ゴルフの楽しさ伝えます
自分でつかまえれられるプレーヤー向け

左を怖がらなくていい! キャロウェイ「EPIC FLASH SUB ZERO」FW試打

オグさんです。

今回はキャロウェイの「EPIC FLASH SUBZERO」のフェアウェイウッド(以下、FW)を試打したもようをお届けします。

EPIC FLASHにFWは2種類

「EPIC FLASH」シリーズ、私はこの連載内で3種類あるドライバーと、アベレージ向けに設計された「EPIC FLASH STAR」のFWを試打させていただきました。今回は、アスリート向けに設計された「EPIC FLASH SUB ZERO」シリーズのFWを細かくチェックしていきたいと思います。

搭載テクノロジーは基本的にシリーズ共通。ソールとクラウンを2本のバーでつなぎ、インパクト時の余計なヘッドのたわみを抑える「JAILBREAK」テクノロジー、人工知能による設計の「FLASHフェース」にカップフェース構造を組み合わせることで実現させた広い高初速エリア、さらなる低重心化を実現するトライアクシャルカーボンクラウンなど、現代のテクノロジーを集約したようなハイテクなヘッドになっています。

アベレージ向けの「EPIC FLASH STAR」のFWはソール後方にだけウェートが搭載されていましたが、アスリート向けの「EPIC FLASH SUB ZERO」FWは、フェース側にもウェートが装着されており、重心をより浅く設計していることが見て取れます

ヘッド形状は小ぶりでヘッドの奥行きも比較的狭く仕上げてあり、とてもシャープな印象。トゥ側がかなり逃げているように設計されており、上級者が嫌う左のミスをイメージさせないようになっています

「EPIC FLASH STAR」のFWにはフェース中央に照準器のようなマークが刻印されていたのですが、「EPIC FLASH SUB ZERO」はオーソドックスな溝になっています。丸みを帯びたソールはヌケがよさそうですね

ソール後方をやや持ち上げることでヌケを向上させているのは「EPIC FLASH STAR」のFWと共通。「EPIC FLASH SUB ZERO」FWはヘッド全体の奥行きを狭め、高い操作性と強い弾道を狙った設計になっています

SUB ZEROにはウェート交換機能がある

構えてみると、投影面積が小さく安心して叩けそうな逃げ顔で「少々のことでは左には飛びませんよ〜」とメッセージを送ってきます。さすがユーザーをアスリートに絞り込んで作られたFWだけはありますね。打ってみると見た目そのままの性能。見た目にビビってややつかまえに行くイメージで振ってみたのですが、右に飛び出してかすかにドローはしてくれましたが戻りきらず。ややフック気味のイメージで振ってもなかなか目標より左には飛んでくれませんでした。

左のミスを嫌うゴルファーには強くおすすめできる性能ですね。ただ、アスリート向けだけあって、そこそこのヘッドスピードがないと性能を引き出せないですね。ドライバーで43m/sは欲しいところ。それ以下だとボールに高さが出ないか、スピンが少なくなりすぎてドロップしてしまう可能性があります。

この「EPIC FLASH SUB ZERO」FWは前述のようにウェートが2か所装着されており、互いに入れ替えることができます。標準ではフェース側に14g、ソール後方に2gが装着されていて、いわゆる浅重心の設定になっています。これを入れ替えて前方に2g、後方に14g、いわゆる深重心にして打ってみました。すると私の場合、直進性が高まったせいか右に飛び出してドローがかかりきらず、そのまま真っすぐ突き抜ける弾道が多くなりました。また、スピンが増えた関係で飛距離もダウン。スピンが足りずにドロップしてしまうような方は深重心設定のほうが飛距離は伸びるでしょう。

EPIC FLASH STAR FWにはない、ウェート入れ替え機能。つかまり性能はそれほど変わらず、スピンが増える結果となりましたが、本来であれば打ち出し角が高めになりやすくなるはず

純正シャフトもなかなかハード

今回の試打では、シャフトは2種類を試してみました。

上が「フジクラSpeeder EVOLUTION V FW」、下が「ツアーAD SZ」

上が「フジクラSpeeder EVOLUTION V FW」、下が「ツアーAD SZ」

「EPIC FLASH SUB ZERO」ドライバーの純正シャフトと同じ「ツアーAD SZ」は、純正とはいえ、アスリート向けのヘッドに合わせて設計されているだけあってなかなかハードな仕上がり。ヘッドのインプレッションでも触れましたが、ヘッドスピードは43m/sくらいないとボールが上がりきらないでしょう。挙動としては、つかまりを抑えた設計により、使い手がしっかりつかまえに行ってもつかまり過ぎません。ヘッドとのマッチングが良好ですね。インパクトロフトが立って当たりやすい動き方をするので、しっかりボールをとらえられるとライナー性の強い弾道が打てます。

カスタムシャフトである「フジクラSpeeder EVOLUTION V FW」は、文字どおり、ドライバー用のSpeeder EVOLUTION V(通称エボV)をFW用に再設計したモデル。具体的には高弾道が打ちやすいエボVの特性そのままに、先端剛性をやや高め、芝から直接打つときでもミートしやすいようになっています。

打ってみると、先端がシュッと走る感触はあるのですが、ヘッドの位置をつかみやすくミートしやすい。ボールも全体的に上がりやすかったですね。つかまり性能はSZよりはある印象ですが、ヘッドの特性をじゃましない程度なので基本的にはつかまるとは言えないレベル。データを取ってみるとSZとほぼ変わりませんでした。

ツアーAD SZ×前重心:右に打ち出したドロー系の弾道。3Wを地面から打った弾道としては高さも十分で低スピンの非常に強い弾道が出ました。ドローで目標方向に戻りきっていないところがこのクラブの性能を物語っていますね

ツアーAD SZ×後重心:打ち出し方向は前重心のときとほぼ同じですが、ほとんどストレートな弾道となってボール初速が落ち、スピン量が増えてしまいました。私にとっては前重心のほうが効率がいいということ。前重心でスピンが足りずドロップしてしまうような方は試す価値があるでしょう

エボV×前重心:やや右に飛び出した、低スピンのライナー性弾道。戻り過ぎないつかまり度合いと打ち出し角はSZとほぼ変わらない数値でした。ただ体感的にはエボV FWのほうがつかまる印象。微々たるところですが、いざというときにしっかりつかまえたいのならエボVがおすすめですね

兄弟モデルにアベレージ向けFWのSTARがあることもあり、このSUB ZEROはターゲットをアスリートにしっかり絞り込んで開発されている印象。アスリートの嫌う、左のミスや形状などにしっかり対策がなされているモデルでした。選べるシャフトもヘッドの性能に沿ったものしかなく、ターゲットのゴルファーが手に取ればまず間違いなく満足するだろうクラブですね。

飛距離性能やコントロール性もばっちりですが、ミスへの補正能力はほとんどありません。ミスへの許容度や自分でつかまえる技術がない方は「STARのFW」を選ぶべきです。

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る