選び方・特集
価格.comで人気のモデルを中心に紹介!

《2021年》「電気シェーバー」おすすめ17選! 人気・新作モデルの機能・価格比較と選び方

電気シェーバー選びは、実は難しい。

短時間で効率よく剃れるモデルを選べば、毎朝の身支度にかける時間は短縮されるが、ヒゲが薄い人や皮膚が弱い人が安易に深剃りモデルを選ぶと、肌を傷めてしまう可能性がある。そういった恒常的な肌への負担は、肌トラブルを引き起こし、肌の老化の進行を早め、しまいには“老け顔”の原因にさえなりかねない。

そこで大事になってくるのは、「自分のヒゲや使い方に合った電気シェーバーを選ぶ」こと。ここでは、選び方を指南しつつ、フィリップス、ブラウン、パナソニック、マクセルの4つの主要ブランドから、価格.comで人気がある新作モデルを中心におすすめモデルを紹介する。

最上級モデルからお手頃価格のモデルまで勢揃い!

最上級モデルからお手頃価格のモデルまで勢揃い!

【こちらの記事もおすすめ!】
「電動シェーバー」VS.「T字カミソリ」結局コスパがいいのはどっち!?

失敗しない電気シェーバーの選び方

ここでは、電気シェーバーの代表的な2種類の駆動形式「往復式」と「回転式」を順に紹介していこう。

・駆動形式と肌質〜「往復式」〜

「往復式」は、主にパナソニックやブラウンの電気シェーバーが採用する。写真は、パナソニック「ラムダッシュ ES-LV9FX」のヘッド部

「往復式」は、主にパナソニックやブラウンの電気シェーバーが採用する。写真は、パナソニック「ラムダッシュ ES-LV9FX」のヘッド部

「往復式」は、外刃で捕らえたヒゲを、左右に往復する内刃で剃る駆動形式。

内刃が高速で往復し、濃いヒゲから太いヒゲ、細い毛、くせ毛まで、しっかりと捕らえて剃り上げる。外刃の枚数は3〜5枚が主流。刃の枚数が多いモデルほど、それだけヒゲを根本から捕らえて取りこぼしなく剃り上げる能力に長けているため、シェービング時間は短縮される。時間のない朝に使うにはぴったりだ。

いっぽうで、刃が多いモデルは、肌との摩擦が強くなりがちで、薄いヒゲの人にとってはオーバースペックなことも。剃った部分が傷ついてヒリヒリしてしまうことがあるのだ。とは言え、近年の「往復式」モデルは、肌の凹凸に合わせて動くヘッドや、摩擦を低減するローラーの搭載など、肌への負担軽減をうたう機能を備えたモデルも多く、一概にヒゲが濃い人向けとも言えない。

なお、パナソニックの往復式電気シェーバーブランド「ラムダッシュ」では、5枚刃の電気シェーバーを「濃いヒゲ」用、3枚刃シェーバーを「やや濃いヒゲ」用と分けている。

・駆動形式と肌質〜「回転式」〜

「回転式」は、特にフィリップスの電気シェーバーが採用する。写真は、フィリップス「S9000プレステージ SP9861/13」のヘッド部

「回転式」は、特にフィリップスの電気シェーバーが採用する。写真は、フィリップス「S9000プレステージ SP9861/13」のヘッド部

「回転式」は、扇風機の羽根のように回る内刃でヒゲを剃る駆動形式。

円形の外刃の中で、内刃が回転運動することでヒゲを剃り上げる。もみあげなどの剃りたくない個所の剃り分けが難しい半面、外刃が触れる面積が大きいために広範囲に剃れるメリットもある。使用時の動かし方も独特で、「往復式」が本体を上下に動かすいっぽう、「回転式」は刃が肌の上で円を描くように本体を回しながらシェービングする。

また、「回転式」は1度に広範囲のヒゲが剃れるので、何度も肌をこする必要がなく、肌への負担やシェービング後のヒリヒリ感が少ないとされている。敏感肌や乾燥肌の人、ヒゲが薄い・まばらな人におすすめだ。いっぽうで、ヒゲが濃い人にとっては、剃り上げるのに時間がかかる可能性はある。

