特集
FMトランスミッターから音のいい車載用ケーブルまで紹介

車でスマホの音楽を“手軽に”聴く4つの方法! イイ音でドライブするコツ

ひとりの気ままなドライブでも、仲のいい友達や家族、そして恋人とのドライブでも、車の中で好きな音楽をかけながら走ると楽しさが倍増する。ひと昔前はCDやMD/カセットテープなどを車内に持ち込むのが一般的だったが、最近の音楽リスニングの主役となっているのは、スマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー(以下、DAP)だ。そこで、「手持ちのスマホやDAPを活用し、車の中で手軽に音楽を聴く4つの方法」をご紹介しよう。

好きな音楽をかけると、いつものドライブがより楽しい空間になる。車内でスマホの音楽を簡単・手軽に楽しもう

<目次>
1.FMトランスミッターを使って有線&ワイヤレス接続
2.Bluetoohでワイヤレス接続
3.ラインケーブルで有線接続
4.USBケーブルで有線接続
参考:スマホ側にもカーナビと連携しやすい機能が登場!
おまけ:音質最優先ならハイレゾ対応の最新AVユニットに注目

1.FMトランスミッターを使って有線&ワイヤレス接続

現在特に人気があるのが、車載用のFMトランスミッターを使用する方法だ。車に付いているFMチューナーを使って、スマホ内の音楽を鳴らすことができるようになる。現在ではレンタカーやカーシェアリングの人気が上昇しているが、大体どんな車にもFMラジオは付いている。FMトランスミッターを1台持っていれば、いろいろな車で手軽に使い回せるということで、人気が高まっているわけだ。

車載のFMチューナーへ音楽を伝送して、手軽に音楽を再生できるようになるFMトランスミッターは大人気

車載のFMチューナーへ音楽を伝送して、手軽に音楽を再生できるようになるFMトランスミッターは大人気

基本的な使用方法としては、FMトランスミッター本体を車内にある「シガーソケット」と言われる部分に挿入して、付属のケーブルをスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤーのヘッドホン出力に接続すればよい。あとはFMラジオをつけてトランスミッター指定の周波数に合わせ、スマホ側で楽曲の再生操作を行えば、その音楽を車内に鳴らすことができる。

なお現在は、Bluetooth接続機能に対応する製品に人気が集まっている。Bluetooth機能を搭載するスマホやDAPから、ワイヤレス接続でFMトランスミッター側へ音声伝送が可能だ。さらに、スマホだけでなく、音楽ファイルが入ったmicroSDカードやUSBメモリーを本体に挿入して音楽再生できる製品や、スマホと連携したハンズフリー機能を備えるモデルも登場していて、とにかく多機能に進化している。特に、3.5mmステレオミニ端子が廃止されたiPhone 7以降のiPhoneでは、Bluetooth接続タイプもしくはLightning対応の製品が使いやすいだろう。

FMトランスミッターは微弱な電波を発するので、微弱無線設備適合を証明するELPマークを取得した製品を選ぶのがよい(画像左)。またシガーソケットの電圧は、一般車12Vとトラック24Vに対応する製品がある。トラックなどで使用する場合は24V対応のものを選ぶこと(画像右)

気になる音質については、FM電波を使っているので、次項でご紹介するカーオーディオユニットとのBluetooth接続や、ケーブルでの有線接続と比べるとどうしても劣るのは否めない。また、トランスミッターの設置場所によってはノイズが発生する場合もある。ただし、手軽かつ、ほぼ全ての車で使用することができるのは大きな強みだ。なおこれは余談になるが、Bluetooth接続機能をもつトランスミッターの中には、高音質コーデックであるaptXやAAC方式を採用したものもあるが、最終的にFM電波を経由するので、音質向上はさほど望めないと筆者は考えている。

製品選択のコツとしては、前者のように有線で接続する単機能タイプを選ぶか、後者のような多機能なものを選ぶかをまず決めればよいだろう。以下に、価格.comで取り扱いのある製品の中から代表的なものをご紹介していこう。

・エレコム「LAT-FMY01」

3.5mmステレオミニプラグ接続タイプのスタンダードな製品。エンジンを切ったあとでも、最後に使用した周波数を記憶するラストメモリー機能や重低音モードを搭載する

・オウルテック「OWL-BTFMU331」

Bluetooth接続のほかに、本体に内蔵されたマイクを利用してハンズフリー通話も行える多機能タイプ。急速充電対応のUSB充電ポートを2基備えるほか、さらに音楽ファイルの入ったUSBメモリーを再生できるUSBポートも1基搭載する

