実践主義! 高橋庄太郎の山道具コレクト
実践主義! 高橋庄太郎の山道具コレクト

街中歩きにも使えるライトなものから本格的な登山まで! 山用シューズを厳選!!

山では雪解けが進み、里では花が咲き乱れる春。気温は暑くもなく、寒くもなく、自分の足で歩きながら自然を楽しむには、とても適した季節だ。

ダイレクトに地面と接するシューズは、体のコンディションを大きく左右する。足元はカジュアルなスニーカーでもよいが、心地よく歩くためにはやはり専用のシューズを一足手に入れたい。足元が安定しなければ、その上に位置する膝が揺らいでしまい、膝が揺らげば、さらに上の腰にも影響が出てしまう。足元の不安定さは下半身ばかりか上半身にも大きな負担を与え、疲れやすくなるばかりか転倒などの原因となり、怪我の恐れも出てくる。

では、自然を楽しむためには、いったいどのようなシューズがよいのだろうか?

シューズ選びでチェックすべきポイント

シューズにはさまざまな種類があるが、たとえば、勾配差が大きい山を歩くには比較的ガッチリとした構造の「トレッキングシューズ」、高低差が小さい里や公園では柔軟性が高い「ウォーキングシューズ」が適している。また、近年になって多様なモデルが開発されている「トレイルランニングシューズ」も自然の散策に向くタイプだ。「ランニング」という名称が付いているからといって走るためだけの靴ではなく、ウォーキングシューズをより軽くやわらかくしたものと考えてもいい。

もっとも、それらのシューズには明確な区分けがあるわけではなく、それぞれのタイプの名称は便宜的に使い分けていると思っておいていただきたい。シューズをセレクトする際、タイプの名称はひとつの目安になるが、それ以上に大切なのはそれぞれのシューズがどんな特徴を持っているのかだ。次からは、シューズの中で着目してほしい点をいくつかご紹介していく。

・つま先の形状

トレッキングシューズにはつま先が硬いラバーで覆われているものが多く、この部分の幅が広いと蹴り出した時の接地面積も広くなり、つま先がぶれにくく疲れが減少する。いっぽう、つま先が尖り気味のものは岩などに足先が乗りやすく、岩場などではむしろ体が安定する。つまり自分がどんな場所を歩こうとしているのかで、選ぶものが変わってくるのだ。

その点、つま先部分がやわらかく、軽やかに地面を蹴りだせるウォーキングシューズやトレイルランニングシューズは、外側から見た形状をそれほど気にする必要はない。それよりも大事なのは内部の形状が自分の足とマッチしているかどうかだ。トレイルランニングシューズのアッパーは柔軟なものばかりなので圧迫感を覚えることは少ないが、ある程度の硬さを備えているウォーキングシューズはつま先部分が狭いと、歩行時間が長くなるとつらくなってくるだろう。つま先部分は靴擦れを起こしやすい部分だけに、過不足ないフィット感を得られるものを探そう。

・つま先の反り上がり方

つま先の形状とも大きな関係を持つのが、つま先の反(そ)り上がり方だ。これも硬いソールをもつトレッキングシューズでは特に重要な点である。

つま先が大きく反り上がっていると、蹴り出した時に体重がスムーズに前方へ移動するために歩きやすくなるが、ソールの接地面積が少なくなるので直立している時は少々不安定になる。地面の上に丸いボールを置けば前方に転がっていくが、底が平らな箱のような形状ならば多少傾斜があっても同じ位置に止まっている……。そんなイメージで考えてもらうとわかりやすいだろう。そんなわけで、歩くことを主眼にすれば、つま先が反り上がっているもののほうがスピーディーに行動できるが、立ち止まって周囲をゆったりと眺める時間を長くしたい場合は、ソールが平面的なもののほうが足の疲れは緩和できるのである。

トレイルランニングシューズのソールは弾力性が高く、柔軟だ。そのために体重をかけると湾曲し、つねに地面をしっかりととらえてくれるので、トレッキングシューズほどつま先部分の反り上がり方を気にする必要はない。ウォーキングシューズは、それらの中間となる。

