特集
大物釣果連発の人気釣り場で最新ロッドを“実釣”!

話題の海上釣り堀で「海上釣堀 コアスペックII」の手応えを堪能!

2019年春登場の注目最新ロッド(釣り竿)を持ち、話題の海上釣り堀で大物狙い。果たして釣果は?

2019年春登場の注目最新ロッド(釣り竿)を持ち、話題の海上釣り堀で大物狙い。果たして釣果は?

釣り人の1番の楽しみと言えば、やはり大物との駆け引きではないだろうか。

大きな魚がヒットしたときの手応え抜群のアタリ。逃げようとする大物をバラさない(逃さない)ように引き寄せる駆け引き。そして釣り上げ、サイズ、重量を改めて手の上に感じたときの興奮と感動――。

簡単に味わえるものではないが、釣りファンが忍耐強くアタリを待つのは、そんな興奮と感動を味わいたいからに、ほかならないと思う。

そして昨今、そんな夢を簡単に叶える場所が全国に増えているという。「海上釣り堀」だ。海上釣り堀はその名の通り、海に作られた釣り場に手応え抜群の大物を放流。釣り場にもよるが、マダイやシマアジのほか、カンパチやブリといった青物など、大物高級魚が釣れるとあって、その手応えにファンが現在急増中とのこと。

今回訪れた海上釣り堀の釣果情報には、連日大物が大量に!

今回訪れた海上釣り堀の釣果情報には、連日大物が大量に!

最新ロッドで大物を釣りたい!

そんな釣り場なら、最近とんと小物ばかりで残念な筆者にも、大物の手応えや駆け引きが味わえるはず。そう、サバではない青物、カンパチやブリを釣ってみたい!

思わず心の声が出てしまったが、ちょうど2019年春、「ジャパンフィッシングショー2019 in YOKOHAMA」で取材した際に手にした最新ロッド、がまかつの「海上釣堀 コアスペックII」が発売されたばかり。「ジャパンフィッシングショー2019」で手にした際は、しなりの感触は確認できたけど、実際に大物がヒットしたときにどれだけ粘ってターゲットを弱らせるのか? やっぱり実戦で味わってみなきゃね、ということで早速「海上釣堀 コアスペックII」を手に大物の青物釣りに挑戦した。

「ジャパンフィッシングショー2019」のがまかつブースで感触を確かめたが、やはり実際に釣ってみないとね!

「ジャパンフィッシングショー2019」のがまかつブースで感触を確かめたが、やはり実際に釣ってみないとね!

がまかつ「海上釣堀 コアスペックII」

「さぐり」「真鯛」「青物」の3調子で長さ別に計7種類がラインアップされている。今回の実釣には「青物」の3.5mを使用

まずは、「コアスペックII」の紹介から。

同モデルは、カーボンを細身肉厚に巻き上げることで、粘り調子でスムーズな曲がり伝達を実現したロッドだ。同部分の復元力が大幅向上し、魚のヒキに耐えているだけで魚を弱らせ、スムーズに取り込むことができる。

「さぐり」「真鯛」タイプは繊細なアタリを感じ取れるソリッドトップを採用し、「青物」タイプは反発力が強く、張りがあるチューブラトップを採用。また、視認性の高い白穂先には、糸絡みの減少と、糸通りのよさを追求した「IMチタンフレームSICガイド」を使い、目印やウキ止めの引っかかりを軽減している。

【SPEC/青物3.5】
全長:3.5m
継数:4本
仕舞寸法:100cm
自重:205g
先径/元径:1.3mm/16.8mm
オモリ負荷:0〜18号
使用素材:カーボン98.9%/グラスファイバー1.1%

いざ海上釣り堀へ

今回釣行したのは、釣果情報で連日大物が上がっている、神奈川県三浦市三崎の「みうら海王」さん。恥ずかしながら海上釣り堀初体験の筆者は、事前予約の際に電話で基本的なことを教えてもらった。

三崎漁港にある、三浦市民ホール1Fで受け付け後、すぐ前にある船着場へ

三崎漁港にある、三浦市民ホール1Fで受け付け後、すぐ前にある船着場へ

ほかの釣り人と船に乗り合い、海上の釣り堀まで向かう

ほかの釣り人と船に乗り合い、海上の釣り堀まで向かう

船での移動時間は約10分。実はちょっと緊張している

船での移動時間は約10分。実はちょっと緊張している

釣り場は想像以上に広く、それぞれのポジションはくじ引きで決める。初めての人はスタッフさんにその旨を伝えれば、ていねいに説明してくれる。釣れた魚は、ビクに入れてておけば、最後に“活き締め”してくれる。高級魚ばかりなだけにうれしい心配りだ

装備をそろえていざ実戦!