2つの駆動形式には、それぞれメリットとデメリットがあるが、最新モデルにおいてはどれもデメリットをある程度解消する機能が搭載されているので、一様に「濃い人にはこれ」「薄い人にはこれ」と断言できない。結局は、実際に使ってみて、動かし方や肌に当てた時の感触、剃り具合が、自分の顔の形やヒゲに合っているかどうかを確認する必要がある。もちろん、価格.comの製品ページに書かれた「ユーザーレビュー・評価」をチェックするのもひとつの手だ。
以上で説明した特徴は、目安程度に覚えておこう。

・使い勝手

駆動方式以外にチェックしたいのが、使い勝手に関する機能だ。

自分の使用シーンを想像してほしい。「どこで」「どのように使って」「どのようにメンテナンス」するか。理想の使用シーンを実現してくれるモデルを選んでいけば、購入検討モデルが絞られていくはずだ。特に「風呂剃り対応」「電源方式」「洗浄器の有無」はチェックしておきたい。

「風呂剃り対応」と「電源方式」は関係性がある。ケーブルを電源とつないだ充電中の状態だと使用できない「充電」タイプは、風呂剃りに対応しているモデルが多く、充電しながらでも使用できる「充電交流」タイプは、風呂剃りに対応していない場合が多い。ちなみに、「水洗い対応」していても「風呂剃り対応」していないモデルは多いので注意が必要だ。

「風呂剃り対応」モデルは、シェービングフォームやジェルが使用できるので、ドライシェービングが苦手な皮膚の弱い人でも快適に使用できる可能性がある

「風呂剃り対応」モデルは、シェービングフォームやジェルが使用できるので、ドライシェービングが苦手な皮膚の弱い人でも快適に使用できる可能性がある

「洗浄器」は、同じ電気シェーバー本体でも、付属モデルと非付属モデルがラインアップされていたりする。メーカーによって機能は多少異なるものの、なかには電気シェーバー本体を入れておくだけで洗浄、乾燥、潤滑化、充電まで行ってくれる高機能洗浄器もある。洗浄器があれば、メンテナンスは非常に楽になるが、付属していればもちろん価格は上がるため、付属モデルを選ぶかどうかは予算との相談になりそうだ。

マクセル「イズミ Z-DRIVE ハイエンドシリーズ IZF-V990」に付属する全自動クリーニング充電システム

マクセル「イズミ Z-DRIVE ハイエンドシリーズ IZF-V990」に付属する全自動クリーニング充電システム

なお、「水洗い対応」は以下であげるすべてのモデルで対応しており、本体のバッテリーライフも最低でも14日間分(1日1回3分使用した場合)からと気にする必要がないため、本稿では詳解しない。

価格帯別に紹介! 人気電気シェーバー14モデル

▼各ブランドの最上級モデル

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

01 ブラウン「シリーズ9 9395cc-v」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:アルコール洗浄システム

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:アルコール洗浄システム

ブラウンのハイエンドシリーズ「シリーズ9」の風呂剃り対応&洗浄器付きモデル。4枚の外刃と1枚のガードパーツによる「5カットシステム」と、毎分10,000回の振動で肌を震わせる「音波テクノロジー」により、さまざまな向きに生えるヒゲを1ストロークで根元から捕らえて剃り上げる。また、肌への密着度が高い「密着3Dヘッド」を搭載しており、8方向に密着するヘッドパーツが剃りにくい部分にもしっかりと対応する。

本機には、「アルコール洗浄システム」が付属。1台で洗浄/充電/潤滑化/除菌/乾燥が行える。洗浄は、電気シェーバー本体の状態に最適な洗浄プログラムを自動で行ってくれるうえに、99.9%除菌してくれるので、水道水で洗浄するより10倍衛生的だという。

なお、シリーズ9の従来モデルよりも電池が20%長持ちするようになり、コードレスで60分間使用可能。急速充電にも対応しており、5分間の充電で1回シェービングできる。

02 パナソニック「ラムダッシュ ES-LV9FX」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:全自動洗浄充電器

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:全自動洗浄充電器

肌へのやさしさと深剃り&早剃りを追求した5枚刃「ラムダッシュ」のハイエンドモデル。ラムダッシュ史上最速となる毎分約14,000ストロークのリニアモーター駆動を実現しており、濃いヒゲをしっかりと早剃りできる。またヘッド部には、前後/左右/上下に動くのに加え、前後へはスライドとツイストまで可能な「5Dアクティブサスペンション」を採用しており、滑らかな動きでアゴ下から首周り、頬の凹凸までしっかりと密着し、肌への負担を抑えてやさしい深剃りを実現する。

