ニュース

ThinkPad誕生30周年! 懐かしいRGBロゴの記念モデルを1000台限定で販売

レノボ・ジャパンは2022年10月5日、ThinkPad30周年記念モデル「ThinkPad X1 Carbon Gen 10 30th Anniversary Edition」を1000台限定で発売すると発表した。天板には懐かしいRGBカラーのThinkPadロゴを採用するほか、記念モデル限定の青色と緑色の「トラックポイントキャップ」などを同梱する。レノボオンラインストアでの価格は330,000円(税込)。

「ThinkPad X1 Carbon Gen 10 30th Anniversary Edition」

「ThinkPad X1 Carbon Gen 10 30th Anniversary Edition」

懐かしのRGBカラーのThinkPadロゴ、付属品も豪華!

「ThinkPad X1 Carbon Gen 10 30th Anniversary Edition」は、14型ディスプレイを搭載するビジネスノートPC「ThinkPad X1 Carbon Gen 10」をベースにした特別モデル。カーボン柄の天板とパームレスト部に、RGBカラーの懐かしいThinkPadロゴを採用する。また、青色と緑色の「トラックポイントキャップ」や、記念ステッカー、ThinkPadの父と呼ばれる内藤在正氏のメッセージを収めたブックレットなどが付属する。

また、本モデルはNECパーソナルコンピュータ米沢事業場にて生産され、日本独自のシリアルナンバーが刻印されるという。

カーボン柄の天板の左上には、光の三原色RGBを表現したRGBカラーのThinkPadロゴがあしらわれる

カーボン柄の天板の左上には、光の三原色RGBを表現したRGBカラーのThinkPadロゴがあしらわれる

赤色、緑色、青色の「トラックポイントキャップ」

赤色、緑色、青色の「トラックポイントキャップ」

梱包箱には竹やサトウキビ由来の堆肥化可能素材を利用している

梱包箱には竹やサトウキビ由来の堆肥化可能素材を利用している

スペックも特別モデルらしいハイスペックな仕様。CPUには「Core i7-1260P」を採用し、メモリーは32GB、ストレージには512GBのSSDを搭載する。ディスプレイは2.8Kの14型有機EL。外部インターフェイスにはUSB 4(Thunderbolt 4対応)×2、USB 3.2 Gen 1×2、HDMI出力、マイク入力/ヘッドホン出力を備える。

本体サイズは約315.6(幅)×222.5(奥行)×15.36(高さ)mm、重量は約1.15kg。バッテリー駆動時間は最大約21.7時間。

16.3型に大画面化! 画面が折りたためる「ThinkPad X1 Fold」(2022年モデル)

同日に「ThinkPad X1 Fold」の2022年モデルも発表された。折りたためる有機ELディスプレイを搭載したフォルダブル2in1PC。10月中旬以降受注開始予定で、出荷は11月中旬以降を予定する。レノボオンラインストアでの価格は542,300円(税込)から。

「ThinkPad X1 Fold」(2022年モデル)

「ThinkPad X1 Fold」(2022年モデル)

世界初の画面折りたたみ式PCとして、2020年に発売された初代の「ThinkPad X1 Fold」は13.3型の有機ELディスプレイを搭載していたが、2022年モデルはひとまわり大きな16.3型の有機ELディスプレイを搭載する。画面のアスペクト比は4:3で、解像度は2560×2024。初代モデルでは太かったベゼル(額縁)も細くした。

初代モデルのユーザーの要望に応え、Bluetoothキーボードにトラックポイントを搭載。フルサイズキーボードとなり、タイピングがしやすくなっている。また、スタンドを用いた画面位置調整もより柔軟にできるように改良した。

CPUは第12世代の「Core i7/i5」、メモリーは最大32GB、ストレージは最大1TBとスペック面も大幅に強化している。外部インターフェイスにはThunderbolt 4×2、USB 3.2 Gen 2 Type-Cを備える。

本体サイズは約276.4(幅)×345.7(奥行)×8.6(高さ)mm(開いた状態)/約176.2(幅)×276.2(奥行)×17.4(高さ)mm(折りたたみ時)、重量は約1.28kg(キーボード、スタンド装着時は約1.92kg)。バッテリー駆動時間は最大約14.65時間。

折りたたむと、ビジネス手帳のようなたたずまい

折りたたむと、ビジネス手帳のようなたたずまい

トラックポイント付きのBluetoothキーボードを本体に載せれば、ノートパソコンのようなスタイルで利用できる

トラックポイント付きのBluetoothキーボードを本体に載せれば、ノートパソコンのようなスタイルで利用できる

クラレの素材を使用したスタンドには、地球にやさしい再生プラスチック由来原料を使用。柔軟に角度を変えられるなど機能面もパワーアップ

クラレの素材を使用したスタンドには、地球にやさしい再生プラスチック由来原料を使用。柔軟に角度を変えられるなど機能面もパワーアップ

時代にあった生産を求めて30年

ThinkPad誕生30年を記念し、同日には都内で開催された「レノボThinkPad 30周年記者発表会」には歴代のThinkPadがズラリと展示された。同社の製品企画部マネージャーの元嶋亮太氏は、「記念モデルには30年の感謝を込めた」と話した。

大和研究所で長くThinkPadの開発に携わってきた、同社の執行役員常務の塚本泰通氏は30年を振り返り、「ThinkPadが目指すものはお客様の成功。この成功のために生産性を上げるためのツールがThinkPadであり、その生産性は時代とともに変わってきた。計算能力、ディスプレイのきれいさ、最近ではカメラやマイクの品質など、いろいろ変わってきているが、本質的なところは変わっていない」と述べた。

執行役員常務の塚本泰通氏

執行役員常務の塚本泰通氏

ブランドネームに初めて「ThinkPad」が使われた「ThinkPad 700C」。当時の価格は998,000円

ブランドネームに初めてThinkPadが使われた「ThinkPad 700C」。当時の価格は998,000円

また、塚本氏は30年前の初代ThinkPadである「ThinkPad 700C」について、「当時の価格で約100万円と非常に高額だったため、お客様は大切に使ってくれると思ったが、会社で支給されるものなので、意外と雑に扱われて返却されてきた。それをきっかけに、堅牢性について、いろいろテストを繰り返した。ThinkPadと言えば堅牢性が高いと思っていただけるのは、このころにさまざまなテストを生み出したため」と当時の思い出を披露した。

CD-ROMドライブや「バタフライキーボード」、指紋認証など、いくつもの世界初を生みさしてきたThinkPad。その進化が今後も続く

CD-ROMドライブや「バタフライキーボード」、指紋認証など、いくつもの世界初を生みさしてきたThinkPad。その進化が今後も続く

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

ガジェットとインターネットが好きでこの世界に入り、はやいもので20年。特技は言い間違いで、歯ブラシをお風呂、運動会を学芸会、スプーンを箸と言ってしまいます。お風呂とサウナが好きです!

関連記事
プレゼント
価格.comマガジン プレゼントマンデー
SPECIAL
ページトップへ戻る