ニュース
布団乾燥機「AD-X80」&コードレススティッククリーナー「iNSTICK」新モデル発表会

あえて時代の逆を行く! 三菱の「本気のダニ対策」とは?

人は寝ているときに150〜200mlの汗をかくと言う。そして、この湿気や体温により布団の中はダニが繁殖しやすい環境になっているのだ。ダニはアレルギーの原因にもなりやすいことから、最近は布団乾燥機や布団クリーナーなどの「ダニ対策」家電が人気だ。三菱電機は5月21日に布団乾燥機の新製品「AD-X80」と、ふとん専用アタッチメントが付属したコードレススティッククリーナー「iNSTICK」の新モデルを同時発売。新製品発表会では、この2製品を使用した「布団のダニ対策」について解説した。

布団乾燥機「AD-X80」(左)とコードレススティッククリーナー「HC-VXF30P」(中)「HC-VXF20P」(右)

布団乾燥機「AD-X80」(左)とコードレススティッククリーナー「HC-VXF30P」(中)「HC-VXF20P」(右)

ダニ対策に本気ならば、やっぱりマット式?

最近は「ホースを差し込むだけ」で布団を乾燥させるマットいらずの布団乾燥機が主流だ。そんななか、あえて面倒な「マット式」を採用したのが新製品の布団乾燥機「AD-X80」だ。

マット式布団乾燥機AD-X80。355(幅)×161(奥行)×314(高さ)mm。重さは3.6kg。圧迫感を与えない丸みを帯びたデザインを採用

三菱電機によると、マットなし布団乾燥機は設置が簡単なものの、どうしても布団の端などに熱ムラができてしまう。そこで、新製品では「あえて」マット式を採用したという。さらに、布団乾燥機用マットは、敷布団と掛布団の間に置くだけのフラット型も多いが、AD-X80の「ヒートパンチマット」は、乾燥させたい布団にマットを「巻きつける」タイプ。布団側面までカバーできるため、熱が逃げずに中綿までしっかりと温まるのだという。

会場には実際にAD-X80を使用中のベッドを設置。乾燥中の布団の表面と中綿内に温度計をセットし、各所の温度を表示していた。気になる温度は、布団表面も中綿もほぼ全個所が60℃以上。ダニは50℃以上の温度で20分以上乾燥した場所を苦手とするため、これはかなりダニに「効きそう」な印象だ。

発表会会場内に設置されたベッド。ベッドヘッド部には、乾燥させている布団の現在の温度がリアルタイムで表示。ほとんどが60℃以上になっていた

掛布団をめくってみると、乾燥中の布団を包み込んだヒートパンチマットが、温風を逃がさずにパンパンに膨れているのがわかる。熱を逃がさず布団を包むことで、ムラのない乾燥を実現

ヒートパンチマットの一部は生地が2重になっている。排気される温風は、一度2重になった層を通るため熱が逃げにくい。旧製品と温度を比較したサーモグラフ写真をみると、AD-X80のほうが温度が高く熱ムラがないのがわかる

普段は手軽に布団をあたため、月イチでダニケアを

マットで布団を「包み込む」のは面倒と思うかもしれないが、ヒートパンチマットはマットを「巻き込む」方式。布団の上にヒートパンチマットをのせて、布団の上下をポケットに引っかけたら、左右に広がったシートを布団の下に押し込むだけだ。

乾燥させたい布団にマットをのせて、布団上下をマットのポケットに引っかけたら、外に広がったシートのフリップ部分を布団に押し込む。マットをかぶせた布団には掛布団をかければ準備完了

とはいえ、この作業も面倒という人も多いだろう。こんな人はヒートパンチマットを敷布団と掛布団の間に置くだけでも使用可能。また、布団の間にホースを入れるだけのマットなし布団乾燥機のような使い方でも布団を温めることができる。ただし、これらの方法はマットを「包み込む」方法よりもダニ対策としては効率が落ちてしまう。

マットを敷布団と掛布団の間にセットするだけでも、パワーは劣るが一定の布団乾燥は可能。それさえも面倒な場合は、ホースをそのままセットするだけでもよいという

このため、これらの簡易的なマット(あるいはマットなし)の使いかたは、「ダニ対策」というよりも、布団の温度調整に使用することが推奨されている。AD-X80には「快適温度コントロール」機能を搭載。これは、睡眠の質を維持するには33℃前後の温度が良いと言われているため、春と秋は約33℃、夏は常温、冬は約43℃、さらに寒い厳寒時は布団を余熱する約52℃に布団を温めるという機能だ。同社によれば、普段は手間のかからないあたため機能を使用し、月に一度はマットできちんと布団を包む「ダニパンチ」機能を使うのがおススメだそう。

布団以外に、枕を乾燥させる専用マットも付属。顔が直接接地するものだけに、これはうれしい

布団以外に、枕を乾燥させる専用マットも付属。顔が直接接地するものだけに、これはうれしい

枕用マットは本体内に収納可能。ただし布団用マットは大きいため、付属するポーチに収納する。本体内部右に見えるのは「銀ナノアレルパンチフィルター」。ダニの死骸や花粉などのアレルゲンを抑制し、清潔な風を送風する