ちなみに本機には、ヒゲの濃さを毎秒約200回検知し、それに合わせてパワーを自動でコントロールする「ラムダッシュAI」が搭載されているが、この機能は本稿で紹介する同社のシェーバーすべてで採用されている。

「ラムダッシュ」の5枚刃シリーズは、「ES-LV9FX」を頂点に、収納ハードケースが付いていない「ES-LV9F」、ディスプレイ表示が少ない「ES-LV7F」、全自動洗浄充電器が付属しない「ES-LV5F」、そして風呂剃り対応モデルの「ES-LV7T」「ES-LV5T」などがラインアップされている。シェービング性能には差がないのにもかかわらず、これらの違いで最大12,000円ほどの価格差があるので、じっくりと自分に合ったモデルを選びたいところだ。

03 マクセル「イズミ Z-DRIVE ハイエンドシリーズ IZF-V990」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:全自動クリーニング充電システム

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:全自動クリーニング充電システム

業界初の6枚刃シェーバー。外刃と内刃が一体型の4枚の刃と、くせヒゲや長いヒゲを捕らえるアクティブキャッチトリマー2枚を搭載する「3Dフィットヘッド」が、包み込むように立体的に肌へ密着。それにより、同社の従来の5枚刃最上級モデルと比べ、早剃り性が約30%向上したほか、肌への負担が約17%軽減しているという。

同機には、6枚刃のほかに他社モデルにはない特徴がある。ひとつは、外刃と内刃に切れ味が持続する高耐久ステンレスを採用しており、3年間替え刃交換が不要なこと。それだけ刃の質に自信があるということだが、さらに本体に3年間の保証が付いており、替え刃交換を1回だけ無料で受けられる。他社モデルでは1年半などで刃の交換を推奨しているため、同機ではランニングコストを抑えられるのがうれしい。

もうひとつは、フル充電で4週間充電が不要なこと。よほどのことがない限り、電池切れは起きなさそうだ。

そして、何よりも価格が魅力。他社の最上級モデルが3万円前後なのに対し、同機は2万円台前半で手に入る。3万円は出せないけど、できるだけ高機能なモデルを使ってみたい人におすすめだ。

04 フィリップス「S9000プレステージ SP9861/13」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

フィリップス史上最高の深剃りと肌へのやさしさを両立した最上位モデル。ナノ粒子技術により、強固でシャープに仕上げられた内刃「ナノプレシジョン刃」が深剃りを実現しつつ、3つのヘッドに搭載されたメタルビーズコーティング「スキンコンフォートリングプラス」が、本体と肌の摩擦を低減する。

また、ヘッドが8方向130°に可動し、顔や首の凹凸に密着。さらに毎秒15回、ヒゲの密度を感知して自動でパワーを調節してくれるため、濃い部分はしっかりと、薄い部分はやさしくシェービングできる。

本機は、同社のほぼフルスペックモデルではあるが、最大の特徴はワイヤレス充電パッドが付属すること。Qi(チー)規格に対応し、本体を上に置くだけで充電できるのは便利だ。

▼20,000円前後のモデル

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

05 パナソニック「リニアシェーバー ラムダッシュ 5枚刃 ES-LV5F」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:なし

「ラムダッシュ」の最上位モデル「ES-LV9FX」と同じく、肌へのやさしさと深剃り&早剃りを追求した5枚刃のシンプルモデル。シェービングに関する基本的な機能は「ES-LV9FX」と同じながら、誤作動を防止する「スイッチロック」や、5段階充電残量表示ランプなどを採用する。ちなみに「ES-LV9FX」は、手をグリップから離すと自動でロックがかかる「スマートロック機能」と10段階充電残量表示ランプを採用している。

本機は「全自動洗浄システム」は付属しないが、ラムダッシュの最上級モデルと同じ5枚刃の性能を手軽に安く体験したい人におすすめ。また本機は、ケーブルをつないで充電しながら使用できるいっぽうで風呂剃りはNG。風呂剃り対応モデルが好みであれば、「ES-LV5T」を選ぼう。

