新製品レポート
洗濯機がインテリアになり、冷蔵庫でコミュニケーションを取る時代が来る!?

「家電」業界に革命を起こす!? ハイアールアジアが作る「価伝(かでん)」とは?

2012年1月、旧三洋電機の事業体をハイアールが引き継いで設立したハイアールアジアが、家電業界に革命を起こす!? 

ハイアールアジアによると、これから同社が発売する製品は、「家電」ではなく、製品の価値を伝える“価伝”。2015年2月に発売された世界初の“持ち運べる”洗濯機「コトン」ですでに実現されたような、これまでの常識にとらわれない“ワクワクする製品”“新たな生活スタイルを提案する製品”を開発していくという。ここでは、先月行われた発表会「Innovation Trip! 2015 feat.AQUA」において披露された、業界に革命を起こす! かもしれない「価伝」の数々をレポートする。

「自分がワクワクしないもの、欲しいと思わないものは作らない」と語るハイアールアジア代表取締役兼CEOの伊藤嘉明氏。傍らにあるのは、伊藤氏が「欲しいから作った」という「R2-D2」型冷蔵庫!(詳細は3ページ)

発表されたのは、スケルトンの洗濯機(写真上)や、液晶ディスプレイを搭載した冷蔵庫(写真中)、“冷やさない”冷蔵庫(写真下)など、これまでの「家電」という枠にとらわれない、斬新なアイデアが盛り込まれた“価伝”たち

「水を使わない」「中身が見える」! これまでの常識を覆す洗濯機が続々登場

まずは、ハイアールアジアが提案する“価伝”となった洗濯機からチェックしていこう。水を使わずオゾンで洗う「Racooon(ラクーン)」、中身が見えるスケルトン洗濯機「Clear(クリア)(仮)」など、洗濯機の概念を覆す製品が登場した。

水を使わずオゾンで洗う洗濯機「Racooon(ラクーン) AHW-SR1」

今まで家庭でケアすることを諦めていた衣類が、これからは自宅で手軽にケアできる! 「ラクーン」は、型崩れが心配なスーツや、シルクやレザーといったデリケートな素材など、家庭での洗濯が難しい衣類を、水を使わず空気(オゾン)で除菌・消臭する世界初(メーカー談)の「衣類エアウォッシャー」だ。洗剤を使わないため、衣類に残った洗剤で肌が荒れてしまうという人でも安心して使用できる。また、手持ちの香水などを使用し、約10分で衣類にほのかな香りを付ける機能も搭載。水は不要なので、リビングや寝室にも設置可能だ。

サイズは700(幅)×1,670(高さ)×375(奥行)mm、重量は約8kg(本体、カバー、台座含む)となっている。消費電力は16Wで、1回の使用(8時間運転時)での電気代は約1.9円だという。ボディカラーはグロリアスグレー1色

使い方は簡単。ハンガーにかけた衣類を本体内部に吊り下げ、カバーを閉じる。1回の運転時にカバーに入れられるのはスーツのジャケット1枚程度だ

操作部は台座の側面に配置。稼働時間は、30分・2時間・4時間・8時間の4つから選択可能。8時間コースを選択すると衣類の除菌も行える。最短30分でケアできるので、出勤準備の時間でも使えるのがうれしい

使用時は、本体からカバーに空気が送られるため、写真のようにふくらんだ状態になる(写真は展示用に、一部をスケルトンにしているもの)。運転音は、そばでテレビを見ていても気にならないくらいだという

手のひらサイズの洗濯機「COTON(コトン)」に新カラー&デザインが24種類追加

「持ち運べる洗濯機」というキャッチーな打ち出しが記憶に新しい、重量約200gの“世界一小さい”洗濯機「コトン」に追加デザインが登場。「コトン」は、水を噴射しながら衣類に付いた汚れを叩くことで、部分汚れなどを落とすシミ抜き器だ。水とスプーン1杯程度の洗剤さえあれば、いつでもどこでも使用できるので、旅行に持って行けばシミの応急処置に役立ちそう。2015年2月に発売された3色に加え、期間限定カラー13色と「ディズニー」キャラクター、「スター・ウォーズ」キャラクター、「マーベル」キャラクターをデザインした新たな11色シリーズの全24色を6月下旬より順次発売する。

ダースベーダーやヨーダなど「スター・ウォーズ」キャラクター(写真上)、「マーベル」キャラクター(写真中)、ミッキーマウスやアナと雪の女王などの「ディズニー」キャラクター(写真下)。本体サイズは46(幅)×176(高さ)×46(奥行)mm、重量は約200g(キャップ・電池除く)

会場には「コトン」の実演スペースも設けられていた。実際にコトンを使用して、白い布に着いたシミを落とす様子を見てみよう。

付いたばかりのしょうゆのシミ

付いたばかりのしょうゆのシミ

まず、コトンに水を入れたカートリッジを装着。最少約5ccの水で1回の洗濯ができる

まず、コトンに水を入れたカートリッジを装着。最少約5ccの水で1回の洗濯ができる

シミの下に汚れを移すためのペーパータオルなどを敷き、シミに液体洗剤を落とす。その上から電源を入れたコトンで押し出すようにしてシミを取っていく。押し出し洗いは、ブラシなどで衣類を擦って洗うのに比べて生地の傷みを抑えられるという

付いたばかりの汚れに使用したので、30秒ほどできれいになった。がんこな汚れや、えり・袖の汚れ、また前日に付いた汚れなどは、「コトン」で予洗いしてから家庭用洗濯機で洗うことで、汚れが落ちやすくなるそうだ

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る