ニュース
いつでもどこでもゲームをしたい人へ

完全にゲーム機!? テックワンがゲーミングに特化したUMPC「ONEXPLAYER」を8月発売

テックワンは2021年6月29日、国内正規代理店を務める中国One-Netbook TechnologyのUMPC(ウルトラモバイルPC)「ONEXPLAYER」を8月下旬に国内で発売すると発表した。ポータブルゲーム機のようなストレート型のきょう体に、UMPCとしては大型の8.4型のディスプレイを搭載する。価格はオープンで、直販価格は146,300円(税込)から。本日29日から先行予約受付を開始する。

8.4型のディスプレイを搭載するONEXPLAYER。UMPCというよりもポータブルゲーム機という雰囲気だ。先行予約すると先行予約価格の131,670円(税込)から購入できる

8.4型のディスプレイを搭載するONEXPLAYER。UMPCというよりもポータブルゲーム機という雰囲気だ。先行予約すると先行予約価格の131,670円(税込)から購入できる

ゲーム機としてのホールド感や触り心地にこだわり

ONEXPLAYERは8.4型のディスプレイを搭載するゲーミングUMPC。One-Netbook TechnologyはゲーミングUMPCとして、コントローラーを着脱できる「OneGx1」「OneGx1 Pro」という2モデルを国内で展開しているが、ONEXPLAYERはコントローラー一体型で、よりゲームに特化したモデルとなっている。

ディスプレイはUMPCとしては大型の8.4型。解像度は2560×1600(358ppi)の超高精細なディスプレイだ。IPS液晶で視野角が広く、色域はsRGB100%をカバー。10点マルチタッチにも対応する。

実物を見ると、8.4型のディスプレイは大きくて見やすい

実物を見ると、8.4型のディスプレイは大きくて見やすい

ONEXPLAYERのこだわりはホールド感と触り心地。人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインで、しっかりとしたホールド感を実現し、長時間プレイしても疲れにくいように配慮している。塗装にもこだわっており、サラサラとした触り心地でありながら滑りにくく、ゲームを気持ちよくプレイすることが可能だ。細かい操作が可能なアナログトリガーボタンやALPS製のアナログスティックなど各種ボタンにもこだわっている。

ホールド感にこだわった丸みのあるボディ。ボタン類もサラサラとした触り心地で、快適に操作できそうだ

ホールド感にこだわった丸みのあるボディ。ボタン類もサラサラとした触り心地で、快適に操作できそうだ

本体サイズは288(幅)×130(奥行)×21(高さ)mm、重量は約820g。さすがに長時間手に持って遊ぶと腕が疲れてしまうので、65°の角度に本体を立たせられるキックスタンドを搭載。ゲームだけでなく動画視聴時にも役立つ。

背面にキックスタンドを備える

背面にキックスタンドを備える

第11世代Coreプロセッサー搭載。グラフィックは「Iris Xe Graphics」

ラインアップは「アルティメットエディション」「プロエディション」「スタンダードエディション」の3モデルを用意する。

最上位機種のアルティメットエディションは、CPUに「Core i7-1185G7」(最大4.8GHz)を搭載。グラフィックは「Iris Xe Graphics(96EU)」、メモリーはLPDDR4x4266MHzの16GBというハイスペックな仕様。ストレージは1TB SSD/2TB SSDの2タイプから選べる。直販価格は2TBモデルが239,800円(税込)、1TBモデルが198,000円(税込)。

中位機種のプロエディションは、CPUに「Core i7-1165G7」(最大4.7GHz)、グラフィックはIris Xe Graphics(96EU)、メモリーはLPDDR4x4266MHzの16GB、ストレージが1TB SSDというスペック。直販価格は166,100円(税込)。

下位機種のスタンダードエディションは、CPUが「Core i5-1135G7」(最大4.2GHz)、グラフィックはIris Xe Graphics(80EU)、メモリーはLPDDR4x4266MHzの16GB、ストレージは512GB SSD/1TB SSDの2タイプから選べる。直販価格は1TBモデルが151,800円(税込)、512GBモデルが146,300円(税込)。

冷却性能はダブルヒートパイプとデュアル放熱ファンにより、GPUの温度を常に70°以下に抑えて、パフォーマンスの低下を防ぐという。

背面には2つの排気口がある。電源ボタンは指紋認証センサー付き

背面には2つの排気口がある。電源ボタンは指紋認証センサー付き

また、インテルが行っている「インテル Iris Xe グラフィックス検証プログラム」に参加し、インテルがさまざまなゲームタイルの動作検証を進めていくという。

外部インターフェイスとして、USB 4.0 Type-C×2、USB 3.0 Type-A、microSDメモリーカードスロット、3.5mmイヤホンジャックを本体上部に搭載。USB 4.0 Type-Cを使って、eGPUボックス(外付けGPU)と接続することもできる。

外部インターフェイスは本体の上部に配置されている

外部インターフェイスは本体の上部に配置されている

USB 4.0 Type-Cを使ってeGPUボックスとの接続が可能

USB 4.0 Type-Cを使ってeGPUボックスとの接続が可能

バッテリー容量は15,300mAhで、駆動時間は未公表。最大65WのPowerDelivery(PD)充電に対応する。

別売で専用マグネットキーボードを用意する。キーボードを使って操作するゲームを楽しめるほか、UMPCとして仕事などにも活用できる。マグネットキーボードの直販価格は9,680円(税込)。

別売の専用マグネットキーボード。WASDキーがオレンジ色のゲーミング仕様のキーボードだ

別売の専用マグネットキーボード。WASDキーがオレンジ色のゲーミング仕様のキーボードだ

タレントでゲーム実況者でもある池田ショコラさんがONEXPLAYERを実際に体験

タレントでゲーム実況者でもある池田ショコラさんがONEXPLAYERを実際に体験

人気バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」をONEXPLAYERでプレイする池田ショコラさん。「仕事で地方に出張に行くときにホテルなどで楽しみたい」と語った

人気バトルロイヤルゲーム「Apex Legends」をONEXPLAYERでプレイする池田ショコラさん。「仕事で地方に出張に行くときにホテルなどで楽しみたい」と語った

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る