デフォルトアプリはGoogleアカウントなしでも楽しめる

CCC AIRからテレビにつなげて楽しむ世界最小のAndroid TV端末「Air Stick」が登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カルチュア・コンビニエンス・クラブのグループ会社であるCCC AIRは、スティック型Android TV端末「Air Stick」を発表した。まずはヘッドホン・イヤホンの専門店「e☆イヤホン」の実店舗と、CCC AIRのオフィシャルサイトで12月20日に発売をスタート。その後、状況をみて全国展開するという。価格は9,800 円(税別)だ。

CCC AIRが12月20日に発売するAir Stick。まずは一部店舗や直販サイトで取り扱いをスタートする

CCC AIRが12月20日に発売するAir Stick。まずは一部店舗や直販サイトで取り扱いをスタートする

世界最小のAndroid TV端末

Air Stickは、テレビにつなげてAndroid TVを楽しめるスティック型のAndroid TV端末だ。もともとテレビ向けのユーザーインターフェイスを採用するAndroid TVは、テレビへのプリインストールが基本で、国内でAndroid TVを採用するソニーのBRAVIAシリーズ以外では、Googleの「Nexus Player」やシャープの「AQUOSココロビジョンプレーヤー」といった据え置きタイプのデバイスしかなかったが、Air StickはAmazonの「Fire TV Stick」のような非常にコンパクトなスティック型の端末に、Android TVを搭載したのが最大の特徴となっている。同社によると、Android TV端末としては世界最小だという。

パッケージには、スティック型の端末本体のほか、マイクを内蔵した専用リモコン、ACアダプター、HDMI延長ケーブルなどを同梱。端末部分には、Qualcommの「Snapdragon 410」を採用し、スティック型デバイスとしては非常に高性能となっている。メモリーは、1GBで、ストレージは8GB。HDMI出力はフルHD/60フレームまで対応しており、4KやHDRには非対応となっている。

マイク付き専用リモコンは本体と同じホワイトカラーを採用。電源はコイン電池(CR2032×2)だ

マイク付き専用リモコンは本体と同じホワイトカラーを採用。電源はコイン電池(CR2032×2)だ

テレビによっては干渉する可能性があるため、HDMI延長ケーブルも標準で付属する

テレビによっては干渉する可能性があるため、HDMI延長ケーブルも標準で付属する

ACアダプター。有線LANポートを標準で搭載する

ACアダプター。有線LANポートを標準で搭載する

ネットワーク機能は、IEEE802.11 b/g/n(2.4GHz)対応の無線LAN機能のほか、ACアダプターに用意されている有線LANポートを使った有線接続にも対応している。なお、当初は有線LANポート付きACアダプターは別売を予定してたが、動画配信サービスを高品位で楽しめるようにするため、標準添付になったとのこと。また、端末本体側の無線LANを活用し、無線LANルーター機能として使えるのもポイント。接続台数は最大8台で、ホーム画面に常時表示されているSSIDとパスワードで接続できるようになっている。ホーム画面にパスワードが常時表示されてしまうため、セキュリティの面で多少不安は残るものの、手軽に無線LAN環境に接続できるのは便利だ。

無線LAN機能で利用するSSIDとパスワードは、ホーム画面右上に常時表示される

無線LAN機能で利用するSSIDとパスワードは、ホーム画面右上に常時表示される

Bluetooth機能も備えており、Bluetoothキーボードやマウス、ゲームパッド、スピーカー等を接続することも可能。aptXもサポートしており、aptX対応のヘッドセットやスピーカーを接続すれば、ワイヤレスでも高音質なサウンドを楽しめる。なお、2017年春には、ワイヤレスでハイレゾオーディオの再生が可能なaptX HDへのファームアップデートも予定しているとのことだ。

Android TV OSのバージョンは6.0のMarshmallow世代。新アプリの「TSUTAYA movie powered by U-NEXT」は操作性にこだわり

Android TV OSのバージョンは6.0となっており、ソニーBRAVIAに搭載されているものよりも新しいバージョンだ。Android TVとしての基本的な機能は他のデバイスと同様で、マイクを内蔵した専用リモコン使った端末内アプリの横断検索などを利用できる。

また、Air Stickならではの機能として、初期設定でGoogleアカウントへの紐付けをスキップできる機能を搭載しているのも面白い。Googleアカウントへの紐付けを行わないと、「Google Play」からアプリをダウンロードして追加することはできないが、デフォルトのプリインストールアプリはGoogleアカウントへの紐付けなしで利用できるとのこと。家族みんなで使うテレビにAndroid TVを導入する際に、パーソナルなGoogleアカウントを紐付けるという点は依然から課題としてあったが、それがクリアになったという点は大いに歓迎したい部分だ。

アプリは、同社が端末発売と同時に提供する新動画サービス「TSUTAYA movie powered by U-NEXT」、「AbemaTV」「GYAO!」「ANA シアター」「hulu」「AWA」「YouTube」などをプリインストールする。特にTSUTAYA movie powered by U-NEXTは、動画再生中のシーン検索を10秒単位に細かくしたり、音声検索を独自にチューニングしてレスポンスを高速化するなど、使い勝手をとことんこだわったという。なお、TSUTAYA movie powered by U-NEXTは、単品レンタル(約5万本)と見放題プラン(約5万本)を用意。表示品質は、500Kbps/1Mbps/1.5Mbps/3Mbos/8Mbpsの5段階を回線状況に応じて自動で選択するという。

端末発売日と同時スタートとなるCCCの新動画サービス「TSUTAYA movie powered by U-NEXT」。サービス開始時点で、カラオケなどを除いた約10万本のタイトルをラインアップする

動画再生中のシーン検索の様子。DVDなどのチャプターよりも細かなシーン単位で検索できるのがうれしい

動画再生中のシーン検索の様子。DVDなどのチャプターよりも細かなシーン単位で検索できるのがうれしい

「wolfブラウザ」と呼ばれるCCC独自開発の簡易Webブラウザもプリインストールされている

「wolfブラウザ」と呼ばれるCCC独自開発の簡易Webブラウザもプリインストールされている

今後の展開については、機能追加やOSのアップデートなどのソフトウェア面の改良だけでなく、連射機能付きの専用ゲームパッド「Air Commander」の投入など、ハードウェア面も積極的に展開していくとのこと。テレビに後付けしてスマートテレビ化できるデバイスとしては、AmazonのFire TV Stickが先行しているが、Air Stickも1万円を切る価格で購入できるAndroid TV端末としては非常に面白そうだ。

今後投入を予定している連射機能付きの専用ゲームパッド「Air Commander」。ゲームパッドで有名なHORIも開発に携わっているという

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.11 更新
ページトップへ戻る