イベントレポート
今年のオートサロンもやっぱり注目車種がたくさん!

硬派なジムニーや新型MAZDA3(アクセラ)も!見どころいっぱいの東京オートサロン2019

2019年1月11日〜13日に開催されている「東京オートサロン2019」。当記事ではオートサロンの注目車種をピックアップしてご紹介いたします。

日本初披露!マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)

東京オートサロン2019における注目車のひとつが、マツダブースの新型「MAZDA3」日本初公開だ。新型MAZDA3は、2018年11月にロサンゼルスオートショーでワールドプレミアされたばかりだが、早くも日本で披露された形となる。

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)

MAZDA3という海外名は、日本ではこれまで「アクセラ」という名称で親しまれてきた。だが、今回の日本初公開では「アクセラ」という名称は用いられず、MAZDA3という車名で発表されている。また、今回の新型MAZDA3は、エンジンからプラットフォームまで中身が一新されることから、かつてファミリアがアクセラへと車名を変更したように、別の車名が用いられるのではないかと注目が集まっている。

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)画像はハッチバック

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)画像はハッチバック

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)画像はセダン

マツダ「MAZDA3」(アクセラ後継)画像はセダン

会場では、新型MAZDA3をひと目見ようと、訪れた来場者によって相当な混雑に見舞われていた。展示されているMAZDA3は、ハッチバックとセダンが1台ずつ。そのほか、「MAZDA3 CUSTOM STYLE」と呼ばれる、新型MAZDA3のカスタマイズモデルが展示されていた。ハッチバックとセダンは舞台上に置いてあって撮影のみなのだが、MAZDA3 CUSTOM STYLEは平置きされているので、実際に乗り込むことができた(1/11(金)時点)。正式発表前の新型車を間近で見て、乗り込んで触れることができるチャンスなので、もし東京オートサロンへ来場したら、ぜひMAZDA3 CUSTOM STYLEをチェックしてみてほしい。

人気のジムニーをスズキ流にカスタム、「ジムニー サバイブ」「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

スズキ「ジムニー サバイブ」

スズキ「ジムニー サバイブ」

スズキ「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

スズキ「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

いま、爆発的な人気を得ているクルマと言えば、スズキ「ジムニー」だ。東京オートサロン2019のスズキブースでは「大人、本気、ホビー」というテーマを掲げており、人気のジムニーをさらに硬派に仕立て上げた「ジムニー サバイブ」と、ジムニーシエラに荷台を装備した「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」の2台が展示されている。

スズキ「ジムニー サバイブ」

スズキ「ジムニー サバイブ」

ジムニー サバイブは、軽自動車の「ジムニー」をベースとして、過酷な環境にも耐えうる装備が施されたコンセプトモデルだ。倒れたときなどに乗員を守るためのアウターロールケージが装着され、スタックした際に乗り越えられるようスライダーなどを装備。また、車体の四隅にはぶつけた際に車体を守るプロテクターが装着されている。

スズキ「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

スズキ「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

スズキ「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

スズキ「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」

ジムニーシエラ ピックアップスタイルは、使い勝手の高そうな荷台のほか、夜間の作業に適した作業灯が装備されている。また、カラフルなインテリアもジムニーシエラ ピックアップスタイルの特徴のひとつだ。

この2台を担当したスズキのデザイナーによると、スズキの社内でもジムニーに対しての愛情というのは、非常に深いものがあるという。そして、今回の2台のコンセプトカーについては、その思いがぶれずにやり遂げることができたと語る。

東京オートサロン2019では、実に多くのアフターパーツメーカーやサプライヤーが、ジムニーのカスタマイズ車両を出展している。スズキブースのジムニーをメインに、他ブースの「ジムニー巡り」してみるのもありだろう。

元々はコンセプトカーだったものを実際に発売!ダイハツ「コペンクーペ」

東京オートサロン2019のダイハツブースでは、「コペンクーペ」と「コペン GR SPORT」という2台のコペンに注目したい。

ダイハツ「コペンクーペ」

ダイハツ「コペンクーペ」

ダイハツ「コペンクーペ」

ダイハツ「コペンクーペ」

コペンクーペは、ハードトップのオープンカーであるコペンをクーペに仕立て上げたモデル。このコペンクーペ、東京オートサロン2016でコンセプトカーとして出展したところ、かなりの反響を呼び、購入したいというユーザーが殺到したのだそう。そこで今回、その声に応えて、2019年1月11日(金)から200台限定で実際に販売されるというものだ。

軽自動車とは思えないような、流麗なエクステリアを持つコペンクーペ。カラーバリエーションは、「ブリティッシュグリーンマイカ」と「パールホワイトIII」の2種類で、価格はブリティッシュグリーンマイカの5MT車が2,505,600円で、同7速CVT車が2,484,000円。パールホワイトIIIの5MT車が2,527,200円で、同7速CVT車が2,505,600円となる(いずれも税込み)。

購入については、2019年1月11日(金)14時から2月11日(月)18時まで、ダイハツサイトで応募したのち、抽選で商談権が得られるというものだ。

コペンをトヨタがチューニング!ダイハツ「コペン GR SPORT CONCEPT」

ダイハツ「コペン GR SPORT CONCEPT」

ダイハツ「コペン GR SPORT CONCEPT」

ダイハツ コペンのもうひとつの注目車種が、「コペン GR SPORT CONCEPT」。“GR”はTOYOTA GAZOO RACINGの頭文字を取ったもので、トヨタのモータースポーツ部門のことだ。

なぜ、トヨタがダイハツのコペンをチューニングするのだろうか。そのあたりを現地で伺ったところ、もともと豊田章男社長がTOYOTA GAZOO RACINGを始めたときから、「GRのオープンスポーツを作りたい」という思いをずっと持っていたのだという。だが、トヨタは長年オープンカーを作っていない。そこで、ダイハツとの協力のうえで、コペンベースのGRチューニングカーが完成したのだという。

このコペン GR SPORT CONCEPT、車名にはコンセプトとついているものの、今後は実際に販売予定という。チューニング内容は、他のトヨタのGR SPORTと同様に、足回りのチューニングや剛性の強化などが施されている。実際に試乗した開発者によると、「コペン GR SPORTの走りは、GRの味付けらしく(ノーマルのコペンとは)まったく違います。走ってみれば、これはたしかにトヨタのGRの走りだね、って思って頂けるはずですし、ぼくらもそう思っています」と話す。発売日についてはまだ言えないとのことなので、新たな情報を期待して待ちたい。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る