基本的に必要な道具は、次の通り。

・釣り竿
・リール
・仕かけ
・エサ
・魚を持ち帰るクーラーバック(40Lが理想)
・針外し用のプライヤー
・魚をつかむ軍手またはタオル

タモ(網)は、現地に用意されているものを使う。

釣り竿とリールは、ウキとオモリがセットになったものがレンタルされており、エサとクーラーバッグは現地で販売も行なっている。そのため、魚をつかむタオルと針外しがあれば、あとは手ぶらで行って現地調達も可能だ。

装備はこんな感じ。ロッドは前出の「海上釣堀 コアスペックII 青物 3.5m」

装備はこんな感じ。ロッドは前出の「海上釣堀 コアスペックII 青物 3.5m」

リールは、シマノ「セドナ8000」にPE6号を巻いた

リールは、シマノ「セドナ8000」にPE6号を巻いた

ウキはNAKAJIMAの「親潮ソフト EVA製万能棒ウキ」の3号と、オモリ付きクッションシンカーも使用

ウキはNAKAJIMAの「親潮ソフト EVA製万能棒ウキ」の3号と、オモリ付きクッションシンカーも使用

針はハリス4号で針8号のものをタイ用に、ハリス8号で針13号のものを青物用に使用

針はハリス4号で針8号のものをタイ用に、ハリス8号で針13号のものを青物用に使用

ほかに、プライヤー、手袋、タオル、35Lのクーラーバックを持参

ほかに、プライヤー、手袋、タオル、35Lのクーラーバックを持参

エサは現地販売品を調達。タイ用にささみ(右上)、シマアジがよく釣れるという「生ミック」(左上)、青物用にきびなご(右下)を購入。このほか、ブクブク(エアーポンプ)を使用して活き豆アジ(左下)を用意した(活きアジは現地で売っている場合と品切れの場合があるので、使いたい人は事前に要確認)

開始早々にいきなりヒット!

釣り場は、生けすひとつにつき最大12人で使用。全員の用意があらかた整うと、スタッフさんの合図で一斉に釣り開始。筆者も仕かけを生けすの中央付近に投入すると、すぐにウキがゆっくりと沈み始めた!? 半信半疑で合わせると、ヒット〜!

ガツンとロッドが曲がり込む。手応えはかなり重いが、なにぶん海上釣り堀初心者。何が当たったのか想像もできないが、「コアスペックII」がやわらかくしなってくれるので、腕に伝わる魚の感触が楽しい〜! そしてタモにあげてみると……、1発目のヒットはマダイだ〜!!

「コアスペックII青物」の柔軟なチューブラー穂先からくる全体のしなりが、魚との駆け引きを楽しく感じさせてくれる

そこそこのサイズのマダイ。開始5分でこれが釣り上がるんだから、たまらない

そこそこのサイズのマダイ。開始5分でこれが釣り上がるんだから、たまらない

楽勝と思われた展開が苦戦に……

海上釣り堀デビューは、1投目からマダイがヒット! 「これなら楽勝♪」と釣り続けるも、そのあとはピタッとアタリが止まる……。いやいや、同じ生けすの人はそこそこ釣れているわけよ。3つ隣の常連さんなんて、仕かけを入れたら釣れ、入れたら釣れの繰り返し。そこで、スタッフさんの助言に従い、タナを少し短くしてみたら……ヒット! 先ほどと似た手応えなんでマダイかな!? せっかくだし、「コアスペックII」の手応えを堪能しなきゃと、すぐに上げずに魚の感触を楽しんでいたら……アレ、軽くなった!? バラしちゃった〜。アホだ〜(涙)。

すると、そんな筆者を見かねた(わけではなく、必ずやってくれます)スタッフさんが、生けすからシマアジをすくって釣り場に放流。この「みうら海王」、一定時間経過でシマアジや青物などを放流してくれるのだ。放流直後は大チャンス! シマアジには生ミックが効果的なので、エサを取り替え、すかさず投入。ヒットした〜!

