新型バッテリーで航続距離390kmを実現!

実用的なEVに進化し、魅力を増した「BMW i3」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビー・エム・ダブリューは、2016年9月27日に、電気自動車(EV)「i3」のマイナーチェンジモデルを発表、10月1日より発売を開始する。新しい高密度バッテリーを備え、フル充電で航続距離約390km(JC08モード)を実現しつつ、エントリーモデルでは価格を据え置いている。その速報をお届けしよう。

「i3」の新色「プロトニック・ブルー」は、同社のスポーツカー「i8」と同じカラー。商品としての魅力が大きく向上した

新型のバッテリーを採用し、魅力的な性能を備えたEVに進化

BMWのEVである「i3」にマイナーチェンジが施された。最大の見どころは、ネックだった航続距離の大幅な向上で、フル充電で390kmまでの走行を実現している。従来型の229kmと比較すると、約70%もの航続距離アップとなる。さらに、発電専用エンジン「レンジエクステンダー」を搭載した上級モデルになると、511km以上の走行が可能。これは、理論上では東京都内から大阪市内までを、充電なしで走りきれるだけの性能である。

なお、EVで問題となる充電環境も整備され、全国14,000基の公共充電スポットを利用できる「ChargeNow」サービスが新たにスタートした。当初の12か月間なら、急速充電スポットを無料で利用可能なので、EVの充電料金にまつわる不安が大きく軽減される。なお、2年目以降は、月会費5,000円に加え、急速充電なら1分あたり15円、普通充電なら無料で利用可能となる。

新たに搭載される新型バッテリーは、サイズや重量は変わらないものの、容量が従来の60Ahから94Ahに大幅にアップした

発電用のエンジンであるレンジエクステンダーは、直列2気筒647cc。燃料はハイオク指定だ

発電用のエンジンであるレンジエクステンダーは、直列2気筒647cc。燃料はハイオク指定だ

レンジエクステンダーは、ラゲッジスペース下部に配置されるが、底面はフラットなままで使い勝手に違いはなさそうだ

パワートレインやボディなどは基本的に変更はない。最大出力125kW(170ps)、最大トルク250Nm(25.5kgm)のモーターと、CFRPとアルミを組み合わせた軽量ボディをそれぞれ継続して採用する。重量は約1300kgと、このクラスのEVとしては非常に軽く、ボディ下部に敷き詰められたバッテリーによる低重心とあいまって、BMWらしいハンドリングを実現している。

リアに備わる充電ポートは、日本仕様の急速充電規格「CHAdeMO(チャデモ)」に対応。約45 分で80%まで充電が可能だ

ボンネット内にある充電ポートは、家庭でも利用できる200Vの通常充電用で、約12〜13 時間でフル充電となる

ボンネット内にある充電ポートは、家庭でも利用できる200Vの通常充電用で、約12〜13 時間でフル充電となる

i3のモデル構成だが、インテリアや装備の違いによって、エントリー仕様の「ATELIER(アトリエ)」、ユーカリ材を使ったダッシュボードが印象的な「LODGE(ロッジ)」、レザーを使った「SUITE(スイート)」の3グレードそれぞれに、モーター駆動車とレンジエクステンダー搭載車が用意され、合計6グレードの構成となっている。

レザーシートを備える上位グレード「SUITE(スイート)」の内装は高級感がある

レザーシートを備える上位グレード「SUITE(スイート)」の内装は高級感がある

ダッシュボードにユーカリ材を使った「LODGE(ロッジ)」。漂白、染色、塗装をしておらず自然のままの質感が保たれている

エントリーグレード「ATELIER(アトリエ)」の内装。ドアの内張りの一部などに天然素材であるケナフ麻の繊維を採用し、自然な印象を与えている

装備面では、歩行者検知機能付きの「衝突回避・被害軽減ブレーキ」、前方の車両との車間距離を維持しながら自動的に速度制御を行う「アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」などを含む「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備。さらに、「リア・ビュー・カメラ」や縦列駐車のステアリング操作を自動的に行う「パーキング・アシスト」などを含む「パーキング・サポート・パッケージ」も標準装備される、さらには、夜間や日中の悪天候の中でもすぐれた視認性を実現する「LEDヘッドライト」を、LODGE、およびSUITEに標準装備。ATELIERにもオプションとして搭載可能だ。

センターにカーナビ用の10.2インチディスプレイを、ハンドル前方にメーター用の5.7インチディスプレイを搭載

シフトレバーはコラム式だ

シフトレバーはコラム式だ

BMWではおなじみのiDriveコントローラー。操作性は相変わらず良好だ

BMWではおなじみのiDriveコントローラー。操作性は相変わらず良好だ

車両本体価格は、「ATELIER」のモーター駆動車が、価格据え置きで4,990,000円。最上位グレードのSUITE レンジエクステンダー搭載車が6,070,000円となる。なお、これらの価格には、購入後3 年間の主要項目の整備や修理などを無償で行う「BMW i サービス・インクルーシブ」が含まれている。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.5.25 更新
ページトップへ戻る