06 ブラウン「シリーズ7 70-S7001cc」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:アルコール洗浄システム

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:アルコール洗浄システム

2020年夏に6年振りに一新された3つのミドルレンジシリーズの中で、上位モデルに位置づけられる「シリーズ7」。「究極の密着性」を実現させるため、刃の浮き沈みと縦横への首振りを可能にした「360°密着システム」搭載の独立ヘッドを採用しており、360°全方向にスイングすることで、アゴ下部分にもしっかりと密着して剃り残しを減らすとともに、時短シェービングも実現している。

充電式のため風呂剃りも可能。さらに、本機には洗浄、充電、潤滑化、自動モード選択が行える「アルコール洗浄システム」が付属する。なお、「アルコール洗浄システム」や収納ケースなどの付属品の有無の違いにより、同じ本体で6種類ラインアップされている。

07 フィリップス「7000シリーズ S7782/57」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:クイッククリーンポッド

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:クイッククリーンポッド

2021年2月26日に発売される、新ミドルレンジの上位モデル。本機は、ヒゲの濃さや顔の輪郭を感知し、ユーザーに最適な剃り方をガイドしてくれるテクノロジー「SkinIQ」に対応しているのが特徴だ。

「SkinIQ」は、4つの機能で構成されている。ひとつは、顔の凹凸に密着して剃り残しを低減するヘッド部「360-D フレックスヘッド」。2つ目は、ヒゲの密度を毎秒125回感知し、濃さに合わせてパワーを自動調節する「ヒゲ密度感知システム」。3つ目は、最小限のストローク数でシェービングできるようにガイドする「シェービング動作検知センサー」だ。そして4つ目がユニークなのだが、本機と連動してパーソナルシェービングプランを作成する専用アプリに対応していることだ。

ちなみに、ヘッド部分にはマイクロビーズコーティングが施されており、肌への負担を25%低減しているという。

洗浄器には、日本の小さな洗面台にも対応できるフィリップス史上最小かつコードレス化された「クイッククリーンポッド」を採用。高圧ジェット噴射と毎分1,600回転による高速洗浄により、洗浄は1分間で完了する。肌にやさしい100%アルコールフリーの洗浄液を使用するが、水のみで洗浄した場合と比較し、10倍清潔に保つという。

▼10,000円ちょっとのモデル

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

08 マクセル「イズミ Z-DRIVE ハイエンドシリーズ IZF-V950」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:不可●電源方式:充電交流式●洗浄器:なし

03で紹介した「イズミ Z-DRIVE ハイエンドシリーズ IZF-V990」と同じ機能を持った6枚刃モデル。違いは、洗浄器「全自動クリーニング充電システム」の代わりに充電スタンドが付属する点と、本体カラーがシルバーという点のみ。もちろん、3年間替え刃交換が不要な点と本体の3年間保証、そして約4週間電池が持つ特徴も同じだ。

ちなみに、この「ハイエンドシリーズ」は4枚刃の「IZF-V930」もラインアップ。最上級の「IZF-V990」と本機、そして本機と4枚刃の「IZF-V930」の間には、それぞれ5,000円の価格差があるので、選ぶ時の基準にしてもいいだろう。

09 パナソニック「リニアシェーバー ラムダッシュ 3枚刃 ES-ST8S」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

毎分約13,000ストロークの高速リニアモーター駆動により、ウェットシェービングでもパワーが落ちない風呂剃り対応3枚刃モデル。「泡メイキングモード」により洗顔料を使ってシェービング用の泡が作れるほか、「泡スルーヘッド」により泡やジェルをほどよく顔に残すため、スムーズにシェービングが行える。

また、刃と並んで搭載されている「スムースローラー」が泡やジェルを外刃に届けるため、肌への摩擦が低減されるのもうれしい。

ドライシェービングも可能だが、基本的には「風呂剃りしたい、ヒゲがあまり濃くない人」に最適なモデルと言える。

10 フィリップス「5000シリーズ S5588/25」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

07の「7000シリーズ S7782/57」と同時に発売される、「SkinIQ」を一部搭載したモデル。「SkinIQ」テクノロジーのうち、顔の凹凸に密着して剃り残しを低減するヘッド部「360-D フレックスヘッド」と、ヒゲの密度を毎秒125回感知し、濃さに合わせてパワーを自動調節する「ヒゲ密度感知システム」の2つの機能を採用する。