ダニ対策には掃除機も必要

ダニ対策は、ダニが苦手とする高温と乾燥環境を作るほか、人のフケや垢といった「ダニのエサ」を除去することも重要だ。また、ダニの死骸やフンはアレルギーの元となるため、布団乾燥機でダニ対策しただけではダニ対策は十分とは言えない。このため、同社は人気のコードレススティッククリーナー「iNSTICK」シリーズに、布団専用アタッチメントを付属した新モデル「HC-VXF30P」も発表した。

布団用掃除機にもなるHC-VXF30P。スタンド込みのサイズは250(幅)×252(奥行)×1087(高さ)mm、重量は4.7kg。アタッチメントを付属しないHC-VXF20Pも同時発売する

クリーナー本体サイズは226(幅)×195(奥行)×1053(高さ)mm、重量は床用パワーブラシ込みで2.1kg

クリーナー本体サイズは226(幅)×195(奥行)×1053(高さ)mm、重量は床用パワーブラシ込みで2.1kg

iNSTICKシリーズといえば、充電台が空気清浄機になるコードレススティッククリーナー。スタイリッシュな独特の形状と、クリーナーに空気清浄機という2in1機能が人気の製品。旧モデルとの違いは、前述した「ふとん専用アタッチメント」が付属したほか、ハンドル部に軟質グリップを採用することで握りやすく。さらに、空気清浄機能に脱臭フィルターが追加され、ニオイの抑制にも力を発揮するようになった。このほか、使い勝手を向上させるさまざまな機能を追加しているという。

iNSTICKはポール型のデザインで、室内においていても「掃除機」らしくなく生活感がないのがいい

iNSTICKはポール型のデザインで、室内においていても「掃除機」らしくなく生活感がないのがいい

充電台下部からフィルターを通した清浄な空気を排出

充電台下部からフィルターを通した清浄な空気を排出

クリーナー部を外した状態の充電台。この状態でも空気清浄機能は作動している。背部には手軽に交換可能なHEPAフィルターを内蔵し、8畳の部屋なら約51分で空気を清浄化できるという

ハンドル内側は柔らかなゴムのような素材に。滑りにくく、グリップしやすい素材になった

ハンドル内側は柔らかなゴムのような素材に。滑りにくく、グリップしやすい素材になった

丸ごと水洗いできる、ゴミが溜まる「サイクロン BOX」は、着脱レバーでカップが外れやすくなった。このほか、さまざまな使い勝手が向上している

長く使っても疲れない独特の掃除スタイル

気になる布団用アタッチメント「アレルパンチふとんクリーンアタッチメント」は、ラケット型の特徴的な形状。一般的な掃除機のアタッチメントブラシは、掃除機の本体部分を浮かせ、ブラシだけが布団に接地する。しかし、HC-VXF30Pは掃除機ごと布団に置き、全体をスライドさせて掃除する方式だ。このため、本体の重さを感じにくく、長時間の掃除でも疲れにくい。

また、本体からブラシまで全体が布団に接地するため、ノズル先のロールブラシのほか、接地部2か所に四角い形状の「アレルパンチ植毛」を配置。アレルパンチ植毛は抗アレル剤を塗布したブラシ。薬剤がアレル物質に反応し、アレルギーを起こす働きを不活性化することができるのだという。

独特な形状の布団アタッチメント。本体先のノズルを、アタッチメントの溝にスライドさせるようにして装着する

アタッチメント裏にある四角いグレーの起毛部は、アレル物質を抑制する「アレルパンチ植毛」。またこアレルパンチ植毛は、ヘッドのブラシ黄色いブラシ部分にも施されている

布団の上に置いて、横にスライドさせて使う独特な使用感。本体を持ち上げる必要がないので疲れにくい

布団の上に置いて、横にスライドさせて使う独特な使用感。本体を持ち上げる必要がないので疲れにくい

ヘッドの先端側には厚さ数ミリのスリットを配置してあり、髪の毛などの長いゴミも吸い込みやすくなっている

ヘッドの先端側には厚さ数ミリのスリットを配置してあり、髪の毛などの長いゴミも吸い込みやすくなっている

人生の3分の一は布団の中だからこそ

発表会では三菱電機ホーム機器 営業部長 樋口裕晃氏が登壇。樋口氏は、布団のダニ対策にはダニが嫌がる環境を作り、さらに死骸やエサとなるゴミを除去する工程が必須だと語った。また、今回発表した布団乾燥機AD-X80とコードレススティッククリーナーHC-VXF30Pは、両製品を組み合わせることで効率的にダニ対策ができるとアピールした。

「布団は人生の3分の一を過ごす場所。きちんとケアして気持ちよく過ごしてほしい」と樋口氏

「布団は人生の3分の一を過ごす場所。きちんとケアして気持ちよく過ごしてほしい」と樋口氏

倉本 春

倉本 春

パソコン雑誌編集者からドッグカフェオーナーという、異色の経歴を経た家電ライター。家電を活用することで、いかに家事の手を抜くかに日々頭を悩ませている。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る