特集
釣って楽しく、食べておいしい高級魚!

冬の定番ターゲット! 「肉厚カレイ」を“投げ釣り”で狙う

サーフや堤防、釣り公園などで気軽にトライでき、食べてもおいしいカレイの釣り方やグッズをチェック!

サーフや堤防、釣り公園などで気軽にトライでき、食べてもおいしいカレイの釣り方やグッズをチェック!

ここ数日、寒さが本格的になってきたが、寒い冬は魚がおいしい季節でもある。特にウインターフィッシングの定番ターゲット、カレイは釣り方も簡単。煮ても揚げても、肉厚なら刺身でもおいしく、持って帰れば家族にもよろこばれる高級魚だ。

カレイの釣り方には、「船釣り」や、サーフや堤防での「陸(おか)っぱりからの投げ釣り」がある。大漁が期待できるのは沖に出る「船釣り」だが、冬の時期は、初心者や未経験者でも気軽にトライできる近場のサーフや堤防でも十分な釣果が見込めるのだ。

そこで本稿では、「投げ釣りでのカレイ狙い」を解説。手に入れるべきフィッシングギアや、カレイを釣るために知っておきたい知識を紹介しよう。

カレイが近場に接岸する時期を狙う!

カレイの産卵期は1〜2月で、産卵前は準備のために栄養を蓄えに接岸(「乗っ込みカレイ」と呼ばれる)する。これを「投げ釣り」で狙うことになるので、そんなに遠くまでしかけを飛ばせない初心者でも釣ることができる。

また、産卵前の時期を逃しても、次は産卵を終えたカレイが栄養を蓄えに接岸(「戻りカレイ」と呼ばれる)する時期が来る。産卵期はあまり釣れないと言われるので、産卵前を逃した人は、産卵後の「戻りカレイ」を狙おう。

柵のある釣り場なら、子どもと一緒でも安心して楽しめる

柵のある釣り場なら、子どもと一緒でも安心して楽しめる

カレイの生息地は基本的に砂場。サーフでの釣りがメインと思われがちだが、底地が砂になっている防波堤や釣り公園なら十分に釣果が見込める。転落防止の柵が施された釣り公園なら、子どもと一緒でも安心だ。

【ロッド選び】カーボンの反発力でしかけを遠くへ

ロッドは大別するとカーボン製とグラス製に分かれるが、しかけを遠くへ飛ばすには、反発力の強いカーボン製が向いている。以下で紹介するのは、いずれもカーボン製で、価格も手頃な投げ釣り用ロッドだ。

[ロッド1]
ダイワ「プライムサーフT 25号405W」

カーボン繊維を高密度にまとめ、張りと粘りを追求した「プライムサーフT」

カーボン繊維を高密度にまとめ、張りと粘りを追求した「プライムサーフT」

ダイワの「プライムサーフT」は、携帯にすぐれた振り出し投竿に求められる張りと粘りを追求した1本。カーボン繊維を高密度にした「HVFカーボン」を採用することで、軽さがありつつもパワーが強いパフォーマンスを実現している。

また、ガイドロック外側には細かい溝が作られており、フルキャスト時のガイドの回転やガイド外れを防止している。

【SPEC】
・全長:4.05m
・継数:4本
・仕舞:112cm 
・自重:370g
・先径/元径:1.5(1.4)mm/6.9mm
・錘負荷:20〜30号
・リールシート位置:78cm
・カーボン含有率:92%

[ロッド2]
シマノ「サーフチェイサー 405EX-T」

カーボンテープ「ハイパワーX」を全身にまとった「サーフチェイサー」

カーボンテープ「ハイパワーX」を全身にまとった「サーフチェイサー」

シマノの「サーフチェイサー」は、強化構造「ハイパワーX」を全身にまとった1本。ブランクス最外装にカーボンテープをX状に巻きつけ、キャスト時やファイト時に発生するネジレの抑え込みを強化している。