「7000シリーズ S7782/57」よりは機能が少ないが、ヒゲを根元から引き上げ、45枚のスティールプレシジョン刃で毎分90,000回カットするなど、深剃りはしっかりと実現している。

なお、洗浄器「クイッククリーンポッド」と収納ケースが付属する「S5586/50」と、収納ケースのみ付属する「S5588/30」もラインアップ。

▼とにかく安い10,000円切りモデル

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

※1:最安価格は、価格.comにおける2021年2月10日時点のもの ※2:使用可能時間は、1日1回3分使用で換算した場合

11 パナソニック「リニアシェーバー ラムダッシュ 3枚刃 ES-ST2S」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

09の「リニアシェーバー ラムダッシュ 3枚刃 ES-ST8S」と同じウェット&ドライシェ−ビングに対応する風呂剃り3枚刃のシンプルモデル。ヘッドは動かないものの、風呂剃りでもパワーが落ちない高速リニアモーター駆動や、「泡メイキングモード」、「泡スルーヘッド」は搭載する。洗浄器や収納ケースは付かないが、10,000円を切るお手頃感からか、価格.comの「シェーバー売れ筋ランキング」では、2位につけている(2021年2月10日時点)。

12 マクセル「イズミ S-DRIVE グルーミングシリーズ IZF-V750」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

ヒゲを整えるグルーミングトリマー&コームを搭載した風呂剃りモデル。コームは肌に当てやすく、ヒゲを誘い込みやすい形状を採用しており、ヒゲの長さは2〜5mmを1mm単位で調節できる。長さ調節も片手で楽に行えるのもうれしい。

また本機の唯一無二の特徴が、米国国防総省の調達基準「ミルスペック」(MIL-STD-810G)の15項目の試験に準拠している点。防水性と耐久性が高いうえに、濡れた手でも落としにくいラバーグリップを採用しており、安心して風呂場で使用できる。さらに、落下時や携帯時でも外れにくい、ロックレバー付きキャップが付属している点も面白い。

なお、同社の他モデルと同様に、約4週間電池が持つ。

13 ブラウン「シリーズ5 50-1000s」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

06の「シリーズ7」と同じく、「究極の密着性」を追求した新しいミドルレンジシリーズの風呂剃りモデル。ヘッド部は独立して可動しないものの、刃が約4〜5mm浮き沈みする「3連密着ブレード」を搭載しており、深剃りや顔の凹凸にしっかりと対応する。

また、上位の「シリーズ7」「シリーズ6」と異なり、網刃を外さずにヒゲくずを簡単に洗い流せる「クイック洗浄システム」を搭載していることも大きな特徴だ。

14 フィリップス「3000シリーズ S3232/52」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:回転式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

刃が直接肌に当たることを低減し、カミソリ負けから肌を守る構造を採用した風呂剃り対応のシンプルモデル。T字カミソリと比べ、肌への負担を90%低減しているという。

いっぽうで、ヘッド部には、5方向に自在に動き、肌の凹凸に密着する「5方向可動ヘッド」を採用しており、首周りやアゴ下の剃り残しを低減してくれる。

ニッチだけど実はかなり使える! ユニークモデル3選

最後に、ユニークな機能を持った注目のモデルを3機種紹介しよう。どれもニッチではあるが、特定の人には非常に便利なモデルなので、今後他社が追随してラインアップが増えていく可能性を秘めている。

▼スキンケアを同時に行えるモデル

15 パナソニック「スキンケアシェーバー ラムダッシュ 3枚刃 ES-MT21」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

シェービングと同時に肌をお手入れできる異色のスキンケアシェーバー。ヘッド部に搭載された「イオンプレート」が肌に接触することで、あらかじめ肌に塗っておいた化粧水の主な保湿成分を、角質層まで浸透させられる機能を搭載。いつもどおりのシェービングを行うだけで、手間をかけずに肌の乾燥防止を対策できる。

ちなみに、化粧水を塗った肌に「イオンプレート」を当てながらシェービングすることで、化粧水の保湿成分「ヒアルロン酸」の浸透量は、単に手で塗っただけの時と比べて1.7倍にもなり、化粧水塗布から3時間後の肌水分減少は、4分の1に抑制できるという。つまり、いつものようにシェービング後に化粧水を塗るよりも、肌にうるおいをより与えられるわけだ。