・ソールのパターン

トレッキングシューズよりもウォーキングシューズ、トレイルランニングシューズのほうが、一般的にソールのパターンは細かい。また、ハードな環境で使うことが想定されているトレッキングシューズは、摩耗してミゾがすぐになくならないように隙間が広めのブロック状のパターンとなっている。これにより、岩場などでも前後左右に滑りにくい歩行を実現し、パターンの間に泥が入り込んだ際もすぐに落ちるようになっている。

ウォーキングシューズは、トレッキングシューズほどひとつひとつのブロックが大きくはないものが大半だが、前後左右に滑りにくいパターンだ。その点、おもしろいのはトレイルランニングで、もともと走ることを想定して作られているため、前後左右のスリップ防止よりも前方への推進力を重視したパターンのものが中心である。たとえが難しいが、キャタピラのようなイメージだろうか。

・各部の形状やディテール

シューズの形状は、くるぶしまでを覆うハイカット、スニーカーのような形状のローカット、それらの中間であるミッドカットの3つに大別される。体を支える力が強いのはハイカット→ミッドカット→ローカットの順だが、足さばきがよくて軽やかに歩けるのはローカット→ミッドカット→ハイカットと、順番が反対になる。自分の目的や好みによって選び分けてかまわない。

また、シューズのタイプにかかわらず、靴紐をかけるフックが使いやすいものかどうか、素材の耐久性はどれくらいのものなのかなど、細かい部分もチェックしておくといい。トレッキングシューズやウォーキングシューズはアッパーの内側に防水透湿性素材を使い、外部の雨水を遮断しつつも、汗による内側の湿気を逃がす機能を持っているのが当たり前だが、発汗量が多いスポーツであるトレイルランニングを目的に設計したシューズには防水性を省く代わりに、通気性を最大限に確保したものもある。場合によっては、そんなことも確認しておこう。

山歩きに適した厳選モデルを紹介!

ここからは、ハイキングなどで気楽に使えるモデルから少々本気の登山に使えるモデルまで、厳選シューズをピックアップ。目的に応じて選べように3つのタイプ別に、計11種類のシューズをセレクトしてみた。

トレッキングシューズ

ハイカットやミッドカットのモデルが大半で、しっかりと足を包み込み、安定感が高い。ウォーキングシューズやトレイルランニングシューズよりも少々重くはなるが、ソールが滑りにくいために怪我もしにくく、山中でも使いやすい。

・キーン「ガレオミッドウォータープルーフ」

キーンの特徴ともいえる丸みを帯びたつま先を持ち、ソールも適度に湾曲。トレッキング系のシューズながら軽快に歩ける一足だ。ミッドカットだが、うしろの部分だけはアッパーが少し低くデザインされており、強く蹴り出してもアキレス腱付近へ大きな負荷はかからない。独自の防水透湿性素材である「KEEN DRY」を使い、長時間歩いていても蒸れが少ないのも高ポイントで、クラシカルな雰囲気もよい。

この企画の解説部分で使用している写真は、本製品を撮影したもの

この企画の解説部分で使用している写真は、本製品を撮影したもの

・バスク「サーガGTX」

くるぶしまで完全にサポートするハイカットモデル。難所でも足さばきが容易な細身のフォルムだが、ミッドソールには厚みがあり、クッション性は上々だ。アッパーは通気性が高いメッシュ素材で、しかも内部には新開発された「ゴアテックス エクステンデッド コンフォート メンブレン」を使用。防水しながら排湿と放熱を促す仕様は、蒸し暑い時期に適している。

・モンベル「ティトンブーツMen’s」

アッパーの丈が低めなミッドカットモデルで、やわらかで軽量なメッシュ素材を中心に要所をスウェードで補強しており、軽量性と強度とのバランスがよい。足首の部分以外は金属製のパーツを使わないことも、柔軟性をキープするのに貢献している。ソールは独自に開発したトレールグリッパー®で、急斜面や濡れた場所でも滑りにくい。ゴアテックスを使い、防水性も申し分ない。


・ホカ オネオネ「トゥ ウルトラ ハイ ウォータープルーフ」

トレッキングやハイキング向けのモデルながら、トレイルランニングシューズで定評があるメーカーが開発。それだけにランニングにも耐えうるクッション性をもち、弾むような履き心地を得られる。透湿防水素材には生地表面で水をシャットアウトする「eVent」が使われ、降雨時にシューズが濡れても重みはほとんど変わらない。ソールは、滑りにくさで評判の高いビブラムメガグリップとなっている。