また、カーボンテープの幅や角度を釣り種によって変えることで、アクションに一層のキレとシャープ感を与えている。

【SPEC】
・全長:4.05m
・継数:4本
・仕舞:116.0cm
・自重:370g
・先径/元径:2.5mm/22.9(22.2)mm
・標準錘負荷:25号
・リールシート位置:800 mm
・カーボン含有率:99.6%

【リール選び】幅広スプールのモデルで抵抗を少なく

投げ釣り用のリールはスピニングタイプで、スプール(糸を巻く部分)が幅広かつ浅めに設計されている。カレイはヒット時に一気に引き込むアタリ方をしないので、ドラグ(リールの締め付けを調整する部分)はアリでもナシでも問題ないが、本稿ではアタリをより楽しむためにドラグ付きリールを紹介する。

[リール1]
ダイワ「クロスキャスト5000」

独自技術の「デジギヤU」を採用し、大物釣りにも適した「クロスキャスト5000」

独自技術の「デジギヤU」を採用し、大物釣りにも適した「クロスキャスト5000」

「エアローター」の採用により、回転性能や遠投時の巻き取り効率が向上した35oストローク仕様の遠投リール。同社独自のデジタル設計技術「デジギヤ」を進化させた「デジギヤU」を搭載しており、大物にも対応する耐久性を誇る。

糸巻きは、角度の大きい綾巻き方式を採用。細糸やPEラインを使用した場合でも、ライントラブルが少なく、同時に飛距離向上に寄与している。

【SPEC】
・巻き取り長さ(ハンドル1回転):82p
・ギヤー比:4:1 
・自重:640g
・最大ドラグ力/15kg
・標準糸巻き量(ナイロン):7号250m、8号200m、10号150m
・ベアリング(ボール/ローラー):3/1
・ハンドル長さ:85o

[リール2]
シマノ「スーパーエアロ スピンジョイSD 30」

サビを寄せつけない独自の高性能ベアリングを採用する「スーパーエアロ スピンジョイSD 30」

サビを寄せつけない独自の高性能ベアリングを採用する「スーパーエアロ スピンジョイSD 30」

「スーパーエアロ スピンジョイSD 30」は、スムーズなライン放出より飛距離が出る「パラレルボディ」や、強力な巻き上げが可能なギアシステム「X-SHIP」を採用するなど、遠投のための基本性能を持つモデル。カレイにぴったりの置き竿釣りからキスの引き釣りまで、オールマイティーに対応する。1ランク太い糸が使える替えスプール付き。

【SPEC】
・巻き取り長さ(ハンドル1回転):82p
・ギヤー比:4:1 
・自重:640g
・最大ドラグ力/15kg
・標準糸巻き量(ナイロン):7号250m、8号200m、10号150m
・ベアリング(ボール/ローラー):3/1
・ハンドル長さ:85o

【オモリ選び】誘導オモリで微細なアタリを察知

カレイのアタリは千差万別。タイのような強い引き込みはなく、40cm超クラスでも穂先の微細なアタリのみの場合もある。また、沖に引き込むアタリのほか、沖から陸地側へ食いつく場合もあり、その際はラインがゆるむ(フケる)独自のアタリ方となる。そんな微細なアタリをしっかりと把握するためにも、オモリは引きにもフケにも察知しやすい誘導天秤が最適だ。

[オモリ1]
富士工業「2UJO 遊動 ジェット天秤」

「2UJO 遊動 ジェット天秤」

「2UJO 遊動 ジェット天秤」

3枚の羽根により投げた際の飛距離を稼ぎ、引き込み時の浮き上がりも抜群のオモリ。根が多少ある場所での根がかりも防ぎやすい。

[オモリ2]
第一精工「スパイク天秤 2本パック」

「スパイク天秤 2本パック」

「スパイク天秤 2本パック」

カレイ釣り専用の天秤。丸型オモリに付けられた凸型スパイク構造が、潮に流されるのを防ぐため、潮の流れが強い日に力を発揮する。

【しかけ選び】ターゲットに対して力を発揮する「赤」がポイント

カレイに対して餌の存在をアピールできるとされているのが、赤色装飾だ。カレイが水中で色の判断ができるわけではないのだが、水中で最も色のコントラストが生える色が赤色とされている。そのため、赤色の装飾がついたしかけは、カレイに対して餌の場所を大きくアピールする武器となる。