【詳しいレビューはこちら!】
世界初! 剃るだけでお肌がうるおう「ラムダッシュ」の斬新シェーバー

基本は、「イオンプレート」を当てながらシェービングを行うものだが、目尻や口周り、額など、特にお手入れしたい部分は「イオンケアモード」でのお手入れがおすすめ。 普段の化粧水やクリームなどの保湿成分を、肌の角質層までより効果的に届けてくれる

基本は、「イオンプレート」を当てながらシェービングを行うものだが、目尻や口周り、額など、特にお手入れしたい部分は「イオンケアモード」でのお手入れがおすすめ。 普段の化粧水やクリームなどの保湿成分を、肌の角質層までより効果的に届けてくれる

▼2台目に最適なモバイルタイプ

16 ブラウン「BRAUN mini M-1000」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:往復式●風呂剃り対応:可●電源方式:充電式●洗浄器:なし

2021年1月29日に発売された軽量小型のモバイルシェーバー。同社最上級モデル「シリーズ9」にも搭載されているディープキャッチ網刃と、長いヒゲをカットするトリマー刃を搭載しており、その2枚の刃が浮き沈みすることで、剃りにくい部分にもしっかりと密着してヒゲを剃り切ってくれる。なお、2枚刃と高性能モーターがあいまって、同社の従来のモバイルシェーバーと比べ、2倍のカットパワーを実現しているという。

本機は2台目としての使用が想定されており、サイズは約60(幅)×110(高さ)x27(奥行)mmで、重量は150g。さらにキャップ付きと携帯しやすく、常にバッグなどに忍ばせておける。まるごと水洗いや風呂剃りも可能なので、旅行や出張で活躍するのはもちろん、自宅の仕事机に置いておけば、テレワーク中に気づいた時にサッとシェービングできるのもうれしい。

コンパクトながらパワフルな剃り味なので、常に携帯しておくのに便利。フル充電で40分駆動する。商談前や夕食前、移動中の車の中、キャンプやアウトドアの最中など、さまざまなシーンで活躍しそうだ

コンパクトながらパワフルな剃り味なので、常に携帯しておくのに便利。フル充電で40分駆動する。商談前や夕食前、移動中の車の中、キャンプやアウトドアの最中など、さまざまなシーンで活躍しそうだ

▼ヒゲが生え始めた人向けのエントリーモデル

17 パナソニック「ファーストフェイスシェーバー ER-GM40」

【ポイントをチェック!】●駆動形式:−●風呂剃り対応:可●電源方式:乾電池式●洗浄器:なし

【ポイントをチェック!】●駆動形式:−●風呂剃り対応:可●電源方式:乾電池式●洗浄器:なし

シェービングが初めてでも、簡単に安全に剃れるエントリーシェーバー。刃は先端がとがっていないワイド&ラウンド形状を採用しており、肌に食い込まず肌当たりもやさしいので、生え始めのヒゲが剃りやすい。ヘッド部は左右10°にスイングするため、肌の凹凸に合わせられるうえ、サイズがコンパクトなのでニキビを避けながらシェービングしやすいのも特徴だ。

またアタッチメントとして、マユコーム2種とマユカバーを同梱し、マユカットにも対応。マユコームは5〜7mm対応モデルと2〜4mm対応モデルが用意されており、それぞれ1mmピッチで調整可能だ。

このほか、IPX7相当の防水性能を備え、水洗いや風呂剃りにも対応。電源は単3形アルカリ乾電池、もしくは充電式電池(いずれも別売り)を1本使用する。

刃の溝太い毛にも対応。長さは0.12mmの短さまで剃れる

刃の溝太い毛にも対応。長さは0.12mmの短さまで剃れる

【こちらの記事もおすすめ!】
「電動シェーバー」VS.「T字カミソリ」結局コスパがいいのはどっち!?

価格.comマガジン編集部

価格.comマガジン編集部

パソコン・家電からカップ麺に至るまで、何でも自分で試してみないと気が済まないオタク(こだわり)集団。常にユーザー目線で製品を厳しくチェックします!

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る