・カシムラ「Bluetooth FMトランスミッター KD-187」

液晶画面を備えた多機能タイプのモデル。Bluetoothに加えて、microSDカード、USBメモリーを本体に挿入して楽曲再生が行える。POP/ROCK/JAZZ/BASS/VOCAL/FLATなどの6種類を選べるイコライザー機能も搭載。さらにステレオミニジャックによる有線接続も可能だ

・エレコム「LAT-FMY03」

iPhoneやiPodなどで採用されている、Lightningコネクタ接続タイプのモデル。充電しながら使用することが可能で、重低音モードも搭載している

2.Bluetoohでワイヤレス接続

現在のスマホやDAPは、Bluetoothによるワイヤレス音声伝送機能を備えた製品がほとんどだ。なので、車に搭載されているナビやオーディオユニットにBluetooth接続機能が搭載されていれば、スマホやDAPを直接Bluetooth接続して音楽を鳴らすことができる。音質もFMトランスミッター以上を期待できるし、ノイズにも断然強い。

車のオーディオユニットやナビにBluetooth機能が搭載されていれば、手軽にワイヤレス接続してスマホ内の音楽を楽しむことができる

なお、Bluetoothで接続するなら、高音質コーデックであるaptXやAAC方式で接続したいところだが、その場合は音楽を送信する側のスマホ&DAPと車両側が同じコーデックに対応していなければならない。筆者が調べた限り、国内の自動車メーカーの純正カーオーディオ(カーナビ)が搭載されている車両で、上記のような高音質コーデックに対応しているものはほとんど存在しないようだ(2017年12月12日時点)。

車内で高音質コーデックによるBluetooth再生を楽しみたい場合は、ディーラーオプションやカーオーディオメーカーから発売されているカーオーディオ(カーナビ)を選択して、後付けで対応できるか環境をチェックしよう。

3.ラインケーブルで有線接続

スマホやDAPの多くは、ヘッドホン・イヤホン出力用の3.5mmステレオミニジャックを装備している。もし車両側のカーオーディオ(ナビ)に、ライン入力端子(AUX IN)が備わっていれば、両端に3.5mmステレオミニ端子を備えるケーブルを使用して、スマホ&DAPとカーオーディオ(ナビ)を有線接続するのがよいだろう。

購入するのはケーブルのみでいいし音質もよい。有線というと「レガシーなスタイル」と思う方もいるかもしれないが、単純な接続で高音質を実現できる方法として、やはりイチオシだ。

音質のクオリティを求めるなら、やはり基本的な有線接続スタイルがベター。カーオーディオ向けに開発された専用ケーブルもあるくらいだ

なおせっかくであれば、音のよいオーディオ用ケーブルを利用して、再生品質にもこだわりたいところ。車の中はとにかくノイズの多い場所なので、ノイズ耐性の高いオーディオ用ケーブルを導入すると、とにかく音質向上効果が大きい。製品選択のコツとしては、真夏の炎天下の車内温度上昇に強く、しなやかで取り回しにすぐれるカーオーディオ専用ケーブルを選ぶとよいだろう。以下に、その一例をご紹介しよう。

・オーディオテクニカ「AT-CA44H」(0.5m/1.0m)

2種の銅素材を組み合わせて開発された車載用ケーブル。OFC(無酸素銅)とシルバーコートOFCのハイブリッド構造による高音質設計が特徴で、プラグ部には外来ノイズに強い高剛性メタルプラグを採用する。しなやかなケーブル部により車室内での取り回しもよく、最大90℃までの耐熱仕様を誇る

・エレコム「CAR-35CLS」

伸縮性のあるカールコードを採用することで、車内に置いたスマホやDAPを設置しやすく使いやすいようにしているのが特徴の車載用ケーブル。リモコンマイク付のモデルもある

4.USBケーブルで有線接続

カーオーディオ/カーナビには、USB接続ポートが装備されている場合が多い。USBメモリーを接続して中の音源を再生できるわけだが、その中にはスマホやDAPをUSBケーブルで有線接続して、端末内の音楽を鳴らすことができるものもある。