この手応えはかなり大きい! ロッドも大きくしなり、今度は遊ぶことなく引き上げようとしたら……アレ、また軽くなった!? さすが海上釣り堀初心者、心の底から情けない(涙)。

釣り場の横には魚の生けすが設けられており、定期的に放流してくれる

釣り場の横には魚の生けすが設けられており、定期的に放流してくれる

放流直後が釣り上げるチャンス

放流直後が釣り上げるチャンス

エサを変えると、シマアジと思われるアタリをヒット。先ほどまでのマダイと明らかに違う!?

エサを変えると、シマアジと思われるアタリをヒット。先ほどまでのマダイと明らかに違う!?

悔しいというより、情けなくて恥ずかしい。修行が必要だ

悔しいというより、情けなくて恥ずかしい。修行が必要だ

活き豆アジで大逆転なるか?

シマアジは逃すも、そのあとはマダイを数匹釣り上げることに成功。海上釣り堀と「コアスペックII」の感度を堪能〜♪って、違〜う! 今日使っているロッドは、「コアスペックII」の中の「青物」モデルなわけよ。ならやっぱり、青物を釣り上げる快感を堪能できなきゃ、死んでも死に切れない〜(死にはしないけど)。

というわけで、秘密兵器の出番。事前にアドバイスを受けた際、「用意できるなら、活き豆アジがあるといいよ」と言われていたので、ブクブクを使って持参していたのだ。これさえあれば!

生きのよい豆アジの鼻先に、針を引っかけて泳がせる

生きのよい豆アジの鼻先に、針を引っかけて泳がせる

地上からは、青物がイワシの群れを追っている姿が見える。頼むよ、こっちの豆アジのほうがおいしいんだから食いついて〜。すると、ゆっくりとウキが沈み込む。もしやと合わせると、今までにないほどロッドが曲がった!? ものスゴい手応え。青物か!?

引き上げようとすると、「それ、根がかりだよ〜」と、スタッフさんの声。海上釣り堀は放流した魚が逃げないよう、海側を大きな網で囲んでいる。どうやら、生きのよい豆アジがその網にかかってしまったようだ。残念。

結局最後まで、釣れたのはマダイのみ。これなら「コアスペックII 真鯛」のほうがよかったのでは!?

結局最後まで、釣れたのはマダイのみ。これなら「コアスペックII 真鯛」のほうがよかったのでは!?

釣れた魚は、最後にスタッフさんが血抜きしてくれる

釣れた魚は、最後にスタッフさんが血抜きしてくれる

今回の釣果はこの通り。もし釣れなかった場合も、ひとりにつきマダイを2匹お土産でもらえるので安心

今回の釣果はこの通り。もし釣れなかった場合も、ひとりにつきマダイを2匹お土産でもらえるので安心

釣った魚をおいしく調理!

結局、釣果は真鯛が5匹。青物が釣れなかったのが心残りだが、楽しめたのでよしとする。となればあとは、獲物をおいしく調理していただくのみ。

マダイ料理は以前「価格.comマガジン」で記事にしたので、今回はマダイのさばき方からお見せましょう。釣りは好きだけど、調理は……なんて人はぜひご参考に!