ウォーキングシューズ

トレッキングシューズをいくぶん華奢にしたようなルックスで、耐久性を考慮しながらも軽量に作られている。体重や荷重を支える力は限定的なので本格的な登山には使いにくいが、里山歩きや公園の散策などにはぴったりだ。

・モンベル「ラップランドストライダーワイドMen’s」

しなやかな履き心地のローカット。つま先やかかとなどを合皮で補強しながらも柔軟性や通気性を犠牲にすることはなく、ゴアテックスを用いたアッパーで防水透湿性も確保している。これは同社の人気モデル「ラップランドストライダー」の足型を変更したもので、足幅が広い人でも窮屈に感じない設計となっている。ソールは、スリップを抑える効果が高いトレールグリッパー®を採用。


・キーン「ジャスパーロックスSP」

注目すべきは一般的な靴紐ではなく、伸縮性が高いバンジーレースを使用していること。引っ張ってコードロックで留めるだけでフィット感がアップし、いちいち靴紐を結び直す必要はない。ただし、キツく締めて足を確実に固定するのは難しく、足元が不安定な場所ではなく、ゆるやかな里山などが適している。足首まわりは通気性の高いメッシュを使い、内部の湿気の抜けもよい。街使いにも便利なモデルだ。

・テバ「アローウッド エボ メッシュ」

スリッポンタイプのスニーカーにストラップをつけ、ホールド感を高めたモデル。伸縮性とともに弾力性が高いネオプレンとメッシュ素材を使い分けた設計は、軽やかでやわらかな履き心地を実現している。内側には防水透湿素材であるTIDEシールを使ったライニングが、ソールには濡れた地面でも滑りにくく、クッション性も高いFloat-Liteアウトソールが使用され、雨の日でもストレスなく履くことができる。

・ゼロシューズ「デイライトハイカー」

アッパー、ソールともに使用素材は薄く、耐久性はそれなり。しかし、そのデメリットを打ち消すほど超軽量で、ミッドカットのデザインなのに重量はたった290g(片足/サイズ27cmの場合)だ。これは他モデルの半分以下の重さであり、足元の軽快さを重視したい人に向いているだろう。また、防水性の素材をあえて使わないことで通気性を格段に増し、蒸し暑い時期にも不快感がないように工夫されている。


トレイルランニングシューズ

もともと山中を走ることを目的に作られているため、やわらかなアッパーやソールを備え、とても軽量。耐久性に欠けるのは否めないが、軽い分だけ体力を補う効果も期待でき、山歩きに使う人も増加している。

・ホカ オネオネ「スピードゴート 2」

アウトソールと一体化したミッドソールには5cmほどの厚みがあり、同時に幅も広く、驚くほどのクッション性を実現。衝撃吸収性はすばらしく、足への負担は格段に軽減されるはずだ。グリップ性も上々で、速足で行動している時でも確実に地面をとらえてくれるのは、トレイルランニングシューズならでは。防水性は省かれているので、晴れている時や歩行後にシューズを履き替えられる時に使いたい。

・ゼロシューズ「テラフレックス」

軽量なモデルが揃うトレイルランニングシューズの中でも、履いていることを忘れそうなほど、特に軽量なモデル。ソールは肉薄でパターンもシンプルになっており、他モデルよりもグリップ力は少々低いかもしれないが、そのあたりは割り切って使うべきだ。トレイルランニングシューズには派手なデザインが多いのだが、この落ち着いたデザインであれば使う人の年齢を選ばないだろう。


・バスク「コンスタントベロシティ2」

軽量性を高めるためにトレイルランニングシューズは華奢(きゃしゃ)な造りになりがちだが、このモデルは耐久性を重視しており、アッパーの要所を十分に補強。ソールにも耐摩耗性の丈夫な素材を使うなど、長く使えるモデルとして設計されている。かかとには衝撃吸収性が高い成形パッドを内蔵し、強く着地した時も足の負担はかなり軽減される。スマートに見えるスリムなデザインもいい。

高橋庄太郎

高橋庄太郎

テント泊での登山を中心に1年の半分近くは野外で過ごす、山岳/アウトドアライター。好きな山域は北アルプス。「山道具 選び方、使い方」など、著書も多数。

関連記事
スポーツシューズのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る