[しかけ1]
がまかつ「投カレイ段差誘惑3本仕掛」

「投カレイ段差誘惑3本仕掛」

「投カレイ段差誘惑3本仕掛」

枝針の「エッグボール」がカレイを誘惑するしかけ。段差しかけの2本針に付けたイソメ同士がからみ合い、カレイの食い気を誘う。

[しかけ2]
がまかつ「カレイ赤エッグボール誘い仕掛」

「カレイ赤エッグボール誘い仕掛」

「カレイ赤エッグボール誘い仕掛」

枝針に誘いの赤いエッグボールが付いた2本針のしかけ。針の根元には、餌が外れにくくなる「ナイロンバーブ」が取り付けられている。

[しかけ3]
がまかつ「港カレイ仕掛」

「港カレイ仕掛」

「港カレイ仕掛」

段差しかけの2本針の片方に、赤いエッグボールが付いているしかけ。

イソメは、とにかく「フサかけ」で大きく見せるもの。本製品は、段差針のイソメ同士がからみ合い、より大きなイソメの塊となってカレイにアピールしてくれる。短めで軽い投げ竿と組み合わせても、ハンドリングしやすい長さなのもうれしい。

【餌選び】
餌の基本はイソメ類! 苦手な人は疑似餌を

しかけに取り付ける餌は、青イソメや赤イソメ、イワイソメといった生きた虫餌が基本。だがやはり、虫餌を触るのはどうしても苦手という人もいるだろう。そんな人に強い味方となるのが、虫餌を模した疑似餌だ。

[疑似餌]
マルキュー「パワーイソメ」

「パワーイソメ」

「パワーイソメ」

魚が好むエキスと、本物そっくりの形と弾力で驚異の摂餌力を発揮する生物分解性食わせ餌。4種類の太さと、青、茶、赤、桜色(夜光)の4色がラインアップされている。「極太」タイプのみ、夜光レモン色と夜光パール色を地域限定で用意。

[加工餌]
ダイワ「アミノX リアルベイトイソメ」

「アミノX リアルベイトイソメ」

「アミノX リアルベイトイソメ」

本物のイソメを塩漬けにした加工餌。本物だが、すべらず動かないので、生き餌が苦手な人でも針につけやすい。「アミノX」配合で、高い集魚力を誇る。常温保存も可能。

【竿置き】食いがよいのは朝夕の「マズメ」! ねばり強くヒットを待とう

カレイの餌の食いがよくなるのは、明るみ始めたころから朝日がのぼるまでの「朝マズメ」と、夕やみ始めてから日が沈むまでの「夕マズメ」。投げたあとに少しオモリを引き、砂を舞わせて誘いをかけたら、あとは置き竿でねばり強くヒットを待つのが基本だ。その際にはやはり、竿置きは必需品となる。また、慣れてきたら、2本3本と竿の数を増やしていくと、釣果の期待がより高まるだろう。

[竿置き1]
第一精工「かけ太郎2号」

「かけ太郎2号」

「かけ太郎2号」

サンドポールを砂地に刺して使用する竿置き。防波堤や釣り公園など、ポールが刺せない場所では、超強力両面テープが搭載された付属ホルダーをクーラーバッグに貼ることで使用できる。

[竿置き2]
第一精工「サーフ三脚レバー式DX 2号」

「サーフ三脚レバー式DX 2号」

「サーフ三脚レバー式DX 2号」

「サーフ三脚レバー式DX 2号」は、一体成形の蝶番を採用。強烈な魚の当たりや強風時にもぐらつかない安定性能を実現している。複数の竿を置く際にも便利だ。

ベガス小池

ベガス小池

パチやスロで稼いだ資金をラスベガスのカジノで散財し続けるため、この名で呼ばれるライター。サンケイスポーツでコラム「ベガス小池のプロ流」を連載中。犬と酒と阪神タイガースを愛し、休日はバイクで釣りへ。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る