あれこれ通信
「全米オープンテニス2018」で優勝したときと同じシリーズの時計!

大坂なおみ選手着用ウォッチは何? 世界1位の手首は最新ガジェットで彩られていた

2019年1月14日〜27日に開催されたグランドスラムのひとつ「全豪オープンテニス」において、大坂なおみ選手が見事、シングルス優勝を果たした。これにより、アジア初のWTA世界ランキング1位に輝くことが決まった。

2019年1月28日時点の「WTA ランキング」シングルスで、見事1位に輝くことが決まった大坂なおみ選手

2019年1月28日時点の「WTA ランキング」シングルスで、見事1位に輝くことが決まった大坂なおみ選手

ここでは価格.comマガジンらしく、「全豪オープンテニス2019」の試合中、鮮やかなオレンジ色が映えていた、大坂選手の着用ウォッチに注目。その魅力に迫る。

光発電しながらスマホと連携

プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手は、シチズン時計のブランドアンバサダーを務めており、「全豪オープン」で着用していたのは、まだ発売前の「エコ・ドライブBluetooth W410」の最新モデル「BZ4004-06E」。アナログな文字盤を持ちながら、スマートフォンとBluetooth接続で連携する腕時計だ。

2019 年3 月7 日に発売される「エコ・ドライブBluetooth W410(BZ4004-06E)」(ユニセックスモデル)。メーカー希望小売価格は81,000円(税込)で、1000本限定で販売される。10気圧防水に対応

「BZ4004-06E」は、主に5つの機能を備えている。

1. 光発電エコ・ドライブ
2. スマホへの電話やメール、SNS の着信を音と針によって通知
3. スマホサーチ機能
4. 時刻を3つまで設定可能なアラーム機能
5. 日時の同期機能

「光発電エコ・ドライブ」は、同社独自の発電機能。太陽光や室内のわずかな光を電気に変換して腕時計を動かすため、定期的な電池交換はもちろん、ほかのスマートウォッチのようにケーブルによる充電も必要ない。

また、Bluetooth接続でスマホと連携して、専用アプリ「エコ・ドライブ Bluetooth」上で、アラームや時差修正などの設定を直感的に行える。

アプリの地図上(写真)で都市をタップして「送信」ボタンを押すだけで、時計側の時刻を自動修正できる

アプリの地図上(写真)で都市をタップして「送信」ボタンを押すだけで、時計側の時刻を自動修正できる

【関連記事】
シチズンの“充電不要なスマートウォッチ”が軽く、傷に強くなった!
LINE通知も可! “充電いらず”のスマートウォッチ「エコ・ドライブ Bluetooth」

大坂選手の躍動感あふれるプレイからインスパイア

先鋭的で美しいデザインも「エコ・ドライブ Bluetooth」シリーズの魅力。なお、ガラスには、無反射コーティングのサファイヤガラスを採用

本機のケースには、本来やわらかい素材である純チタニウムに表面硬化技術「デュラテクト」を施すことで、ステンレスの5倍以上の表面硬度を誇る素材「スーパーチタニウム」を採用。傷から時計本来の美しさを守ってくれる。また、同素材は軽量性にもすぐれており、ステンレスよりも約40%軽いうえに、肌にもやさしく快適に着用できる。

文字盤の一部やウレタンバンドは、大坂選手のダイナミックなプレイイメージからインスパイアされたビビッドなオレンジ色でカラーリングされている。

着用モデル第1弾は発売中

余談ではあるが、「BZ4004-06E」は実は着用モデル第2弾。2018年8〜9月にかけて開催されたグランドスラムのひとつ「全米オープンテニス2018」で、大坂選手はシングルス優勝の快挙を達成したが、その際に着用していた「エコ・ドライブBluetooth W410」の「BZ4006-01E」が第1弾モデルとなる。

2018年9月に発売された「エコ・ドライブ Bluetooth W410(BZ4006-01E)」。メーカー希望小売価格は、86,400円(税込)。機能や素材は、「BZ4004-06E」とほぼ同じ

【関連記事】
シチズンの“充電不要なスマートウォッチ”が軽く、傷に強くなった!
LINE通知も可! “充電いらず”のスマートウォッチ「エコ・ドライブ Bluetooth」

牧野裕幸(編集部)

牧野裕幸(編集部)

月刊アイテム情報誌の編集者を経て価格.comマガジンへ。家電のほか、ホビーやフード、文房具、スポーツアパレル、ゲーム(アナログも含む)へのアンテナは常に張り巡らしています。映画が好きで、どのジャンルもまんべんなく鑑賞するタイプです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る