さばき甲斐のあるサイズのマダイも。というか正直、5匹さばくのはしんどかった……

さばき甲斐のあるサイズのマダイも。というか正直、5匹さばくのはしんどかった……

まず表面を真水で洗い、ウロコを取る。背びれが手に刺さることがあるので、注意しながらヒレの裏や頭のウロコもていねいに取っておこう

腹を切り開き、エラとハラワタを取る。慣れればエラと一緒にハラワタも包丁で一気に取れるようだ

腹を切り開き、エラとハラワタを取る。慣れればエラと一緒にハラワタも包丁で一気に取れるようだ

もちろんそんな技術がなくても、腹を開いて手で引き抜けば問題なし

もちろんそんな技術がなくても、腹を開いて手で引き抜けば問題なし

エラとワタを取ったら、腹腔内もキレイにしておこう

エラとワタを取ったら、腹腔内もキレイにしておこう

ウロコ、エラ、ワタを取ってキレイに水で流したら、頭のうしろから胸ヒレにかけて包丁を入れ、頭を落とす。一気にやろうとせず、片面ずつ切ればそんなに力を使う必要はない

腹側、背中側と、中骨に沿って、ゆっくりと包丁を入れていく。一気に切ろうとせず、何回か包丁を引いてていねいに切ろう

片面ずつ包丁を引いていけば、これで3枚おろしの完成

片面ずつ包丁を引いていけば、これで3枚おろしの完成

頭も調理しやすいように2つに割っておくと便利。歯の部分から包丁を入れると切りやすい

頭も調理しやすいように2つに割っておくと便利。歯の部分から包丁を入れると切りやすい

3枚にさばいて頭を割れば、あとはさまざまな鯛料理に変身。あくまでも、素人の手料理なので見た目がアレなのはご勘弁を。

マダイをふんだんに使った料理の数々、メチャクチャおいしかった。よかったら皆さんもぜひ。

中骨を煮込めば真っ白な出汁が(右上)。この出汁(右下)で炊いた鯛めしは絶品(左)

中骨を煮込めば真っ白な出汁が(右上)。この出汁(右下)で炊いた鯛めしは絶品(左)

皮を引いて身だけにすれば(右上)、お刺身(右下)やマリネ(左下)が簡単に! 身を昆布で挟めば、ねっとり濃厚で旨みが詰まった昆布締め(左上)に

ほかにも、ムニエル(右上)、カブト焼き(右下)、カブト煮(左上)、濃厚潮汁(左下)を作成。どれも大満足のおいしさだった

抜群の手応えを楽しめる1本

今回の釣行で使用したのは「海上釣堀 コアスペックII青物」だが、同シリーズには調子の違う「さぐり」と「真鯛」もラインアップされている。

「さぐり」調子は穂先がグラスソリッド仕様。少し試してみたが(写真下)、穂先がやわらかく繊細だった。これなら微細なアタリも逃さずヒットさせられるはず。真鯛、シマアジ、イサキ向けだが、不意の青物を取り込むパワーも持っているとのこと。こちらを使っていれば、筆者もシマアジをバラすことなく取り込めたかもしれない……。

「さぐり」は長さ3mの1タイプをラインアップ。磯や根の多い釣り場でも活躍するだろう

「さぐり」は長さ3mの1タイプをラインアップ。磯や根の多い釣り場でも活躍するだろう

もうひとつの「真鯛」調子は、マダイから中型青物までがメインターゲット。下の写真のように、穂先は繊細さなだけでなく適度な張りが感じられ、全体的なしなりもよい手応えであった。大型マダイやカンパチなど、大物が狙える海上釣り堀にマッチした万能的ロッドという感触だ。

「真鯛」は3m、3.5m、4mの3タイプをラインアップ。これ1本あれば、海上釣り堀だけでなく磯での釣りも十分楽しめるだろう

手軽に大物との駆け引きを楽しめる

今回釣行した海上釣り堀「みうら海王」さんは、店長をはじめ、スタッフさんがみんな明るく、アットホームで楽しめる釣り場だった。筆者が釣行した日は、途中から雨がぱらつく天候だったが、それでも40人ほどが各々に大物釣りを楽しんでいた。ほとんどの人が釣れていたが、釣れなかった場合も先述の通り、マダイ2匹をお土産にもらえるのでご安心を!

冒頭で紹介した、筆者の3つ隣でバンバン釣り上げていた常連さんの釣果がこれ。うらやましい限り

冒頭で紹介した、筆者の3つ隣でバンバン釣り上げていた常連さんの釣果がこれ。うらやましい限り

【取材協力店舗】
「みうら海王」
・所在地(受付):神奈川県三浦市三崎5-3-1 三浦市民ホール1階
・定休日:毎週火曜日(祝祭日に当たる場合は営業)
・予約:前日までに電話で予約が必要(空きがあれば当日予約も可能)

ベガス小池

ベガス小池

パチやスロで稼いだ資金をラスベガスのカジノで散財し続けるため、この名で呼ばれるライター。サンケイスポーツでコラム「ベガス小池のプロ流」を連載中。犬と酒と阪神タイガースを愛し、休日はバイクで釣りへ。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る