを測定できるとのことだ。

ワークアウトを自動で識別し、運動開始時にさかのぼって計測を行ってくれる「ワークアウトモード自動識別」機能は、屋内外のウォーキングとランニング、エリプティカル、ローイングという6つのワークアウトの検出に対応。わざわざ、本体でワークアウトの種類を選んで……といった操作を行う必要がないのは助かる。また、測定開始の操作を忘れてしまったときにも便利だろう。

バッテリーは、通常使用(24時間心拍数測定/睡眠モニタリング/メッセージ通知オン、1日に200回の画面表示、毎日30分のワークアウト)の範囲では14日間。従来モデルでも支持されてきた長時間バッテリーは、そのまま引き継がれている。また、急速充電にも対応しており、5分の充電で約2日間使用することが可能だ。

そのほかの機能では、50mの耐水性能、Bluetooth 5.0 BLE対応、音楽再生操作などに対応。なお、GPS機能は搭載していないため、ランニングなどのアクティビティを測定するときは、スマートフォンとの連携が必要になる。カラバリは、グラファイトブラック、アンバーサンライズ、サクラピンク、フォレストグリーンの4種類で、市場想定価格は8,580円(税込)。フォレストグリーンとアンバーサンライズは5月以降発売。グラファイトブラックとサクラピンクは近日発売。

いっぽうの「WATCH FIT Elegant Edition」は、「WATCH FIT」からケースが上質なガラスとステンレスにアップグレードされ、バンドにもシリコンより着け心地のよいフルオロエラストマーを採用したプレミアムモデルだ。

「WATCH FIT Elegant Edition」

「WATCH FIT Elegant Edition」

新しくNFCを搭載したことで、ファーウェイ製のスマートフォンからファイルを転送する「HUAWEI Share OneHop」に対応。たとえば、スマートフォンで撮影した写真を「WATCH FIT Elegant Edition」に転送し、それをウォッチフェイスに登録する、といったことが可能になる。

カラバリはフロスティホワイトとミッドナイトブラックの2種類。市場想定価格は19,800円(税込)。発売は2021年4月23日。

Androidタブレット「MatePad T 10s/10」

ファーウェイのAndroidタブレットの中でもエントリーモデルに位置する「MatePad T」シリーズに、約10インチの大画面モデル「MatePad T 10s」と「MatePad T 10」が追加された。なお、本機はGMS非対応のため、Google関連のアプリは使えなくなっている。

2モデルの違いは、主に画面サイズと解像度だ。「MatePad T 10s」は約10.1インチ(1920×1200)のIPS液晶を備えるいっぽうで、「MatePad T 10」は約9.7インチ(1280×800)のIPS液晶を搭載する。ディスプレイのサイズに違いはあるが、本体サイズや重量は変わらず、サイズは約240(横)×159(縦)×7.9(厚さ)mmで、重量は約450gだ。

「MatePad T 10」(左)と「MatePad T 10s」(右)。ベゼルは少し大きめだ

「MatePad T 10」(左)と「MatePad T 10s」(右)。ベゼルは少し大きめだ

ディスプレイには、自動的に動画の輝度と彩度を調整する「HUAWEI ClariVu」画像処理テクノロジーを採用。また、同技術のアルゴリズムによりシャープネスが向上すると言う。

基本スペックは、CPUが「Kirin 710A」で、メモリーが2GB、ストレージ容量が32GBと両モデル共通。外部ストレージはmicroSDカード(最大512GB)に対応する。バッテリーは約5100mAhだ。

サウンド性能に関しては、「MatePad T 10s」にのみ、オーディオブランドHarman Kardon(ハーマンカードン)によるサウンドチューニングが施されている。そのほか、搭載するセンサー類が「MatePad T 10」は加速度センサーのみなのに対し、「MatePad T 10s」は、近接センサーと照度センサーも搭載する。

エントリーモデルながらも、ブルーライトカットモードやeBookモード、ダークモード、そして子供専用UIのキッズモードなど、多彩な機能を備えるのが特徴だ。特に面白いのが、ひとつのアプリを2画面表示する「アプリマルチプライヤー」だ。このモードでは、たとえば、アプリ「U-NEXT」で動画の一覧をタップすると、画面が分割されて右側に動画の詳細が表示される、といった具合だ。対応アプリが少ないのが気になるが、大画面を生かした便利な機能だと感じた。

eBookモードでは、グレースケール表示に切り替わり、暗い部屋でも目への負担が少なくなる

eBookモードでは、グレースケール表示に切り替わり、暗い部屋でも目への負担が少なくなる

「アプリマルチプライヤー」で「U-NEXT」を操作しているところ。左に動画一覧、右に動画の詳細が表示される

「アプリマルチプライヤー」で「U-NEXT」を操作しているところ。左に動画一覧、右に動画の詳細が表示される

子ども専用の「キッズモード」。お絵描きアプリなど、遊びと教育に関するアプリがインストールされている。アプリごとに使用許可を設定したり、利用時間を細かく設定することが可能だ

子ども専用の「キッズモード」。お絵描きアプリなど、遊びと教育に関するアプリがインストールされている。アプリごとに使用許可を設定したり、利用時間を細かく設定することが可能だ

外部インターフェイスはUSB Type-Cポートとイヤホンジャックを備える。Wi-FiはIEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4/5GHz)に対応。カラバリはディープシーブルーの1種類。セルラーモデルはなく、Wi-Fiモデルのみの販売となる。市場想定価格は「MatePad T 10s」が27,280円(税込)、「MatePad T 10」が23,980円(税込)。発売は2021年4月23日。

なお、2020年6月に発売された10.4インチのタブレット「MatePad」が、CPUとメモリー、そして通信機能を強化して発売されることが明らかにされた。具体的には、CPUがKirin 820、メモリーが4GB、ストレージ容量が64GBにアップグレード。通信機能では、新たにWi-Fi 6に対応する。こちらは市場想定価格が33,880円(税込)。発売は2021年4月23日。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
スマートフォン・携帯電話のその他のタグ
ページトップへ戻る