特に、iPhoneをLightning-USB Aケーブルで接続して、端末内の楽曲を鳴らしている人は今も多いだろう。Androidスマホの場合はmicroUSB-USB Aケーブルで接続することになるが、iPhoneにしてもAndroidにしても、カーオーディオ/カーナビ側がUSB経由によるスマホ内音楽ファイルの再生機能に対応していることが必須。車両によって非対応の場合もあるので、そのあたりの仕様は事前に確認しておこう。

・日本トラストテクノロジー「USBAMC1」

AndroidスマホをカーナビにUSB接続して音楽再生するための車載用ケーブル

AndroidスマホをカーナビにUSB接続して音楽再生するための車載用ケーブル

参考:スマホ側にもカーナビと連携しやすい機能が登場!

ちなみに最近は、スマホ側にもカーオーディオ/カーナビと連携しやすくなる機能が登場している。iPhone(iOS)の「CarPlay」、Androidの「Android Auto」と言われるものだ。以下は、日産自動車の公式動画で、CarPlayとAndroid Autoの使用イメージがわかりやすい。

CarPlayは、iPhoneをカーナビやディスプレイオーディオ(カーナビ機能を省略したモニター付きのカーオーディオ)に接続するための規格。現在、一部の車両に搭載されている。CarPlay対応のカーナビとiPhoneをLightningケーブルまたはBluetoothで接続すると、カーナビの画面デザイン(ユーザーインターフェイス)がCarPlay仕様に変わり、iPhoneのナビ機能を利用したり、iPhone内の音楽の再生が行えるようになる。Siriにも対応するので、音声操作も可能。

Android Autoも、CarPlayに近い機能を持つ規格。こちらも、Android搭載スマホをUSB接続またはBluetooth接続することで、Androidスマホのナビ機能を使ったり、端末内の音楽再生を行うことができるようになる。ちなみにAndroid Autoは専用アプリをインストールしたAndroidスマホ単体で動作するので、カーナビ側が同規格に対応している必要はない。

おまけ:音質最優先にするならハイレゾ対応の最新AVユニットにも注目!

さて、今回ご紹介したのは、主に純正のカーオーディオやカーナビと手持ちのスマホ/DAPを組み合わせることを想定して音楽再生するものだ。しかしせっかくなので、車内で音楽を徹底的に高音質で聴けるアイテムも簡単にご紹介しよう。それがカーオーディオ/AVメーカーから発売されている、後付けタイプのカーオーディオ/カーナビである。

こういったカーオーディオ/カーナビは、高音質なハイレゾ音源の再生ができたり、先述したBluetoothの高音質コーデックに対応していたりするモデルもある。また、音楽ストリーミングサービスに対応しているものもあるなど、とにかく機能が先進的だ。車内にいながらにして高クオリティな音楽を聴くことができるようになるので、音質を最優先にこだわりたい人は注目すべしだ。

・カロッツェリア “サイバーナビ”「AVIC-CL901」「AVIC-CL901-M」

総合AV機器メーカーであるパイオニアのカーオーディオブランド「カロッツェリア」から登場した初のハイレゾ対応カーナビ。最大96 kHz/24 bitのPCM音源に対応する。同ブランドのハイエンドシリーズ「カロッツェリアχ」で培われたノウハウを全面的に投入しつつ、厳選された高音質パーツを採用することで、「サイバーナビ」シリーズ史上最高の高音質再生を実現した

・ケンウッド “彩速ナビ”「MDV-M705」「MDV-M705W」

Bluetoothの高音質規格 LDACとAACに対応し、さらに192kHz/24bitのFLAC、WAVのネイティブ再生も行えるハイレゾ対応カーナビゲーションシステム。バックライト透過率に優れた高コントラストのホワイトLEDバックライトを搭載する点や、タッチ操作に対するレスポンスも高いなど、ナビ部分も強力なクオリティを誇る

まとめ

レンタカーやカーシェアリングの人気が上昇していること、そしてスマホやDAPなどの手軽な音楽再生デバイスの普及によって、車の中で音楽を聴く方法は進化している。車好きな皆さんには、ぜひとも車内で手軽に好きな音楽を楽しみながら、ステキなドライブ時間を満喫してほしい。

土方久明

土方久明

ハイレゾやストリーミングなど、デジタルオーディオ界の第一人者。テクノロジスト集団・チームラボのコンピューター/ネットワークエンジニアを経て、ハイエンドオーディオやカーAVの評論家として活躍中。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る